駅商圏分析センター ~鎌取駅編~ | 販促の大学で広告・マーケティング・経営を学ぶ

駅商圏分析センター ~鎌取駅編~

公開

○○駅周辺はオシャレなお店が沢山あり、若い人が多い
△△駅周辺はビジネスマンの街
××駅周辺は学校が多く学生の街

 

等、みなさんそれぞれが「駅のイメージ」というものを持っていることと思います。

 

このシリーズでは、国勢調査や推計年収などの数値データから駅商圏の実態を分析していきます。駅周辺を利用する人(イメージ)と、そこに住んでいる人(実態)、ひょっとしたらその属性は違うかもしれません。

 

第5回は、千葉県屈指のベッドタウン「おゆみ野」の玄関口、鎌取駅を分析します。鎌取駅は千葉市緑区にあり、千葉駅からは直線距離で約8kmの場所に位置します。千葉県最大級のニュータウン・おゆみ野は日本住宅公団(現:都市再生機構)が主体となって開発され、1984年3月にまちびらきとなりました。

 

現在も人口増加が続いており、今後さらに住宅地・業務用地として発展が期待される街です。

【目次】
1.円商圏
2.居住人口・人口増減率
3.世帯人員
4.住居
5.収入
6.将来人口
7.昼間人口
8.まとめ

円商圏

前提としてJR外房線鎌取駅から
① 半径1km圏
② 半径1~3km圏
③ 半径3~5km圏を分析します
※基準値…千葉県平均

 

 

鎌取駅は千葉駅からJR外房線で2駅、約12分のアクセス。

駅乗降客数は、外房線の駅としては千葉駅を除き第2位となります(1位は蘇我駅)。

その数は現在も増加し続けています。

 

1km圏
駅の南側には、駅直結のゆみ~る鎌取ショッピングセンター、緑区役所、鎌取コミュニティセンター等、生活の基盤となる施設が集中しています。ここを起点に計画的な街づくりがされてきた、ということがうかがえます。

 

1~3km圏
千葉東金道路・大宮IC、学園前駅・おゆみ野駅(ともに京成千原線)を含むエリアです。ちはら台方面にはイオンタウンおゆみ野があり、また通称「おゆみ野バザール(浜野町大金沢町線)」にはロードサイド型の店舗が多く点在します。このエリアには大小さまざまな公園が数多くあり、遊歩道も整備されています。休日は家族でお散歩、なんて気持ち良さそうです。

 

3~5km圏
西は蘇我駅・浜野駅(JR内房線)、東は誉田駅、南はちはら台駅(京成千原線)を含むエリアです。ちはら台は市原市になりますが、おゆみ野とともに統一された都市計画でまちづくりが行われました。ユニモちはら台やスーパービバホーム等の大型商業施設は地元住民のみならず、遠方からの買い物客でにぎわいます。

居住人口・人口増減率

 

1km圏・1~3km圏
30~40歳代及び、10歳未満・10歳代が多いエリアです。反対に60歳以上人口が少なく、全体的に若い街、といえます。人口増減率が11.0%(1km圏)10.01%(1~3km圏)と、若いファミリー世帯が多く流入していることが分かります。

 

3~5km圏
このエリアは、千葉県平均とほぼ同じ人口構成となります。鎌取駅から離れるに従い、60歳以上人口の割合が増加します。これは開発前から居住していた層が多いことを表しています。このエリアも人口増減率は4.86%と県平均より高い値を示しており、活気があるエリアといえそうです。

世帯人員

 

1km圏

千葉県平均と比較すると、3人世帯・4人世帯が多いということが分かります。
後述の1~3km圏との違いは1人世帯が多いことです。

 

1~3km圏
千葉県平均と比較すると、3人世帯・4人世帯が多いということが分かります。年齢別人口と合わせてみると30~40歳代の両親に1~2人の子供、というファミリー層が想定されます。そうした層をターゲットとしたサービスや商品の販促はここが狙い目のエリアかもしれません。

 

3~5km圏
1人世帯の割合が千葉県平均以上(30.95%)である点が、3km未満圏との違いとなります。世帯人員の割合は千葉県平均に近いエリアです。

住居

 

1km圏
民営の借家が約38%を占めています。駅近ということが大きな要因でしょう。共同住宅(アパート・マンションなど)が62.31%で、持ち家の多くは一戸建てよりもマンションが多いと予測できます

 

1~3km圏
持ち家比率が70.1%となり、1km圏と比べると一気に増加します。また一戸建て比率も63.1%と1km圏とは逆転現象がみられます。持ち家≒一戸建てと考えられます。年齢構成が似ているのに、住居の構成には違いがあるのが面白いですね。

 

