駅商圏分析センター ~千葉ニュータウン中央駅編~

公開

○○駅周辺はオシャレなお店が沢山あり、若い人が多い
△△駅周辺はビジネスマンの街
××駅周辺は学校が多く学生の街
等、みなさんそれぞれが「駅のイメージ」というものを持っていることと思います。

 

このシリーズでは、国勢調査や推計年収などの数値データから駅商圏の実態を分析していきます。駅周辺を利用する人(イメージ)と、そこに住んでいる人(実態)、ひょっとしたらその属性は違うかもしれません。

 

第3回は全国自治体「住みよさランキング」(東洋経済新報社)で、なんと2012年以来5年連続で総合評価1位に輝いた印西市の中心、千葉ニュータウン中央駅周辺を分析してみましょう。

円商圏

前提として北総線千葉ニュータウン中央駅から
① 半径1km圏
② 半径1~3km圏
③ 半径3~5km圏を分析します
※基準値…千葉県平均

 

 

千葉ニュータウン駅は北総線と京成成田スカイアクセス線が乗り入れており、上野・東京方面にも、成田空港方面にもアクセス良好です。

 

1km圏
商業施設はもとより、広々とした公園や各種学校がある、利便性の高いエリアです。市が企業誘致にも積極的で、大手企業や銀行の中枢機能などが進出しています。

 

1~3km圏
木刈地区や高花地区などの住宅街が広がる一方、国道464号線沿いには大型商業施設の出店も著しいエリアです。

 

3~5km圏
東は印西牧の原駅、西は小室駅が含まれます。駅周辺は新興の住宅地、国道464号線沿いは商業施設、という図式は1~3km圏と変わりません。国道464号線は八千代市で国道16号線に接続します。駅から離れると自然が多くみられ、ゴルフ場も点在しています。

 

居住人口

1km圏
10歳未満・10歳代・50歳代の人口が多いエリアです。逆に60歳以上の人口は少なく、現役バリバリ世代&次世代人口が多く暮らしていると考えられます。

 

1~3km圏
このエリアもやはり50歳代が多くなっています。また10歳代・20歳代人口も多くみられ、全体的に子育て世代~子育てひと段落世代が多いと推測できます。

 

3~5km圏
ほぼ千葉県の平均に近い形になっています。10歳代人口が多く、新興住宅地に比較的若い層が流入してきているということが伺えます。

 

 

注目は1km圏の人口増減率(H17-H22)です。18.59%の伸びは驚きですね。
この時期に街が大きく変化したことが分かります

 

世帯人員

 

1km圏
1人世帯が13.89%と、基準値と比較すると極端に少ない状況です。

 

1~3km圏
1人世帯が14.23%と、やはり少ない状況です。

 

3~5km圏
1人世帯の割合は多少増加します(ただし千葉県平均よりはまだ少ない)。また、4人以上の世帯比率が高まります。

1km圏・1~3km圏・3~5km圏とも3人以上の世帯(≒ファミリー層)が多いと考えられます。以上のデータからも千葉ニュータウン駅周辺がベッドタウンであることが伺えます。

 

住居

 

1km圏
持ち家世帯が81.59%を占めています。駅周辺は大型マンションが多く、共同住宅型の持ち家世帯比率が高い地区です。

 

1~3km圏
持ち家世帯が81.19%を占めています。こちらは一戸建ての持ち家世帯が多い地区です。

 

3~5km圏
公営・公社等の割合が21.89%と、千葉県平均と比較して約4倍になっています。

 

どのエリアも千葉県平均と比較すると、持ち家比率と公営・公社等の比率が高く、民営の貸家比率が極端に低くなっているのが特徴的です。こうしたデータからも、千葉ニュータウン駅周辺が、計画的に開発されたエリアだということが分かります。

収入

 

1km圏・1~3km圏
平均年収が590万円以上と、千葉県平均より70万円ほど高くなっています。

 

3~5km圏
平均年収は約560万円で、ここも千葉県平均を上回っています。

 

3つの商圏とも、平均年収が高い地域です。都市計画が功を奏し、流入人口が増加していることが主な要因と考えられます。平均年収が1,000万円以上の高所得者層が全体の10%を超えており、富裕層向けの販促を行う際は、ぜひ押さえておきたいエリアです。
※年収→世帯年収

将来人口

 

1km圏
人口は今後も増加傾向です。人口の増加とともに街が発展していくことでしょう。

 

1~3km圏
今から10年は増加傾向です。平成37年を境に緩やかな減少が見込まれます。平成47年には現在の人口を下回る予測となっています。

 

3~5km圏
今から約5年は横ばい、その後は減少の一途をたどる予測です。平成42年には千葉県平均を下回りそうです。

昼間人口

 

夜間に対する昼間人口の割合です。1km圏及び1~3km圏は昼夜間の人口変動率が高くなっています。市外に通勤・通学している人口が多く、ベッドタウンであることが分かります。3~5km圏は昼夜間人口の差が少なく、地元で働く層が多いことが推測されます。

