サブスクリプションとは?サービスの事例やメリット・デメリットをご紹介!

公開

サブスクリプションはデジタルサービスの拡大を背景に普及しているビジネスの仕組みで、商品開発やマーケティングの担当者はその特徴を知っておくことが大切です。
今回は、サブスクリプションの意味やサービス例、メリットとデメリットを紹介します。

 

【目次】

1.サブスクリプションの意味や事例とは

2.提供側にとってのサブスクリプション型の3つのメリット

3.提供側が注意するべきサブスクリプション型のデメリット

4.まとめ

 

サブスクリプションの意味や事例とは

サブスクリプションは、売り切り型のビジネスとは異なり、一定の期間中は顧客がそのサービスを自由に利用する権利を持つ点が特徴です。
ここでは、その意味や具体例を紹介します。

 

◆意味
サブスクリプションとは、顧客が定額料金を支払えば決められた期間はそのサービスを利用できる権利を持つ契約の仕組みです。
企業が商品・サービスを提供してその都度代金を受け取る売り切り型の仕組みに対して、サブスクリプションは商品・サービスの利用期間と利用料金があらかじめ定められているという特徴があります。
サブスクリプション型のサービスは、スマートフォンの所有率の伸びやデジタルサービスの拡充を背景に普及してきました。

 

◆事例
古くからあるサブスクリプションの例には、雑誌や新聞などの定期購読サービスがあります。
そもそも「subscription」とは「subscribe」(購読する)の名詞形です。
現在のサブスクリプション型のオンラインサービスも、この言葉が由来になっています。

最近では、「Netflix」のような動画配信サービスや「Spotify」のような音楽配信サービスなどが代表的な事例です。
どちらも、ユーザーが利用料金を支払うことで、期間中は指定のコンテンツを利用し放題になる仕組みが採られています。

 

提供側にとってのサブスクリプション型の3つのメリット

企業の商品開発やマーケティングの担当者としては、サブスクリプション型のメリットが気になるところです。
ここでは、顧客ニーズ、料金設定、収入という3つのポイントから解説します。

 

◆利用ニーズを満たせる
まず、サブスクリプション型であれば、顧客が商品・サービスを利用したいというニーズを手軽に満たせます。
例えば、顧客が動画や音楽といったコンテンツを利用したい場合、従来であればDVDやCDといった物品をその都度購入したり、レンタルしたりするしかありませんでした。
しかし、サブスクリプションの場合、定額料金を支払えば期間中はコンテンツが無制限で利用できるのです。

 

◆料金設定が明確
また、顧客にわかりやすい料金設定を提供できます。
売り切り型では商品・サービスを利用する都度料金が発生しますが、サブスクリプション型は定額料金なので顧客側にも安心感があるのです。

 

◆安定収入を得られる
さらに、企業側は安定的に収益を得られる点も魅力です。
売り切り型では、顧客が商品・サービスを利用しなければ収益が発生しないだけでなく、時期によって売上に変動があります。
しかし、サブスクリプション型は顧客が利用契約を結んでいる限り収益が発生するため、資金繰りなどの資金計画が立てやすいのです。

 

提供側が注意するべきサブスクリプション型のデメリット

サブスクリプション型にはデメリットもあるため、導入する際は注意する必要があります。

 

まず、利用者の所有欲を満たすことはできません。

消費者には、動画コンテンツや商品などを一時的に利用するだけでなく、いつまでも手元に置いて楽しみたいというニーズもあるものです。

これに対応できないのはサブスクリプションの欠点と言えるでしょう。

 

また、そもそも定期契約を嫌う顧客も一定数存在するのは事実です。

背景には、「契約してもサービスを使わなければ損になる」、あるいは「自動更新で課金されるのが怖い」といった心配があります。

そのため、無料体験サービスの準備や、サービス解約の簡単さなどを訴求するといった対策が必要です。

 

まとめ

サブスクリプション型は、定額・定期といった特徴を活用した料金設定も可能で、新しい消費体験を提供できる手段です。

今後もデジタルサービスが多様化したり、「所有から利用へ」というニーズが増えたりする可能性がある中、企業側にとってはさまざまな活用方法が期待できます。

 
 

The following two tabs change content below.
金村 勇秀
株式会社ベストエフォートマーケティング 代表取締役。 東京理科大学大学院卒業後、外資系企業にてマーケティング職、国内・海外営業職に従事。2011年4月に株式会社ベストエフォートマーケティング代表取締役就任。 “WEBを起点としてビジネスを発展させる”をキーワードに、WEB製作、WEBマーケティング、営業コストを抑えて売り上げを上げていく効率的なマーケティング手法、 営業手法などを提案。海外のグローバル企業、上場企業、中小企業、ベンチャー企業等500社以上の企業の営業マーケティング支援実績。 ホームページ : https://besteffortmarketing.co.jp/ Facebook : https://www.facebook.com/yushukanemura

■おすすめの関連コラム

  1. 年末年始商戦!withコロナでも新規顧客をゲットするには!?

    2020年は新型コロナウイルス感染症が終息する見通しが立たず、「withコロナ」での年末年始商戦...
  2. 【店舗向け】2020年のクリスマス商戦!withコロナの今年は何が違う?

    2020年のクリスマス商戦は新型コロナウイルス感染症の影響で、例年とは大きく異なることが予想され...
  3. 【飲食店経営で役立つ!】マーケティングの基本!お店のコンセプトに合ったペルソナを考えよう!

