徹底比較!ライバル地域対決 船橋市vs市川市

千葉県西部の船橋市と市川市が各種データをもとに対決。

 

株式会社地域新聞社が行った「他エリアに対するライバル意識に関するアンケート 2016年10月1日~10月31日」で、多くの船橋市民が市川市をライバル視しているという事実が判明。おとなりさんには負けたくない!という強い意識があるようです。

 

今回は「客観的数字データ」をもとに13項目でガチンコ対決を実施!本当に良い街はどっちだ!?

 

全13試合とちょっぴり長いですが、熱い闘いに、ぜひ最後までお付き合いください。

 

【目次】

1.第1試合「面積」

2.第2試合「人口」

3.第3試合「世帯」

4.第4試合「平均世帯年収」

5.第5試合「出生数」

6.第6試合「居住年数20年以上」

7.第7試合「会社の数」

8.第8試合「飲食店数」

9.第9試合「食べログ1位の点数」

10.第10試合「駅の数」

11.第11試合「人口増減数」

12.第12試合「小学校の数」

13.第13試合「外国人」

14.まとめ

第1試合「面積」

まずは、なにより市の広さ。大きい方が偉いはず!

 

それでは早速、勝負開始!!

 

 

船橋市85.62㎢

 

市川市56.45㎢

 

 

 

・・・。

 

 

船橋の勝ち!!

 

船橋市は市川市の1.49倍も大きい。

 

まず1試合目は、船橋の勝利です。

 

第2試合「人口」

面積では負けましたが、人口はどうでしょう。

 

いかに多くの人口を抱えているのか…

 

それでは、いざっ!!

 

 

船橋市626,809人

 

市川市476,560人

 

 

 

船橋の勝ち!!

 

第3試合「世帯」

船橋市287,785世帯

 

市川市231584世帯

 

 

 

船橋の勝ち!!

 

そりゃあ、人口多いから仕方ないですよね。。

第4試合「平均世帯年収」

勝負はまだまだ、これから。

 

やっぱり大事なお金!!

平均の世帯年収は・・・!?

 

 

船橋市5,108,303円

 

市川市5,097,735円

 

 

 

船橋の勝ち!!

 

 

約1万円の差で船橋が辛勝!ほぼ同点ですね。生活水準はどちらも同じと言ってもいいでしょう。

 

第5試合「出生数」

今後の街の発展を考えると、やっぱり大事なのは子供の数。

 

ただし、人口の差が大きいので、ここからは「割合」で!

 

人口1万人あたりの出生数でいざ、勝負!
※「出生人数÷人口 × 10,000」で算出

 

 

船橋市86人

 

市川95人

 

 

 

市川の勝ち!!

 

人口は少ないものの、1万人当たりの出生数は市川の勝利!今後の町の発展が楽しみです。

 

第6試合「居住年数20年以上」

居住年数20年以上ということは、その街に長く住んでいる人たち。

つまり、愛着をもっている人が多いかどうかを測る指標です!

 

世帯数の差が大きいので、これも割合で。

 

さぁ、その街から離れられない、地元愛にあふれる人の割合が多いのは…

 

人口1万人あたりの居住期間20年以上の人数・・・

 

 

船橋市2,322人

 

市川市2,082人

 

 

 

船橋の勝ち!!

 

僅差ですが、船橋市の方が地元に残る人の割合が多い!

 

熱い闘いになってきましたが、まだまだ勝負はここからです。

 

第7試合「会社の数」

やっぱり元気度を測るには、産業の発展度合いをみなくては。

 

ここも割合で。

 

人口1万人あたりの会社数が多いのは…

 

 

船橋市245社

 

市川市258社

 

 

 

市川の勝ち!!

 

ビジネスタウンのイメージが強い船橋に、市川が勝利!

 

割合とはいえ、市川市の方が1人あたりの会社数が多いことが判明。

近所で働き口を探すのは、市川の方が見つかりやすいのかも!?

