かっこいい広告デザインを目指すな。
「40-40-20」の法則の大切さとは

デザイナーに頼んだDMやチラシが、とてもかっこいい出来で「これならきっとお客様が大勢来てくれる!」と思ったことありませんか?

 

今回の結論を先にいうと、かっこよさは、チラシやDMの反響には大きく影響しません。

 

大切なのはデザインではなく、「ターゲット」と「商品価値」です。

 

自分でチラシを作るときも、プロのデザイナーに依頼する時でも同じこと。今回は販促物を作るときに覚えておきたい「40-40-20の法則」をお伝えします。

 

【目次】
1.40-40-20の法則とは?
2.デザイナーに頼むときは、徹底して「ターゲット」と「商品価値」を伝えよう
3.まとめ

40-40-20の法則とは?

「40-40-20の法則」とは、ダイレクトマーケティング研究で有名な、エド・バーネットが提唱している原理です。

 

広告の反応を左右する要因を「ターゲット」「商品価値」「デザイン」の3つに分けて、それぞれがどれだけ影響を与えるかを表したものです。

 

 

広告の反応を左右する要因と影響力の割合は以下の通りです。

 

■ターゲットが40%
■商品価値が40%
■デザインが20%

 

 

つまり、「誰に何を伝えるか」をしっかり定められるかどうかで、広告効果の8割が決まってしまうのです。

 

上記の図のように、集客を100人から200人に増やそうとしたとしても、デザインが与える影響はそれほど大きくはありません。

 

どのようなデザインで伝えるかは大事ですが、ターゲット設定がずれてしまえば、誰の心も惹きつけることはできません。

 

最初にターゲット選定を行った時点で、広告効果の4割が決まるといえます。

 

また、商品の魅力と特典(割引やおまけなど)の付加価値を足し合わせた「商品価値」がどれくらいあるかで、さらに4割の効果が決まってしまうのです。

 

つまり、広告の効果は企画段階で8割方が決まっているのです。

 

ターゲットと商品価値をしっかり考えておかないと、デザインでいくらテコ入れをしようとしても、効果を上げるのは困難になってしまいます。

デザイナーに頼むときは、徹底して「ターゲット」と「商品価値」を伝えよう

「40-40-20の法則」で重要なことは、とにかくターゲットと商品価値が大事なんだということを理解しておくことです。

 

「広告のデザイナーはプロだから、デザインはすべてお任せしている」ということありませんか。

 

効果が出なかった時は「デザイナーのセンスが悪いんだ」ですませた人も、少なからずいるのではないのでしょうか。

 

しかし、40-40-20の法則にそって考えると、この「何も伝えずにお任せ」した時点で、広告効果の8割を失ってしまっているのです。

 

広告の効果を悪くしているのは、発注者である商品担当者や経営者自身なのです。

 

「想い」を形にするのがプロのデザイナーの仕事です。

 

その「想い」、つまりターゲットや商品価値などを伝えなければ、デザインをする人も「とりあえずかっこよく仕上げて納得してもらおう」ということになりかねません。

 

デザイナーに依頼をするときは、ターゲットはこんな人、あんな人、何歳で、男性・女性で、子供が10歳くらいで…など、顧客イメージを徹底的に伝えることが大切です。

 

広告の効果が出なかった時は、まずは「ターゲット設定と商品価値アピールが足りなかったのではないか」と考えるようにしましょう。

まとめ

デザイナーがかっこいい広告を作ってくれると、それだけで嬉しくなり満足してしまうこともあるかと思います。

 

しかし、あくまでも効果を左右する要因は「ターゲットが40%」「商品価値が40%」「デザインが20%」です。

 

そして、「デザイナーに依頼する時点で、すでに広告効果の8割が決まっている」ということを忘れずに。

 

企画段階のターゲット設定と商品価値の検討に十分な時間を費やすことが、効果アップには重要なのです。

 

準備に手間暇をかけてこそ、広告の効果も高まります。

 

ぜひ常に「40-40-20の法則」を念頭に置いて、企画に時間を割いていただければと思います。

関連資料

「自社商材の売りとターゲットを確認する方法」をまとめた資料(PDF)もございます。

 

下記画像をクリックしてダウンロードし、ぜひ広告内容を考える際の参考にお使いください。

 

exceltemp

The following two tabs change content below.
川上辰夫
株式会社地域新聞社マーケティング部 「販促の大学」の企画責任者。 2011年に入社し、広告の営業として千葉県柏市内を担当。 2015年に発足した広告効果プロジェクトを通して、社内の広告力提案向上のための社員向け勉強会を企画。そのプロジェクトでの経験を生かし、「販促の大学」の立ち上げを行った。

続きを読む
続きを読む
集客や販促方法でお悩みの方へ 販促に関する無料相談実施中! 地域情報に詳しい担当が、御社にご訪問して集客課題を伺います!詳しくはこちら
セミナー開催情報
【初心者向け】従業員5名以下の企業様向け 補助金活用セミナー
日程:2017年10月17日 (火)
時間:15時~17時
定員:15名
商品の宣伝やHP作成などにかかる広告費。それらに活用できる最大補助金額50万円、返済不要の補助金制度をご存知ですか?従業員5名以下の企業様であれば対象となるセミナーです。本セミナーでは、補助金の基本から手続き方法まで詳しくご説明します。
  • チラシを手配りポスティングする
    3つのメリット…
    チラシは集客効果の高い販促手法の一つですが、デザインと印刷にとても多くの時間と費用がかかります。そこまで費用をかけたチラシですから、1件でも多くの反響を生みたいですよね。配り方は、ポスティングや新聞折り込みなど、様々あります。しかし、あえて一番手間と時間がかかる「自分で手配り」をするメリットについてお伝えします。
  • 「人気や評判を伝える時」すぐに使える
    キャッチ…
    広告を考える際、キャッチコピーが、なかなか思いつかなくて困ったことはありませんか?大事な商品やサービスのアピールを考えることが苦手な方必見!場面や状況に合わせて使えるキャッチコピーのテンプレートをご用意しました。「学ぶは真似ぶ」です。
  • 「品質を訴える時」にすぐに使える
    キャッチコピ…
    広告を考える際、キャッチコピーが、なかなか思いつかなくて困ったことはありませんか?大事な商品やサービスのアピールを考えることが苦手な方必見!場面や状況に合わせて使えるキャッチコピーのテンプレートをご用意しました。
  • 5月の販促計画を立てる時のポイント
    ゴールデンウィークから始まる5月は、イベントやレジャーで使い過ぎた家計が気になる月です。また、新生活による環境の変化などで、心身共に疲れが出やすい頃でもあります。体をいたわるメニューや癒しをテーマにした商品などがヒットする可能性が高いので、遅くとも1か月前には販促計画を立てましょう。月間の販促計画作成に役立つポイントをまとめましたので、ご参考にしていただければと思います。
  • 6月の販促計画を立てる時のポイント
    梅雨入りを迎え、気候の寒暖差と多湿で体調を崩しやすい時季です。防カビや除湿、健康関連商品に関心が高まります。 また、全国的な取り組みとして「食育月間」「環境月間」「まちづくり月間」など、行政機関を中心に、様々な啓発キャンペーンが行われます。お店のキャンペーンやサービスなどを、こうしたイベントに合わせて計画してみませんか。 また、父の日もあり、プレゼント企画がヒットする時季なので、遅くとも1か月前には販促計画を立てましょう。 月間の販促計画作成に役立つポイントをまとめましたので、参考にしていただければと思います。
PAGE TOP