3~5km圏
持ち家比率がやや高いエリアです(66.69%)。ここも比較的、共同住宅よりも一戸建ての方が多い結果となりました。

収入

 

1km圏
平均年収は572.0万円。千葉県平均より約49万円高くなっています。

 

1~3km圏
平均年収は579.8万円。千葉県平均より約57万円高くなっています。

 

3~5km圏
平均年収は522.7万円。千葉県平均とほぼ同じです。
3km未満圏は千葉県平均と比較するとかなり年収が高い地域です。

 

年収1,000万円以上世帯の比率も高く、ワンランク上のサービスや商品の販促の際は押さえておきたいエリアですね。
※年収→世帯年収

将来人口

 

1km圏
平成52年の人口は、なんと平成22年から48%も増加する予測です。高層マンションの建設など、これから更なる開発が行われるのか興味深いです。

 

1~3km圏
ここも増加傾向のエリアです。1km圏と比較すると造成⇒一戸建て分譲、のビジョンのようです。

 

3~5km圏
平成32年くらいまでは人口増加が見込まれるエリアです。その後は街の成熟とともに、少しずつ減少していく予測となっています。

昼間人口

夜間に対する昼間人口の割合です。

 

1km圏

人口変動率がやや低くなっています。

これは、市外への通勤・通学とともに、市外からの流入が比較的多いことをを示しています。

 

1~3km圏、3~5km圏

共に昼夜間の人口変動率が高くなっています。

市外に通勤・通学している人口が多く、ベッドタウンであることが分かります。

まとめ

鎌取駅周辺エリアは学校・公園など計画されたまちづくりで、人口流入が多く、将来が楽しみな地域です。もともと山林や田畑だった土地なので、自然もたくさん残っていてとてもよい環境です。

 

実際住んでいる方の満足度も高いことから、子育てにはとても適しているようですね。少子化が騒がれる中、人口が増え続けている数少ないエリアの一つです。

 

今後の発展・成熟していく様子を楽しみにしたいものです。

 

 

【分析ソリューション】株式会社パスコ マーケットプランナーGIS
【出典】出典:平成22年国勢調査、平成22年昼間人口、平成27-52年将来推計人口、平成25年年収別推計世帯数、平成24年経済センサス(以上、各500mメッシュ集計)および平成19年商業統計(1kmメッシュ集計)より

 

 
 

■おすすめの関連コラム

  1. 埼玉県VS千葉県のデータ比較で見るライバル対決!
    ~PART 3~

    埼玉県VS千葉県の前半戦は勉強対決。両県2勝2敗1分とお互い譲らずの結果でしたね(前半戦はコチラ...
  2. 埼玉県VS千葉県のデータ比較で見るライバル対決!
    ~PART2~

    さまざまなメディアで目にすることが多い「埼玉県vs千葉県」。前回好評だったニッチデータ対決の続編...
  3. 北関東の雄は!?茨城県VS栃木県VS群馬県 ニッチなデータを比べてみました

    前回好評だったニッチデータ対決。今回は北関東3県のライバル対決です。茨城県・栃木県・群馬県は、ブ...
  4. 埼玉県VS千葉県のデータ比較で見るライバル対決!

    さまざまなメディアで目にすることが多い「埼玉県vs千葉県」の対決。東京都、神奈川県に続く関東第3...
  5. 徹底比較!ライバル地域対決 船橋市vs市川市

    千葉県西部の船橋市と市川市が各種データをもとに対決。 株式会社地域新聞社が行った「他エリア...
  6. 東京都の市別ランキング

    東京都のベットタウン「市部」に焦点を絞ったランキングを発表!...
  7. 東京23区別ランキング

    東京都23区別に「年代」や「年収」などが多い上位7エリアをランキング形式で発表!項目別に地域の特...
  8. 埼玉県の市区町村ランキング

    埼玉県内で「年代」や「年収」などが多い上位7市区町村をランキング形式で発表!項目別に地域の特徴を...
  9. 千葉県の市区町村別商圏分析ランキング

    千葉県内で「年代」や「年収」などが多い上位7市区町村をランキング形式で発表!項目別に地域の特徴を...
  10. 東京都の市区町村別ランキング

    東京都の市区町村に「年代」や「年収」などが多い上位7エリアをランキング形式で発表!項目別に地域の...
  11. 徹底比較!ライバル地域対決 柏市 vs 松戸市

    柏市と松戸市の因縁対決!TVやネットでも住民同士の争いが絶えない地域です。今回はその争いに終止符...

