販売促進(販促活動)を促すための広告・販促・営業、3つの役割 | 販促の大学で広告・マーケティング・経営を学ぶ

販売促進(販促活動)を促すための広告・販促・営業、3つの役割

公開

 

そもそも「販売促進」とはなんでしょう。

「広告」や「営業」と混同されやすい言葉です。

これらはすべて「売る」ための活動。違うのはその役割です。

具体的な話に入る前に、まずは「販売促進(販促)」の定義を整理します。

 

【目次】
1.販促は「すぐ」買ってもらうための活動
2.集客には、販促による「きっかけ作り」が大切
3.まとめ

 

 

≪無料ダウンロード≫年間販促計画を立てて時季に合わせた販促を考えよう

 

 

 

販促は「すぐ」買ってもらうための活動

「売る」という活動プロセスにおける「販促」の役割は、「すぐに買ってもらうこと」

 

「ほしい!」「買いたい!」と購買意欲をかき立てることが販促の目的です。

 

この目的を正しく理解するためには、「売る」というプロセスを「広告」「販促」「営業」の3つに分けて考える必要があります。

 

広告・販促・営業の役割

==========================

広告 = いつか買ってもらう

販促 = すぐに買ってもらう

営業 = いま買ってもらう

==========================

 

もちろん、上記の分類はあくまでも「主な」役割です。

テレビショッピングのように番組を見た人に「すぐにお電話を!」と購入を促す広告や、将来的に購入につなげる営業活動もあるため、例外は存在します。

 

しかし、販促の最大の目的とは、お客様に「ほしい!」「すぐに買わなきゃ」とはっきり意識してもらい、すぐに買ってもらうことです。

そのためには、買うメリットを明確に伝えたり、期限限定の割引キャンペーンを実施したりして、来店促進を図るなどの施策が必要となります。購入の「動機づけ」こそが、販促のとても大切な役割なのです。

 

 

 

広告にもクーポンを付けて「すぐに来て」と促すことがありますが、それはむしろ販促を認知してもらうための「手段」といえます。

広告単体の主な機能は「知ってもらうこと」と「イメージしてもらうこと」であり、つまり認知促進です。

知っている人を増やすことで、いつか買ってくれるお客様の母数を増やします。商品やサービスを知らない人を減らすことが一番大切な役割です。

 

認知から購入につなげる際に意識すべきことは、お客様の状態です。

ターゲットが潜在顧客の場合と顕在顧客の場合とでは、ふさわしいアプローチの方法は異なります。チラシは基本的に潜在顧客層にもアピールできる「プッシュ型」の方法ですが、高い販促効果を得るためにはこの特性を生かすことが重要です。

 

詳しくは「「WEB販促×紙媒体販促」メリットの掛け合わせで広告効果を最大に!」という記事でも解説しています。

 

 

 

最後にこれらの活動の仕上げとして、実際に契約を結んだりレジに商品を持って並んでもらったりするように働きかける役割が「営業」です。

買ってもらうための最後の一押しで、売上を作る仕事。そして継続購入をすすめたり、アップセル・クロスセルを実施したりして、さらに売上を上げていくことが営業には強く求められます。

 

集客には、販促による「きっかけ作り」が大切

お店にたくさん人を集めるためには、「行きたい」「買いたい」と思ってもらうための「動機」が必要です。

動機とは、つまり「きっかけ」です。

 

集客を成功させるために、キャンペーンの内容が来店の「きっかけ」として十分かどうかという視点で見直しましょう。

 

例:お客様からみた来店・購入のきっかけ

 

・期間限定で安かったから ← (きっかけ =いまだけのお得)

・ちょうど必要としていたから ← (きっかけ=タイミング)

・楽しそうだから ← (きっかけ = 感情)

・子供が喜びそうだから ← (きっかけ = 子育てに役立つ)

・結婚したから ← (きっかけ = ライフステージに合っていた)

などなど。

 

すぐに買いたい!と思っているお客様に大勢お店にきてもらうために、来店理由につながる「きっかけ」を考えましょう。

 

