【店舗向け】2020年のクリスマス商戦!withコロナの今年は何が違う? | 販促の大学で広告・マーケティング・経営を学ぶ

【店舗向け】2020年のクリスマス商戦!withコロナの今年は何が違う?

公開

2020年のクリスマス商戦は新型コロナウイルス感染症の影響で、例年とは大きく異なることが予想されます。
withコロナの状況だからこそ、販促担当者は2020年の傾向を予測した上でしっかり備えることが大切です。
本記事では今年のクリスマス商戦で予想される傾向を紹介した上で、店舗はどのような対策を取るべきなのかを解説します。

 

【目次】

1.2020年のクリスマス商戦で予想される傾向とは?

2.2020年店舗がクリスマス商戦に備えるには

3.まとめ

 

2020年のクリスマス商戦で予想される傾向とは?

2020年のクリスマス商戦は、例年とはどのような違いがあるのでしょうか。

ここでは今年予想されるクリスマス商戦の傾向を紹介します。

 

◆巣ごもり消費

まず、巣ごもり消費は大きなテーマになりそうです。

 

新型コロナ感染症が収束する見通しが立っていない中で、店舗側にも消費者側にも大人数が集まるような状況を極力減らそうとする動きが広がっています。

 

例年はクリスマス商戦といえば、飲食店や小売店が特別プランやイベントを用意して、多くの顧客を集める催しをしていました。

しかし、今年は外出ではなく自宅で楽しめるクリスマスが広がると予想されます。

 

◆オンライン購入

また、オンラインを活用した楽しみ方も広まる可能性があります。

 

新型コロナの感染リスクを減らすためには、対面ではなくオンラインでのやりとりの方が望ましいです。

これまで実店舗で商品・サービスを提供することが普通だった業態でも、顧客や店舗スタッフの安全を考えるのであれば、オンラインの活用は必須と言えるでしょう。

 

例えば、インターネット通販や自宅でも楽しめるオンラインイベントなどは例年以上に盛り上がると予想されます。

 

◆少人数化

2020年は飲食店や小売店、エンターテインメント施設などで、混雑による感染リスクを抑えるために集客人数を制限する施策が取られています。

この傾向がクリスマス時期まで継続されれば、少人数化がテーマになる可能性もあるでしょう。

 

外食に特化した店の場合、オンラインでサービスを提供することは困難です。

他にも、実店舗に集客するしかない業態は少なくありません。

こういった店舗では、感染リスクを避けるために、集客人数を絞るという対策が取り入れられることが考えられます。

 

◆短時間化

実店舗に集客する業態では、短時間化もテーマになりそうです。

 

2020年は感染リスクを減らす目的で、飲食店などには営業時間の短縮が求められました。

クリスマス商戦では例年さまざまな催しが用意されますが、今年は感染リスクを抑えるために、サービスの提供時間を短縮する店舗場増える可能性があります。

 

2020年店舗がクリスマス商戦に備えるには

◆巣ごもり対応

まず、巣ごもり消費への対応が求められるでしょう。

 

新型コロナの収束の見通しが立ちにくい今、例年のように積極的に外出をしようとする動きは減り、自宅でクリスマスを楽しむ人が増えると予想されます。

そこで、食品であればデリバリーや持ち帰りが、プレゼント購入であれば自宅で使えるような商品の需要が高まる可能性があるのです。

 

◆オンライン対応

オンライン対応も重要です。

 

業態によってはオンライン化が困難なサービスもありますが、対応が可能な商品・サービスであれば、積極的に検討してみましょう。

感染予防を考えるなら、販促、予約、注文、決済などが全てオンラインで完結する方が、消費者にとっても店舗側にとっても理想的です。

例年以上にオンラインでの注文やイベントなどが注目されるのではないでしょうか。

 

まとめ

2020年のクリスマス商戦は、withコロナの状況の下、例年とは異なるスタイルが主流になる可能性があります。

特に、「巣ごもり」と「オンライン」は重要なテーマです。

 

こうした動向をうまく活用すれば、新たな顧客を開拓できるチャンスにもなります。

自分たちに何ができるかを広く検討し、安全かつ付加価値の高いサービスを提供しましょう。

 
 

The following two tabs change content below.
金村 勇秀
株式会社ベストエフォートマーケティング 代表取締役。 東京理科大学大学院卒業後、外資系企業にてマーケティング職、国内・海外営業職に従事。2011年4月に株式会社ベストエフォートマーケティング代表取締役就任。 “WEBを起点としてビジネスを発展させる”をキーワードに、WEBサイト制作、WEBマーケティング、営業コストを抑えて売り上げを上げていく効率的なマーケティング手法、営業手法などを提案。海外のグローバル企業、上場企業、中小企業、ベンチャー企業等200社以上の企業の営業マーケティング支援実績。 2018年2月美容室2店舗を運営する株式会社HARU 代表取締役および船橋店責任者に就任。ホームページ:https://besteffortmarketing.co.jp/ 株式会社HARUホームページ:https://bh-haru.com/ 株式会社HARU船橋店ホームページ:https://bh-haru.com/funabashi/ Facebook : https://www.facebook.com/yushukanemura

■おすすめの関連コラム

  1. 年末年始商戦!withコロナでも新規顧客をゲットするには!?

