美容業界の方必見!美容業界のトレンドと今後の動向に迫る!

公開

近年、美容業界は市場規模や出店数が緩やかに拡大・増加している一方、サービスが多様化し、競争が激化しているなど変化の最中にあります。

美容業界の経営者や店舗運営の担当者は、業界の現状を知って将来に備えることが大切です。

本記事では美容業界の現在のトレンドと、今後の展望を考えます。

 

【目次】

1.美容業界の現在のトレンド
2.美容業界の今後の動向
3.まとめ


【無料ダウンロード】顧客リストを活用してアプローチ!効率的にリピーターを増やそう

(参考記事)

美容業界の現在のトレンド

美容業界の市場規模は緩やかに拡大しているものの、サービスの多様化などさまざまな変化があります。
ここでは美容業界のトレンドを紹介します。

 

◆市場規模は緩やかに拡大
美容業界の市場規模はわずかながら拡大傾向にあります。
厚生労働省の資料によると、2005年から2015年の10年間はカットやパーマネントなどへの支出額はやや減少傾向でしたが、それを補うようにセットやヘアカラーといった「その他の理美容代」は増えており、市場規模は1.1兆円から1.3兆円へと拡大しました。

厚生労働省:美容業の実態と経営改善の方策

 

◆出店数は増加
美容室の店舗数も増加傾向です。
厚労省の資料では、2014年時点では「美容所」の数は23万店台でしたが、2018年には25万店を超えており、市場規模の拡大とともに店舗数も増加傾向なのがわかります。

 

同じ期間にホテル・旅館、公衆浴場、クリーニング業などの事業所数は減少しており、美容業界とは対照的です。

また、出店数に加えて美容師の免許取得件数も近年微増傾向にあります。

2000年代半ばのピーク時よりは落ち込んでいるものの、2011年から2015年までは底堅く1.7万人から1.9万人程度で推移してきました。

厚生労働省:生活衛生関係

 

◆サービスは多様化
美容業界は近年サービスや運営方法が多様化しています。

最も顕著なのがネット予約です。
現在は予約サイトや店舗情報検索サイトが充実しており、美容室経営においてインターネットの活用は重要な要素になりつつあります。

 

また、出張カットやシェアサロンといった新しいサービスも生まれている状況です。
出張カットは、高齢者など美容室に出向けない人のもとに美容師が訪問する方法で、介護が必要な人でも利用できるとして注目されています。
シェアサロンは、店舗を持たない美容師が別の店舗を一時的に借りることで、新しい営業の形として活用されています。

 

美容業界の今後の動向

ここまで、現在の美容業界の状況を解説してきましたが、今後はどのような展開が予想されるのでしょうか。
ここからは2つのポイントを紹介します。

 

◆競争の激化
美容業界の競争は今後さらに厳しくなっていくことが予想されます。

先述の通り美容業界の市場規模は緩やかに拡大傾向ですが、同時に店舗数も増加している状況です。
今後、人口が減っていく中で、市場のパイの取り合いがますます厳しくなることが想定されます。

 

市場規模の内訳を見ても、カットやパーマネントといったこれまで主力だったサービスへの支出額は減っており、代わりにセットやヘアカラーといったサービスが増えている状況です。
このように顧客のニーズが多様化していく中で選ばれ続けるには、競合店との差別化を図っていかざるを得ないでしょう。

 

◆二極化傾向の加速
今後は二極化が加速していく可能性もあります。

 

美容業界の特性として挙げられるのは小規模事業者の多さです。
厚労省の調査では、美容業のうち個人経営が88.7%、従業者数3人以下の事業者が72.9%という結果でした。
顧客が求めるサービスが変化しニーズが多様化していく中で、小規模な事業者がそれらに対応することは簡単ではありません。

 

美容室が生き残っていくためには、小規模のまま何らかのサービスに特化して勝負するか、あるいは他店と合併・提携して規模を大きくし、多様なサービスを提供するか、のどちらかが必要となるでしょう。

