北関東の雄は!?茨城県VS栃木県VS群馬県 ニッチなデータを比べてみました

公開

前回好評だったニッチデータ対決。
今回は北関東3県のライバル対決です。茨城県・栃木県・群馬県は、ブランド総合研究所の「都道府県別地域魅力度ランキング」でワースト3、なんてことを各メディアが報じています。ネタとしては確かに面白いですね。

 

しかし北関東は世界遺産や文化的遺産、自然の景観、温泉やスキー場をはじめとしたリゾート地等、魅力あふれるスポットの宝庫です。そしてまだまだ隠れた魅力がたくさんありそうです。都道府県番号では茨城県が「8」栃木県が「9」群馬県が「10」ということもあり、本コラムではその順番で表記します。

 

今回は、北関東3県のソウルフード対決をしてみました。気軽な気持ちでお読みください。

 

【目次】

1.ソウルフードで対決! 第1ラウンド ラーメン店対決!

2.第2ラウンド うどん店対決!

3.ハーフタイム

4.第3ラウンド 納豆対決!

5.番外編 餃子対決!

6.まとめ

 

ソウルフードで対決! 第1ラウンド ラーメン店対決!

まずは日本のソウルフードとも言ってもよい、ラーメン対決。茨城県の水戸藩ラーメン、栃木県の佐野ラーメン、群馬県の藤岡ラーメンなど、各地でご当地ラーメンが人気を博しています。

 

 

ラーメン店の軒数では栃木県が961軒で一歩リード(全国第11位)。茨城県が僅差の907軒(同12位)で続きます。群馬県は696軒(同19位)です。ちなみに全国第1位は東京都の3,296軒。これは納得ですね。

でも各県、人口総数が異なります。
ということで、人口10万人当たりのラーメン店の軒数を調べると……。

 

 

ここでも栃木県がトップの48.67軒。しかも全国第2位!(全国1位は山形県)。群馬県が躍進の35.27軒で12位という結果になりました。茨城県は31.08軒で18位。結果は僅差!

※人気店ランキングではありません!
データ出典:タウンページ 
店舗数は2017年5月現在、人口は2017年

第2ラウンド うどん店対決!

うどんも日本の国民食といっても過言ではありません。毎年うどんサミットが開催され、にぎわいを見せています。

 

2017年は埼玉県熊谷市で開催、茨城県からは塩ホルモンうどん、群馬県からは水沢うどん、上州牛の肉釜玉うどん、キムトマ焼うどんがエントリー(栃木県はなし)。名前だけで美味しそうですね。

 

 

 

軒数では群馬県856軒(全国第8位)、茨城県727軒(同11位)、栃木県676軒(同13位)。軒数全国第1位はやはり東京都!(2,901軒)

 

また人口10万人あたりの軒数では群馬県43.15軒(全国2位!!!)、栃木県34.04軒(同5位!!)、茨城県24.88軒(同11位!)と3県とも上位にランクインしています。人口10万人あたりのうどん店軒数の第1位は……やはり香川県の63.96軒。さすが“うどん県”、ダントツの結果です。

 

それにしても群馬県の第2位はすごいですね。水沢うどんやひもかわうどんなど、全国的にも有名なうどんがあることが、この結果につながったのでしょう。

※人気店ランキングではありません!
データ出典:タウンページ

ハーフタイム

最終ラウンドに行く前に、ハーフタイムショー。茨城県、栃木県、群馬県の全国第1位を調べてみました。()は調査年、※はデータ出典です。

 

まずは茨城県。全国第1位の項目は

 

① ビール生産量(2016年)※国税庁統計情報
② 栗生産量(2014年)※農林水産省作況調査
③ さば漁獲量(2016年)※海面漁業生産統計調査など。

 

次に栃木県。全国第1位の項目は

 

① ゴルフ場数※人口10万人あたり(2014年)※経済センサス-基礎調査
② イチゴ収穫量(2016年)※農林水産省作況調査
③ すし外食費用(2016年)※総務省統計局家計調査など。

 

最後に群馬県。全国第1位の項目は

 

① 自動車保有台数(2017年)※自動車検査登録情報協会
② キャベツ出荷量(2016年)※農林水産省作況調査
③ 行政書士数※人口10万人あたり(2016年)※日本行政書士会連合会など。

調べると各県にはまだまだ全国1位がありそうです。

第3ラウンド 納豆対決!