    2020年は新型コロナウイルス感染症が終息する見通しが立たず、「withコロナ」での年末年始商戦...
  2. 【飲食店経営で役立つ!】マーケティングの基本!お店のコンセプトに合ったペルソナを考えよう!

    飲食店経営では、正しいペルソナを設定できるかどうかが売上を左右します。 お店とペルソナがマッチ...
  3. 美容業界の方必見!美容業界のトレンドと今後の動向に迫る!

    近年、美容業界は市場規模や出店数が緩やかに拡大・増加している一方、サービスが多様化し、競争が激化...
  4. サブスクリプションとは?サービスの事例やメリット・デメリットをご紹介!

    サブスクリプションはデジタルサービスの拡大を背景に普及しているビジネスの仕組みで、商品開発やマー...
  5. シニアマーケティングとは?デジタルとアナログで団塊世代を取り込む!

    ますます高齢化が進む中、団塊世代をはじめとしたシニア層の取り込みは、多くの企業にとって重要課題の...
  6. 増えるシニアのネット利用 シニア世代が求めるモノ・サービスとは

    インターネットを利用するシニア世代は増加しつつあります。 販売戦略で高齢者をターゲットとするな...
  7. SEOで勝つには? SEOで上位表示されるために必要な基礎対策を解説!

    SEO対策をしてみたい!と思っても、まず何からすればいいのか分からない、という人も多いかと思いま...
  8. Webマーケティングイメージ

    Webマーケティングとは? Webマーケターの仕事内容について解説!

    最近、「Webマーケティング」という言葉をよく聞きますが、いったいどのような仕事なのでしょうか?...
  9. 知ってて当たり前?AISASとは?購買行動モデルを意識して売上を伸ばそう

    皆さん、AIDMA(アイドマ)やAISAS(アイサス)という言葉を聞いたことはありますか?どちら...
  10. リファーラルマーケティングを活用・実践してビジネスを拡大する

    ビジネスにリファーラルを活用することには多くのメリットがあります。今回はリファーラルマーケティン...
  11. ○○マーケティングって、つまり何?

    世の中には「マーケティング」に○○を付けて、とても難しい言葉で表現していることがたくさんあります...
  12. 紹介マーケティングを活用して売上を上げる

    集客、見込み顧客獲得のためのマーケティング手法はいろいろありますが、その中でも一番強力で効果的な...
  13. 4C分析と4P分析を自社商品・サービスのマーケティングに生かす方法をご紹介!
    ~サービスメリット整理表を活用しよう【無料DL】~

    4C分析と4P分析という有名なマーケティング分析手法を、自社商品やサービスのマーケティングに生か...

PAGE NAVI

続きを読む
記事を検索
メルマガ登録者数1万以上 セミナー情報をいち早くお届け
ご提案無料 ウィズコロナ時代に合わせて販促の「見直し」してみませんか?まずはお問い合わせください。
  • 見直そう、会社の財布!経費節約について
    事業経営において、まず最優先で取り組むべきアクションが売上アップです。 しかし、売上を上げたとしても、コスト・経費がかさみ、利益率が悪かったらもったいないですよね。 多くの企業様、個人事業主様のマーケティング・経営支援をしていますが、売上を上げているお客様ほどコスト・経費に目が行き届かず、利益率があまり良くないというケースが多いです。 では、コスト・経費を削減するにはどうすればいいのでしょうか。
  • BtoB企業にとって効果的なブランディングの方法とは…
    現在、BtoB企業においても“ブランディング”を重視するところが増えています。 なぜそうしたことが起きているのか。 そして、BtoB企業におけるブランディングの方法とは。今回はそうしたことについてお伝えいたします。
  • 【飲食店向け】飲食店のイノベーションについて
    「イノベーション」という言葉は「技術革新」や「経営革新」という意味だけでなく、「新機軸のサービス」や「新たな価値観の提案」という意味で使われるようになってきました。現在、メディアでもSNSでも「イノベーション」が起きています。今後は激しい時代の変化により、今まで「常識」であったものが壊れ、「イノベーション」がより必要になってきます。飲食店の場合、これからどのような対策をしていけばよいのでしょうか?
  • 地域商売とドラッカーの知恵
    店舗でご商売をされている方は、地元密着の経営をされている方がほとんどだと思います。 大企業の社長や幹部が愛読していそうなドラッカーの経営論なんて「自分たちには関係ない」とお思いかもしれません。
  • 「優秀くん」を集めてもうまくいかない!? チーム力を…
    空前の売り手市場といわれる昨今、アルバイトの人材確保に困っている企業が多いという話をよく耳にします。なんとか採用までこぎ着けても、「長続きしない」「思ったように働いてくれない」など、その扱いに苦慮する企業も。雇用する側にとっては、採用や教育経費のコスト増につながる重大な問題ですよね。優秀な人材がなかなか集まらない、従業員の能力が十分に発揮できていないと感じる経営者・採用者の方が往々にして陥ってしまう罠が、「もっと優秀な人材を集めること」に力を注いでしまうパターンです。
CRMって何?クロスセル?気になるワードをチェック!販売促進に関する用語集
お役立ち資料 開くお役立ち資料 閉じる
PAGE TOP