 

まとめ

美容業界は、市場規模が緩やかに拡大し店舗数も増加傾向にある中、顧客が求めるサービスは多様化しつつあります。また、ネットの活用や出張カット、シェアサロンといった動きも生まれている状況です。

このような中で生き残るためには、特定サービスへの専門化か、経営体力の拡大が必要で、今後はこの二極化に進む可能性があります。


【無料ダウンロード】顧客リストを活用してアプローチ!効率的にリピーターを増やそう

セミナー情報 セミナー情報

 
 

The following two tabs change content below.
株式会社ベストエフォートマーケティング 代表取締役。 東京理科大学大学院卒業後、外資系企業にてマーケティング職、国内・海外営業職に従事。2011年4月に株式会社ベストエフォートマーケティング代表取締役就任。 “WEBを起点としてビジネスを発展させる”をキーワードに、WEB製作、WEBマーケティング、営業コストを抑えて売り上げを上げていく効率的なマーケティング手法、 営業手法などを提案。海外のグローバル企業、上場企業、中小企業、ベンチャー企業等500社以上の企業の営業マーケティング支援実績。 ホームページ : https://besteffortmarketing.co.jp/ Facebook : https://www.facebook.com/yushukanemura

■おすすめの関連コラム

  1. カスタマージャーニーとは?新モデル「ORACAS(オラカス)」について解説

    近年カスタマージャーニーの視点が、店舗や企業の販促で注目されてきていますので、経営者や販促担当者...
  2. 病院・クリニックに適した集客方法とは?選ばれる医療機関のマーケティング実例

    病院・クリニックを経営する上で集客はとても重要な事柄です。世の中にはたくさんの病院・クリニックが...
  3. 年末年始商戦!withコロナでも新規顧客をゲットするには!?

    2020年は新型コロナウイルス感染症が終息する見通しが立たず、「withコロナ」での年末年始商戦...
  4. 【店舗向け】2020年のクリスマス商戦!withコロナの今年は何が違う?

    2020年のクリスマス商戦は新型コロナウイルス感染症の影響で、例年とは大きく異なることが予想され...
  5. 【飲食店経営で役立つ!】マーケティングの基本!お店のコンセプトに合ったペルソナを考えよう!

    飲食店経営では、正しいペルソナを設定できるかどうかが売上を左右します。 お店とペルソナがマッチ...
  6. サブスクリプションとは?サービスの事例やメリット・デメリットをご紹介!

    サブスクリプションはデジタルサービスの拡大を背景に普及しているビジネスの仕組みで、商品開発やマー...
  7. シニアマーケティングとは?デジタルとアナログで団塊世代を取り込む!

    ますます高齢化が進む中、団塊世代をはじめとしたシニア層の取り込みは、多くの企業にとって重要課題の...
  8. 増えるシニアのネット利用 シニア世代が求めるモノ・サービスとは

    インターネットを利用するシニア世代は増加しつつあります。 販売戦略で高齢者をターゲットとするな...
  9. SEOで勝つには? SEOで上位表示されるために必要な基礎対策を解説!

    SEO対策をしてみたい!と思っても、まず何からすればいいのか分からない、という人も多いかと思いま...
  10. Webマーケティングイメージ

    Webマーケティングとは? Webマーケターの仕事内容について解説!

    最近、「Webマーケティング」という言葉をよく聞きますが、いったいどのような仕事なのでしょうか?...
  11. 知ってて当たり前?AISASとは?購買行動モデルを意識して売上を伸ばそう

    皆さん、AIDMA(アイドマ)やAISAS(アイサス)という言葉を聞いたことはありますか?どちら...
  12. リファーラルマーケティングを活用・実践してビジネスを拡大する

    ビジネスにリファーラルを活用することには多くのメリットがあります。今回はリファーラルマーケティン...
  13. ○○マーケティングって、つまり何?

