駅商圏分析センター ~五井駅編~

シリーズ駅商圏分析センター、今回は五井駅周辺の分析です。五井駅は、2社(JR東日本・小湊鐵道)2路線(内房線・小湊鉄道線)が乗り入れており、市原市の中心地に位置しています。西口周辺は商業施設などが集まって市原市街を形成しており、オフィスビルやマンションなどが立ち並んでいます。

 

東口周辺は2007年~2013年の五井駅東口開発により、大型複合商業施設や高層住宅地、総合公園である上総更級公園が建設されました。駅東西にはタクシー乗り場とバスターミナルがあり、利便性も高いです。

 

五井駅の1日の平均乗車客数は20,030人 (JR線2016年、小湊鉄道線2015年2社合算)です。小湊鐵道では一番利用者が多い駅となっております。

 

【目次】
1.円商圏
2.居住人口・人口増減率
3.世帯人員
4.住居
5.収入
6.将来人口
7.昼間人口
8.まとめ

(1)円商圏

前提として五井駅から
① 半径1km圏
② 半径1~2km圏
③ 半径2~3km圏を分析します
※基準値…千葉県平均

 

 

1km圏
圏内にはスーパーやドラッグストアがあるため、生活必需品が揃いやすい環境になっています。また、飲食店や銀行、医療機関もあり、生活環境は良さそうです。その他にも、公民館や図書館をはじめ、保健センターや福祉会館などの公共施設も充実しています。近年では、市原市のバリアフリー化事業において、重点整備地区に選定されているため、多くの公共施設がバリアフリー化していることも特徴です。

 

1~2km圏
館山自動車道の市原ICが含まれるエリア。館山自動車道は京葉道路や富津館山道路などにもつながるため、館山にも船橋・東京方面にもアクセスがしやすい地域です。また、市原市立若葉小学校、若葉中学校、京葉小学校、五井中学校、千葉県立京葉高校など、学校が多い地域です。公園や養老川が近くにあり、自然に触れることができます。さらに病院やスーパーなどがあり、この地域で生活が完結する利便性を兼ね備えています。

 

2~3km圏
小湊鉄道線上総村上駅が含まれています。市原市役所もこの圏内にあります。のどかな街並みでお寺や神社も多い一方、北部には工場が立ち並んでいます。

(2)居住人口・人口増減率

●年代別人口

●人口増減率

1km圏
30歳代の人口が突出して多いエリアです。20・30・40歳代が千葉県の平均値を上回る結果になっています。反対に10歳代と50歳代以上の人口が少ないという結果が出ています。人口増減率は7.05%と千葉県の平均数値(2.64%)を上回る数値となっており、流入が活発な地域となっています。このことから、比較的若い世代のファミリー層や夫婦世帯、また一人暮らしのサラリーマン世帯などで構成されていると考えられます。

 

1~2km圏
30・40歳代が多いエリアです。1km圏ほどではありませんが、千葉県平均を上回っています。ここも10歳代と50歳代以上は少ないという結果が出ました。1km圏と同様で20・30・40歳代が多いという結果です。人口増減率は3.10%とわずかに千葉県平均(2.64%)を上回っています。駅からの距離もさほど遠くはなく、教育施設も充実していることから、若いファミリー層が多く集中していると考えられます。

 

2~3km圏
この商圏も20・30・40歳代が多いエリアです。人口ピラミッドは千葉県平均とほぼ同様の形が見てとれます。60歳代がやや平均より少ない結果になっています。人口増減率は0.27%と千葉県平均をやや下回り、ほとんど流出流入がないようです。

(3)世帯人員

1km圏内
1人世帯が45.34%と、千葉県平均(30.30%)と比較して約15%多い数値となっています。そのため2人世帯以上の割合が千葉県の平均の割合をやや下回っています。一人暮らしの人が駅周辺に集中していると推測されます。

 

1~2km圏内
このエリアも1人世帯の割合が37.81%と、千葉県の平均を上回っています。2世帯~4世帯の割合は千葉県の平均を下回っていますが、5人以上の割合は6.92%とわずかに上回っています。

 

2~3km圏内
3人世帯の割合が千葉県の平均よりわずかに上回る結果となりましたが、ほとんど千葉県の平均と近い世帯人数の構成比になっています。

(4)住居

●住宅の所有関係別世帯数

●住宅の建て方別世帯数

1km圏内
持ち家比率(40.44%)は千葉県平均値(65.94%)より25%低い数値となっています。住宅の建て方を見ると、共同住宅が61.76%となっており、千葉県平均(44.0%)より17%多い結果となっています。アパートなどの民営の借家が多い傾向があります。

 

1~2km圏
持ち家比率が51.17%と千葉県平均に近づきます。一戸建て比率が54.03%と1km圏よりは増加し、共同住宅比率の42.78%を上回る結果となっています。また長屋建ての比率は3.19%と千葉県平均(1.64%)の約2倍となっています。

 

2~3km圏
持ち家比率が58.73%と千葉県平均を下回り、民営の借家が36.05%と千葉県平均(25.49%)より高い割合になっています。住宅の建て方で見ると、一戸建てと長屋建てが千葉県平均を上回り、共同住宅は35.65%と平均値を下回りました。