    飲食店経営では、正しいペルソナを設定できるかどうかが売上を左右します。 お店とペルソナがマッチ...
  4. 美容業界の方必見!美容業界のトレンドと今後の動向に迫る!

    近年、美容業界は市場規模や出店数が緩やかに拡大・増加している一方、サービスが多様化し、競争が激化...
  5. シニアマーケティングとは?デジタルとアナログで団塊世代を取り込む!

    ますます高齢化が進む中、団塊世代をはじめとしたシニア層の取り込みは、多くの企業にとって重要課題の...
  6. 増えるシニアのネット利用 シニア世代が求めるモノ・サービスとは

    インターネットを利用するシニア世代は増加しつつあります。 販売戦略で高齢者をターゲットとするな...
  7. SEOで勝つには? SEOで上位表示されるために必要な基礎対策を解説!

    SEO対策をしてみたい!と思っても、まず何からすればいいのか分からない、という人も多いかと思いま...
  8. Webマーケティングイメージ

    Webマーケティングとは? Webマーケターの仕事内容について解説!

    最近、「Webマーケティング」という言葉をよく聞きますが、いったいどのような仕事なのでしょうか?...
  9. 知ってて当たり前?AISASとは?購買行動モデルを意識して売上を伸ばそう

    皆さん、AIDMA(アイドマ)やAISAS(アイサス)という言葉を聞いたことはありますか?どちら...
  10. リファーラルマーケティングを活用・実践してビジネスを拡大する

    ビジネスにリファーラルを活用することには多くのメリットがあります。今回はリファーラルマーケティン...
  11. ○○マーケティングって、つまり何?

    世の中には「マーケティング」に○○を付けて、とても難しい言葉で表現していることがたくさんあります...
  12. 紹介マーケティングを活用して売上を上げる

    集客、見込み顧客獲得のためのマーケティング手法はいろいろありますが、その中でも一番強力で効果的な...
  13. 4C分析と4P分析を自社商品・サービスのマーケティングに生かす方法をご紹介!
    ~サービスメリット整理表を活用しよう【無料DL】~

    4C分析と4P分析という有名なマーケティング分析手法を、自社商品やサービスのマーケティングに生か...

PAGE NAVI

続きを読む
記事を検索
メルマガ登録者数1万以上 セミナー情報をいち早くお届け
ご提案無料 ウィズコロナ時代に合わせて販促の「見直し」してみませんか?まずはお問い合わせください。
  • 【飲食店向け】飲食店のイノベーションについて
    「イノベーション」という言葉は「技術革新」や「経営革新」という意味だけでなく、「新機軸のサービス」や「新たな価値観の提案」という意味で使われるようになってきました。現在、メディアでもSNSでも「イノベーション」が起きています。今後は激しい時代の変化により、今まで「常識」であったものが壊れ、「イノベーション」がより必要になってきます。飲食店の場合、これからどのような対策をしていけばよいのでしょうか?
  • 年末年始に獲得した顧客をリピーターに!閑散期を乗り切…
    年末年始商戦で新規顧客を獲得したら、次は再集客してリピーター化したいものです。年始の繁忙期が過ぎれば閑散期が到来しますが、その時に継続して集客できるかどうかが繁盛店との分かれ道といえます。本記事では、年末年始が過ぎた後も顧客をリピートさせるための対策について、3つのポイントを紹介します。
  • 個人経営の店舗向け お客様のお支払い方法はどうする?
    クレジットカード決済をはじめ、モバイル決済、電子マネー、仮想通貨、QRコード決済など現金を使わずに支払いできるキャッシュレス決済の方法は多様化しています。大きな金額を持ち歩く不安や小銭の煩わしさを解消する以外にも、お店の業種やターゲット、立地条件などによっては大きなメリットがあります。エステやヘアメイクなどの美容サロン、カフェ、小売の販売店など、個人経営で実店舗を持つお店ではなかなか導入に踏み切れず、見送っている方も多いかもしれません。しかし、それによってお客様の来店機会を逃している可能性があります。目的に合わせた支払い方法を紹介します。
  • 雨の日こそ集客しよう!雨天時に出来る効果てき面な集客…
    「雨だからお客様が来ない」は大きな間違い!? 雨が降りやすい6・7月。梅雨は売上が落ち込みやすい季節です。 天気が悪いと必要がなければ外出する気にならず、特に飲食店では、一部の行列ができる店、人気店を除いて、客足が遠のいてしまいます。 “雨の日の集客”に頭を悩ませる店舗経営者は多く、「雨が降っているから、お客様が来なくてもやむを得ない」と考えてしまいがち。 しかし、事前に食材を調達して、仕込みをしてお店を開けている飲食店の場合、ここであきらめてしまうのはもったいないことです。 今回は飲食店に絞り、雨の日だからこそ売上を上げるための工夫についてお話します。
  • 【WEBマーケティング】ホームページやブログの役割
    WEBマーケティングと聞いて、あなたはどのようなことをイメージしますか? • ホームページやブログを制作すること • FacebookやTwitterのようなSNSを活用すること • 物販をしている方なら、ネットショップを作ること などなど、あなたの置かれている立場で、イメージすることは異なるかもしれません。
CRMって何?クロスセル?気になるワードをチェック!販売促進に関する用語集
お役立ち資料 開くお役立ち資料 閉じる
PAGE TOP