ソウルフード対決もいよいよ最終ラウンド。これまではラーメンで栃木県、うどんで群馬県に軍配が上がってきました。第3ラウンドのソウルフードは…、そう、納豆!ここは茨城県に頑張ってもらいましょう(笑)。

 

 

一世帯当たりの年間消費量を金額換算しています。予想通り、茨城県が3県の中ではトップとなりました。一世帯あたり5,496円(全国第2位!!!)。群馬県が5,348円(同4位!!)、栃木県が4,665円(同8位!)と3県ともベスト10にランクイン。

 

ちなみに第1位は福島県の5,606円。筆者は先入観で茨城県が全国1位と思っていたのですが、少し意外な結果となりました。福島県のみなさん、ごめんなさい。

データ出典:※総務省統計局家計調査(2016)

番外編 餃子対決!

納豆を調べていたら餃子も気になってしまい調べてみました。

 

 

ニュース等で栃木県か静岡県か、といった話題を目にしたことがありますが、2016年の調査では栃木県が全国第1位でした(静岡県は3,491円で第2位)。栃木県は宇都宮餃子が全国的にも有名ですね。ラーメン店舗数も上位でした。ラーメンと餃子、ゴールデンコンビですから、この結果も納得です。それとビール!……これは茨城県でしたね(笑)。

データ出典:※総務省統計局家計調査(2016)

まとめ

ソウルフードのデータ対決、いかがでしたでしょうか。

 

北関東3県は比較されることも多く、お互いライバル意識の強い県ですが、各ランキングを見るとけっこう似た傾向もあることが分かります。海がある、ないという違いはありますが、県民性にも似ている部分があるのかもしれません。また機会があればニッチデータ対決、調べてみたいと思います。

 

データ参考:都道府県別統計とランキングで見る県民性

 
 

■おすすめの関連コラム

  1. 埼玉県VS千葉県のデータ比較で見るライバル対決!
    ~PART 3~

    埼玉県VS千葉県の前半戦は勉強対決。両県2勝2敗1分とお互い譲らずの結果でしたね(前半戦はコチラ...
  2. 埼玉県VS千葉県のデータ比較で見るライバル対決!
    ~PART2~

    さまざまなメディアで目にすることが多い「埼玉県vs千葉県」。前回好評だったニッチデータ対決の続編...
  3. 埼玉県VS千葉県のデータ比較で見るライバル対決!

    さまざまなメディアで目にすることが多い「埼玉県vs千葉県」の対決。東京都、神奈川県に続く関東第3...
  4. 駅商圏分析センター ~鎌取駅編~

    第5回は、千葉県屈指のベッドタウン「おゆみ野」の玄関口、鎌取駅を分析します。鎌取駅は千葉市緑区に...
  5. 徹底比較!ライバル地域対決 船橋市vs市川市

    千葉県西部の船橋市と市川市が各種データをもとに対決。 株式会社地域新聞社が行った「他エリア...
  6. 東京都の市別ランキング

    東京都のベットタウン「市部」に焦点を絞ったランキングを発表!...
  7. 東京23区別ランキング

    東京都23区別に「年代」や「年収」などが多い上位7エリアをランキング形式で発表!項目別に地域の特...
  8. 埼玉県の市区町村ランキング

    埼玉県内で「年代」や「年収」などが多い上位7市区町村をランキング形式で発表!項目別に地域の特徴を...
  9. 千葉県の市区町村別商圏分析ランキング

    千葉県内で「年代」や「年収」などが多い上位7市区町村をランキング形式で発表!項目別に地域の特徴を...
  10. 東京都の市区町村別ランキング

    東京都の市区町村に「年代」や「年収」などが多い上位7エリアをランキング形式で発表!項目別に地域の...
  11. 徹底比較!ライバル地域対決 柏市 vs 松戸市

    柏市と松戸市の因縁対決!TVやネットでも住民同士の争いが絶えない地域です。今回はその争いに終止符...

