元キャリアコンサルタントのコピーライターが発見した『良い人材が集まる会社の法則』とは?

企業は人なり、とは本当にその通りで、働く人がどれだけ能力を発揮するかで会社の業績は決まってしまいます。

 

能力を発揮しやすい環境を作るのが経営者の仕事、ふさわしい人材を採用し定着させるのが人事担当者の仕事ですよね。

 

日頃コピーライターとしてクライアント企業の集客・販売をコンサルティングしていると、「人柄も仕事ぶりも素晴らしい」と思う社員さんが揃っている企業もあれば、そうでない企業もあります。

 

その違いは何なのか、良い人材が集まる会社の共通点は何なのか、経営者、採用担当者であるあなたへお伝えしたいと思います。

 

【目次】
1.人物像と仕事内容が明確であること
2.求める人材に訴求する情報発信をすること
3.まとめ

人物像と仕事内容が明確であること

そもそも貴社にとって『良い人材』とは何でしょうか?

 

活躍できる人材を『良い人材』とするなら、一体どんな人を採用すれば活躍してもらえるのでしょうか?

 

商品やサービスを販売するのと全く同じで、ターゲットを明確にしなければ募集も採用もうまく行きません。経験、スキルセット、コミュニケーション力、行動特性、人間性など。それはすなわち仕事を定義することでもあります。

 

社内での役割は何か、責任範囲と権限レベルは何をどこまで任せるのか、期待する業績はどの程度か、成果をどのように測定するのか、成果を出すために必要な能力と行動は。

 

仕事の定義が明確になって初めて活躍できる『良い人材』を探し始めることができます。

 

候補者の側から見ても「何をさせられるのか分からない」会社に入社したいとは思いませんよね。優秀な人さえ採用できれば手をかけなくても自発的に動いてくれて業績が上がる、という甘い考えは捨てましょう。

 

『良い人材』が集まる会社では、採用する側が仕事と成果についてしっかり考えています。

 

まずは人物像と仕事内容を可能な限りリアルに描いてください。

 

求める人材に訴求する情報発信をすること

貴社にとっての『良い人材』を具体的にすればするほど、該当する人物は限定されます。数少ない貴重な人材と出会うためには確率論的に接点を増やすことが必要です。

 

単に社名を広告して露出度を上げる、求人募集の広告を増やすということではありません。

 

この点も商品販売と全く同じ。

 

一般企業では一部上場の大企業のようなブランディング広告を打っても勝てないでしょう。

 

ターゲットとなる人たちに訴求する情報発信を行うのが効果的です。

 

例えば、専門技術の習得に意欲的な人材に来てほしいなら該当分野の技術情報を解説を交えて紹介する、独立心のある人材に来てほしいならその業界で独立・起業するための方法や成功例を紹介する、などです。

 

価値ある情報を提供することですね。そういった情報を受けて候補者は、自分のキャリアの可能性として貴社で働くことを考え始めるわけです。

 

企業が人材に与えるものは給料だけではありません。

 

身につく専門性や働き方でその後の人生が変わる。

 

そのような観点で企業の理念、価値観を発信してください。

 

広告費の大小ではなく中身です。

 

媒体はなんでも構いませんので定期的な情報発信をしていきましょう。

 

まとめ

・よい人材を定着させることは、商品やサービスを販売するのと同じです。まずはどんな人材を望むのか、ターゲットを明確にすることが大切です。

 

・期待する業績や成果の測定方法、成果を出すための方法などについて具体的に説明・紹介を行いましょう。

 

・企業が人材に与えるものは給料だけではありません。専門性を身につけ、その後の人生の指針となるような価値ある情報発信を行い、企業理念や価値観を理解して働いてもらうことが必要です。

 

The following two tabs change content below.
下居孝之
プロモーションコンサルタント、イーストフォレスト代表。IT/通信業界における企画職、経営コンサルタントを経て、2015年よりコピーライターとして独立。

続きを読む
続きを読む
集客や販促方法でお悩みの方へ 販促に関する無料相談実施中! 地域情報に詳しい担当が、御社にご訪問して集客課題を伺います!詳しくはこちら
セミナー開催情報
リピーターを増やす! 「LINE@×広告」活用セミナー
日程:2017年10月25日(水)
時間:15時~17時
定員:15名
コミュニケーションアプリとして多くの方に利用されている「LINE」を使い、リピーターを更に増やしませんか?LINE@導入に興味がある方向けに、実際の導入事例や友だち獲得の方法、サービス概要まで詳しくご説明いたします。
CRMって何?クロスセル?気になるワードをチェック!販売促進に関する用語集
  • 今すぐできる!
    店舗型ビジネス向けのホームペー…
    レストランや美容室などの店舗型ビジネスもWEB集客の時代! 店舗型ビジネスの経営者の中には「ホームページ集客なんて無理!」とはなから思い込んでいる方がいます。 立地が重要といわれる店舗型ビジネスですが、昨今では「ホームページ集客で成功して、繁盛店になった!」という例もたくさんあります。 今回は、そんな店舗型ビジネスに奮闘している経営者様向けに、WEB集客の基本についてお話しします。 ※この記事の内容は、基本的にはどの業種でも有効ですので、他業界業種の方もぜひ参考にしてください。
  • 売上をあげるための顧客リストを育てよう
    顧客リストについて、有名なエピソードを2つご紹介します。 最初は江戸時代のある呉服屋の話。その呉服屋は火事になった時、火の粉が迫り来る中、まず顧客台帳(顧客リスト)を井戸に投げ込んでから逃げました。そして火事が収まった後、顧客台帳を井戸から引き上げ、それを基にして商売を再開したのです。 また、アンドリュー・カーネギー(米国実業家、鉄鋼王。1919年没)は、「私の全ての財産を持っていってもかまわない。ただし、顧客リストだけは残しておいてくれ。そうすれば、私はすぐに今の財産を築いてみせる」という言葉を残しています。 この2つのエピソードは、顧客リストがあれば、事業がどのような状況に陥っても再起を図ることができるということを示唆しています。 他にも、“顧客リストは、あなたの貴重な財産で、育てるべきである”という言葉もあります。顧客リストを育てることができれば、好調な時でもさらなる売上をあげられるということだと思います。 しかし事業経営において、顧客リストを重要なアイテムだときちんと認識して、作成・管理・活用している会社は、意外と少ないのではないでしょうか?
  • お店のポジショニングを確かめて、売上競争を勝ち抜こう
    ポジショニングとは、店のサービスがお客様に「どういう時に使えるものと思われているか」ということ。それが売れる内容なのかどうかを確認することが、周辺の店舗やサービスとの競争で優位に立つために重要な要素です。毎月とは言いませんが、年に2~4回は、自社のポジショニング戦略を行い、サービスの改善につなげてみてはいかがでしょうか。
  • 売上につながる重要顧客の探し方①
    ~デシル分析…
    お店の売上を底上げしてくれる「お得意さん」を肌感覚で判断していませんか?
  • ちいき新聞の裏側公開!
    サンキューレターで感…
    コミュニケーションツールとして、サンキューレターを取り入れませんか?
PAGE TOP