○○マーケティングって、つまり何?

世の中には「マーケティング」に○○を付けて、とても難しい言葉で表現していることがたくさんあります。

 

一つ一つ覚えるのは大変ですし、技術の進歩に合わせて日々新しい言葉が生まれています。

 

 

今回は、難しい表現をできるかぎり簡単な言葉に言い換えてみましたので、「へえ~そうなんだ」くらいの軽い気持ちでご覧いただければ幸いです。

 

【目次】

1.○○マーケティングを、簡単に言うと?

2.そもそも「マーケティング」とは?

 

 

○○マーケティングを、簡単に言うと?

「マーケティング」がついた言葉をいろいろと集め、言い換えてみました。
あくまでも筆者による定義ですので、世の中の定義と見比べながら、意味を理解するきっかけとしてお読みいただければと思います。

 

 

・マーケティング1.0

≒「求める人が多い商品を、コストを抑えてたくさん作り、多くの人に宣伝して売る仕組み」
例:冷蔵庫を持ってない人が多い時代に、たくさん冷蔵庫を作って売る

 

 

・マーケティング2.0

 ≒「一人一人のニーズに合わせた商品を売る仕組み」
例:ニーズに応じて、一人暮らし用の冷蔵庫や大家族用の冷蔵庫を作って売る

 

 

・マーケティング3.0

 ≒「社会貢献につながる価値を付けて、精神的な満足感を与えて売る仕組み」
例:商品を買うと、自然保護団体に寄付される

 

 

・マーケティング4.0

 ≒「自分の生き方に共感できる人・企業から買う仕組み」
例:劣悪な労働環境な会社が作る服は買わずに、いい環境づくりをしている会社の商品を買う

 

 

・インバウンドマーケティング

≒「お客様からお店へやってくるようにする仕組み」
例:検索上位に表示されるように、ホームページを改善する
世の中の定義はこちら

 

 

・アウトバウンドマーケティング

≒「お店がお客様を追いかける仕組み」
例:電話をたくさんかけたり、DMをたくさん送ったりして、お店の紹介をする
世の中の定義はこちら

 

 

・アカウントベースドマーケティング

≒「顧客リストの管理をしっかりとやって、お客様一人一人に合わせたサービスを届ける仕組み」
例:女性向けDMと男性向けDMを作り、それぞれに送る
世の中の定義はこちら

 

 

・コース・リレーテッド・マーケティング

≒「社会貢献できる気分がおまけで付いてくる仕組み」
例:商品を買うと、売上の1%が日本対がん協会に寄付されるブラジャー
世の中の定義はこちら

 

 

・コンテンツ・マーケティング

≒「商品に関する専門知識をHPなどで紹介して、お店の信用を上げる仕組み」
例:販促の大学は、地域新聞社が販促全般を支援してるということを暗に伝えています。(伝わっていれば幸いで・・・)
世の中の定義はこちら

 

 

・アンバサダー・マーケティング

 ≒「お店やサービスの熱いファンを増やして、サービスを紹介してもらう仕組み」
例:サービスの質の向上で顧客満足度を高め、口コミ効果を増やす
世の中の定義はこちら

 

 

・エリアマーケティング

 ≒「地域の属性に合わせて、宣伝手法やサービス内容を変える仕組み」
例:70代が多いエリアと20代が多いエリアの、チラシのキャッチコピーと写真をターゲット世代に合わせて変える
世の中の定義はこちら

そもそも「マーケティング」とは?

マーケティングの定義は世の中にたくさんあり、カイロスマーケティングのサイトでは国内外の「16個」もの定義を紹介しています。

カイロスマーケティング「16のマーケティングの定義を集めました

 

そこで、この記事としての定義を簡単に一言で言うと、「売れ続けるための仕組み」です。と考えて・・・いました。

 

しかし、それを弊社の社長である近間之文に伝えたところ、「喜ばれ続けるための仕組みだ!」と怒られました。そして「マーケティングは“お客様思考”、それに尽きる」と一喝されました。

 

「売ればいい」ではなく、喜んでもらい続けるにはどうすればいいのかを考えるのが、マーケティング担当者の心得なのだと思います。

 

この記事が、様々な「○○マーケティング」の意味が分からなかった人にとって、ほんの少しでも理解のきっかけとして喜んでいただければ幸いです。








 
 

■おすすめの関連コラム

  1. 紹介マーケティングを活用して売上を上げる

    集客、見込み顧客獲得のためのマーケティング手法はいろいろありますが、その中でも一番強力で効果的な...
  2. 4C分析と4P分析を自社商品・サービスのマーケティングに活かそう!

