飲食店での人材育成に!eラーニングを活用しよう

公開

飲食店を経営する方の中には、人材育成をしたいと考えているものの、時間や予算が足りずに悩んでいる、というケースもあるでしょう。

そんな方にオススメするのがeラーニングです。

今回はeラーニングとは何かを説明した上で、飲食店が導入することのメリットや成功に必要なポイントについて解説します。

 

【目次】

1.飲食店向けeラーニングの特徴や仕組みとは?

2.飲食店がeラーニングを導入する3つのメリット

3.飲食店がeラーニングを成功させるポイント

4.まとめ

 

飲食店向けeラーニングの特徴や仕組みとは?

eラーニングとはインターネットを利用した学習方法のことで、学習者は時間や場所にしばられることなく、ネットを通じて学ぶことができます。

 

eラーニングではさまざまな学び方ができます。

一般的なのは、eラーニングのシステム上に公開されている接客や調理などのマニュアルを読ませ、確認テストを受けさせて理解度をチェックするといった方法です。

他にも、質問相談フォームを設置して活用することで疑問や不安を解消したり、あるいは動画や音声などのコンテンツを配信したりといった方法も使えます。

 

今はeラーニング専用のシステムを提供している会社があるため、そういったサービスを使えば店舗側がわざわざコストをかけてシステムを構築する必要はありません。

飲食店に特化したeラーニングのサービスもあり、動画マニュアルのアップロードや配布、習熟テストなどの機能が備わっています。

 

飲食店がeラーニングを導入する3つのメリット

eラーニングは、人材確保や人材育成に悩む飲食店で導入すれば、高い効果を発揮するでしょう。

ここでは3つのメリットを紹介します。

 

◆人材育成の効率化

人材育成を大幅に効率化できます。

 

通常、飲食店では店長や先輩スタッフが新人に対して、手取り足取り教育をしなければなりません。

これではただでさえ忙しいのに、時間も手間もかかってしまうという問題が発生します。

 

一方、eラーニングであれば、学習者はいつでもどこでも接客マニュアルを読んだりチェック問題を解いたりすることが可能です。

わざわざ誰かが教えなくてもいいような基本的な知識であれば、十分に学習させられるため、教育の効率化ができます。

 

◆スキルの底上げ

スキルの底上げにもつながります。

 

人が直接教える場合、教える側のスキルや教え方によって、教育効果にばらつきが出てしまうおそれがあります。

それによって、新人に基本的な動作が身に付かなかったり、変な癖が付いてしまったりするケースも少なくありません。

 

一方、eラーニングでは学習者全員に同じ内容を提供したり、確認テストを受けさせたりすることができます。

基本的な知識については漏れなく身に付けさせられるため、スキルの底上げが期待できるのです。

 

◆習熟度の可視化

学習レベルを見える化することもできます。

 

人が直接教える場合、新人がどこまで教わっており、どれくらい学習内容を理解しているのかを把握することは簡単ではありません。

特に、教育担当者が決まっていないケースでは、この傾向が多く見られます。

 

eラーニングであれば、学習した項目がシステムに記録され、確認テストの結果も残るため、店舗側は簡単に学習の進捗状況を把握することができます。

学習の進捗状況がわかれば、新人のフォローもしやすくなり、教育効果も高まるでしょう。

 

飲食店がeラーニングを成功させるポイント

飲食店がeラーニングの導入を成功させるには、2つのポイントに注意する必要があります。

 

eラーニングは便利ですが、決して万能ではありません。

基本的な知識や業務パターンを教えるには適しているものの、細かい接客方法や調理技術、スタッフ間のコミュニケーションは実践で教える必要があります。

 

また、学習の時間や場所を学習者本人に委ねるため、モチベーションの維持も簡単ではありません。

店長や先輩スタッフの方から学習の進捗状況を聞いたり、不安な点がないかを確認したりするなどのフォローは必要です。

 

まとめ

eラーニングは人手不足が深刻な飲食店において、教育の効率もスピードも高められる手段です。

eラーニングは既存のスタッフをさらにスキルアップさせたい時や、スタッフ全員にコンプライアンスやマニュアル変更の周知をしたい時にも活用できます。

低コストで導入できるサービスもあるため、ゼロから始めたい場合にも便利です。

 
 

The following two tabs change content below.
株式会社ベストエフォートマーケティング 代表取締役。 東京理科大学大学院卒業後、外資系企業にてマーケティング職、国内・海外営業職に従事。2011年4月に株式会社ベストエフォートマーケティング代表取締役就任。 “WEBを起点としてビジネスを発展させる”をキーワードに、WEB製作、WEBマーケティング、営業コストを抑えて売り上げを上げていく効率的なマーケティング手法、 営業手法などを提案。海外のグローバル企業、上場企業、中小企業、ベンチャー企業等500社以上の企業の営業マーケティング支援実績。 ホームページ : https://besteffortmarketing.co.jp/ Facebook : https://www.facebook.com/yushukanemura

■おすすめの関連コラム

  1. 店舗運営を成功に導く正社員採用とは?新卒採用と中途採用のメリット・デメリット

    The following two tabs change content below.この記事...
  2. 主婦、学生、外国人のアルバイト・パート採用!それぞれのメリットをご紹介

    会社・店舗運営者にとって大切なテーマの1つが自社に適したアルバイト・パート人材の採用です。 主...
  3. 求人広告の掲載をしたい! 最適な時期はいつ?