PAGE NAVI

続きを読む
記事を検索

お悩み別記事一覧

広告のコト

チラシの反響を上げたい一覧を見る閉じる
販促方法をもっと知りたい一覧を見る閉じる
広告全般について知りたい一覧を見る閉じる
広告作成のテンプレートを知りたい一覧を見る閉じる
WEB集客について一覧を見る閉じる
プロデザイナーのこだわり一覧を見る閉じる
DMに知りたいこと一覧を見る閉じる
販促計画を立てたい一覧を見る閉じる
広告理論や心理を学びたい一覧を見る閉じる
セールスコピーのヒント一覧を見る閉じる
メールマーケティングについて知りたい一覧を見る閉じる
漫画広告について一覧を見る閉じる

経営のコト

リピーターを増やしたい一覧を見る閉じる
他のお店の事例を知りたい一覧を見る閉じる
経営全般について知りたい一覧を見る閉じる
経営のコネタ一覧を見る閉じる
顧客管理方法について知りたい一覧を見る閉じる
新規を増やしたい一覧を見る閉じる
補助金について一覧を見る閉じる
市場調査データを知りたい一覧を見る閉じる
マーケティング全般について知りたい一覧を見る閉じる
人材について知りたい一覧を見る閉じる
営業力を高めたい一覧を見る閉じる
業界研究一覧を見る閉じる
ブランディングを学びたい一覧を見る閉じる

商圏のコト

  • 東京都の市区町村別ランキング
    東京都の市区町村に「年代」や「年収」などが多い上位7エリアをランキング形式で発表!項目別に地域の特徴をつかんで、商品改良やサービス向上、次の出店エリア選定にご活用ください!
  • 駅商圏分析センター ~海浜幕張駅編~
    シリーズ駅商圏分析センター、今回は海浜幕張駅周辺の分析です。海浜幕張駅は幕張新都心の玄関口として1986年に開業しました。幕張新都心は1989年の幕張メッセオープンを皮切りに、ホテルや商業施設、企業、教育・研究施設、幕張ベイタウンを中心とする宅地化の推進により「職・住・学・遊」の複合的な都市機能の集積が進み、現在の姿になっています。幕張新都心は以下の6地区で構成されています。「タウンセンター地区」…JR京葉線の海浜幕張駅が中心の地区「業務研究地区」…企業が立地する地区「文教地区」…学校や研究施設が立地する地区「住宅地区」…集合住宅が立地する地区「公園・緑地地区」…海岸沿いの幕張海浜公園を中心に広がる地区「拡大地区」…1989年に編入された地区 海浜幕張駅はJR京葉線が運行。1日の平均乗車客数は65,377人 (2016年)。開業初年度(1986年)の747人から87.5倍の乗車客数となりました。発車メロディにはZOZOマリンスタジアムを本拠地とするプロ野球チーム、千葉ロッテマリーンズの応援歌「We Love Marines」が。筆者は個人的に2015年から毎年開催されているレッドブル・エアレースを楽しみにしています。
  • 駅商圏分析センター ~津田沼駅~
    シリーズ駅商圏分析センター、今回はJR津田沼駅周辺の分析です。駅舎は習志野市ですが、ホームの一部が船橋市にまたがっている面白い構造。ですから、船橋市民の利用も多い駅です。JR津田沼駅の他に、徒歩約4分で新京成線津田沼駅、同約15分で京成線京成津田沼駅も利用可。快速停車駅でもあり、ラッシュ時には東京メトロ東西線直通電車も乗り入れ、東京方面や新宿方面への移動はとても便利です。駅南側は再開発により、利便性がますます高まっています。1日の平均乗車客数は104,073人 (2017年)。2000年から2017年で見てみると、若干減少しているもののほぼ横ばいです(105,205人⇒104,073人)。
  • 東京23区別ランキング
    東京都23区別に「年代」や「年収」などが多い上位7エリアをランキング形式で発表!項目別に地域の特徴をつかんで、商品改良やサービス向上、次の出店エリア選定にご活用ください!
  • 徹底比較!ライバル地域対決 船橋市vs市川市
    千葉県西部の船橋市と市川市が各種データをもとに対決。 株式会社地域新聞社が行った「他エリアに対するライバル意識に関するアンケート 2016年10月1日~10月31日」で、多くの船橋市民が市川市をライバル視しているという事実が判明。おとなりさんには負けたくない!という強い意識があるようです。 今回は「客観的数字データ」をもとに13項目でガチンコ対決を実施!本当に良い街はどっちだ!? 全13試合とちょっぴり長いですが、熱い闘いに、ぜひ最後までお付き合いください。
集客や販促方法でお悩みの方へ 販促に関する無料相談実施中! 地域情報に詳しい担当が、御社にご訪問して集客課題を伺います!詳しくはこちら
CRMって何?クロスセル?気になるワードをチェック!販売促進に関する用語集
お役立ち資料 開くお役立ち資料 閉じる
PAGE TOP