元キャリアコンサルタントのコピーライターが発見した『良い人材が集まる会社の法則』とは?

公開

企業は人なり、とは本当にその通りで、働く人がどれだけ能力を発揮するかで会社の業績は決まってしまいます。

 

能力を発揮しやすい環境を作るのが経営者の仕事、ふさわしい人材を採用し定着させるのが人事担当者の仕事ですよね。

 

日頃コピーライターとしてクライアント企業の集客・販売をコンサルティングしていると、「人柄も仕事ぶりも素晴らしい」と思う社員さんが揃っている企業もあれば、そうでない企業もあります。

 

その違いは何なのか、良い人材が集まる会社の共通点は何なのか、経営者、採用担当者であるあなたへお伝えしたいと思います。

 

【目次】
1.人物像と仕事内容が明確であること
2.求める人材に訴求する情報発信をすること
3.まとめ

人物像と仕事内容が明確であること

そもそも貴社にとって『良い人材』とは何でしょうか?

 

活躍できる人材を『良い人材』とするなら、一体どんな人を採用すれば活躍してもらえるのでしょうか?

 

商品やサービスを販売するのと全く同じで、ターゲットを明確にしなければ募集も採用もうまく行きません。経験、スキルセット、コミュニケーション力、行動特性、人間性など。それはすなわち仕事を定義することでもあります。

 

社内での役割は何か、責任範囲と権限レベルは何をどこまで任せるのか、期待する業績はどの程度か、成果をどのように測定するのか、成果を出すために必要な能力と行動は。

 

仕事の定義が明確になって初めて活躍できる『良い人材』を探し始めることができます。

 

候補者の側から見ても「何をさせられるのか分からない」会社に入社したいとは思いませんよね。優秀な人さえ採用できれば手をかけなくても自発的に動いてくれて業績が上がる、という甘い考えは捨てましょう。

 

『良い人材』が集まる会社では、採用する側が仕事と成果についてしっかり考えています。

 

まずは人物像と仕事内容を可能な限りリアルに描いてください。

 

求める人材に訴求する情報発信をすること

貴社にとっての『良い人材』を具体的にすればするほど、該当する人物は限定されます。数少ない貴重な人材と出会うためには確率論的に接点を増やすことが必要です。

 

単に社名を広告して露出度を上げる、求人募集の広告を増やすということではありません。

 

この点も商品販売と全く同じ。

 

一般企業では一部上場の大企業のようなブランディング広告を打っても勝てないでしょう。

 

ターゲットとなる人たちに訴求する情報発信を行うのが効果的です。

 

例えば、専門技術の習得に意欲的な人材に来てほしいなら該当分野の技術情報を解説を交えて紹介する、独立心のある人材に来てほしいならその業界で独立・起業するための方法や成功例を紹介する、などです。

 

価値ある情報を提供することですね。そういった情報を受けて候補者は、自分のキャリアの可能性として貴社で働くことを考え始めるわけです。

 

企業が人材に与えるものは給料だけではありません。

 

身につく専門性や働き方でその後の人生が変わる。

 

そのような観点で企業の理念、価値観を発信してください。

 

広告費の大小ではなく中身です。

 

媒体はなんでも構いませんので定期的な情報発信をしていきましょう。

 

まとめ

・よい人材を定着させることは、商品やサービスを販売するのと同じです。まずはどんな人材を望むのか、ターゲットを明確にすることが大切です。

 

・期待する業績や成果の測定方法、成果を出すための方法などについて具体的に説明・紹介を行いましょう。

 

・企業が人材に与えるものは給料だけではありません。専門性を身につけ、その後の人生の指針となるような価値ある情報発信を行い、企業理念や価値観を理解して働いてもらうことが必要です。

 

 
 

■おすすめの関連コラム

  1. 代理店のメリット、デメリットと3つの代理店制度を理解しよう!

    ビジネスを行う上で、自社の営業部隊が商品・サービスを販売するのは当然ですが、それだけではなかなか...
  2. お客様を夢中にさせる接客術とは

    消費者がさまざまな方法で商品を購入できるようになった現代。商品の魅力だけでお客様に選ばれるのは、...
  3. 【美容室・サロン向け】売上アップにつなげる人材教育

    売上を上げる大事な要素の一つが“人材”。 「あのお店のスタッフはみんな親切でとても良い」 そ...
  4. 経営者の事業承継を考える

    最近の経営者同士のもっぱらの話題は、相続と事業承継です。 不動産や保険関係の方などが、さまざま...

