東京都の市別ランキング

 

東京都のベットタウン「市部」に焦点を絞ったランキングを発表!

 

「年代」や「年収」などが多い上位7エリアをランキング形式でご紹介!地域ごとの特徴をつかんで、商品改良やサービス向上、次の出店エリア選定にご活用ください!

 

 

ランキング内容

・人口

・5歳以下の割合

・65歳以上の割合

・世帯年収1,000万円以上の割合

・一人暮らしの割合

・5人以上で暮らす世帯の割合 

・持ち家の割合 

・賃貸の割合

 

※東京都内の市数 = 26地区でのランキング

人口ランキング

306

1位 八王子市 579,369人

2位 町田市 427,099人

3位 府中市 255,184人

4位 調布市 223,228人

5位 西東京市 196,686人

6位 小平市 186,988人

7位 三鷹市 186,299人

 

人口では八王子市が堂々の第1位。

面積と人口が圧倒的に大きい八王子。

大学も多く、学生が多く集まる街としても有名です。

5歳以下の割合

1位 武蔵村山市  6.07% (70,384人中、4,274人)

2位 稲城市 6.04% (84,939人中、5,127人)

3位 東大和市 5.53% (83,234人中、4,600人)

4位 府中市 5.31% (255,184人中、13,560人)

5位 羽村市 5.27% (56,954人中、3,002人)

6位 あきる野市 5.23% (81,545人中、4,266人)

7位 町田市 5.07% (427,099人中、21,650人)

 

第1位の武蔵村山市は、2007年に大型イオンモールができた子育てエリア。

5歳以下の小さいお子さんの割合が多いエリアは、教育や子育て関連の商材の販売に最適。

若い夫婦も多いので、住宅や保険関連の告知も効果的なエリアです。

65歳以上の割合

1位 清瀬市 24.78% (73,978人中、18,334人)

2位 あきる野市 23.71% (81,545人中、19,333人)

3位 東久留米市 23.41% (116,817人中、27,345人)

4位 青梅市 23.14% (139,071人中、6,391人)

5位 東村山市 22.35% (153,358人中、7,667人)

6位 東大和市 21.74% (83,234人中、4,600人)

7位 狛江市 21.56% (78,724人中、3,293人)

 

高齢者が多いエリアは、清瀬市が第1位。

閑静な住宅街が多く、福祉施設や介護施設が充実している町としても有名。

西部の市が多くランクインしました。

世帯年収1,000万円以上の割合

1位 武蔵野市 13.6% (71234世帯中、9685世帯)

2位 小金井市 12.77% (57813世帯中、7380世帯)

3位 国分寺市 12.46% (57724世帯中、7190世帯)

4位 稲城市 11.46% (34903世帯中、4000世帯)

5位 三鷹市 11.18% (90319世帯中、10097世帯)

6位 国立市 10.43% (35741世帯中、3729世帯)

7位 町田市 9.27% (180207世帯中、16711世帯)

 

中央線や京王線沿線のエリアが多くランクイン。

都内へのアクセスの良さと、静かな住環境がそろっている地域には、年収の高い家庭が多いようです。

一人暮らしの割合

1位 武蔵野市 50.02% (71,234世帯中、35,628世帯)

2位 狛江市 46.84% (39,154世帯中、18,341世帯)

3位 小金井市 46.33% (57,813世帯中、26,783世帯)

4位 三鷹市 45.78% (90,319世帯中、41,352世帯)

5位 調布市 44.9% (107,744世帯中、48,375世帯)

6位 国分寺市 44.42% (57,724世帯中、25,639世帯)

7位 国立市 43.97% (35,741世帯中、15,715世帯)

 

「5歳以下」「世帯年収1,000」に続き、ここでも武蔵野市が1位を獲得しました。

ファミリー層だけでなく、一人暮らしの人にとっても魅力のあふれる街のようです。

5人以上で暮らす世帯の割合

1位 あきる野市 9.61% (29,693世帯中、2,854世帯)

2位 青梅市 8.04% (52,443世帯中、4,215世帯)

3位 武蔵村山市 7.76% (26,940世帯中、2,091世帯)

4位 羽村市 6.23% (23,416世帯中、1,459世帯)

5位 東大和市 6.23% (33,719世帯中、2,101世帯)

6位 八王子市 5.49% (249,588世帯中、13,712世帯)

7位 昭島市 5.46% (47,335世帯中、2,584世帯)

 

大人数で暮らす人の割合が多いエリアは、あきる野市が第1位。

第2位の青梅市と共に、奥多摩の山に近いエリアが上位に入りました。

持ち家の割合

1位 あきる野市 74.26 2969% (世帯中、22049世帯)

2位 青梅市 68.58% (52443世帯中、35968世帯)

3位 武蔵村山市 60.33% (26940世帯中、16252世帯)

4位 東大和市 58.77% (33719世帯中、19815世帯)

5位 東村山市 56.86% (63902世帯中、36333世帯)

6位 羽村市 55.8% (23416世帯中、13066世帯)

7位 町田市 55.5% (180207世帯中、100020世帯)

 