 

遂に折り返し地点。最後に勝つのはどっちだ!?

 

第8試合「飲食店数」

会社だけじゃなく、外食できるお店がどれだけ多いかも大事!!

 

人口1万人あたりの飲食店数が多い地域。

つまり外食先の選択肢がたくさんある素敵な町はどっちだ!?

 

人口1万人あたりの飲食店数

 

 

船橋市31店舗

 

市川市34店舗

 

 

 

市川の勝ち!!

 

市川が僅差で意地を見せた!

市川は、1人あたりの飲食数が多い街なんですね!

残る5試合で、勝敗はどちらの手に!?

 

第9試合「食べログ1位の点数」

外食は数じゃない、質だ!!おいしさだ!!

 

市内にあるお店で、食べログ口コミ評価1位のお店で対決!

 

それぞれの評価点で、いざ勝負!!

 

 

船橋市代表

 

ラーメン二郎 京成大久保店 3.63点

https://tabelog.com/chiba/A1202/A120204/12000911/

 

市川市代表

 

市川ウズマサ 3.61点

https://tabelog.com/chiba/A1202/A120202/12024830/

 

・・・!?

 

 

僅差で船橋の勝利!!

 

奇しくもラーメン店同士の対決となりましたが、ここは船橋市に軍配が上がった~~!!

 ※2017年1月6日時点の評価です。

 

第10試合「駅の数」

都内に近いのは市川。ただし、それだけでは交通の便がいいとは言い切れません。

いかに多くの駅があるかで、利便性が決まるはず!!

 

それでは、駅が多くある街はどっちだ!?

 

 

船橋市 30駅

 

市川市 15駅

 

 

 

船橋の勝ち!!

 

 

船橋の圧勝でしたね。

鉄道の利便性に関しては、船橋が大きく差をつけました!

 

第11試合「人口増減数」

ここでシンプルな指標で勝負!

 

平成27年から28年の1年間にかけての人口増減率は、、、

 

 

船橋市 100.6%

 

市川市 100.8%

 

 

 

市川の勝ち!!

 

超僅差で、市川市が人口増減率で勝利しました!!

 

残すはあと2試合。
果たして、勝負の行方は…

 

第12試合「小学校の数」

小学校が多い=子供の成長をより強く願っているのはどっちだ!?

 

ここも割合で。

 

人口1万人あたりの小学校数

 

 

船橋市 0.86校

 

市川市 0.82校

 

 

 

船橋の勝ち!!

 

教育の機会は、船橋が僅差でリード!

 

 

残り1試合。
次は絶対に負けられない戦いだ!
最後の意地を見せるのはどっちだ!?

第13試合「外国人」

最後の試合のテーマは「グローバル」。

 

外国人が多く住む町は、他人を受け入れる心が広く、愛情が深い証拠!

 

最後も割合で勝負。

 

世界を受け入れる、グローバルタウンは、はたしてどっちか!?

 

・・・。

 

人口1万人あたりの外国人数

 

 

船橋市 122人

 

市川市 153人

 

 

 

市川の勝利!!

 

市川市、本気の意地をみせましたーーー!!!!
グローバルタウンの称号は、市川市に与えられました!!

 

まとめ

この結果、全13試合の勝敗は、

 

 

 

船橋市 8勝

 

市川市 5勝

 

 

 

8対5で、船橋市の勝利ぃぃいいいいぃぃぃ!!!!

 

船橋市が、見事にライバル視する市川市に勝利しました!

 

船橋市民の皆様おめでとうございます!!

