駅商圏分析センター ~新鎌ヶ谷駅編~

公開

千葉県北西部に位置する鎌ケ谷市。駅商圏分析センター第8回は、開発が進む「新鎌ヶ谷駅」をお送りします。

2010年京成成田空港線(成田スカイアクセス線)の開通により、北総鉄道・新京成電鉄・東武鉄道と合わせて4路線が乗り入れており、市の中心駅になりつつあります。

1日の平均乗降客数も93,221人(2011年)から97,618人 (2015年)と、右肩上がりを続けている同駅。都内はもちろん船橋・柏・松戸・成田・津田沼などの県内主要市街地に、電車1本で短時間での移動が可能な快適駅です。

ちなみに鎌ケ谷市の「ケ」は小さい“ヶ”ではなく大きい“ケ”が正しいとのこと。でも新鎌ヶ谷駅の「ヶ」は小さいんですよね(笑)。

 

【目次】
1.円商圏
2.居住人口・人口増減率
3.世帯人員
4.住居
5.収入
6.将来人口
7.昼間人口
8.まとめ

(1) 円商圏

前提として新鎌ヶ谷駅から

 

① 半径1km圏
② 半径1~3km圏
③ 半径3~5km圏を分析します
※基準値…千葉県平均

 

 

1km圏
圏内に新京成線初富駅・北初富駅を含みます。
市役所や警察署、総合病院など、生活の基盤となる施設が集中しています。
鎌ケ谷市役所の屋上はダイヤモンド富士と東京スカイツリーを同時に見ることのできる、隠れ(?)ビュースポットです。2000年代に入ってからは市街地としての開発が進み、イオン鎌ヶ谷SCやアクロスモール新鎌ヶ谷といった商業施設が開業、現在はマンションの建設ラッシュとなっています。

1~3km圏
北総線の大町駅・西白井駅、東武野田線(東武アーバンパークライン)は鎌ヶ谷駅・六実駅、新京成線は鎌ヶ谷大仏駅・くぬぎ山駅・元山駅が含まれるエリア。
日本ハムファイターズのファーム本拠地である鎌ケ谷スタジアムはここに位置します。中田翔選手や大谷翔平選手といったスター選手たちも、かつてはここでトレーニングしていました。
国道464号及び県道8号、57号といった生活道路はいずれも車通りが多く、渋滞ポイントも数ヵ所見受けられます。

3~5km圏
北総線の白井駅・松飛台駅、東武野田線は馬込沢駅・高柳駅、新京成線は三咲駅・二和向台駅・五香駅が含まれるエリア。
西側には八柱霊園があり、また市川市大町を通る国道464号線の一部は通称大町梨街道と呼ばれ、多くの梨農家が点在し、梨の一大産地として有名です。

(2) 居住人口・人口増減率

 

1km圏
特に30歳代人口が多く、50歳代が少ないエリアです。人口増減率は26.39%(千葉県平均2.64%)と、千葉県でも特に増加率が著しいエリアです。

 

1~3km圏
60歳代の多いエリアで、人口増減率は3.02%と県平均(2.64%)よりやや高くなっています。

3~5km圏
60歳代と70歳代が多いエリアです。30歳代も平均を上回っており、反対に50歳代はやや少ないようです。人口増減率は6.09%と高く、古くから住む住民に加え、若いファミリー世帯が移住してきていることが推測されます。

(3) 世帯人員

 

 

1km圏
1人世帯が多い(34.03%)ということが分かります(千葉県平均30.30%)。しかし、千葉県内のその他の主要駅1km圏と比較すると1人世帯の割合はそれほど高くなく、どちらかというとファミリー層主体のエリアといえそうです。

1~3km圏
2~4人世帯が千葉県平均をそれぞれ上回っており、いわゆる“核家族”世帯が多いことが推測されます。

 

