いまこそ重要。脳に響く紙メディア広告の活用方法

ネット広告の急速な成長に伴い、新聞や雑誌といった紙メディアの発行部数は年々減少しています。「もう紙メディアの広告は古い」と思われる方も多いでしょう。しかし本当にそうでしょうか。

 

21世紀に入ってから20年近い年月がたっても、ポストからチラシは無くなっていません。それはまだ紙メディアの力が見放されていない証拠でしょう。

 

むしろ、デジタル画面に表示される広告に疲弊しはじめた今だからこそ、もう一度紙メディアの力を見直してみませんか?

 

【目次】
1.紙メディアの脳科学的な効果
2.再び注目されるチラシ折込などのプロモーションメディア
3.まとめ

紙メディアの脳科学的な効果

“印刷広告のほうが脳に「より深い痕跡」を残す”

ロジャー・ドゥーリー『脳科学マーケティング100の心理技術』ダイレクト出版株式会社

 

これは、大手広告代理店ミルワード・ブラウン社が、紙メディアの広告とデジタルメディアの広告を見たときに人間の脳がどう反応するかを調べた結果導き出された結論です。

 

脳スキャンをした結果、紙メディアの広告を見たときには脳内の空間記憶にかかわる神経回路が活性化。さらにデジタルメディアと比べ、感情的な処理も増大化しました。

 

つまり、「紙メディアの方が記憶に残りやすい」ということです。

 

感情に訴えかける力が強いので、

 

「この商品なにか良さそう!」

「この会社のこと、好きかも!」

「いいな!ほしい!」

 

など、商品やサービスのブランドに好意を持ってもらいたいのなら、デジタルメディアよりも紙メディアを使う方が効果があると言えます。

 

再び注目されるチラシ折込などのプロモーションメディア

「読んでもらう」

「記憶に残してもらう」

「実際に買いに来てもらう」

 

これらの目的のためには、紙メディアのほうが力が強いということが、改めて注目されています。

 

 

インターネットなどのデジタルメディアの台頭で、情報が溢れすぎている昨今。しかし、消費者が受け取れる情報量にはほとんど変わりがありません。

 

つまり、本当に良い情報を提供するか、見てもらう工夫をしないと、せっかく作った広告も見てもらえないのです。

 

ネットメディアが溢れる時代にも関わらず、ユニクロが集客のためにチラシをやめることはありません。それどころか、いまだにチラシ制作には柳井社長自身が携わり続けているそうです。

 

それほど店舗集客にはチラシが重要で、地域の人たちからの認知度向上には効果が見込めるのです。

 

お店の情報を「手に取ってもらう」ことこそが、情報が氾濫する現代において大切なことです。

 

まとめ

効果を測りづらいというデメリットはありますが、実際に広告を見てもらった時に「記憶に残る」のはデジタルメディアより紙メディア。ネット広告と紙メディア広告は使い分けが大切です。

 

インターネットには「興味を持ってもらったものの詳細情報を用意する」という役割があり、紙メディアには「興味に気付かせる」という役割があります。詳しくは『紙メディア広告とネット広告の使い分け』でご紹介しますので、そちらも合わせてご覧ください。

 

紙メディアの特徴を認識していただき、商品やサービスを「覚えてほしい!」「知ってほしい!」ときは、紙メディアを使ってみてください。

 

 

【参考図書】

『脳科学マーケティング100の心理技術』

著者:ロジャー・ドゥーリー

出版社:ダイレクト出版株式会社

第1版発行日:2013年11月25日

 

『エピック・コンテンツマーケティング『』

著書:ジョー・ピュリッジ

出版社:日本経済新聞出版社

第1版発行日:2014年6月23日

 

 
 

■おすすめの関連コラム

  1. 色が持つイメージや心理的効果を
    広告やチラシのデザインに活かしてみよう

    私たちの日常生活には、たくさんの色が溢れています。それぞれの色には特有のイメージや心理的効果があ...
  2. かっこいい広告デザインを目指すな。
    「40-40-20」の法則の大切さとは

    デザイナーに頼んだDMやチラシが、とてもかっこいい出来で「これならきっとお客様が大勢来てくれる!...
  3. 世代ごとの特徴を押さえて、消費のツボを見定めよう

    バブル世代やさとり(ゆとり)世代などといった、大まかな世代カテゴリーがある事は、みなさんご存知だ...
  4. マーケティング4.0の時代へ。売り方の方針を考える

