【無料DL】「めりこの法則」を意識して、広告効果を高めよう! ~効果の出る広告デザインのポイント~

公開

広告に目をとめる時間はわずか「0.5秒」

 

読者は「何の広告か?」「わたしにどんなメリットがあるのか?」を瞬時に判断します。

 

どのような業種でどんな情報を伝えようとしているのか、読者にわかりやすく伝えることが重要です。まずはすぐに実践できる、広告デザインのポイントをご紹介します

【目次】
1.めりこ(お)で読者に伝わりやすい広告デザインへ
2.具体的なところまで、めりこ(お)落とし込むとどのような広告になるのか
3.実際の広告に置き換えてめりこ(お)を考えてみましょう
4.まとめ

 

▼▼▼消費者にメリットが瞬時に伝わる!解説資料ダンロードフォームへ▼▼▼

めりこ(お)で読者に伝わりやすい広告デザインへ

読者にわかりやすく伝えるためにはどうすればよいかわからない・・。

そんな方は、まず「めりこ(お)」を意識してみましょう。

 

 

まずは「め:目立つ」です。たくさんある広告の中で、自分のお店の広告を目立たせるには、まずキャッチ(タイトル)部分を大きめに、何を広告で伝えたいのか簡潔に入れることが重要です。

 

 

 

つぎに「り:理解できる」です。先ほどもお話ししたように、広告に目をとめる時間はわずか0.5秒。この時間で何の広告なのか、どんなメリットがあるのか読者に理解してもらう必要があります。そのためには、タイトルや写真でどのような広告なのかわかるようにすること、メリットを伝えやすくするためクーポンを目立たせるデザインにするなど、様々な工夫が必要です。

 

 

 

再度に「こ(お):好感度・お得」です。お得感が伝わるように、価格差表記にしたり、価格の文字色を赤などで目立たせたりすることでお得感を更に演出できます。

 

 

具体的なところまで、めりこ(お)落とし込むとどのような広告になるのか

実際の広告では、具体的にどこをどのように目立たせたり、読者に理解してもらいやすいようにすれば、読者に伝わりやすい広告になるのでしょうか?

ついつい伝えたい情報を詰め込みたくはなりますが、適度な余白があった方が伝えたいことが際立ちます。

 

実際の広告に置き換えてめりこ(お)を考えてみましょう

最も重要な部分は「め:目立つ」をどのように表現するかということです。主と従を決めて、主を目立たせるデザインにすることで、何をメインにアピールしたい広告なのかが分かりやすくなります。

 

「あれもこれも伝えたい・・でも1番伝えたいのはこれ!」とメインを決めて、デザインにメリハリをつけた方がより効果的になります。

 

まとめ

読者が広告に目を止める時間はわずかです。いかに短時間で、読者に広告を理解してもらえるかが重要です。そのためには、「めりこ(お)」を意識した、広告デザインや内容を考える必要があります。

 

意識することは3つ!

 

①目立たせたいところを決め、そこを押し出すデザインや内容にする。

②短時間で何の広告か、読者メリットが何なのか。理解できるようにする。

③お得感を更に演出するデザインにする。

 

まずはこの3つを意識して、広告内容やデザインを考えてみてはいかがでしょうか?

 

めりこ(お)の法則から、広告デザインのポイントをチェックするためのシートをご用意しましたので、ぜひご利ください!

 

▼ダウンロードフォーム

 

 

 
 

■おすすめの関連コラム

  1. 商品キャッチコピー(フレーズ)の作り方 考え方の手順とオススメの伝わるテクニック!