3~5km圏
1~3km圏と非常に似通った構成となっています。

(4) 住居

1km圏
民営の借家が34.11%を占め、千葉県平均値(25.49%)より約9%高い数値になっています。
一戸建てと共同住宅の比率は千葉県平均とほぼ同じですが、昨今のマンション建設ラッシュを加味すると、次の国勢調査では共同住宅比率が高まることが推測されます。

 

1~3km圏
持ち家比率は75.14%、一戸建て比率は65.15%と、ともに千葉県平均より約10%高い数値となっています。このエリアは、一戸建ての持ち家の割合が高いといえそうです。

3~5km圏
持ち家比率が71.42%と高いエリアですが、注目したいのは公営・公社等が9.79%と千葉県平均(5.20%)の約2倍を占めていることです。常盤平団地等、大規模UR賃貸住宅の影響といえそうです。

(5) 収入

1km圏
平均年収が470.9万円。千葉県平均より約52万円低くなっています。

1~3km圏
平均年収が518.3万円。千葉県平均より約5万円低くなっています。

3~5km圏
平均年収が540.1万円。千葉県平均より約17万円高くなっています。
新鎌ヶ谷駅から離れるほど平均年収は高くなる傾向があります。
駅近は若いファミリー世帯が多いことから考えると、妥当な結果でしょうか。年収階級別でみると、1km圏は500万円未満、1~3km圏は500~1,000万円、3~5km圏は500~1,000万円の層に加え、1,000万円以上比率が高いのが分かります。
※年収→世帯年収

(6) 将来人口

1km圏
人口は平成52年までは継続して増加していきます。現状より17~18%の人口増加が見込まれるエリアです。

 

1~3km圏
人口は平成32年までは増加、その後は徐々に減少します。平成52年には現在の人口より10%程度減少する見込みです。

 

3~5km圏
人口は平成32年までは徐々に増加、その後減少に転じます。平成37年には現状の人口を割り、平成52年には現在の人口より約13%程度減少する見込みです。

(7) 昼間人口

夜間に対する昼間人口の割合です。

1km圏
昼間人口は夜間人口の85.0%となっており、千葉県平均(83.24%)と近い数値です。

1~3km圏
昼間人口は夜間人口の67.73%となっています。いわゆるベッドタウンの特徴でしょう。交通アクセスが良いことからも、東京方面のみならず、多方面への通勤・通学者が多いことが推測されます。

3~5km圏
昼間人口は夜間人口の68.73%となっています。このエリアもベッドタウンといえそうです。昼間は閑静な住宅街、といった感じでしょうか。

(8) まとめ

実は地盤が強く、揺れにくい街という側面を持つ鎌ケ谷市。活発な開発が行われ、人口が急増している新鎌ヶ谷駅周辺。


ショッピングエリアと新しい住宅街が融合し、住環境はますます整っていくことでしょう。今後はビジネス誘致の熱も高まってきそうです。

 

今よりもさらに人気エリアになりそうな予感…。都内にも、船橋や柏にもアクセス抜群な立地にあるので、どんな発展を遂げるか楽しみな街です。

 

【分析ソリューション】株式会社パスコ マーケットプランナーGIS
【出典】出典:平成22年国勢調査、平成22年昼間人口、平成27-52年将来推計人口、平成25年年収別推計世帯数、平成24年経済センサス(以上、各500mメッシュ集計)および平成19年商業統計(1kmメッシュ集計)より

 

 

 
 

