世代別の特徴を押さえて、消費のツボを見定めよう

公開

バブル世代やさとり(ゆとり)世代などといった、大まかな世代カテゴリーがある事は、みなさんご存知だと思います。

 

しかし、それぞれが育った時代背景を把握し、消費のツボを押さえた販促をしている人は少ないのではないでしょうか。

 

今回は、『世代論の教科書』(東洋経済新報社)を参考にしながら、メイン消費世代を6つに分けてご紹介。それぞれの世代の消費のツボを押さえた販促をしていきましょう。

 

【目次】
1.“団塊世代”の特徴と「消費のツボ3選」
2.“ポパイ・JJ世代”の特徴と「消費のツボ2選」
3.“新人類世代”の特徴と「消費のツボ2選」
4.“バブル世代”の特徴と「消費のツボ3選」
5.“団塊ジュニア世代”の特徴と「消費のツボ3選」
6.“さとり世代”の特徴と「消費のツボ2選」
7.まとめ

“団塊世代”の特徴と「消費のツボ3選」

団塊世代は、太平洋戦争に従軍した人々が戦後に家庭を築き、そこで生まれた人々です。2017年時点では66歳~70歳くらいの年齢が該当します。

 

同世代の人口が多いので、競争意識がとても強く、そこから生まれるエネルギーで戦後日本の復興をけん引していった世代でもあります。

 

■団塊世代の集客につながる「消費のツボ3選」

 

1. メディアと共に消費する
団塊世代は第1次テレビっ子なので、マスメディアからの影響を大きく受ける傾向があります。テレビで流行っている内容などにも敏感に反応するので、流行に合わせた販促を企画するといいでしょう。

 

2.仲間消費
仲間意識が強い世代なので、「夫婦」や「仲間」向けのアプローチが重要です。「みんなで一緒に」をキーワードにした企画が響くでしょう。

 

3. 新しい物、評価されている物が好き
「新発売」「日本初」「世界初」というワードが響きやすいです。戦後、海外文化を受け入れてきた環境が影響しているのでしょう。

 

“ポパイ・JJ世代”の特徴と「消費のツボ2選」

『ポパイ』『JJ』といった若者向けの雑誌が創刊した時代に青春を謳歌した世代。

若者ファッションとしてミニスカートやジーンズが流行り始め、「私らしさ」を追い求め始めた世代ともいわれます。2017年時点では57歳~65歳の世代。

 

大学進学率4割を超え、渋谷が若者文化の中心地になった世代。「人生はエンジョイするもの」という価値観が生まれ、「自分は自分、他人は他人」という考え方が広まっていきました。

 

■ポパイ・JJ世代の集客につながる「消費のツボ2選」

 

1.多種多様な楽しいものをカタログ的に提供する
自分が好きなものをチョイスすることを重要視するので、多くの商品を見せることが大切。

 

2.マス広告が大好き
百貨店やファッションメーカーの発展と共に育った世代。

マス広告に加えて雑誌や街頭ポスターのキャッチコピーにも敏感に反応する世代です。

 

“新人類世代”の特徴と「消費のツボ3選」

戦後復興をけん引した、モーレツに働く世代のこどもたちの世代。働きまくる親への反動か、逆に強く「自由」「楽しみ」を追い求める世代です。親世代が少ないことから、ボリュームは比較的少なめです。2017年時点では52歳~56歳の世代。

 

新人類世代の、社会人進出に重なるように「男女雇用機会均等法」が施行され、女性の社会進出も進みました。人生を楽しむマインドが強い世代です。

 

■新人類世代の集客につながる「消費のツボ2選」

 

1.「楽しいこと」が最上位の価値
フジテレビが1981年に打ち出した「楽しくなければテレビじゃない」に影響され、楽しく遊ぶセンスを求める世代です。いかに楽しむかを提案する販促が響く可能性大です。

 

2.ブランド物が好き
この後にくるバブル期には若手サラリーマンになっていた世代。多くの収入があったため、高級品を好み、派手な生活をする傾向があります。

 

“バブル世代”の特徴と「消費のツボ3選」

1980年代後半に訪れたバブル景気。この時代に社会人になり、経済の絶頂を謳歌した世代。高額消費を経験した分、浮き沈みもありましたが、基本的には派手な生活を求めている世代ともいえます。2017年現在の年齢は47歳~51歳。

 

ブランド志向や恋愛志向が強く、自分を大きく、より良く見せることにお金をかける傾向が強い世代といえます。

 

■バブル世代の集客につながる「消費のツボ3選」

 

1. アンチエイジングにお金をかける
とにかく見た目を若くしたいという願望が強く、そのためなら惜しみなくお金を使う人も多い世代です。

 

2. 男性も「自分らしさ」を追い求める
男性ファッション誌『LEON』の支持層は、バブル世代と新人類世代の男性です。女性に負けず、男性も自分らしさを強く追い求める特徴があります。

 

