新年度!春は新規顧客獲得のチャンスがいっぱい!

公開

新年度を迎える春先は、転勤や進学などを機に新生活を始める人が増える時期です。

店舗側は新規顧客を獲得するチャンスでもあります。

新規顧客を獲得するためには、新年度の応援やお得感をアピールすることが効果的でしょう。

 

今回は、新年度の初めに新規顧客を獲得するチャンスが多い理由や、顧客獲得の施策例を紹介します。

 

【目次】

1. 新年度の初めに新規顧客を獲得するチャンスが多い理由
2. 新年度の初めに新規顧客を獲得するメリット
3. 新年度向け顧客獲得に効果的な施策
4. まとめ

新年度の初めに新規顧客を獲得するチャンスが多い理由

新年度を迎える春先は、新規顧客を獲得するチャンスがいくつも潜んでいます。

 

春は入社や転勤、進学などをきっかけに新生活を始める人が多く、これまでとは異なる顧客に訴求できます。

引っ越しをして新生活を始める顧客は、生活に必要な商品・サービスをゼロから探さなければなりません。

スーパー、雑貨店、クリーニング店、飲食店など、生活関連のビジネスは特に新規顧客獲得の可能性が高まります。

 

これまで足を運んでくれなかった地元の潜在顧客も、新年度で生活スタイルが変わるケースも多いため、新しく店舗に呼び込みやすい時期です。

新年度の初めに新規顧客を獲得するメリット

新年度の初めに新規顧客を獲得すれば、さまざまな効果が期待できます。

 

特に飲食、衣服・ファッション、趣味・娯楽といった商品・サービスは、年に1、2回ではなく、毎月あるいは数日おきに必要とされるビジネスです。

一度足を運んで満足度が高ければ、その後も来店が習慣化し、リピート客として囲い込める可能性があります。

 

早い段階で顧客を獲得すれば、同じく新生活を始める周辺人物にも口コミで紹介してくれる可能性もあるでしょう。

新年度向け顧客獲得に効果的な施策

新年度の初めに新規顧客を獲得すると後の囲い込み効果も期待できるため、ぜひ集客に向けた施策を打ちたい時期です。

ここでは、新規獲得からリピート化に向けた施策の具体例を紹介します。

 

◆新規顧客の獲得施策

新規顧客を獲得する施策としては、新規向けのプロモーションやキャンペーンが有効です。

 

プロモーションには店頭ポスターや店先ののぼり、クーポンの配布など、さまざまな施策があります。

その土地で新生活を迎えるにあたって、まだその店舗に訪れたことがない潜在顧客が目にする可能性を意識して、商品・サービスの魅力や価格などの情報をわかりやすく伝えましょう。

 

キャンペーンとしては、割引特典やプレゼント、セット商品などがあります。

「お引っ越し祝い」「新生活応援」といった、ターゲットを明確にした文言も有効です。

新生活を始める顧客に向けて、しっかりとお得感を打ち出して訴求しましょう。

 

 

◆リピート化向けの施策

顧客囲い込みのためには、新規顧客の獲得だけでなく、リピート化に向けた施策も重要です。

新年度の初めに獲得した顧客のリピート化に成功すれば、安定的な収益の確保につながります。

そのため、新規顧客の獲得と同じように力を入れましょう。

 

リピート客獲得の施策としては、次回に利用できるクーポンやチラシの配布、次回の予約日の設定といった手法があります。

 

 

◆販促・広告の活用

新年度の初めはキャンペーンなどで新しい顧客を獲得するチャンスですが、競合店舗も同じように力を入れている時期でもあります。

キャンペーンを行っていたとしても、顧客に気づいてもらえない可能性もあるでしょう。

「よいサービスを実施しているので来てくれるだろう」という待ちの姿勢ではなく、販促プロモーションや広告といった施策も効果的です。

 

新たに引っ越してきた地域顧客をターゲットにする商圏ビジネスの場合には、ポスティング折込チラシなどが有効です。スタンプやポイントカードの特典をチラシやカードに明記して、再度来店するメリットを理解してもらうことも有効です。

再来店のきっかけとして、開催予定のイベントを提示する手法もあるでしょう。

 

まとめ

新年度の初めは生活スタイルの変化などで、新規顧客を獲得するチャンスがたくさんあります。

キャンペーンや広告などを組み合わせながら、効果的に顧客を獲得しましょう。

 
 

The following two tabs change content below.
金村 勇秀
株式会社ベストエフォートマーケティング 代表取締役。 東京理科大学大学院卒業後、外資系企業にてマーケティング職、国内・海外営業職に従事。2011年4月に株式会社ベストエフォートマーケティング代表取締役就任。 “WEBを起点としてビジネスを発展させる”をキーワードに、WEBサイト制作、WEBマーケティング、営業コストを抑えて売り上げを上げていく効率的なマーケティング手法、営業手法などを提案。海外のグローバル企業、上場企業、中小企業、ベンチャー企業等200社以上の企業の営業マーケティング支援実績。 2018年2月美容室2店舗を運営する株式会社HARU 代表取締役および船橋店責任者に就任。ホームページ:https://besteffortmarketing.co.jp/ 株式会社HARUホームページ:https://bh-haru.com/ 株式会社HARU船橋店ホームページ:https://bh-haru.com/funabashi/ Facebook : https://www.facebook.com/yushukanemura

■おすすめの関連コラム

  1. リードナーチャリングとは?顧客を育成する手法について徹底解説

    リードナーチャリングという言葉をご存知ですか?リードナーチャリングを行うことで、今まで購入に至っ...
  2. テイクアウトイメージ

    テイクアウトで売上アップ!イベント時にオススメの売り方・販促をご紹介

    イベントのときは、普段と違う人の流れやニーズが生まれます。テイクアウトは便利さや商品力を売りに、...
  3. 【集客・販促のきっかけにも!】人気のワークショップで競合店と差をつける!