(5)収入

1km圏
平均年収は456.3万円。千葉県平均より約67万円低くなっています。

 

1~2km圏
平均年収は472.0万円。千葉県平均より約51万円低くなっています。

 

2~3km圏
平均年収は480.3万円。千葉県平均より約43万円低くなっています。
どの商圏も千葉県平均と比較すると、平均年収は低いという結果が出ました。年齢層が若く一人世帯が多いことからも、そういった傾向が出ているのかもしれません。五井駅に近いほど年収が低いという結果になりました。

(6)昼間人口

夜間に対する人口の割合です。


1km圏
昼間人口は夜間人口の92.48%(千葉県平均83.24%)です。

 

1~2km圏
昼間人口は夜間人口の79.61%です。昼間は他の地域に通勤・通学をする人が多いようです。

 

2~3km圏
昼間人口は夜間人口の105.62%です。他の地域からこのエリアに通勤・通学をする人が多いようです。
1km圏と1~2km圏は流出が流入を上回る結果となりました。

(7)将来人口

1km圏
平成52年には平成22年比+9.19%という予測が出ています。千葉県平均の増加が推測されます。市原市は鉄道駅から1km圏内を、都市の中心拠点および生活拠点に公共交通により比較的容易にアクセスすることができる区域を居住誘導の条件とし、五井駅周辺も居住誘導区域となっています。五井駅周辺の人口密度は平成38年には62.8 人/ha を超過することを目標にしています。この施策により、今後1km圏の人口は増加していくと推測されます。

 

1~2km圏
人口は平成37年まで増加傾向にあります。ここでいったんピークを迎えますが、平成52年では平成22年比+2.36%という予測が出ています。

 

2~3km圏
平成52年では平成22年比-14.19%という予測が出ています。平成37年から減少傾向となり、その後は人口減少が加速する見込みです。

(8) まとめ

将来人口を見てわかる通り、五井駅周辺は人口増加の予測が立てられる数少ないエリアの一つです。五井駅周辺が居住誘導区域とされているからでしょう。また、比較的若い世代が多く居住しているエリアですが、今後は高齢化による影響も視野に入れる必要があります。そのため、駅周辺の公共施設のバリアフリー化も進められており、高齢者も住みやすいエリアになっていくことが予想されます。

 

【分析ソリューション】株式会社パスコ マーケットプランナーGIS
【出典】出典:平成22年国勢調査、平成22年昼間人口、平成27-52年将来推計人口、平成25年年収別推計世帯数、平成24年経済センサス(以上、各500mメッシュ集計)および平成19年商業統計(1kmメッシュ集計)より

 
 