3.仲間消費にお金を使う
仲間と一緒に楽しむゴルフ、また主婦同士の女子会など、「仲間と一緒」に何かをしたいという願望が強い世代です。友達同士で集まれる販促企画が響きやすいでしょう。

 

“団塊ジュニア世代”の特徴と「消費のツボ3選」

その名の通り、団塊世代やポパイ・JJ世代の子どもとして生まれてきた世代。「夫が働き、妻が家庭を守り、子供が二人いる」という、いわゆる標準家族の中で育った世代です。2017年現在の年齢は35歳~46歳。

 

バブル崩壊後の就職氷河期を経験し、大変苦しい時代を過ごしています。非正規労働が増えたことによる収入低下も影響し、結婚格差が生まれたのもこの時代から。「恋愛より仕事」という価値観の女性が増えた時代でもあります。

 

■団塊ジュニア世代の集客につながる「消費のツボ3選」

 

1.堅実な消費
バブル崩壊を経験した上の世代を見ている分、消費にはとても堅実。経済状況も影響して倹約癖が身についています。

 

2. 消費者行動がバラバラ
同世代の中での経済格差が広がった世代。正社員、非正規労働者、フリーター、ニートなど様々な収入層に分かれ、消費者行動もバラバラになっていった世代です。

 

3.価格の妥当性にシビア
高い物=良い物というバブル的な発想はなく、しっかりとその商品に見合った価格かどうかを見抜く力が身についている世代です。誇張するよりもしっかりコストに合う価値をもっていることを伝えましょう。

 

“さとり世代”の特徴と「消費のツボ3選」

少子化の時代に生まれた影響で、競争が少ない世代です。また、バブル崩壊以降に生まれているので「不景気しか知らない」世代でもあります。2017年現在の年齢は23歳~34歳。

 

「ゆとり教育」を受けたので「ゆとり世代」ともいわれますが、第二次就職氷河期時代を乗り越えた世代でもあり、生きてきた時代背景は上の世代よりもはるかに厳しいものだったともいわれています。

 

■さとり世代の集客につながる「消費のツボ2選」

 

1. 男女逆転
もはや男女平等というレベルではなく、「男性の女性化」「女性の男性化」が起きています。今までにあった「男らしさ」「女らしさ」という概念を押し付けることはできない世代です。

 

2. ノスタルジー願望
かつての若者のようには未来に憧れを持たない世代。子供の頃や学生時代に流行ったものを社会人になってから懐かし、仲間と一緒に再開するという傾向があります。彼らが学生だった1990年代、2000年代に流行ったマンガやゲームなどを使ったアプローチが響きやすいともいえます。

 

まとめ

それぞれが育ってきた時代背景を知ることで、ターゲットに合わせた販促手法やキャンペーンを考えられ、多くの共感を生むことができるでしょう。

 

ここで紹介したのは、各世代の特徴の一部です。

さらに詳しく時代背景を学び、販促方法を考えたい方は、ぜひ『世代論の教科書』(東洋経済新報社)を読んでみてください。

 

また、年代の特徴をピックアップした一覧を作成しましたので、ぜひプリントアウトしてご覧いただければと思います。

 

↓↓↓下記サンプル画像をクリックして、ダウンロードしてください。↓↓↓

 
 

■おすすめの関連コラム

  1. 与えたい印象別 配色のポイント8選

    チラシやHPなどのデザインをする際、色の効果のツボを押さえることで、相手に与える印象は大きく変わ...
  2. 色の持つイメージが与える効果と心理的効果のあるチラシデザインとは

    色の持つイメージが人の心理に与える効果は、科学的には十分に解明されていません。しかし、さまざまな...
  3. かっこいい広告デザインを目指すな。
    「40-40-20」の法則の大切さとは

    デザイナーに頼んだDMやチラシが、とてもかっこいい出来で「これならきっとお客様が大勢来てくれる!...
  4. マーケティング4.0とは?自己実現欲求を満たす販売方法を考える

    マーケティングの大家、フィリップ・コトラーが2017年ごろから提唱している「マーケティング4.0...
  5. 紙媒体広告だからこそ出来る!紙媒体広告の活用方法・メリット

    「もう紙メディアの広告は古い」と思われる方も多いでしょう。しかし本当にそうでしょうか。...
  6. 広告・集客効果がアップする心理術7選

    集客効果を高めるために、特に重要な7つの心理術を集めました。広告や販売促進の企画をする際に、これ...
  7. 【初級編】広告の費用対効果に関する考え方
    広告は徹底して2種類の「CPA」で選べ

    広告の手法はWEB、紙媒体、TVCM、看板、チラシなど、選択肢が多すぎて悩んでしまったご経験はご...
  8. 「PASONAの法則」
    売れる広告作成に使える基本法則①

    チラシの内容を考える際に、どのように進めればいいのか悩んだことはありませんか?広告作成にも様々な...
  9. レスポンス広告を学びたい方におススメの7冊

    レスポンス広告による集客・販促技術を学ぶのにおススメの本をご紹介します。必ず役に立つと思いますの...
  10. AIDMAとAIDAなど消費者行動モデルの使い分け

    消費者が広告を見てからものを買うまでのプロセスとして有名な「AIDMAの法則」。それによく似た「...
  11. セールスコピーは、
    「顧客利益」から始めなければ伝わらない

    人が1つの広告に関心を向ける時間は1秒あるかないか。短い時間であなたの商品の良さを知ってもらうた...
  12. 売上アップのために「イメージ広告」と「レスポンス広告」のポイントを押さえよう!

