【美容室・サロン向け】売上アップにつなげる人材教育 | 販促の大学で広告・マーケティング・経営を学ぶ

【美容室・サロン向け】売上アップにつなげる人材教育

公開

売上を上げる大事な要素の一つが“人材”。

「あのお店のスタッフはみんな親切でとても良い」

そんな評判が立つようになったら、お店のファンは増え、リピーター率も上がり、売上向上にもつながるでしょう。

では、そんな人材を育成するには、どのようなことに気をつければよいのか。

ここでは、売上を上げるために重要な“人材教育”についてお伝えします。

【目次】

1.人材不足の現在、優秀な人材はどう確保すればよい?

2.【美容室向け】優秀な人材の獲得方法

3.まとめ

 

人材不足の現在、優秀な人材はどう確保すればよい?

私は現在、渋谷区笹塚でヘッドスパに力を入れた美容室を経営しています。

美容室経営において、人材は命。

スタッフ教育は、大事な投資です。

 

私は、人材が離職せずに、長年にわたり会社と共に発展、成長していくことが大切だと思っています。

 

18歳人口は2018年から大幅に減少します。美容室業界の新卒の有効求人倍率も増加傾向。

そのため、最初から優秀な人材を獲得できる会社・店舗は少なくなります。

そんな厳しい時代の中、優秀な人材を得るにはどうすればよいのか?

フェーズごとに分けてお伝えします。

【美容室向け】優秀な人材の獲得方法

1.人材確保

 

数が少ないとはいえ、少しでも優秀な人材を獲得した方が有利なことは言うまでもありません。

 

人手不足の現在、ただ待っているだけでは、優秀な人材どころか、一人も応募者がいないという状況に陥る可能性もあります。

そのため、雇用する側が美容師を養成している学校に自ら足を運び、学生や先生とコミュニケーションを図ることが大事です。

 

では、その中でも優秀な人材を見抜くにはどうすればよいのでしょうか?

その最短の方法が、まずは既存社員を優秀な人材に育て上げることです。

 

優秀な人間でなければ、将来有望な人材を見抜くことはできません。

そのため、人材発掘は、既存社員の中でも特に優秀な社員に任せることをおすすめします。

 

2.人材配置

 

素晴らしい人材の発掘に成功したら、今度はその人材を最適な部門に配置する必要があります。

本人の良さや強みを生かせるポジションに配置するのは当然のこと。

 

経営者の判断だけでなく、他の社員からも情報収集をして、複数の人間が納得するポジションに配置するようにしましょう。

 

3.人材育成

 

最適なポジションに配置した後は、いよいよ人材育成です。

 

その前に、まず大事なことが職場環境を整えることです。

たとえ、本人が優秀でモチベーションが高かったとしても、周囲の技術が低かったり、やる気が無かったりしたら、優秀な人材でも同じように育ってしまうでしょう。

新たな人材を育成する前に、職場全体を前向きかつ行動的な雰囲気に変える必要があります。

 

では、そうした雰囲気の職場を作るにはどうすればよいのか。

 

私が重要だと思うのが、“働く目的”です。

何のための仕事なのか、なぜこの仕事をする必要があるのか。

その目的を明確にすることから成長は生まれると私は考えています。

 

まずは経営者が、会社の目的に適した運営をすること。

そして、その目的を社員に共有し、共鳴・共感させることが重要です。

 

また、以下のような事柄も日常的に意識するようにしましょう。

 

◉日常的に声を掛ける

◉成長の魅力を伝える

◉周囲の期待を伝える

◉活躍できるステージを考える

◉聞き役になり否定しない

 

これら行為は「人の存在を認める行為」で、アメリカの精神科医、エリック・バーンは“ストローク”と呼んでいます。

 

バーンによると、人は常に他者からのストロークを求めており、「ほめる」「励ます」「ねぎらう」「許す」「うなずく」「関心を持つ」といった肯定的なストロークを受けると、「大事にされている」「価値のある人間と認められている」と喜びを感じ、成長にプラスに作用するそうです。

 

上記のようなストロークは、経営者からだけでなく、社員同士でも積極的に取り組んでいきたいですね。

 

人材不足の現在、人材の獲得競争はますます激化しています。

貴重な労働力を確保した場合、社員が辞めないよう、会社が一丸となりお互いの成長を見守る。

 

その社風を作ることが経営者の務めと感じています。

まとめ

・優秀な人材を見抜くには、まず優秀なスタッフを育てることが大事

 

・採用した人材は、経営者のみならず、複数の社員の合意の上で、最適な部門に配置すべき

 

・新たな人材を育てる前に、職場環境を前向きかつ行動的に整える

 

・肯定的なストロークをすることで、社員のやる気を引き出す

 
 

The following two tabs change content below.
HARU (丹羽 晴美)
撮影・サロンワーク・講師・ブライダルなど、幅広いジャンルに対応できるヘアメイクアーティストとして活躍。 ホームページ : https://bh-haru.com/

■おすすめの関連コラム

  1. 飲食店での人材育成に!eラーニングを活用しよう

    飲食店を経営する方の中には、人材育成をしたいと考えているものの、時間や予算が足りずに悩んでいる、...
  2. 店舗運営を成功に導く正社員採用とは?新卒採用と中途採用のメリット・デメリット

    The following two tabs change content below.この記事...
  3. 主婦、学生、外国人のアルバイト・パート採用!それぞれのメリットをご紹介

    会社・店舗運営者にとって大切なテーマの1つが自社に適したアルバイト・パート人材の採用です。 主...
  4. 求人広告の掲載をしたい! 最適な時期はいつ?