まとめ

千葉ニュータウン中央駅周辺は、ここ10年ほどで大きな変化を遂げました。1km圏の立地タイプは「ショッピング立地」といえるでしょう。近年も大型商業施設が次々にオープンしており、今後も週末を中心ににぎわいそうです。

 

人口の流入が続いていること、高収入層が多いことからも、さらなる発展が見込まれます。印西市は都市型のインフラが整備されていながら自然も多く残されており、子育て世帯も生活しやすい街なのではないでしょうか。住みよさランキング1位の印西市が、今後どのような変貌を見せるか楽しみですね。

 

 

【分析ソリューション】株式会社パスコ マーケットプランナーGIS
【出典】出典:平成22年国勢調査、平成22年昼間人口、平成27-52年将来推計人口、平成25年年収別推計世帯数、平成24年経済センサス(以上、各500mメッシュ集計)および平成19年商業統計(1kmメッシュ集計)より

 

 

 
 

■おすすめの関連コラム

  1. 駅商圏分析センター ~津田沼駅~

    シリーズ駅商圏分析センター、今回はJR津田沼駅周辺の分析です。駅舎は習志野市ですが、ホームの一部...
  2. 駅商圏分析センター ~四街道駅~

    駅商圏分析センターシリーズ。今回は四街道駅周辺の分析です。四街道駅はJR総武本線の駅であり、また...
  3. 駅商圏分析センター ~木更津駅編~

    駅商圏分析センターシリーズ。今回は木更津駅周辺の分析です。木更津といえば、東京湾アクアライン、潮...
  4. 駅商圏分析センター ~我孫子駅編~

    シリーズ駅商圏分析センター、今回は我孫子駅周辺の分析です。我孫子はその昔、水戸徳川家に続く水戸街...
  5. 駅商圏分析センター ~五井駅編~

    シリーズ駅商圏分析センター、今回は五井駅周辺の分析です。五井駅は、2社(JR東日本・小湊鐵道)2...
  6. 駅商圏分析センター ~西船橋駅編~

    シリーズ駅商圏分析センター、今回は西船橋駅周辺の分析です。西船橋駅は3社(JR東日本・東京メトロ...
  7. 駅商圏分析センター ~海浜幕張駅編~

    シリーズ駅商圏分析センター、今回は海浜幕張駅周辺の分析です。海浜幕張駅は幕張新都心の玄関口として...
  8. 駅商圏分析センター ~ユーカリが丘駅編~

    シリーズ駅商圏分析センター、今回はユーカリが丘駅周辺の分析です。ユーカリが丘は山万株式会社が19...
  9. 駅商圏分析センター ~本八幡駅編~

    シリーズ駅商圏分析センター、今回は本八幡駅周辺の分析です。本八幡は「これから人気が出そうな郊外の...
  10. 駅商圏分析センター ~蘇我駅編~

    シリーズ駅商圏分析センター、今回は蘇我駅周辺の分析です。蘇我駅と聞いて、真っ先に思い浮かぶのは、...
  11. 駅商圏分析センター ~新松戸駅編~

    駅商圏分析センターシリーズも、めでたく10回目を迎えることとなりました(笑)。今回は新松戸駅周辺...
  12. 駅商圏分析センター ~JR佐倉駅編~

    長嶋茂雄巨人軍終身名誉監督の出身地といえば……そう佐倉市!駅商圏分析センター第9回は、ミスタープ...
  13. 駅商圏分析センター ~新鎌ヶ谷駅編~

    千葉県北西部に位置する鎌ケ谷市。駅商圏分析センター第8回は、開発が進む「新鎌ヶ谷駅」をお送りしま...
  14. 駅商圏分析センター ~柏駅編~

    第7回は、“千葉の渋谷”の異名を持つ「柏駅」編です。柏駅はJR常磐線と東武野田線(東武アーバンパ...
  15. 駅商圏分析センター ~都賀駅編~

    ○○駅周辺はオシャレなお店が沢山あり、若い人が多い△△駅周辺はビジネスマンの街××駅周辺は学校が...
  16. 駅商圏分析センター ~八千代台駅編~

    ○○駅周辺はオシャレなお店が沢山あり、若い人が多い △△駅周辺はビジネスマンの街 ××駅周辺...
  17. 成田駅周辺はどんなエリア?お店の周りの住民特性調べます! 駅商圏分析センター

    シリーズ駅商圏分析センター、今回は成田駅周辺の分析です。日本の玄関口である成田国際空港がある成田...
  18. 千葉駅周辺はどんなエリア?お店の周りの住民特性調べます! 駅商圏分析センター

    駅商圏分析センターシリーズ。今回はJR千葉駅周辺の分析です。JR総武線快速なら東京駅まで約40分...