■おすすめの関連コラム

  1. 駅商圏分析センター ~津田沼駅~

    シリーズ駅商圏分析センター、今回はJR津田沼駅周辺の分析です。駅舎は習志野市ですが、ホームの一部...
  2. 駅商圏分析センター ~四街道駅~

    駅商圏分析センターシリーズ。今回は四街道駅周辺の分析です。四街道駅はJR総武本線の駅であり、また...
  3. 駅商圏分析センター ~木更津駅編~

    駅商圏分析センターシリーズ。今回は木更津駅周辺の分析です。木更津といえば、東京湾アクアライン、潮...
  4. 駅商圏分析センター ~我孫子駅編~

    シリーズ駅商圏分析センター、今回は我孫子駅周辺の分析です。我孫子はその昔、水戸徳川家に続く水戸街...
  5. 駅商圏分析センター ~五井駅編~

    シリーズ駅商圏分析センター、今回は五井駅周辺の分析です。五井駅は、2社(JR東日本・小湊鐵道)2...
  6. 駅商圏分析センター ~西船橋駅編~

    シリーズ駅商圏分析センター、今回は西船橋駅周辺の分析です。西船橋駅は3社(JR東日本・東京メトロ...
  7. 駅商圏分析センター ~海浜幕張駅編~

    シリーズ駅商圏分析センター、今回は海浜幕張駅周辺の分析です。海浜幕張駅は幕張新都心の玄関口として...
  8. 駅商圏分析センター ~ユーカリが丘駅編~

    シリーズ駅商圏分析センター、今回はユーカリが丘駅周辺の分析です。ユーカリが丘は山万株式会社が19...
  9. 駅商圏分析センター ~本八幡駅編~

    シリーズ駅商圏分析センター、今回は本八幡駅周辺の分析です。本八幡は「これから人気が出そうな郊外の...
  10. 駅商圏分析センター ~蘇我駅編~

    シリーズ駅商圏分析センター、今回は蘇我駅周辺の分析です。蘇我駅と聞いて、真っ先に思い浮かぶのは、...
  11. 駅商圏分析センター ~新松戸駅編~

    駅商圏分析センターシリーズも、めでたく10回目を迎えることとなりました(笑)。今回は新松戸駅周辺...
  12. 駅商圏分析センター ~JR佐倉駅編~

    長嶋茂雄巨人軍終身名誉監督の出身地といえば……そう佐倉市!駅商圏分析センター第9回は、ミスタープ...
  13. 駅商圏分析センター ~柏駅編~

    第7回は、“千葉の渋谷”の異名を持つ「柏駅」編です。柏駅はJR常磐線と東武野田線(東武アーバンパ...
  14. 駅商圏分析センター ~都賀駅編~

    ○○駅周辺はオシャレなお店が沢山あり、若い人が多い△△駅周辺はビジネスマンの街××駅周辺は学校が...
  15. 駅商圏分析センター ~八千代台駅編~

    ○○駅周辺はオシャレなお店が沢山あり、若い人が多い △△駅周辺はビジネスマンの街 ××駅周辺...
  16. 駅商圏分析センター ~千葉ニュータウン中央駅編~

    ○○駅周辺はオシャレなお店がたくさんあり、若い人が多い △△駅周辺はビジネスマンの街 ××駅...
  17. 成田駅周辺はどんなエリア?お店の周りの住民特性調べます! 駅商圏分析センター

    シリーズ駅商圏分析センター、今回は成田駅周辺の分析です。日本の玄関口である成田国際空港がある成田...
  18. 千葉駅周辺はどんなエリア?お店の周りの住民特性調べます! 駅商圏分析センター

    駅商圏分析センターシリーズ。今回はJR千葉駅周辺の分析です。JR総武線快速なら東京駅まで約40分...