    お店や商品サービスの紹介に欠かせないのが「商品キャッチコピー」。商品の特長を表す大事な要素ですが...
  2. 【無料DL】すぐに使える!
    「限定表現で購入を決意させたい時」の広告キャッチコピーテンプレート・例文

    広告原稿を考える際、キャッチコピーがなかなか思いつかなくて困ったことはありませんか?今回は、期間...
  3. 【無料DL】すぐに使える!
    「人気や評判を伝える」キャッチコピーのテンプレート

    広告を考える際、キャッチコピーが、なかなか思いつかなくて困ったことはありませんか?大事な商品やサ...
  4. 【無料DL】すぐに使える!
    「価格の安さを強調したい時」の広告キャッチコピーテンプレート・例文

    広告原稿を考える際、キャッチコピーがなかなか思いつかなくて困ったことはありませんか?「価格の安さ...
  5. 【無料DL】すぐに使える!
    「品質を訴える」キャッチコピーのテンプレート

    広告を考える際、キャッチコピーが、なかなか思いつかなくて困ったことはありませんか?大事な商品やサ...
  6. 【無料DL】すぐに使える!
    「欲望や感覚を刺激する」キャッチコピーのテンプレート

    広告を考える際、キャッチコピーが、なかなか思いつかなくて困ったことはありませんか?大事な商品やサ...

PAGE NAVI

続きを読む
記事を検索
  • 2018年5月の販促計画を立てる時のポイント
    5月はゴールデンウィークで娯楽需要が高まる月。 また、総務省統計局の調査によると、「被服及び履物」の支出が年間で一番高くなるのが5月です。 2018年の5月は「西郷どん」の流行で、西郷隆盛ゆかりの地への巡礼がにぎわう可能性があります。西郷さんや明治維新の有名人を用いた企画で、集客を狙ってみてはいかがでしょうか。 総合的な月間消費支出は年間で第5位。過ごしやすい気温の日々が続き、お出かけする人も増えるので、新規来店を呼び込むチャンス。遅くとも1か月前に販促計画を立てましょう。月間の販促計画作成に役立つポイントをまとめましたので、ぜひご参考にしていただければと思います。
  • 消費税イメージ
    2019年消費増税前のまとめ買い・駆け込み需要にオス…
    2019年10月に消費税率が10%に引き上げられますが、集客・販売の落ち込みの影響を避けるためにはどのような施策が有効なのでしょうか。施策を考える際には、前回2014年の増税時が参考になります。また、今回の軽減税率やポイント還元といった制度を理解することも大切です。本記事では駆け込み需要対策など、役立つ販促を紹介します。
  • 2018年4月の販促計画を立てる時のポイント
    4月は入園・入学、入社、異動など、新生活が始まる月。 また、総務省統計局の調査によると、交通費・教育費の支出が年間で一番高くなるのが4月です。 2018年の4月は「創刊50周年記念 週刊少年ジャンプ展」が佳境に入るころで、みんなに愛されるジャンプキャラクターで盛り上がる可能性もあります。マンガのキャラクターやストーリーと関連した企画などはいかがでしょうか。 総合的な月間消費支出は年間で第3位。新しく店舗周辺に引っ越してくる人も増えるので、認知度向上のチャンス。遅くとも1か月前に販促計画を立てましょう。月間の販促計画作成に役立つポイントをまとめましたので、ぜひご参考にしていただければと思います。
  • DMの基本~現在の動向編~
    DMを発送する側にとって、生活者がDMにどのような印象を持っているのかは気になりますよね。1週間あたりの受け取り数は?どのくらいの人がDMを見てくれているの?など、気になることは様々。今回は、DMに関する調査データをもとに、生活者のDM閲覧状況や行動に与える影響などを読み解きます。
  • メールマーケティングのススメ
    メルマガとは「メールマガジン」の略称で、電子メールを用い、企業や個人などが特定の読者に向けて定期的に情報を配信するものです。受け手はメルマガの購読リストに登録をすると、配信を受け取れるようになります。 メルマガは、電子メールで届ける雑誌や新聞ともいえます。
続きを読む
チラシのお届け方法をお探しの方へ
集客や販促方法でお悩みの方へ 販促に関する無料相談実施中! 地域情報に詳しい担当が、御社にご訪問して集客課題を伺います!詳しくはこちら
CRMって何?クロスセル?気になるワードをチェック!販売促進に関する用語集
お役立ち資料 開くお役立ち資料 閉じる
PAGE TOP