お客様を夢中にさせる接客術とは

消費者がさまざまな方法で商品を購入できるようになった現代。
商品の魅力だけでお客様に選ばれるのは、難しい時代になりました。

 

そこでカギとなるのが、商品を販売する「人」のチカラです。
ただ販売をするだけではなく、お客様の心を動かし、ファンになっていただけるような接客サービスができれば、継続的なリピート購入が期待できます。

口コミを発生させる、感動体験

宣伝・営業をせずとも、お客様の方から集まっていただくことがいちばん望ましいのですが、そこで力を発揮してくれるのが「口コミ」です。

 

思わず人に薦めたくなるほど、すばらしい商品・サービス。

 

そこには、お客様の「感動体験」が存在します。
期待通りのサービスを受けたお客様の気持ちは「感謝」に留まります。

 

例えば、レストランで食事をし、期待通りの味であれば「美味しかった。ありがとう」とお金を払ってくださる、ということです。

 

これが期待以上であれば「感激」に高まります。
「美味しいだけでなく、接客も丁寧。また来たい!」と思っていただけるレベルです。

 

さらに、お客様が予想もしないほど、素晴らしいサービスができれば、それを「感動体験」にまで高めることができます。

 

「美味しく、接客も丁寧。さらにお土産のサービスまであり、帰りは店外まで見送ってくれた!ぜひまた来たい!この店を誰かに薦めたい!」と、人に紹介したくなるレベルです。

 

つまり、口コミを発生させるためには、お客様の心を大きく動かし「感動体験」になるほどの接客ができれば良い、ということです。

お客様の感動パターンを知る

お客様の「感動」には2種類あります。

 

ひとつは、心に「じーん!」と響く感動。

 

接客スタッフの思いやり、真心、気遣いが、お客様の心に響いたときの感動です。

 

寒い日に温かいおしぼりを出す、好みのメニューを覚えている、来店の御礼状に当日交わした会話のことが書いてある、といったこまやかな気配りがこれに当たります。

 

もうひとつは、「わぁー!」と驚くほどの感動です。

 

お客様が予想だにしないような目新しさや斬新さ、遊び心に、お客様の心がわくわくするような感動です。

 

例えば、こんなケースです。

 

レストランにお子様連れの夫婦が来店。
子供がぐずりだし、やがて大きな声で泣きだしてしまい、なかなか泣き止まない。
両親も周囲の目が気になり、困っていたところ、駆け付けた店員が「ちょっと、見ていてね」と子供の目の前でナプキンを折り、うさぎを作って子供にプレゼント。

 

とっさにこんな機転をきかすことのできるスタッフがいたら、素敵ですね。

お客様の心を動かす感動サプライズとは

期待を大きく上回る「予想外のサービス」が、お客様の心を動かします。

 

「思ってもみない程、素晴らしかった!」「予想だにしないような驚きがあった!」と感じていただけるレベルです。

 

「予想外」という言葉は「サプライズ」と言い換えることもできます。
お客様が驚いてしまうほど、意外性のある素晴らしさです。

 

この「サプライズ」を、接客する側のアイデアで生み出してみてはいかがでしょうか。

 

例えば、常識の逆をいく、というアイデア。
その業界では常識とされていることの敢えて逆をいってみることで、お客様にうれしいサプライズを提供します。

 

例えば、以下のようなアイデアです。

 

・女性客対象の物を、男性客に提供する

・店内で販売しているものを、ワゴンを出して店外で販売する

・大人向けのものを、子供に販売する

・DMハガキを、手書きの手紙にしてみる

・固定メニューのあるお店を、オーダーメイドにする

 

ぜひ、自分の業界の常識を洗いだし、そこに無い「サプライズ」を考えてみてください。

まとめ

◆お客様は、接客における感動体験をすると、人に話をしたり薦めたりしたくなる。これが、口コミの発生する仕組みである。

 