■おすすめの関連コラム

  1. 駅商圏分析センター ~木更津駅編~

    駅商圏分析センターシリーズ。今回は木更津駅周辺の分析です。木更津といえば、東京湾アクアライン、潮...
  2. 駅商圏分析センター ~我孫子駅編~

    シリーズ駅商圏分析センター、今回は我孫子駅周辺の分析です。我孫子はその昔、水戸徳川家に続く水戸街...
  3. 駅商圏分析センター ~西船橋駅編~

    シリーズ駅商圏分析センター、今回は西船橋駅周辺の分析です。西船橋駅は3社(JR東日本・東京メトロ...
  4. 駅商圏分析センター ~海浜幕張駅編~

    シリーズ駅商圏分析センター、今回は海浜幕張駅周辺の分析です。海浜幕張駅は幕張新都心の玄関口として...
  5. 駅商圏分析センター ~ユーカリが丘駅編~

    シリーズ駅商圏分析センター、今回はユーカリが丘駅周辺の分析です。ユーカリが丘は山万株式会社が19...
  6. 駅商圏分析センター ~本八幡駅編~

    シリーズ駅商圏分析センター、今回は本八幡駅周辺の分析です。本八幡は「これから人気が出そうな郊外の...
  7. 駅商圏分析センター ~蘇我駅編~

    シリーズ駅商圏分析センター、今回は蘇我駅周辺の分析です。蘇我駅と聞いて、真っ先に思い浮かぶのは、...
  8. 駅商圏分析センター ~新松戸駅編~

    駅商圏分析センターシリーズも、めでたく10回目を迎えることとなりました(笑)。今回は新松戸駅周辺...
  9. 駅商圏分析センター ~JR佐倉駅編~

    長嶋茂雄巨人軍終身名誉監督の出身地といえば……そう佐倉市!駅商圏分析センター第9回は、ミスタープ...
  10. 駅商圏分析センター ~新鎌ヶ谷駅編~

    千葉県北西部に位置する鎌ケ谷市。駅商圏分析センター第8回は、開発が進む「新鎌ヶ谷駅」をお送りしま...
  11. 駅商圏分析センター ~柏駅編~

    第7回は、“千葉の渋谷”の異名を持つ「柏駅」編です。柏駅はJR常磐線と東武野田線(東武アーバンパ...
  12. 駅商圏分析センター ~都賀駅編~

    ○○駅周辺はオシャレなお店が沢山あり、若い人が多い△△駅周辺はビジネスマンの街××駅周辺は学校が...
  13. 駅商圏分析センター ~八千代台駅編~

    ○○駅周辺はオシャレなお店が沢山あり、若い人が多い △△駅周辺はビジネスマンの街 ××駅周辺...
  14. 駅商圏分析センター ~千葉ニュータウン中央駅編~

    ○○駅周辺はオシャレなお店がたくさんあり、若い人が多い △△駅周辺はビジネスマンの街 ××駅...
  15. 駅商圏分析センター ~成田駅編~

    ○○駅周辺はオシャレなお店がたくさんあって、若い人が多い! △△駅周辺はビジネスマンの街 ×...
  16. 駅商圏分析センター ~千葉駅編~

    みなさんそれぞれが「駅のイメージ」というものを持っていることと思います。 このシリーズでは、国...

PAGE NAVI

続きを読む
セミナー開催情報
ただの名刺を「仕事が舞い込む名刺」に変える9つの方法習得セミナー
日程:2018年11月21日(水)
時間:15時~17時
定員:15名
異業種交流会などで配っている名刺。渡した相手から何も連絡がない、せっかく渡すなら仕事に結びついたらいいのにと思うことはありませんか?そこで今回は文章で顧客の集客アップ・売上アップを実現しているコンサルタントが、4,000枚の名刺を交換する中で見出した「捨てられる名刺」の特徴を徹底解説。デザインや文章を見直し、「仕事が舞い込む名刺」に変える9つの方法をお伝えします。
詳しくはこちら
  • 千葉県の市区町村別商圏分析ランキング
    千葉県内で「年代」や「年収」などが多い上位7市区町村をランキング形式で発表!項目別に地域の特徴をつかんで、商品改良やサービス向上、次の出店エリア選定にご活用ください!
  • 徹底比較!ライバル地域対決 船橋市vs市川市
    千葉県西部の船橋市と市川市が各種データをもとに対決。 株式会社地域新聞社が行った「他エリアに対するライバル意識に関するアンケート 2016年10月1日~10月31日」で、多くの船橋市民が市川市をライバル視しているという事実が判明。おとなりさんには負けたくない!という強い意識があるようです。 今回は「客観的数字データ」をもとに13項目でガチンコ対決を実施!本当に良い街はどっちだ!? 全13試合とちょっぴり長いですが、熱い闘いに、ぜひ最後までお付き合いください。
  • 駅商圏分析センター ~都賀駅編~
    ○○駅周辺はオシャレなお店が沢山あり、若い人が多い△△駅周辺はビジネスマンの街××駅周辺は学校が多く学生の街等、みなさんそれぞれが「駅のイメージ」というものを持っていることと思います。このシリーズでは、国勢調査や推計年収などの数値データから駅商圏の実態を分析していきます。駅周辺を利用する人(イメージ)と、そこに住んでいる人(実態)、ひょっとしたらその属性は違うかもしれません。
  • 商圏とは? 店舗商圏エリア 基本の「キ」
    店舗の商圏エリアを把握することは、販促を考える上で重要な要素の一つです。しかし単に商圏エリアといっても、店舗を取り巻く環境や立地で考え方は様々であり、一概にはいえません。今回は商圏エリアの考え方についての基本の「キ」を解説します。
  • 駅商圏分析センター ~海浜幕張駅編~
    シリーズ駅商圏分析センター、今回は海浜幕張駅周辺の分析です。海浜幕張駅は幕張新都心の玄関口として1986年に開業しました。幕張新都心は1989年の幕張メッセオープンを皮切りに、ホテルや商業施設、企業、教育・研究施設、幕張ベイタウンを中心とする宅地化の推進により「職・住・学・遊」の複合的な都市機能の集積が進み、現在の姿になっています。幕張新都心は以下の6地区で構成されています。「タウンセンター地区」…JR京葉線の海浜幕張駅が中心の地区「業務研究地区」…企業が立地する地区「文教地区」…学校や研究施設が立地する地区「住宅地区」…集合住宅が立地する地区「公園・緑地地区」…海岸沿いの幕張海浜公園を中心に広がる地区「拡大地区」…1989年に編入された地区 海浜幕張駅はJR京葉線が運行。1日の平均乗車客数は65,377人 (2016年)。開業初年度(1986年)の747人から87.5倍の乗車客数となりました。発車メロディにはZOZOマリンスタジアムを本拠地とするプロ野球チーム、千葉ロッテマリーンズの応援歌「We Love Marines」が。筆者は個人的に2015年から毎年開催されているレッドブル・エアレースを楽しみにしています。
続きを読む
チラシのお届け方法をお探しの方へ
集客や販促方法でお悩みの方へ 販促に関する無料相談実施中! 地域情報に詳しい担当が、御社にご訪問して集客課題を伺います!詳しくはこちら
CRMって何?クロスセル?気になるワードをチェック!販売促進に関する用語集
お役立ち資料 開くお役立ち資料 閉じる
PAGE TOP