PAGE NAVI

続きを読む
記事を検索
  • 駅商圏分析センター ~海浜幕張駅編~
    シリーズ駅商圏分析センター、今回は海浜幕張駅周辺の分析です。海浜幕張駅は幕張新都心の玄関口として1986年に開業しました。幕張新都心は1989年の幕張メッセオープンを皮切りに、ホテルや商業施設、企業、教育・研究施設、幕張ベイタウンを中心とする宅地化の推進により「職・住・学・遊」の複合的な都市機能の集積が進み、現在の姿になっています。幕張新都心は以下の6地区で構成されています。「タウンセンター地区」…JR京葉線の海浜幕張駅が中心の地区「業務研究地区」…企業が立地する地区「文教地区」…学校や研究施設が立地する地区「住宅地区」…集合住宅が立地する地区「公園・緑地地区」…海岸沿いの幕張海浜公園を中心に広がる地区「拡大地区」…1989年に編入された地区 海浜幕張駅はJR京葉線が運行。1日の平均乗車客数は65,377人 (2016年)。開業初年度(1986年)の747人から87.5倍の乗車客数となりました。発車メロディにはZOZOマリンスタジアムを本拠地とするプロ野球チーム、千葉ロッテマリーンズの応援歌「We Love Marines」が。筆者は個人的に2015年から毎年開催されているレッドブル・エアレースを楽しみにしています。
  • 駅商圏分析センター ~我孫子駅編~
    シリーズ駅商圏分析センター、今回は我孫子駅周辺の分析です。我孫子はその昔、水戸徳川家に続く水戸街道の宿場町として栄えた歴史ある街です。南側に手賀沼などの自然が残り、多くの文化人に愛されたことから“北の鎌倉”と呼ばれることも。我孫子駅の開業は1896年(明治29年)。現在はJR東日本の2路線(常磐線・成田線)が乗り入れる複数路線駅です。上野まで29分という好立地で、都内通勤者も多く居住しています。また東京メトロ千代田線も乗り入れ直通運行しています。そして我孫子駅といえばなんといってもホームで営業している立ち食いそば屋「我孫子弥生軒」が有名。山下清さん(裸の大将)ゆかりのお店でもあります。名物のから揚げそばを求めて、遠方から来る人も少なくないとか。1日の平均乗車客数は31,172人 (2017年)。乗車人員は1990年(29,622人)と比較すると横ばいとなっています。
  • 千葉駅周辺はどんなエリア?お店の周りの住民特性調べま…
    駅商圏分析センターシリーズ。今回はJR千葉駅周辺の分析です。JR総武線快速なら東京駅まで約40分の千葉駅。内房線(館山方面)、外房線(鴨川方面)、成田線(成田方面)、総武本線(銚子方面)と、県内各所への出発点でもあるターミナル駅です。また千葉都市モノレール千葉駅、京成線千葉駅にも隣接しています。付近にはビジネス街、繁華街、ショッピングスポットや観光スポットもあり、とてもにぎやかです。ここ数年千葉駅は大改装工事をしていましたが、2016年11月に完成。現在エキナカ3Fと4Fでは61のショップが営業中で、活気にあふれています。JR千葉駅の1日の平均乗車客数は105,807人 (2017年)。2000年から2017年の推移を見てみるとほぼ横ばい(105,246人⇒105,807人)ですが、今も昔も変わらず多くの人が往来する駅です。
  • 駅商圏分析センター ~五井駅編~
    シリーズ駅商圏分析センター、今回は五井駅周辺の分析です。五井駅は、2社(JR東日本・小湊鐵道)2路線(内房線・小湊鉄道線)が乗り入れており、市原市の中心地に位置しています。西口周辺は商業施設などが集まって市原市街を形成しており、オフィスビルやマンションなどが立ち並んでいます。東口周辺は2007年~2013年の五井駅東口開発により、大型複合商業施設や高層住宅地、総合公園である上総更級公園が建設されました。 駅東西にはタクシー乗り場とバスターミナルがあり、利便性も高いです。五井駅の1日の平均乗車客数は20,030人 (JR線2016年、小湊鉄道線2015年2社合算)です。小湊鐵道では一番利用者が多い駅となっております。
  • 商圏設定のキホンとは?
    商圏はまず「リピーター獲得につながる範囲かどうか」を考えましょう。
続きを読む
チラシのお届け方法をお探しの方へ
集客や販促方法でお悩みの方へ 販促に関する無料相談実施中! 地域情報に詳しい担当が、御社にご訪問して集客課題を伺います!詳しくはこちら
CRMって何?クロスセル?気になるワードをチェック!販売促進に関する用語集
お役立ち資料 開くお役立ち資料 閉じる
PAGE TOP