 

しかし、最後にひとつご報告が。

 

実は、上記アンケートに回答してくださった船橋市民の8割が市川市をライバル視しているのに対し、市川市民は船橋市どころか他の地域に対しても誰一人「ライバル視している」という回答はありませんでした。

 

周りを意識せず、平和に暮らす市川市民。

 

「客観的数字データ」を比較した結果は船橋市に軍配が上がりましたが、街の魅力は、数字だけでは分からないのかもしれませんね。

 

The following two tabs change content below.
川上辰夫
株式会社地域新聞社マーケティング部 「販促の大学」の企画責任者。 2011年に入社し、広告の営業として千葉県柏市内を担当。 2015年に発足した広告効果プロジェクトを通して、社内の広告力提案向上のための社員向け勉強会を企画。そのプロジェクトでの経験を生かし、「販促の大学」の立ち上げを行った。

続きを読む
続きを読む
集客や販促方法でお悩みの方へ 販促に関する無料相談実施中! 地域情報に詳しい担当が、御社にご訪問して集客課題を伺います!詳しくはこちら
セミナー開催情報
リピーターを増やす! 「LINE@×広告」活用セミナー
日程:2017年9月21日(木)
時間:15時~17時
定員:15名
コミュニケーションアプリとして多くの方に利用されている「LINE」を使い、リピーターを更に増やしませんか?実際の導入事例や友だち獲得の方法、サービス概要まで詳しくご説明いたします。
  • 東京都の市区町村別ランキング
    東京都の市区町村に「年代」や「年収」などが多い上位7エリアをランキング形式で発表!項目別に地域の特徴をつかんで、商品改良やサービス向上、次の出店エリア選定にご活用ください!
  • 「商圏」の考え方 基本の「キ」
    店舗の商圏を把握することは、販促を考える上で重要な要素の一つです。しかし単に商圏といっても、店舗を取り巻く環境や立地で考え方は様々であり、一概にはいえません。今回は商圏の考え方についての、基本の「キ」を解説します。
  • 永遠のライバル!?埼玉県VS千葉県
    ニッチなデ…
    さまざまなメディアで目にすることが多い「埼玉県vs千葉県」の対決。東京都、神奈川県に続く関東第3位の地位をかけての宿命のライバル対決は、両県民のみならず、皆の関心が高い話題なのでしょう。2000m級の山があるから、埼玉県の勝ち!いや、海があるから千葉県の勝ち!など面白おかしく取り上げられています。この時点で千葉県民からは「埼玉県vs千葉県」ではなく「千葉県vs埼玉県」じゃないの?なんて苦情が来そうですが、都道府県番号では埼玉県が「11」千葉県が「12」ということもあり、本コラムでの表記は「埼玉県vs千葉県」で統一させていただきます。ご了承ください。さて、今回はあまりメディアでは取り上げられないニッチなデータで用いて、埼玉県と千葉県のライバル対決をしてみます。お気軽にお読みください。
  • 駅商圏分析センター ~成田駅編~
    ○○駅周辺はオシャレなお店がたくさんあって、若い人が多い! △△駅周辺はビジネスマンの街 ××駅周辺は学校が多く学生の街 等、みなさんそれぞれが「駅のイメージ」というものを持っていることと思います。 このシリーズでは、国勢調査や推計年収などの数値データから駅商圏の実態を分析していきます。駅周辺を利用する人(イメージ)と、そこに住んでいる人(実態)、ひょっとしたらその属性は違うかもしれません。 第2回は世界の玄関、成田国際空港のある成田市より、JR成田駅周辺を分析してみましょう。
  • 駅商圏分析センター ~千葉ニュータウン中央駅編~
    ○○駅周辺はオシャレなお店がたくさんあり、若い人が多い △△駅周辺はビジネスマンの街 ××駅周辺は学校が多く学生の街 等、みなさんそれぞれが「駅のイメージ」というものを持っていることと思います。 このシリーズでは、国勢調査や推計年収などの数値データから駅商圏の実態を分析していきます。駅周辺を利用する人(イメージ)と、そこに住んでいる人(実態)、ひょっとしたらその属性は違うかもしれません。 第3回は全国自治体「住みよさランキング」(東洋経済新報社)で、なんと2012年以来5年連続で総合評価1位に輝いた印西市の中心、千葉ニュータウン中央駅周辺を分析してみましょう。
PAGE TOP