    新たに中途採用をする上で、求人広告は欠かせない手段の1つです。 求人広告で成果を出すためには、...
  5. 体調を崩しやすい季節は人手不足に!? 従業員の健康管理に取り組もう

    寒い季節、風邪やインフルエンザで従業員が欠勤し、人手不足になってしまうお店や会社もあるでしょう。...
  6. コミュニケーション不足? 部下を伸ばす鍵はフィードバック!

    「なかなか優秀な社員が育たない」そんな声をよく耳にします。売り手市場が続いてる状況下で、優秀な学...
  7. 採用イメージ

    リファーラル採用を成功させるための秘訣とは

    前回の記事「リファーラル採用を積極的に導入して離職率をさげよう」で、リファーラル採用とは「紹介、...
  8. リファーラル採用を積極的に導入して離職率を下げよう

    近年、多くの業界・企業が人材不足による採用難に陥っていると聞きます。人材を確保するために、給与を...
  9. 代理店のメリット、デメリットと3つの代理店制度を理解しよう!

    ビジネスを行う上で、自社の営業部隊が商品・サービスを販売するのは当たり前の方法ですが、それだけで...
  10. お客様を夢中にさせる接客術とは

    消費者がさまざまな方法で商品を購入できるようになった現代。商品の魅力だけでお客様に選ばれるのは、...
  11. 経営者の事業承継を考える

    最近の経営者同士のもっぱらの話題は、相続と事業承継です。不動産や保険関係の方などが、さまざまなセ...
  12. 元キャリアコンサルタントのコピーライターが発見した『良い人材が集まる会社の法則』とは?

    企業は人なり、とは本当にその通りで、働く人がどれだけ能力を発揮するかで会社の業績は決まってしまい...

PAGE NAVI

続きを読む
記事を検索
ご提案無料 ウィズコロナ時代に合わせて販促の「見直し」してみませんか?まずはお問い合わせください。
  • 代理店のメリット、デメリットと3つの代理店制度を理解…
    ビジネスを行う上で、自社の営業部隊が商品・サービスを販売するのは当たり前の方法ですが、それだけではなかなか拡販できません。 マーケティングにおいて要となる販路拡大を目指す時におススメしたいのが、外部への委託、つまり代理店制度の利用です。 代理店にはどんなメリット・デメリットがあるのかをご紹介します。 代理店制度のメリットは、「自社の営業部隊を用意することなく、販路を一気に拡大できる」ことです。 デメリットは「代理店を100%コントロールすることはできない」「販売ノウハウが自社に蓄積されない」ことです。 代理店制度のメリット・デメリットと代理店の種類について詳しく解説します。
  • 法人営業における「BANT情報」をうまく活用して成約…
    前回の記事でB to B 営業(法人営業)における営業ヒアリングフレームワーク「BANT情報」についてお話ししました。 では、実際BANT情報を上手く活用するにはどうすればいいのか。 今回は、具体的な実践方法についてお伝えします。
  • 商談イメージ
    ビジネスパーソンは“見た目”“見え方”などの第一印象…
    ビジネスを展開していく上で、ビジネスパーソンが“見た目”“見え方”を意識するのは非常に重要なことです。 特に、初対面の印象は重要であり、それによって後の成約率も変わってきます。 しかしながら、ビジネスパーソンの中には、初対面での印象を意識せずにお客様との初商談を迎えるなど、事前準備を疎かにする方もいます。 今回は第一印象の重要性と、印象を良くする方法についてご説明します。
  • 見直そう、会社の財布!経費節約について
    事業経営において、まず最優先で取り組むべきアクションが売上アップです。 しかし、売上を上げたとしても、コスト・経費がかさみ、利益率が悪かったらもったいないですよね。 多くの企業様、個人事業主様のマーケティング・経営支援をしていますが、売上を上げているお客様ほどコスト・経費に目が行き届かず、利益率があまり良くないというケースが多いです。 では、コスト・経費を削減するにはどうすればいいのでしょうか。
  • DMの基本~実施後の効果分析編~
    今まで実施したダイレクトメールの効果を、皆さんは把握していますか?「だいだいこのくらいの反応があったな」と感覚値で把握しているだけ、という方はいらっしゃいませんか。 今回は、ダイレクトメールの効果分析の方法についてご説明します。 実施後に効果分析を行うことで、ダイレクトメールの費用対効果について知ることができます。反響の良かったダイレクトメールはどこが良かったのか。悪かったダイレクトメールはどこを改善すれば良いのか。あらためて内容やクリエイティブを見直す機会にもなりますので、効果分析は必ず行いましょう。
メルマガ登録者数1万以上 セミナー情報をいち早くお届け
CRMって何?クロスセル?気になるワードをチェック!販売促進に関する用語集
お役立ち資料 開くお役立ち資料 閉じる
PAGE TOP