上位ベスト3位は5人以上で暮らすエリアと同じ結果に。

居住年数も長く、古くから住んでいる世帯が多いエリアです。

賃貸の割合

※公営公社の等の借家、民営の借家、給与住宅の数を合算して算出。

 

1位 武蔵野市 53.74% (71234世帯中、38279世帯)

2位 国立市 53.66% (35741世帯中、19179世帯)

3位 福生市 53.44% (26896世帯中、14372世帯)

4位 小金井市 53.42% (57813世帯中、30881世帯)

5位 調布市 53.41% (107744世帯中、57543世帯)

6位 三鷹市 52.83% (90319世帯中、47714世帯)

7位 狛江市 51.59% (39154世帯中、20200世帯)

 

ここでも武蔵野市が第1位。

なんと4部門で1位になりました。

2位の国立市は市内や近隣エリアに大学も多く、上京して暮らしている学生がたくさん住むエリアです。

まとめ

東京都西部の市エリアにお店のターゲットが多そうなエリアは見つかりましたか?都内の区エリアだけでなく、ベットタウンエリアと呼ばれる市にも商売のチャンスはたくさんあるはずです。ぜひ市を拠点に商売をされる時の参考にしてください。

 

尚、千葉県や埼玉県内それぞれの地域について詳しく解説している資料を、株式会社地域新聞社が公開しています。各市区のレポートをまとめているので、ぜひご参照ください。

※一部地域のみ

 

 

【市区町村別商圏分析データ】

http://chiikinews.co.jp/published/area/#sec01

出典:株式会社地域新聞社ホームページ内

 

※年収以外は、平成22年の国勢調査より算出。

※年収は平成25年の年収推計世帯数より算出。

The following two tabs change content below.
川上辰夫
株式会社地域新聞社マーケティング部 「販促の大学」の企画責任者。 2011年に入社し、広告の営業として千葉県柏市内を担当。 2015年に発足した広告効果プロジェクトを通して、社内の広告力提案向上のための社員向け勉強会を企画。そのプロジェクトでの経験を生かし、「販促の大学」の立ち上げを行った。

続きを読む
続きを読む
集客や販促方法でお悩みの方へ 販促に関する無料相談実施中! 地域情報に詳しい担当が、御社にご訪問して集客課題を伺います!詳しくはこちら
セミナー開催情報
リピーターを増やす! 「LINE@×広告」活用セミナー
日程:2017年10月25日(水)
時間:15時~17時
定員:15名
コミュニケーションアプリとして多くの方に利用されている「LINE」を使い、リピーターを更に増やしませんか?LINE@導入に興味がある方向けに、実際の導入事例や友だち獲得の方法、サービス概要まで詳しくご説明いたします。
CRMって何?クロスセル?気になるワードをチェック!販売促進に関する用語集
  • 駅商圏分析センター ~八千代台駅編~
    ○○駅周辺はオシャレなお店が沢山あり、若い人が多い △△駅周辺はビジネスマンの街 ××駅周辺は学校が多く学生の街 等、みなさんそれぞれが「駅のイメージ」というものを持っていることと思います。 このシリーズでは、国勢調査や推計年収などの数値データから駅商圏の実態を分析していきます。駅周辺を利用する人(イメージ)と、そこに住んでいる人(実態)、ひょっとしたらその属性は違うかもしれません。 第4回は、日本における「住宅団地発祥の地(八千代台団地)」という歴史を持つ八千代市にフォーカスします。千葉県内最大規模の花見川団地(千葉市花見川区)至近の八千代台エリアは高齢化が進み、また発展著しい東葉高速線沿線エリアは若い層の人口が増加、と鉄道沿線の違いによって異なる特徴があります。今回は商業地としても成熟している街、八千代台駅を中心としたエリアを分析してみましょう。
  • 駅商圏分析センター ~千葉ニュータウン中央駅編~
    ○○駅周辺はオシャレなお店がたくさんあり、若い人が多い △△駅周辺はビジネスマンの街 ××駅周辺は学校が多く学生の街 等、みなさんそれぞれが「駅のイメージ」というものを持っていることと思います。 このシリーズでは、国勢調査や推計年収などの数値データから駅商圏の実態を分析していきます。駅周辺を利用する人(イメージ)と、そこに住んでいる人(実態)、ひょっとしたらその属性は違うかもしれません。 第3回は全国自治体「住みよさランキング」(東洋経済新報社)で、なんと2012年以来5年連続で総合評価1位に輝いた印西市の中心、千葉ニュータウン中央駅周辺を分析してみましょう。
  • 埼玉県の市区町村ランキング
    埼玉県内で「年代」や「年収」などが多い上位7市区町村をランキング形式で発表!項目別に地域の特徴をつかんで、商品改良やサービス向上、次の出店エリア選定にご活用ください!
  • 「商圏」の考え方 基本の「キ」
    店舗の商圏を把握することは、販促を考える上で重要な要素の一つです。しかし単に商圏といっても、店舗を取り巻く環境や立地で考え方は様々であり、一概にはいえません。今回は商圏の考え方についての、基本の「キ」を解説します。
  • 商圏設定のキホンとは?
    商圏はまず「リピーター獲得につながる範囲かどうか」を考えましょう。
PAGE TOP