きっかけを作り出し、販促効果を最大化するためには、さまざまな媒体を組み合わせることも有効です。

現在はWEB広告にもさまざまな種類があり、掲載枠を購入するディスプレー広告や、成果報酬型のオンラインマッチングサービスも登場しています。

詳しくはこちらの記事「成果報酬型は損しない?優れた「成果報酬型」販促のポイント!」で事例とともに解説しています。

 

まとめ

販促の目的は「すぐ買いたい」と思う人を集めること。そのためには「動機づけ」という、来店のきっかけづくりを行うことが大切です。

 

お客様の気持ちの捉え方や、来店・購入のきっかけの伝え方には、さまざまな技術や手法があります。

その手法を知るだけでなく自然に使えるように、「販促の大学」や書籍などで学んだ知識を、まずは実践してみてはいかがでしょうか。

 

販促では、SNSを活用する方法が広がりつつあります。「4大SNSの特徴と使い分けから考える、目的別のSNS活用方法とは?」でも解説している通り、種類や機能が多いだけでなく、手軽に低コストで始められるという特徴もあり、検討したい選択肢の一つです。

 

他にもWEB関連の選択肢を広げたい場合は、本文でも紹介した以下の記事も参考にしてみてください。

 

参考記事:「WEB販促×紙媒体販促」メリットの掛け合わせで広告効果を最大に!

参考記事:成果報酬型は損しない?優れた「成果報酬型」販促のポイント!

 

 
 

The following two tabs change content below.
川上辰夫
株式会社地域新聞社マーケティング部 「販促の大学」の企画責任者。 2011年に入社し、広告の営業として千葉県柏市内を担当。 2015年に発足した広告効果プロジェクトを通して、社内の広告力提案向上のための社員向け勉強会を企画。そのプロジェクトでの経験を生かし、「販促の大学」の立ち上げを行った。

■おすすめの関連コラム

  1. 印象(イメージ)を決める配色のコツ!3色の組み合わせパターン

    チラシやHPなどをデザインする際、配色のパターンによって相手に与える印象は大きく変わります。 ...
  2. 色の持つイメージが与える効果と心理的効果のあるチラシデザインとは

    色の持つイメージが人の心理に与える効果は、科学的には十分に解明されていません。しかし、さまざまな...
  3. かっこいい広告デザインを目指すな。「40-40-20の法則」とその大切さとは

    ダイレクトメールやチラシといったダイレクトマーケティングで、必ず押さえるべきポイントとは何か、ご...
  4. 世代別の特徴を押さえて、消費のツボを見定めよう

    団塊世代やバブル世代といった世代別のカテゴリーは、実はマーケティングにとっても重要であることをご...
  5. マーケティング4.0とは?自己実現欲求を満たす販売方法を考える

    マーケティングの大家、フィリップ・コトラーが2017年ごろから提唱している「マーケティング4.0...
  6. 紙媒体広告だからこそ出来る!紙媒体広告の活用方法・メリット

    「もう紙メディアの広告は古い」と思われる方も多いでしょう。しかし本当にそうでしょうか。...
  7. 心理術で集客効果アップ!訴求効果の高い広告・セールスコピーを作成しよう
    ~心理術からセールスコピーを考えるためのシート【無料DL】~

    集客効果を高めるために効果的な7つの心理術を集めました。 広告や販売促進の企画をする際には、こ...
  8. 【初級編】広告の費用対効果に関する考え方
    広告は徹底して2種類の「CPA」で選べ

    費用対効果の高い広告って何だろう?広告を出したらお客さんが増えたけど、かかった費用に見合っている...
  9. 広告表現の基本「PASONA(パソナ)の法則」を使った広告やチラシでお客様を引き込む!
    ~PASONA企画シート~【無料DL】

    チラシの内容を考える際に、どのように進めればいいのか悩んだことはありませんか?広告作成にも様々な...
  10. レスポンス広告を学びたい方におススメの7冊

    レスポンス広告による集客・販促技術を学ぶのにおススメの本をご紹介します。必ず役に立つと思いますの...
  11. 「AIDA」「AIDMA」とは?消費者心理の法則を広告に応用しよう!