PAGE NAVI

続きを読む
記事を検索
ご提案無料 ウィズコロナ時代に合わせて販促の「見直し」してみませんか?まずはお問い合わせください。
  • 駅商圏分析センター ~新鎌ヶ谷駅編~
    千葉県北西部に位置する鎌ケ谷市。駅商圏分析センター第8回は、開発が進む「新鎌ヶ谷駅」をお送りします。2010年京成成田空港線(成田スカイアクセス線)の開通により、北総鉄道・新京成電鉄・東武鉄道と合わせて4路線が乗り入れており、市の中心駅になりつつあります。1日の平均乗降客数も93,221人(2011年)から97,618人 (2015年)と、右肩上がりを続けている同駅。都内はもちろん船橋・柏・松戸・成田・津田沼などの県内主要市街地に、電車1本で短時間での移動が可能な快適駅です。ちなみに鎌ケ谷市の「ケ」は小さい“ヶ”ではなく大きい“ケ”が正しいとのこと。でも新鎌ヶ谷駅の「ヶ」は小さいんですよね(笑)。
  • 埼玉県VS千葉県のデータ比較で見るライバル対決!
    さまざまなメディアで目にすることが多い「埼玉県vs千葉県」の対決。東京都、神奈川県に続く関東第3位の地位をかけての宿命のライバル対決は、両県民のみならず、皆の関心が高い話題なのでしょう。2000m級の山があるから、埼玉県の勝ち!いや、海があるから千葉県の勝ち!など面白おかしく取り上げられています。この時点で千葉県民からは「埼玉県vs千葉県」ではなく「千葉県vs埼玉県」じゃないの?なんて苦情が来そうですが、都道府県番号では埼玉県が「11」千葉県が「12」ということもあり、本コラムでの表記は「埼玉県vs千葉県」で統一させていただきます。ご了承ください。さて、今回はあまりメディアでは取り上げられないニッチなデータで用いて、埼玉県と千葉県のライバル対決をしてみます。お気軽にお読みください。
  • 駅商圏分析センター ~柏駅編~
    第7回は、“千葉の渋谷”の異名を持つ「柏駅」編です。柏駅はJR常磐線と東武野田線(東武アーバンパークライン)の2路線が利用でき、千葉県で第3位の乗降客数を誇ります。大型ショッピングモールをはじめ、若者向けのファッションや雑貨を扱う店舗も多く、週末ともなると周辺住民はもちろん、茨城県からもたくさんの人が訪れることで有名です。柏市といえば…そう、柏レイソルのホームタウンでもありますね。レイソルサポーターはとにかく熱狂的!Jリーグでも屈指の熱さです。試合のある日、日立台のホームスタジアムは柏サポーターの熱い応援で、興奮のるつぼと化します。そんな若者カルチャーやスポーツ文化の発信地「柏駅」。周辺に住む人々の属性はどのような感じなのでしょうか?
  • 駅商圏分析センター ~津田沼駅~
    シリーズ駅商圏分析センター、今回はJR津田沼駅周辺の分析です。駅舎は習志野市ですが、ホームの一部が船橋市にまたがっている面白い構造。ですから、船橋市民の利用も多い駅です。JR津田沼駅の他に、徒歩約4分で新京成線津田沼駅、同約15分で京成線京成津田沼駅も利用可。快速停車駅でもあり、ラッシュ時には東京メトロ東西線直通電車も乗り入れ、東京方面や新宿方面への移動はとても便利です。駅南側は再開発により、利便性がますます高まっています。1日の平均乗車客数は104,073人 (2017年)。2000年から2017年で見てみると、若干減少しているもののほぼ横ばいです(105,205人⇒104,073人)。
  • 駅商圏分析センター ~北習志野駅編~
    シリーズ駅商圏分析センター、今回は北習志野駅周辺の分析です。北習志野駅は船橋市習志野台にある駅。習志野市ではなく船橋市…。地元の方には周知の事実で、それ以外では知らない方も多いのでは。「習志野」とつく地名は、習志野台・習志野・西習志野・東習志野とありますが、東習志野だけが習志野市で、それ以外は船橋市です。ちなみに駅名になっている「北習志野」ですが、地名にはありません。なんだかややこしいですね。さて本題の北習志野駅ですが、新京成線と東葉高速線の接続駅となっています。新京成のホームは地上、東葉高速線は地下、という造りになっています。東葉高速線は西船橋駅を経由して東京メトロ東西線に乗り入れており、都心へのアクセスは抜群。新京成線を使えば津田沼方面にも鎌ヶ谷・松戸方面にも行ける好立地です。1日の平均乗降客数は41,041人 (2016年、2鉄道合算)。1998年から2016年で見てみると東葉高速線は常に右肩上がり(17,299人⇒19,107人)。一方新京成線は横ばい(21,427人⇒21,934人)で推移して
続きを読む
CRMって何?クロスセル?気になるワードをチェック!販売促進に関する用語集
お役立ち資料 開くお役立ち資料 閉じる
PAGE TOP