かっこいい広告デザインを目指すな。
「40-40-20」の法則の大切さとは

デザイナーに頼んだDMやチラシが、とてもかっこいい出来で「これならきっとお客様が大勢来てくれる!」と思ったことありませんか?

 

今回の結論を先にいうと、かっこよさは、チラシやDMの反響には大きく影響しません。

 

大切なのはデザインではなく、「ターゲット」と「商品価値」です。

 

自分でチラシを作るときも、プロのデザイナーに依頼する時でも同じこと。今回は販促物を作るときに覚えておきたい「40-40-20の法則」をお伝えします。

 

【目次】
1.40-40-20の法則とは?
2.デザイナーに頼むときは、徹底して「ターゲット」と「商品価値」を伝えよう
3.まとめ

40-40-20の法則とは?

「40-40-20の法則」とは、ダイレクトマーケティング研究で有名な、エド・バーネットが提唱している原理です。

 

広告の反応を左右する要因を「ターゲット」「商品価値」「デザイン」の3つに分けて、それぞれがどれだけ影響を与えるかを表したものです。

 

 

広告の反応を左右する要因と影響力の割合は以下の通りです。

 

■ターゲットが40%
■商品価値が40%
■デザインが20%

 

 

つまり、「誰に何を伝えるか」をしっかり定められるかどうかで、広告効果の8割が決まってしまうのです。

 

上記の図のように、集客を100人から200人に増やそうとしたとしても、デザインが与える影響はそれほど大きくはありません。

 

どのようなデザインで伝えるかは大事ですが、ターゲット設定がずれてしまえば、誰の心も惹きつけることはできません。

 

最初にターゲット選定を行った時点で、広告効果の4割が決まるといえます。

 

また、商品の魅力と特典(割引やおまけなど)の付加価値を足し合わせた「商品価値」がどれくらいあるかで、さらに4割の効果が決まってしまうのです。

 

つまり、広告の効果は企画段階で8割方が決まっているのです。

 

ターゲットと商品価値をしっかり考えておかないと、デザインでいくらテコ入れをしようとしても、効果を上げるのは困難になってしまいます。

デザイナーに頼むときは、徹底して「ターゲット」と「商品価値」を伝えよう

「40-40-20の法則」で重要なことは、とにかくターゲットと商品価値が大事なんだということを理解しておくことです。

 

「広告のデザイナーはプロだから、デザインはすべてお任せしている」ということありませんか。

 

効果が出なかった時は「デザイナーのセンスが悪いんだ」ですませた人も、少なからずいるのではないのでしょうか。

 

しかし、40-40-20の法則にそって考えると、この「何も伝えずにお任せ」した時点で、広告効果の8割を失ってしまっているのです。

 

広告の効果を悪くしているのは、発注者である商品担当者や経営者自身なのです。

 

「想い」を形にするのがプロのデザイナーの仕事です。

 

その「想い」、つまりターゲットや商品価値などを伝えなければ、デザインをする人も「とりあえずかっこよく仕上げて納得してもらおう」ということになりかねません。

 

デザイナーに依頼をするときは、ターゲットはこんな人、あんな人、何歳で、男性・女性で、子供が10歳くらいで…など、顧客イメージを徹底的に伝えることが大切です。

 

広告の効果が出なかった時は、まずは「ターゲット設定と商品価値アピールが足りなかったのではないか」と考えるようにしましょう。

まとめ

デザイナーがかっこいい広告を作ってくれると、それだけで嬉しくなり満足してしまうこともあるかと思います。

 

しかし、あくまでも効果を左右する要因は「ターゲットが40%」「商品価値が40%」「デザインが20%」です。

 

そして、「デザイナーに依頼する時点で、すでに広告効果の8割が決まっている」ということを忘れずに。

 

企画段階のターゲット設定と商品価値の検討に十分な時間を費やすことが、効果アップには重要なのです。

 

準備に手間暇をかけてこそ、広告の効果も高まります。

 

ぜひ常に「40-40-20の法則」を念頭に置いて、企画に時間を割いていただければと思います。

関連資料

「自社商材の売りとターゲットを確認する方法」をまとめた資料(PDF)もございます。

 

下記画像をクリックしてダウンロードし、ぜひ広告内容を考える際の参考にお使いください。

 

exceltemp

 
 

■おすすめの関連コラム

  1. 色が持つイメージや心理的効果を
    広告やチラシのデザインに活かしてみよう

    私たちの日常生活には、たくさんの色が溢れています。それぞれの色には特有のイメージや心理的効果があ...
  2. 世代ごとの特徴を押さえて、消費のツボを見定めよう

    バブル世代やさとり(ゆとり)世代などといった、大まかな世代カテゴリーがある事は、みなさんご存知だ...
  3. マーケティング4.0の時代へ。売り方の方針を考える