    世の中には「マーケティング」に○○を付けて、とても難しい言葉で表現していることがたくさんあります...
  14. リファーラルマーケティングを活用して売上を上げる

    集客、見込み顧客獲得のためのマーケティング手法はいろいろありますが、その中でも一番強力で効果的な...
  15. 4C分析と4P分析を自社商品・サービスのマーケティングに生かす方法をご紹介!
    ~サービスメリット整理表を活用しよう【無料DL】~

    4C分析と4P分析という有名なマーケティング分析手法を、自社商品やサービスのマーケティングに生か...

PAGE NAVI

続きを読む
記事を検索
メルマガ登録者数1万以上 セミナー情報をいち早くお届け
ご提案無料 ウィズコロナ時代に合わせて販促の「見直し」してみませんか?まずはお問い合わせください。
  • 【成功事例から学ぶ経営戦略】SDGs(持続可能な開発…
    現在、多くの企業が、SDGs(持続可能な開発目標)に積極的に取り組んでいます。企業の広報担当者・販促担当者・店舗経営者にとって、自社のSDGsへの取り組みを広報やPR活動に取り入れて、顧客に向けて発信していくことは、これからのビジネスを成功に導くうえでマーケティング的にも非常に意味があることです。そこで今回は、SDGsを取り入れたあとのPR方法や社外へ周知させる方法、発信するメリット、成功事例などについて紹介します。
  • 新年度!春は新規顧客獲得のチャンスがいっぱい!
    新年度を迎える春先は、転勤や進学などを機に新生活を始める人が増える時期です。 店舗側は新規顧客を獲得するチャンスでもあります。 新規顧客を獲得するためには、新年度の応援やお得感をアピールすることが効果的でしょう。 今回は、新年度の初めに新規顧客を獲得するチャンスが多い理由や、顧客獲得の施策例を紹介します。
  • 【業界研究】美容理容業界のトレンド情報
    ~20…
    ビジネスで適切な判断を下し続けるには、業界のトレンドをつかむことが重要です。 今回は美容理容業界の現状と今後の見通しについて、地域新聞社のマーケティング部と、 同社2018年4月入社の新卒社員が共同で調査しました。 おすすめの販促方法もご紹介しますので、美容理容業界の方も、それ以外の業界の方も、ぜひご一読ください。
  • ビジネス交流会に効果的に参加するには?
    ビジネスを発展させるうえで、人脈を広げるチャンスとなるビジネス交流会に参加することは、有効な営業手段の1つです。しかしながら、何の目的もなしに参加するだけではほとんど意味がなく、貴重な時間と参加費用の無駄遣いとなってしまいます。まずは参加する目的を明確にし、自身の目的に合った方と知り合える交流会を選びましょう。
  • いざという時のために知っておきたい、大規模災害時の中…
    今回は大規模な災害が発生した時に、被災した中小企業に対してどのような支援策が講ぜられるのかについてまとめてみます。前回の記事「災害に備える~中小企業強靭化法について~」では、経営持続力強化についての新しい動きをレポートしました。それは、転ばぬ先のつえとして・事業を営んでいる土地でどのような重大災害が発生する可能性が高いかを調査・その災害が発生した時に自らの事業にどのような影響が生じるかを予測・必要な対策をあらかじめ講ずる場合は国が一定の支援を行うという内容でした。これは、東日本大震災をはじめとする昨今の災害が多発する傾向とその被災状況を踏まえて制定された、新しい予防保全の制度です。今回解説するのは、いったん重大な災害が発生し被害が発生した場合に、国が講ずる支援策についてです。実際に重大な災害に遭遇して、自らに大きな被害が発生すると、その対応に追われ、どのような支援が国や自治体から得られるのかを調べる余裕がなくなることが予想されます。普段から制度の枠組みを把握し、必要な連絡先などを整理しておかれるとよいと思います。
PAGE TOP