    新たに中途採用をする上で、求人広告は欠かせない手段の1つです。 求人広告で成果を出すためには、...
  4. 体調を崩しやすい季節は人手不足に!? 従業員の健康管理に取り組もう

    寒い季節、風邪やインフルエンザで従業員が欠勤し、人手不足になってしまうお店や会社もあるでしょう。...
  5. コミュニケーション不足? 部下を伸ばす鍵はフィードバック!

    「なかなか優秀な社員が育たない」そんな声をよく耳にします。売り手市場が続いてる状況下で、優秀な学...
  6. 採用イメージ

    リファーラル採用を成功させるための秘訣とは

    前回の記事「リファーラル採用を積極的に導入して離職率をさげよう」で、リファーラル採用とは「紹介、...
  7. リファーラル採用を積極的に導入して離職率を下げよう

    近年、多くの業界・企業が人材不足による採用難に陥っていると聞きます。人材を確保するために、給与を...
  8. 代理店制度のメリット・デメリットとは?代理店の役割と必要性について理解しよう!

    ビジネスを行う上で、自社の営業部隊が商品・サービスを販売するのは当たり前の方法ですが、それだけで...
  9. お客様を夢中にさせる接客術とは

    消費者がさまざまな方法で商品を購入できるようになった現代。商品の魅力だけでお客様に選ばれるのは、...
  10. 【美容室・サロン向け】売上アップにつなげる人材教育

    売上を上げる大事な要素の一つが“人材”。 「あのお店のスタッフはみんな親切でとても良い」 そ...
  11. 経営者の事業承継を考える

    最近の経営者同士のもっぱらの話題は、相続と事業承継です。不動産や保険関係の方などが、さまざまなセ...
  12. 元キャリアコンサルタントのコピーライターが発見した『良い人材が集まる会社の法則』とは?

    企業は人なり、とは本当にその通りで、働く人がどれだけ能力を発揮するかで会社の業績は決まってしまい...

PAGE NAVI

続きを読む
記事を検索
メルマガ登録者数1万以上 セミナー情報をいち早くお届け
ご提案無料 ウィズコロナ時代に合わせて販促の「見直し」してみませんか?まずはお問い合わせください。
  • 開店準備に必要なもの(飲食店編)
    飲食店で働いている方、目指している方の多くが、 そんな目標を持っています。 そのために料理の修業をしたり、サービスを学んだり。 では、いつ・どのくらいのレベルになったら、独立できるのでしょうか? 皆が「将来は」「いつかは」と思っていても、実際に独立する人はそう多くはありません。 一番重要なのは、「開業する」ということを決めること。 つまり「覚悟」です。 いったん覚悟を決めれば、同じ情報でも、違った見方ができるようになります。
  • 商品企画のツボ【ポジショニング戦略で穴をつく!】
    『ポジショニング戦略[新版]』アル・ライズ/ジャック・トラウト お客様と新しい商品やサービスの企画をする際は、必ず『ポジショニング戦略』を読み返します。今回はこの本を通じて、売れる商品やサービスについて説明をします。
  • いざという時のために知っておきたい、大規模災害時の中…
    今回は大規模な災害が発生した時に、被災した中小企業に対してどのような支援策が講ぜられるのかについてまとめてみます。前回の記事「災害に備える~中小企業強靭化法について~」では、経営持続力強化についての新しい動きをレポートしました。それは、転ばぬ先のつえとして・事業を営んでいる土地でどのような重大災害が発生する可能性が高いかを調査・その災害が発生した時に自らの事業にどのような影響が生じるかを予測・必要な対策をあらかじめ講ずる場合は国が一定の支援を行うという内容でした。これは、東日本大震災をはじめとする昨今の災害が多発する傾向とその被災状況を踏まえて制定された、新しい予防保全の制度です。今回解説するのは、いったん重大な災害が発生し被害が発生した場合に、国が講ずる支援策についてです。実際に重大な災害に遭遇して、自らに大きな被害が発生すると、その対応に追われ、どのような支援が国や自治体から得られるのかを調べる余裕がなくなることが予想されます。普段から制度の枠組みを把握し、必要な連絡先などを整理しておかれるとよいと思います。
  • 【業界研究】飲食業界のトレンド情報
    〜2018…
    ビジネスで適切な判断を下し続けるには、業界のトレンドをつかむことが重要です。今回は飲食業界の現状と今後の見通しについて、地域新聞社のマーケティング部と、同社2018年4月入社の新卒社員が共同で調査しました。おすすめの販促方法もご紹介しますので、飲食業界の方も、それ以外の業界の方も、ぜひご一読ください。
  • 増えるシニアのネット利用 シニア世代が求めるモノ・サ…
    インターネットを利用するシニア世代は増加しつつあります。 販売戦略で高齢者をターゲットとするなら、彼らが求めるモノ・サービスを知っておくことが大切です。 今回は、シニア世代のネットの利用状況を紹介し、どのようなニーズがあるのかを解説します。
CRMって何?クロスセル?気になるワードをチェック!販売促進に関する用語集
お役立ち資料 開くお役立ち資料 閉じる
PAGE TOP