    マーケティングの大家、フィリップ・コトラーが2017年ごろから提唱している「マーケティング4.0...
  5. 広告・集客効果がアップする心理術7選

    集客効果を高めるために、特に重要な7つの心理術を集めました。広告や販売促進の企画をする際に、これ...
  6. 【初級編】広告の費用対効果に関する考え方
    広告は徹底して2種類の「CPA」で選べ

    広告の手法はWEB、紙媒体、TVCM、看板、チラシなど、選択肢が多すぎて悩んでしまったご経験はご...
  7. 「PASONAの法則」
    売れる広告作成に使える基本法則①

    チラシの内容を考える際に、どのように進めればいいのか悩んだことはありませんか?広告作成にも様々な...
  8. レスポンス広告を学びたい方におススメの7冊

    レスポンス広告による集客・販促技術を学ぶのにおススメの本をご紹介します。必ず役に立つと思いますの...
  9. AIDMAとAIDAの使い分け

    消費者が広告を見てからものを買うまでのプロセスとして有名な「AIDMAの法則」。それによく似た「...
  10. セールスコピーは、
    「顧客利益」から始めなければ伝わらない

    人が1つの広告に関心を向ける時間は1秒あるかないか。短い時間であなたの商品の良さを知ってもらうた...
  11. イメージ広告とレスポンス広告を使い分けて売上アップ

    お店の認知度・評判を上げるために、かっこいい広告、おしゃれな広告を作りたいと思ったことはありませ...
  12. 具体的な販売促進に動く前に
    考えなくてはいけないこととは?

    販売促進とはなんでしょうか?まずは定義を整理しましょう。...

PAGE NAVI

The following two tabs change content below.
川上辰夫
株式会社地域新聞社マーケティング部 「販促の大学」の企画責任者。 2011年に入社し、広告の営業として千葉県柏市内を担当。 2015年に発足した広告効果プロジェクトを通して、社内の広告力提案向上のための社員向け勉強会を企画。そのプロジェクトでの経験を生かし、「販促の大学」の立ち上げを行った。

続きを読む
セミナー開催情報
中途採用を成功に導くノウハウ公開セミナー
日程:2018年7月26日(木)
時間:15時~17時
定員:30名
「中途採用って、意外と難しい」とお考えの採用担当者様向けのセミナーです。「なぜ貴社の中途採用はうまくいかないのか-中途採用成功のポイントを理解する-」をテーマに、中途採用を増やすための方法やノウハウをお伝えします。
  • 儲かっている会社の広告宣伝費って、売上の何%?(広告…
    皆さんは広告宣伝費の予算を効率よく立てていますか。 そして広告宣伝費の使い方を知っていますか。 「儲かっている会社の広告宣伝費って、売上の何%?」 https://hansokunodaigaku.com/koukoku_post/1414/では、広告宣伝費の予算の立て方について、各業種・業界の一般的な売上に対する広告宣伝費の割合を参考にしながら予算を立てる方法の有効性についてお話ししました。 今回は「儲かっている会社の広告宣伝費って、売上の何%?」の広告宣伝の手段編として、広告宣伝費の使い方についてご説明します。
  • かっこいい広告デザインを目指すな。
    「40-4…
    デザイナーに頼んだDMやチラシが、とてもかっこいい出来で「これならきっとお客様が大勢来てくれる!」と思ったことありませんか?今回の結論を先にいうと、かっこよさは、チラシやDMの反響には大きく影響しません。大切なのはデザインではなく、「ターゲット」と「商品価値」です。自分でチラシを作るときも、プロのデザイナーに依頼する時でも同じこと。今回は販促物を作るときに覚えておきたい「40-40-20の法則」をお教えします。
  • 人柄と親しみを感じるてがきチラシとは?
    てがきチラシを見てお店に来てくれるお客様の多くは「人柄が伝わってきた」「親しみを感じる」と“暖かさ”を感じてくれています。そうしたチラシの作成ポイントをご紹介します。
  • てがきチラシの保存率が高い理由
    てがきチラシはなぜ保存したくなるのか、なぜか捨てられず取っておきたくなるのか。実際に何年も前のチラシをファイリングして持ってくる方もいます。
  • 思わず見てしまう!お客様の心をつかむ店内POP術
    あなたが何かを「思わず見てしまった」のは、どんな状況のときだったでしょうか?そのときは、どんな心理状態になっていたのでしょうか?
続きを読む
集客や販促方法でお悩みの方へ 販促に関する無料相談実施中! 地域情報に詳しい担当が、御社にご訪問して集客課題を伺います!詳しくはこちら
CRMって何?クロスセル?気になるワードをチェック!販売促進に関する用語集
お問い合わせ 閉じる
PAGE TOP