    マーケティングの大家、フィリップ・コトラーが2017年ごろから提唱している「マーケティング4.0...
  4. いまこそ重要。脳に響く紙メディア広告の活用方法

    「もう紙メディアの広告は古い」と思われる方も多いでしょう。しかし本当にそうでしょうか。...
  5. 広告・集客効果がアップする心理術7選

    集客効果を高めるために、特に重要な7つの心理術を集めました。広告や販売促進の企画をする際に、これ...
  6. 【初級編】広告の費用対効果に関する考え方
    広告は徹底して2種類の「CPA」で選べ

    広告の手法はWEB、紙媒体、TVCM、看板、チラシなど、選択肢が多すぎて悩んでしまったご経験はご...
  7. 「PASONAの法則」
    売れる広告作成に使える基本法則①

    チラシの内容を考える際に、どのように進めればいいのか悩んだことはありませんか?広告作成にも様々な...
  8. レスポンス広告を学びたい方におススメの7冊

    レスポンス広告による集客・販促技術を学ぶのにおススメの本をご紹介します。必ず役に立つと思いますの...
  9. AIDMAとAIDAの使い分け

    消費者が広告を見てからものを買うまでのプロセスとして有名な「AIDMAの法則」。それによく似た「...
  10. セールスコピーは、
    「顧客利益」から始めなければ伝わらない

    人が1つの広告に関心を向ける時間は1秒あるかないか。短い時間であなたの商品の良さを知ってもらうた...
  11. イメージ広告とレスポンス広告を使い分けて売上アップ

    お店の認知度・評判を上げるために、かっこいい広告、おしゃれな広告を作りたいと思ったことはありませ...
  12. 具体的な販売促進に動く前に
    考えなくてはいけないこととは?

    販売促進とはなんでしょうか?まずは定義を整理しましょう。...

PAGE NAVI

The following two tabs change content below.
川上辰夫
株式会社地域新聞社マーケティング部 「販促の大学」の企画責任者。 2011年に入社し、広告の営業として千葉県柏市内を担当。 2015年に発足した広告効果プロジェクトを通して、社内の広告力提案向上のための社員向け勉強会を企画。そのプロジェクトでの経験を生かし、「販促の大学」の立ち上げを行った。

続きを読む
交流会開催情報
第1回成田市ビジネス交流会
日程:2018年6月6日(水)
時間:15時~17時
参加費:2,000円(軽食・ドリンク付き)
対象者:経営者、決裁権のある役職の方
定員:20名
経営者や販促担当者にとっての「学びと交流の場」創りをコンセプトに、地域ビジネス活性化の場として「ビジネス交流会 in 成田」を地域新聞社主催にて開催いたします。
  • 繁盛店の販促に迫る、商売繁盛の極意 vol.2
    1日の乗降人員が5万人を超える京成勝田台駅。南口を出ると目の前にあるパチンコ店のビルの4階にその店はある。 毎日15時から元気いっぱいに客を迎えてくれる、八千代市民の憩いの場・さかなや道場勝田台駅前店だ。 店を切り盛りするオーナーの山田さんは15歳から飲食店で働き始め、その道一筋。飲食というサービスを生業とし、探究し続けた山田さんの考え方を伺った。
  • イメージ広告とレスポンス広告を使い分けて売上アップ
    お店の認知度・評判を上げるために、かっこいい広告、おしゃれな広告を作りたいと思ったことはありませんか。もちろん、長期的に見ればそれも大切ですが、それではすぐの売上にはつながりません。
  • チラシ効果向上に大切な「サイズ」と「紙質」の選び方
    ちょっとの工夫で差別化し、今まで以上に見てもらえるチラシを作ってみませんか。
  • こんな時代だからこそ「紙orWEB」ではなく「紙&W…
    紙販促の時代は終わった。今はWEB販促だ。そんな声をよく耳にします。確かにインターネットやスマホが生活インフラとして無くてはならない存在となり、販促の中心もWEB販促になってきているのは事実です。しかしながら、だからこそ今、逆に紙販促の使い方が問われているといっても過言ではありません。紙販促・ポスティング型生活情報紙『ちいき新聞』を展開している弊社だからこそお伝えできる、WEB時代ならではの紙販促活用法をご紹介します。
  • 【初級編】広告の費用対効果に関する考え方
    広…
    広告の手法はWEB、紙媒体、TVCM、看板、チラシなど、選択肢が多すぎて悩んでしまったご経験はございませんか。 正直なところ、お店のサービスや商品によって、効果的な広告手法はそれぞれちがいます。
続きを読む
集客や販促方法でお悩みの方へ 販促に関する無料相談実施中! 地域情報に詳しい担当が、御社にご訪問して集客課題を伺います!詳しくはこちら
CRMって何?クロスセル?気になるワードをチェック!販売促進に関する用語集
お問い合わせ 閉じる
PAGE TOP