かっこいい広告デザインを目指すな。
「40-40-20」の法則の大切さとは

デザイナーに頼んだDMやチラシが、とてもかっこいい出来で「これならきっとお客様が大勢来てくれる!」と思ったことありませんか?

 

今回の結論を先にいうと、かっこよさは、チラシやDMの反響には大きく影響しません。

 

大切なのはデザインではなく、「ターゲット」と「商品価値」です。

 

自分でチラシを作るときも、プロのデザイナーに依頼する時でも同じこと。今回は販促物を作るときに覚えておきたい「40-40-20の法則」をお伝えします。

 

【目次】
1.40-40-20の法則とは?
2.デザイナーに頼むときは、徹底して「ターゲット」と「商品価値」を伝えよう
3.まとめ

40-40-20の法則とは?

「40-40-20の法則」とは、ダイレクトマーケティング研究で有名な、エド・バーネットが提唱している原理です。

 

広告の反応を左右する要因を「ターゲット」「商品価値」「デザイン」の3つに分けて、それぞれがどれだけ影響を与えるかを表したものです。

 

 

広告の反応を左右する要因と影響力の割合は以下の通りです。

 

■ターゲットが40%
■商品価値が40%
■デザインが20%

 

 

つまり、「誰に何を伝えるか」をしっかり定められるかどうかで、広告効果の8割が決まってしまうのです。

 

上記の図のように、集客を100人から200人に増やそうとしたとしても、デザインが与える影響はそれほど大きくはありません。

 

どのようなデザインで伝えるかは大事ですが、ターゲット設定がずれてしまえば、誰の心も惹きつけることはできません。

 

最初にターゲット選定を行った時点で、広告効果の4割が決まるといえます。

 

また、商品の魅力と特典(割引やおまけなど)の付加価値を足し合わせた「商品価値」がどれくらいあるかで、さらに4割の効果が決まってしまうのです。

 

つまり、広告の効果は企画段階で8割方が決まっているのです。

 

ターゲットと商品価値をしっかり考えておかないと、デザインでいくらテコ入れをしようとしても、効果を上げるのは困難になってしまいます。

デザイナーに頼むときは、徹底して「ターゲット」と「商品価値」を伝えよう

「40-40-20の法則」で重要なことは、とにかくターゲットと商品価値が大事なんだということを理解しておくことです。

 

「広告のデザイナーはプロだから、デザインはすべてお任せしている」ということありませんか。

 

効果が出なかった時は「デザイナーのセンスが悪いんだ」ですませた人も、少なからずいるのではないのでしょうか。

 

しかし、40-40-20の法則にそって考えると、この「何も伝えずにお任せ」した時点で、広告効果の8割を失ってしまっているのです。

 

広告の効果を悪くしているのは、発注者である商品担当者や経営者自身なのです。

 

「想い」を形にするのがプロのデザイナーの仕事です。

 

その「想い」、つまりターゲットや商品価値などを伝えなければ、デザインをする人も「とりあえずかっこよく仕上げて納得してもらおう」ということになりかねません。

 

デザイナーに依頼をするときは、ターゲットはこんな人、あんな人、何歳で、男性・女性で、子供が10歳くらいで…など、顧客イメージを徹底的に伝えることが大切です。

 

広告の効果が出なかった時は、まずは「ターゲット設定と商品価値アピールが足りなかったのではないか」と考えるようにしましょう。

まとめ

デザイナーがかっこいい広告を作ってくれると、それだけで嬉しくなり満足してしまうこともあるかと思います。

 

しかし、あくまでも効果を左右する要因は「ターゲットが40%」「商品価値が40%」「デザインが20%」です。

 

そして、「デザイナーに依頼する時点で、すでに広告効果の8割が決まっている」ということを忘れずに。

 

企画段階のターゲット設定と商品価値の検討に十分な時間を費やすことが、効果アップには重要なのです。

 

準備に手間暇をかけてこそ、広告の効果も高まります。

 

ぜひ常に「40-40-20の法則」を念頭に置いて、企画に時間を割いていただければと思います。

関連資料

「自社商材の売りとターゲットを確認する方法」をまとめた資料(PDF)もございます。

 

下記画像をクリックしてダウンロードし、ぜひ広告内容を考える際の参考にお使いください。

 

exceltemp

The following two tabs change content below.
川上辰夫
株式会社地域新聞社マーケティング部 「販促の大学」の企画責任者。 2011年に入社し、広告の営業として千葉県柏市内を担当。 2015年に発足した広告効果プロジェクトを通して、社内の広告力提案向上のための社員向け勉強会を企画。そのプロジェクトでの経験を生かし、「販促の大学」の立ち上げを行った。

続きを読む
セミナー開催情報
計画が売上を上げる!2018年の年間販促計画を作るワークショップ
日程:2017年12月14日(木)
時間:15時~17時
定員:15名
1年分の販促計画をしっかり立てて、2018年の売上アップを目指しませんか?年間9,000社の広告や販促をサポートする地域新聞社と、WEBマーケティング支援企業のベストエフォートマーケティングによる共同ワークショップセミナーです。参加者同士で意見を出し合いながら、共に来年の販促計画をつくりましょう。
続きを読む
集客や販促方法でお悩みの方へ 販促に関する無料相談実施中! 地域情報に詳しい担当が、御社にご訪問して集客課題を伺います!詳しくはこちら
CRMって何?クロスセル?気になるワードをチェック!販売促進に関する用語集
  • 商品キャッチコピー作成の手順と6つの技術
    お店や商品サービスの紹介に欠かせないのが「商品コピー」。商品の特長を表す大事な要素ですが、これを考えるのに苦心することはありませんか?売れる商品コピーをすぐに作れる天才は、多くいるわけではありません。ただ、私のような普通の人でも、そこそこ良いコピーを作るための「手順」や「技術」はあります。今回はキャッチコピーの質を高めるのに大切な「手順」と6つの「技術」をお伝えします。
  • 販促カレンダー | 年間計画作成を簡単にするテンプレ…
    販促効果をアップされるには、計画的に準備をすすめることが大切。 常に1年先の販売計画を立てているほうがいいのはわかっていても、なにから手を付ければいいのかがわからない方のために、販促カレンダーのテンプレートをご用意しました。
  • 集客を増やす効果的なクーポン事例ストーリーvol.3…
    これまで「ラーメン」「カフェ」のクーポン事例についてご説明しましたが、今回はいったん原点に立ち戻り、「そもそもクーポンとは」「クーポンの効果的な活用方法とは」というような、クーポン販促を考える上での基本的な考え方を説明したいと思います。今回も弊社発行の『ちいき新聞』の広告やクーポン特集の効果データをもとに解説しますので、参考にしてください。
  • 店舗販促成功事例ストーリーvol.1
    ~塗装…
    皆さんは『ザイアンスの法則』をご存知でしょうか?
  • 11月の販促計画を立てる時のポイント
    11月は秋の行楽シーズンもピークを迎え、レジャー需要が一段と高まる時季。過ごしやすい気候に加え、「七五三」「文化の日」などの行事も多いため、それらに合わせたキャンペーンやサービスを企画しましょう。また、11月が終わる頃には、冬のボーナスやお歳暮シーズンが到来、クリスマスや年末年始の準備も始まるので、早めの販促計画が重要になってきます。月間の販促計画作成に役立つポイントをまとめましたので、参考にしていただければと思います。
PAGE TOP