PAGE NAVI

続きを読む
記事を検索
メルマガ登録者数1万以上 セミナー情報をいち早くお届け
ご提案無料 ウィズコロナ時代に合わせて販促の「見直し」してみませんか?まずはお問い合わせください。
  • 埼玉県VS千葉県のデータ比較で見るライバル対決!
    さまざまなメディアで目にすることが多い「埼玉県vs千葉県」の対決。東京都、神奈川県に続く関東第3位の地位をかけての宿命のライバル対決は、両県民のみならず、皆の関心が高い話題なのでしょう。2000m級の山があるから、埼玉県の勝ち!いや、海があるから千葉県の勝ち!など面白おかしく取り上げられています。この時点で千葉県民からは「埼玉県vs千葉県」ではなく「千葉県vs埼玉県」じゃないの?なんて苦情が来そうですが、都道府県番号では埼玉県が「11」千葉県が「12」ということもあり、本コラムでの表記は「埼玉県vs千葉県」で統一させていただきます。ご了承ください。さて、今回はあまりメディアでは取り上げられないニッチなデータで用いて、埼玉県と千葉県のライバル対決をしてみます。お気軽にお読みください。
  • 駅商圏分析センター ~本八幡駅編~
    シリーズ駅商圏分析センター、今回は本八幡駅周辺の分析です。本八幡は「これから人気が出そうな郊外の街ランキング 関東」(株式会社リクルート住まいカンパニー)で第10位にランクインした注目の街です。の北口は再開発がほぼ終了し、新しい街並みが広がっています。タワーマンションがそびえ立つ景色は圧巻の一言。本八幡駅はJR総武線と都営新宿線の2路線が乗り入れています。また京成線(京成電鉄本社は本八幡にあります)の八幡駅とも地下連絡通路で結ばれており、実質3路線が利用できます。新宿(JR線・新宿線)へも上野(京成線)へも乗り換えなしでアクセスできるため、都内への通勤・通学にはとても便利。1日の平均乗降客数は112,615人 (JR線・新宿線2016年、京成線2014年、3鉄道合算)。1990年から2016年で見ると新宿線は、約2倍に増加しています(19,880人⇒37,515人)。
  • 駅商圏分析センター ~西船橋駅編~
    シリーズ駅商圏分析センター、今回は西船橋駅周辺の分析です。西船橋駅は3社(JR東日本・東京メトロ・東葉高速鉄道)5路線(総武線・武蔵野線・京葉線・東西線・東葉高速線)が乗り入れる、千葉県内でも屈指のターミナル駅です。西船橋駅を最寄駅とする住民はもちろん、乗り換えで利用する方も多く、千葉県では最も利用客の多い駅となります(全路線の利用客数の合計)。そういった背景もあり、規模は大きくないものの駅ナカ商業施設も充実しています。また徒歩5分ほどで京成西船駅も利用可能。利便性は抜群です。西船橋駅の1日の平均乗車客数は332,549人 (2015年、3社合算)。乗車人員は東葉高速線開業の1996年と比較すると、約64,000人増加しています。
  • 駅商圏分析センター ~鎌取駅編~
    第5回は、千葉県屈指のベッドタウン「おゆみ野」の玄関口、鎌取駅を分析します。鎌取駅は千葉市緑区にあり、千葉駅からは直線距離で約8kmの場所に位置します。千葉県最大級のニュータウン・おゆみ野は日本住宅公団(現:都市再生機構)が主体となって開発され、1984年3月にまちびらきとなりました。現在も人口増加が続いており、今後さらに住宅地・業務用地として発展が期待される街です。
  • 駅商圏分析センター ~北習志野駅編~
    シリーズ駅商圏分析センター、今回は北習志野駅周辺の分析です。北習志野駅は船橋市習志野台にある駅。習志野市ではなく船橋市…。地元の方には周知の事実で、それ以外では知らない方も多いのでは。「習志野」とつく地名は、習志野台・習志野・西習志野・東習志野とありますが、東習志野だけが習志野市で、それ以外は船橋市です。ちなみに駅名になっている「北習志野」ですが、地名にはありません。なんだかややこしいですね。さて本題の北習志野駅ですが、新京成線と東葉高速線の接続駅となっています。新京成のホームは地上、東葉高速線は地下、という造りになっています。東葉高速線は西船橋駅を経由して東京メトロ東西線に乗り入れており、都心へのアクセスは抜群。新京成線を使えば津田沼方面にも鎌ヶ谷・松戸方面にも行ける好立地です。1日の平均乗降客数は41,041人 (2016年、2鉄道合算)。1998年から2016年で見てみると東葉高速線は常に右肩上がり(17,299人⇒19,107人)。一方新京成線は横ばい(21,427人⇒21,934人)で推移して
CRMって何?クロスセル?気になるワードをチェック!販売促進に関する用語集
お役立ち資料 開くお役立ち資料 閉じる
PAGE TOP