    ワークショップは、それ自体が商品になるだけではなく、集客・販促のきっかけとしても有効な手段です。...
  4. 屋台イメージ

    【実店舗以外での販売促進!】屋台のメリットについてご紹介

    屋台は自由度が高い販売促進の方法です。夏祭りなどの集客力があるイベントに便乗できるなど、実店舗以...
  5. 新規顧客を獲得して増やすには?集客方法と販促の手法をご紹介!

    新規顧客を安定的に獲得する集客方法についてご説明します。集客のターゲットには大きく分けて「新規」...
  6. 店舗周辺からご近所の新規顧客 集客方法

    店舗商売の基本は、近隣のお客様を集めること。「近くにあるから」という理由だけでリピーターになって...

PAGE NAVI

続きを読む
記事を検索
メルマガ登録者数1万以上 セミナー情報をいち早くお届け
ご提案無料 ウィズコロナ時代に合わせて販促の「見直し」してみませんか?まずはお問い合わせください。
  • 【サロン向け】〜美容商品が売れるサロンの秘密〜
    美容商品の売り上げを上げるためには?世の中にたくさんある美容商品。「これは良い商品だから、ぜひ使ってもらいたい!」とサロンにいろいろと陳列している方もいると思います。しかし、ただ棚に並べただけでは、お客様は購入してくれません。では、どのようにすれば商品は売れるのでしょうか?
  • 知っておきたい『入管法改正』のこと
    最近あった法令の大改正の背景を、一回目は食品衛生法について、二回目は宿泊業関連の法律について、書かせていただきました。三回目は今年の4月に施行された改正入管法について考えてみます。過去二回もそうですが、直接業務で関わる方に向けてではなく、最近話題の法令改正の考え方を、直接業務に関わらない方向けになるべく分かりやすく解説させていただきます。
  • 地域新聞社の裏側を公開 ~自己紹介型の名刺について~
    どこの会社にも独自の社内制度やユニークな取り組みがありますよね。今回は地域新聞社が取り入れている自己紹介型の名刺についてご紹介します。名刺を上手く活用して、しっかりと企業アピールや自己PRを行いましょう。
  • 【受付終了】集客・売上アップにピッタリ!小規模事業者…
    「周囲にライバル店が増えているので、何か手を打ちたい」「新店舗を出すので既存顧客にDMを送りたい」「ホームページが古くなってしまい、問い合わせがほとんどない」「売上げが頭打ち。新しい取引先を開拓したい」「店を改装し、イメージを一新したい」「ブランディングについて専門家のアドバイスが欲しい」このような悩みや課題、計画をお持ちではありませんか。個人事業・小規模事業者の皆さんの味方となり、売上アップや新規顧客の獲得などの取り組みを応援してくれるのが「小規模事業者持続化補助金」です。日本全国の個人事業・小規模事業者に活用され、実に96%もの皆さんに売上げアップの効果が出ている「小規模事業者持続化補助金」が、今年も実施されます。「小規模事業者持続化補助金」を活用して、悩みや課題を解決し、計画を実行しましょう!
  • ユニークな社内制度を取り入れて従業員のモチベーション…
    最近では、独自の社内制度やユニークな取り組みを行っている企業が増えてきました。「購入制度」…何かを購入する際に補助金が出る制度 ゲーム制作会社の株式会社レベルファイブでは【ゲーム購入金補助制度】、ソフトウエア開発会社のChatwork株式会社では【最新デバイス購入支援制度】を取り入れています。それぞれ、単純にうれしいのはもちろん、自社製品の開発にも役立つ、一石二鳥の制度ですね。「復帰制度」…退職後、指定年数以内であれば復職できる制度 サイボウズ株式会社には【自分休暇制度】、株式会社croozには【CROOZ号乗船往復チケット】があり、退職した企業に再度戻ることができます。このように、ユニークな社内制度があるというだけで、その企業に興味が湧いてきますよね。また、実際に働いてる従業員も面白い社内制度のおかげで、モチベーションが上がったり働きがいが高まるでしょう。当サイト、販促の大学の運営会社である株式会社地域新聞社では、2008年より「ありがとうカード制度」という取り組みを導入しています(インセンティブ制度の一種)。他にもユニークな制度として、社員の心身のリフレッシュと能力向上を目的とした【カフェテリアプラン】があります。今回は制度導入後10年以上が経過した、「ありがとうカード制度」についてご紹介いたします。
CRMって何?クロスセル?気になるワードをチェック!販売促進に関する用語集
お役立ち資料 開くお役立ち資料 閉じる
PAGE TOP