    有名なマーケティング分析手法に4C分析や4P分析というものがあります。どちらも自社のサービスや製...

PAGE NAVI

The following two tabs change content below.
川上辰夫
株式会社地域新聞社マーケティング部 「販促の大学」の企画責任者。 2011年に入社し、広告の営業として千葉県柏市内を担当。 2015年に発足した広告効果プロジェクトを通して、社内の広告力提案向上のための社員向け勉強会を企画。そのプロジェクトでの経験を生かし、「販促の大学」の立ち上げを行った。

続きを読む
セミナー開催情報
【HP制作・リニューアルを検討されている方必見】 検索順位1位を目指す!SEOに強いホームページの作り方セミナー
日程:2018年11月13日(火)
会場:サンシティーホール(越谷市)
時間:14時~16時
定員:15名
★人気セミナー 埼玉県内で初開催★
これからホームページを作成・リニューアルされたい方向けに、検索サイトで上位表示にするためにSEO対策に強いホームページの作り方をお伝えします。商圏範囲が決まっているお店にとって「地域名(○○市) x 自社商品名」で検索したとき、検索画面の上位3位以内に入っていないと、「ほしい!」と思っている人を逃してしまう可能性がとても大きくなります。そこで今回は、自社ホームページをGoogleやyahooなどで上位に表示されるための方法をご説明します。
  • ターゲット顧客の明確な選定 マーケティング戦略の起点…
    マーケティング戦略を練る上で、商品を購入してくれるターゲット顧客を明らかにすることは大切なことです。 ドラッカーに、次のような言葉があります。 「マーケティングの狙いは、顧客というものをよく知って理解し、製品が顧客にぴったりと合って、ひとりでに売れてしまうようにすること」 『マネジメント』(1970年、ダイヤモンド社) 「どのような 価値を提供すればターゲット市場のニーズを満たせるかを探り、その価値を生み出し、顧客に届け、そこから利益を上げること」 『コトラーの戦略的マーケティング』(2000年、ダイヤモンド社)
  • LINE@販促とは?集客アップにつながる必須ツールを…
    コミュニケーションツールとして、すっかり定着したLINE。そのLINEに向けて店舗専用アカウントとしてメッセージを送ることができるLINE@は、店舗集客に使える機能がたくさんあります。特にリピーターを増やすためのツールとして、多くの店舗がLINE@を活用し始めています。リピーターを増やしたいとお考えの方は、一度LINE@を試してみてはいかがでしょうか?
  • 『エスキモーに氷を売る』マーケティングとは何かを教え…
    マーケティング的には、著者が述べている考え方に目新しいものはありませんが、営業についての考え方は、今の時代にも十分通じる内容です。 物を売ることを生業としている人達にとっての“基本中の基本”、まさに営業、マーケティングの原理原則が述べられています。
  • 雨の日こそ集客しよう!雨天時に出来る効果てき面な集客…
    「雨だからお客様が来ない」は大きな間違い!? 雨が降りやすい6・7月。梅雨は売上が落ち込みやすい季節です。 天気が悪いと必要がなければ外出する気にならず、特に飲食店では、一部の行列ができる店、人気店を除いて、客足が遠のいてしまいます。 “雨の日の集客”に頭を悩ませる店舗経営者は多く、「雨が降っているから、お客様が来なくてもやむを得ない」と考えてしまいがち。 しかし、事前に食材を調達して、仕込みをしてお店を開けている飲食店の場合、ここであきらめてしまうのはもったいないことです。 今回は飲食店に絞り、雨の日だからこそ売上を上げるための工夫についてお話します。
  • 【サロン向け】〜美容商品が売れるサロンの秘密〜
    美容商品の売り上げを上げるためには?世の中にたくさんある美容商品。「これは良い商品だから、ぜひ使ってもらいたい!」とサロンにいろいろと陳列している方もいると思います。しかし、ただ棚に並べただけでは、お客様は購入してくれません。では、どのようにすれば商品は売れるのでしょうか?
続きを読む
チラシのお届け方法をお探しの方へ
集客や販促方法でお悩みの方へ 販促に関する無料相談実施中! 地域情報に詳しい担当が、御社にご訪問して集客課題を伺います!詳しくはこちら
CRMって何?クロスセル?気になるワードをチェック!販売促進に関する用語集
お役立ち資料 開くお役立ち資料 閉じる
PAGE TOP