駅商圏分析センター ~千葉駅編~

○○駅周辺はオシャレなお店が沢山あり、若い人が多い
△△駅周辺はビジネスマンの街
××駅周辺は学校が多く学生の街

等、みなさんそれぞれが「駅のイメージ」というものを持っていることと思います。

 

このシリーズでは、国勢調査や推計年収などの数値データから駅商圏の実態を分析していきます。駅周辺を利用する人(イメージ)と、そこに住んでいる人(実態)、ひょっとしたらその属性は違うかもしれません。

 

第1回の今回は千葉県の県庁所在地である千葉市より、JR千葉駅周辺を分析してみましょう。

円商圏

前提としてJR千葉駅から
① 半径1km圏
② 半径1~3km圏
③ 半径3~5km圏を分析します
※基準値…千葉県平均

 

306

JR千葉駅では中央・総武線各駅停車、総武快速線、総武本線、成田線、外房線、内房線を利用することができ、京成千葉線や千葉都市モノレールの駅も隣接しています。

 

1~3km圏

西千葉駅が商圏に含まれます。

 

3~5km圏

都賀駅や蘇我駅等が商圏に含まれます。

 

居住人口

 

1km圏、1~3km圏

20・30歳代が多いエリアです。

 

3~5km圏

60歳代の比率が高いエリアです。

 

千葉駅から離れるに従い、年齢層が高くなる傾向にあります。

世帯人員

1km圏

1人世帯が54%と基準値を大きく上回っています。

 

1~3km圏、3~5km圏

千葉駅から離れるにつれ、1人世帯の割合は減少し、逆に2人以上のファミリー世帯の比率が高まります。

住居

1km圏

民営の借家が44%を占めています。1人世帯が多いことと相関関係があるようです。

 

1~3km圏、3~5km圏

公営・公社の借家が基準値の2.5倍前後と多いエリアです。

 

持ち家はそれぞれ基準値を下回る結果となっています。

収入

平均年収は、千葉駅から離れるに従い、基準値に近づく傾向にあります。

1km圏の平均年収が低いのは、1人世帯が多いことが影響しているようです。

※年収→世帯年収

将来人口

いちばん右の平成52年を見ると、1~3km圏は平成22年より人口が増えている予測となります。

1km圏はほぼ横ばい、3~5km圏は平成32年を境に減少の一途をたどると予測されます。

 

 

※年代別

昼間人口

夜間に対する昼間人口の割合です。

 

1km圏

昼間人口が大きく増加します。

 

千葉県平均と比較してもその人口変動比率は大きく、この地域に通勤・通学している人が多いことが分かります。

まとめ

1km圏は、1人当たりの小売業売場面積が千葉県平均と比べて10.29倍、人口に対する小売業以外の従業者数の割合は千葉県平均と比べて12.76倍であることから「ビジネス立地」と位置付けられます。

 

千葉県平均に比べて第二次産業従業者数の比率が低く、事業所当たり従業者数が多い大規模な企業が立地するエリアであることが特徴です。

 

 

【分析ソリューション】株式会社パスコ マーケットプランナーGIS
【出典】出典:平成22年国勢調査、平成22年昼間人口、平成27-52年将来推計人口、平成25年年収別推計世帯数、平成24年経済センサス(以上、各500mメッシュ集計)および平成19年商業統計(1kmメッシュ集計)より

続きを読む
続きを読む
セミナー開催情報
来店きっかけを増やして売上UP!
立地に合わせた店舗集客セミナー
日程:2017年8月2日(水)
時間:15時~17時
定員:15名
店舗経営において重要といわれる「立地」。既に店舗がある場合にはどうしようもないと諦めてはいませんか?しかし、既存店舗であっても、店舗の立地を知ることで売上をあげることは十分に可能です。本セミナーでは、店舗の立地をみるうえで重要な3つの視点についてお伝えするとともに、実際の改善事例をご紹介していきます。また、自店の改善事例を実際に考える時間も設けているので、すぐに役立つ改善策をお話しします。
集客や販促方法でお悩みの方へ 販促に関する無料相談実施中! 地域情報に詳しい担当が、御社にご訪問して集客課題を伺います!詳しくはこちら
PAGE TOP