    企業名や商品名の認知度や評価を上げるために、販促担当者や経営者の皆さんは、何かしらの広告を活用す...
  13. 販売促進(販促活動)を促すための広告・販促・営業、3つの役割

    販売促進とはなんでしょうか?まずは定義を整理しましょう。...

PAGE NAVI

The following two tabs change content below.
川上辰夫
株式会社地域新聞社マーケティング部 「販促の大学」の企画責任者。 2011年に入社し、広告の営業として千葉県柏市内を担当。 2015年に発足した広告効果プロジェクトを通して、社内の広告力提案向上のための社員向け勉強会を企画。そのプロジェクトでの経験を生かし、「販促の大学」の立ち上げを行った。

続きを読む
記事を検索

お悩み別記事一覧

広告のコト

チラシの反響を上げたい一覧を見る閉じる
販促方法をもっと知りたい一覧を見る閉じる
広告全般について知りたい一覧を見る閉じる
広告作成のテンプレートを知りたい一覧を見る閉じる
WEB集客について一覧を見る閉じる
プロデザイナーのこだわり一覧を見る閉じる
DMに知りたいこと一覧を見る閉じる
販促計画を立てたい一覧を見る閉じる
広告理論や心理を学びたい一覧を見る閉じる
セールスコピーのヒント一覧を見る閉じる
メールマーケティングについて知りたい一覧を見る閉じる
漫画広告について一覧を見る閉じる

経営のコト

リピーターを増やしたい一覧を見る閉じる
他のお店の事例を知りたい一覧を見る閉じる
経営全般について知りたい一覧を見る閉じる
経営のコネタ一覧を見る閉じる
顧客管理方法について知りたい一覧を見る閉じる
新規を増やしたい一覧を見る閉じる
補助金について一覧を見る閉じる
市場調査データを知りたい一覧を見る閉じる
マーケティング全般について知りたい一覧を見る閉じる
人材について知りたい一覧を見る閉じる
営業力を高めたい一覧を見る閉じる
業界研究一覧を見る閉じる
ブランディングを学びたい一覧を見る閉じる

商圏のコト

  • 集客を増やす効果的なクーポン事例ストーリーvol.1…
    世間に溢れている広告の中でも、つい心動かされてしまうのが飲食店の広告ではないでしょうか。
  • 漫画制作の裏側!広告漫画ができるまで
    広告漫画が効果的なことは分かったけれど、漫画ってどうやって頼んだらいいの?広告漫画の依頼から納品までにどのような工程があるのか、実際にあったフルカラー1ページの案件を基に、広告漫画ができるまでの流れをご紹介します。
  • 2019年5月販促計画を立てるときのポイント
    2019年5月の販促計画を立てる時のポイント
    5月はゴールデンウィークで娯楽需要が高まる月。 また、総務省統計局の調査によると、「被服及び履物」の支出が年間で一番高くなるのが5月です。 2019年の5月は新元号による初めての月です。新元号を用いた「初」企画で、集客を狙ってみてはいかがでしょうか。 一生に1回しかない今回の新元号で消費を促してみましょう。 総合的な月間消費支出は年間で第5位。過ごしやすい気温の日々が続き、お出かけする人も増えるので、新規来店を呼び込むチャンス。遅くとも1か月前に販促計画を立てましょう。月間の販促計画作成に役立つポイントをまとめましたので、ぜひご参考にしていただければと思います。
  • リピーター客の増加につながる
    ニュースレター活…
    リピーター客の重要性については皆さんご承知だと思いますが、「どうすれば増やすことができるのか」でお悩みではありませんか?
  • 2017年5月の販促計画を立てる時のポイント
    ゴールデンウィークから始まる5月は、イベントやレジャーで使い過ぎた家計が気になる月です。また、新生活による環境の変化などで、心身共に疲れが出やすい頃でもあります。体をいたわるメニューや癒しをテーマにした商品などがヒットする可能性が高いので、遅くとも1か月前には販促計画を立てましょう。月間の販促計画作成に役立つポイントをまとめましたので、ご参考にしていただければと思います。
続きを読む
チラシのお届け方法をお探しの方へ
集客や販促方法でお悩みの方へ 販促に関する無料相談実施中! 地域情報に詳しい担当が、御社にご訪問して集客課題を伺います!詳しくはこちら
CRMって何?クロスセル?気になるワードをチェック!販売促進に関する用語集
お役立ち資料 開くお役立ち資料 閉じる
PAGE TOP