PAGE NAVI

The following two tabs change content below.
下居孝之
プロモーションコンサルタント、イーストフォレスト代表。IT/通信業界における企画職、経営コンサルタントを経て、2015年よりコピーライターとして独立。

続きを読む
記事を検索

お悩み別記事一覧

広告のコト

チラシの反響を上げたい一覧を見る閉じる
販促方法をもっと知りたい一覧を見る閉じる
広告全般について知りたい一覧を見る閉じる
広告作成のテンプレートを知りたい一覧を見る閉じる
WEB集客について一覧を見る閉じる
プロデザイナーのこだわり一覧を見る閉じる
DMに知りたいこと一覧を見る閉じる
販促計画を立てたい一覧を見る閉じる
広告理論や心理を学びたい一覧を見る閉じる
セールスコピーのヒント一覧を見る閉じる
メールマーケティングについて知りたい一覧を見る閉じる
漫画広告について一覧を見る閉じる

経営のコト

リピーターを増やしたい一覧を見る閉じる
他のお店の事例を知りたい一覧を見る閉じる
経営全般について知りたい一覧を見る閉じる
経営のコネタ一覧を見る閉じる
顧客管理方法について知りたい一覧を見る閉じる
新規を増やしたい一覧を見る閉じる
補助金について一覧を見る閉じる
市場調査データを知りたい一覧を見る閉じる
マーケティング全般について知りたい一覧を見る閉じる
人材について知りたい一覧を見る閉じる
営業力を高めたい一覧を見る閉じる
業界研究一覧を見る閉じる
ブランディングを学びたい一覧を見る閉じる

商圏のコト

セミナー開催情報
検索順位1位を目指す!SEOに強いホームページの作り方セミナー
日程:2019年4月23日(火)
時間:15時~17時 (受付開始14時40分)
参加費:無料
対象者:ホームページ制作・リニューアルご検討中の方向け
定員:15名
これからホームページを作成・リニューアルされたい方向けに、検索サイトで上位表示にするためにSEO対策に強いホームページの作り方をお伝えします。
  • 【飲食店向け】飲食店のイノベーションについて
    「イノベーション」という言葉は「技術革新」や「経営革新」という意味だけでなく、「新機軸のサービス」や「新たな価値観の提案」という意味で使われるようになってきました。現在、メディアでもSNSでも「イノベーション」が起きています。今後は激しい時代の変化により、今まで「常識」であったものが壊れ、「イノベーション」がより必要になってきます。飲食店の場合、これからどのような対策をしていけばよいのでしょうか?
  • ターゲット顧客の明確な選定 マーケティング戦略の起点…
    マーケティング戦略を練る上で、商品を購入してくれるターゲット顧客を明らかにすることは大切なことです。 ドラッカーに、次のような言葉があります。 「マーケティングの狙いは、顧客というものをよく知って理解し、製品が顧客にぴったりと合って、ひとりでに売れてしまうようにすること」 『マネジメント』(1970年、ダイヤモンド社) 「どのような 価値を提供すればターゲット市場のニーズを満たせるかを探り、その価値を生み出し、顧客に届け、そこから利益を上げること」 『コトラーの戦略的マーケティング』(2000年、ダイヤモンド社)
  • 『エスキモーに氷を売る』マーケティングとは何かを教え…
    マーケティング的には、著者が述べている考え方に目新しいものはありませんが、営業についての考え方は、今の時代にも十分通じる内容です。 物を売ることを生業としている人達にとっての“基本中の基本”、まさに営業、マーケティングの原理原則が述べられています。
  • 商品企画のツボ【ポジショニング戦略で穴をつく!】
    『ポジショニング戦略[新版]』アル・ライズ/ジャック・トラウト お客様と新しい商品やサービスの企画をする際は、必ず『ポジショニング戦略』を読み返します。 今回はこの本を通じて、売れる商品やサービスについて説明をします。
  • お店のポジショニングを確かめて、売上競争を勝ち抜こう
    ポジショニングとは、店のサービスがお客様に「どういう時に使えるものと思われているか」ということ。それが売れる内容なのかどうかを確認することが、周辺の店舗やサービスとの競争で優位に立つために重要な要素です。毎月とは言いませんが、年に2~4回は、自社のポジショニング戦略を行い、サービスの改善につなげてみてはいかがでしょうか。
続きを読む
チラシのお届け方法をお探しの方へ
集客や販促方法でお悩みの方へ 販促に関する無料相談実施中! 地域情報に詳しい担当が、御社にご訪問して集客課題を伺います!詳しくはこちら
CRMって何?クロスセル?気になるワードをチェック!販売促進に関する用語集