◆お客様の感動には2種類ある。ひとつは、真心、思いやり、気遣いといった心が温かくなる感動。もうひとつは、目新しさ、斬新さ、遊び心といったワクワクする感動。常に、どちらかの視点を持つことが大事。

 

◆お客様に感動サプライズを提供するには、常識の逆をやってみる。そのためには、自分たちの業界の常識を洗い出すことが必要。

The following two tabs change content below.
樋口 智香子
接客販売コンサルタント。 元資生堂ビューティコンサルタント。心理学とマナーを掛け合わせた接客マナーの専門家。キッザニア東京へ転職後は丁寧な接客を称賛され、優秀スーパーバイザー賞を受賞。全国120箇所からセミナー招致され、指導人数は延べ5000人以上。大手有名企業・全国自治体から多数の依頼を受け、97%が「満足」という高評価。   ホームページ : http://www.nanairostyle.jp/   Facebook : https://www.facebook.com/chikako.higuchi.5
樋口 智香子

樋口 智香子の最新記事 (記事一覧を見る)

続きを読む
セミナー開催情報
【初心者向け】リピーターを増やす!ニュースレター作成セミナー
日程:2018年3月14日(水)
時間:15時~17時
定員:15名
リピート集客のキモであるニュースレターの重要性と効果を事例をもとに紹介し、実際に簡単なニュースレター作成まで行うワーク型セミナーです。
続きを読む
集客や販促方法でお悩みの方へ 販促に関する無料相談実施中! 地域情報に詳しい担当が、御社にご訪問して集客課題を伺います!詳しくはこちら
CRMって何?クロスセル?気になるワードをチェック!販売促進に関する用語集
  • 売上につながる重要顧客の探し方①~デシル分析とは~
    お店の売上を底上げしてくれる「お得意さん」を肌感覚で判断していませんか?
  • ターゲット顧客の選定について|経営戦略・計画編
    マーケティング戦略を練る上で、商品を購入してくれるターゲット顧客を明らかにすることは大切なことです。 ドラッカーに、次のような言葉があります。 「マーケティングの狙いは、顧客というものをよく知って理解し、製品が顧客にぴったりと合って、ひとりでに売れてしまうようにすること」 『マネジメント』(1970年、ダイヤモンド社) 「どのような 価値を提供すればターゲット市場のニーズを満たせるかを探り、その価値を生み出し、顧客に届け、そこから利益を上げること」 『コトラーの戦略的マーケティング』(2000年、ダイヤモンド社)
  • 【美容室・サロン向け】売上アップにつなげる人材教育
    売上を上げる大事な要素の一つが“人材”。 「あのお店のスタッフはみんな親切でとても良い」 そんな評判が立つようになったら、お店のファンは増え、リピーター率も上がり、売上向上にもつながるでしょう。 では、そんな人材を育成するには、どのようなことに気をつければよいのか。 ここでは、売上を上げるために重要な“人材教育”についてお伝えします。
  • お客様の声を集めて、商品・サービスの質を高めよう
    商品を買う際、あなたは何を重視して購入を決めますか? 商品の仕様、料金、デザインなどいろいろあると思いますが、その中でも大きな役割を果たすのが“お客様の声”ではないでしょうか。 数百円の物ならまだしも、高額の商品・サービスを購入する際は、失敗は避けたいですよね。 そんな消費者心理に応えるためにも、ホームページやチラシには、ぜひお客様の声を掲載するようにしましょう!
  • お店のポジショニングを確かめて、売上競争を勝ち抜こう
    ポジショニングとは、店のサービスがお客様に「どういう時に使えるものと思われているか」ということ。それが売れる内容なのかどうかを確認することが、周辺の店舗やサービスとの競争で優位に立つために重要な要素です。毎月とは言いませんが、年に2~4回は、自社のポジショニング戦略を行い、サービスの改善につなげてみてはいかがでしょうか。
PAGE TOP