    消費者の行動予測は販促に欠かせません。行動予測とは「購買決定プロセスごとに変化する消費者心理を理...
  12. 顧客利益を考えたキャッチコピーで広告効果を高める!
    ~お客様の利益シートを活用しよう~【無料DL】

    人が1つの広告に関心を向ける時間は1秒あるかないか。短い時間であなたの商品の良さを知ってもらうた...
  13. 売上アップのために「イメージ広告」で刷り込み効果を、「レスポンス広告」で購買意欲を高めよう

    企業名や商品名の認知度や評価を上げるために、販促担当者や経営者の皆さんは、何かしらの広告を活用す...

PAGE NAVI

続きを読む
記事を検索
ご提案無料 ウィズコロナ時代に合わせて販促の「見直し」してみませんか?まずはお問い合わせください。
  • こんなときは漫画じゃダメ!?広告漫画のデメリット
    前回、前々回と広告漫画のメリットや効果的な使い方をお伝えしてきたこのシリーズ。なんと今回はまさかのデメリット紹介!「ここは広告漫画じゃないかも!?」というパターンとその解決法をこっそりお教えします。
  • ご近所集客に使える
    戸別配布型のフリーペーパー…
    地域密着で商売をされているお店にとって、ご近所への広告活動は、リピーターを増やすためにもとても重要です。そこで今回は、東北(青森県、岩手県、宮城県、秋田県、山形県、福島県)で発行されている「戸別配布型」のフリーペーパーをご紹介します。お店周辺の生活者に広告が出せるメディアを使って、ご近所集客を成功させましょう。
  • 業種別・業界別広告宣伝費(販促費)の売上比率・割合の…
    各業種・業界の一般的な売上に対する広告宣伝費(販売促進費)の割合をご紹介します。業種別・業界別の広告宣伝費(販売促進費)は、自社の商品・サービスの売上をあげるために必要不可欠なコストです。 売上が目標通りにあがっていないような状況では、広告宣伝に多くの予算を割くことはできません。 効果的な広告予算の立て方がわからず、むやみやたらにあれこれと試していませんか?広告宣伝や販売促進は、ただお金をかければ効果が出る、というものではありません。 広告宣伝費(販売促進費)にどのくらい予算を割けばよいのか。さらに最も簡単な広告予算の立て方についても、業種を考慮しながらご説明します。
  • 年間販促計画が簡単に!販促カレンダーで販促効果アップ…
    どのように年間販促計画を立てればよいか、ご存知ですか?販促計画の立て方がわからないと困っていませんか?販促の効果をアップさせるには、販促カレンダーを作成して計画的に準備を進めることが大切です。簡単に年間販促計画を立てられるエクセルのテンプレート「年間販促カレンダー 2020年版&2021年版」をご用意しました。月や週ごとに「販促ポイント」「一般行事」「展開フェア」「季節のキーワード」が一目でわかるようになっているので、販促の企画を考える際に役立ちます。また、もう1つの特徴として集客目標や売上目標、費用といった管理項目も用意。これを利用すれば、販促計画はもちろん、収支計画も一緒に立てられます。なお、「年間販促カレンダー 2020年版&2021年版」は無料でダウンロードが可能です。販促計画を考えるときに押さえておくべきポイントを紹介した資料もご用意しました。「年間販促カレンダー 2020年版&2021年版」を使って、年間販促計画を立てましょう。
  • 手書きチラシのコツ
    チラシを配布するには、新聞折込、ポスティング、地域情報紙折込、タウン誌折込、DM(ダイレクトメール)、FAX、手渡し等、さまざまな方法があります。 同様に、作成方法もさまざまですが、おもに以下の3つの方法が考えられます。 1.パソコンのワープロソフト(代表的なのは、マイクロソフト・ワード)などを使用して作成する 2.プロのデザイナーに作成を依頼する 3.手書きで作成する 今回は3番目の、手書きでチラシを作成する際のコツについて解説します。
メルマガ登録者数1万以上 セミナー情報をいち早くお届け
CRMって何?クロスセル?気になるワードをチェック!販売促進に関する用語集
お役立ち資料 開くお役立ち資料 閉じる
PAGE TOP