【実店舗以外での販売促進!】屋台のメリットについてご紹介

公開
屋台イメージ

屋台は自由度が高い販売促進の方法です。
夏祭りなどの集客力があるイベントに便乗できるなど、実店舗以外の集客手段を確保できるというメリットがあります。

また、短期・長期を問わず、設備投資のコストを抑えられるため、高い利益率を実現することも可能でしょう。

 

今回は、屋台の基礎知識やメリット、注意すべきポイントを紹介します。

 

【目次】
1.屋台営業とは?基礎知識を簡単に解説
2.屋台営業の3つのメリット
3.屋台で気を付けたいこと

4.まとめ

屋台営業とは?基礎知識を簡単に解説

いわゆる「屋台」には、主に2つのパターンがあります。

 

 

1つ目は、縁日、お祭り、花火大会といったイベントで、食品・飲料品などを売るために一時的に出店する形態です。
設備は屋根付きのタイプで、自治体によって「臨時出店」「臨時営業」などと呼ばれます。

一般的な「出店」のイメージで、提供する品は焼きそばや綿あめなどさまざまです。

 

 

2つ目は、営業時間内は固定の場所で営業し、時間外は所定の駐車場に停めておくという移動可能な屋台型軽車両で、長期間の営業も可能な形式です。
福岡市屋台基本条例では、これが屋台の定義として定められており、ラーメンや焼き鳥などさまざまな種類があります。

屋台営業の3つのメリット

屋台営業のメリットのうち、コスト面、営業の柔軟性、売上アップのチャンスという3つの点について紹介します。

 

 

設備投資・運営コストが抑えられる

 

屋台営業は、実店舗と比べて初期投資や運営コストを抑えることができます。
実店舗であれば、テナント料が毎月数十万円かかったり、調理設備に数百万円が必要になったりするケースも珍しくありません。
大きな規模で営業する場合は、スタッフの人件費がかかります。飲食店はFL比率(食材原価と人件費の合計の割合)が50%を切れば優秀といわれており、その中で利益を出し続けて投資を回収するには時間がかかるのも事実です。

一方、屋台であれば設備投資が百万円以下に抑えられることもあります。
また、規模次第では少人数で運営でき、人件費の節約も可能です。
メニューを絞れば食材原価も抑えられ、運営の効率化もできるでしょう。

 

 

営業の自由度が高い

 

屋台は設営、移動、撤去が容易なので、比較的営業の自由度が高いです。
実店舗は店内の改修や備品の用意に手間と費用がかかる上、いったん営業を開始したら移動・撤退するのは簡単ではありません。
一方、屋台は許可さえあればどこででも営業ができるため、そうした実店舗の欠点をカバーできます。

 

 

売上機会を増やせる

 

店舗以外での売り上げ機会が増えることもメリットの1つです。
例えば夏は縁日・祭礼、花火大会、盆踊り、歩行者天国など多くの出店機会があり、立て続けに屋台を展開することもできるでしょう。
強い集客力のイベントがある時季は、実店舗からの客が流れて集客に苦労する可能性がありますが、屋台を活用すれば逆に売上アップのチャンスにもなります。
さらに、屋台で認知を高めて実店舗への集客につなげるというシナジー効果も期待できるでしょう。

屋台で気を付けたいこと

屋台営業には自治体の営業許可が必要です。

 

基本的な流れは、保健所に事前相談をして衛生基準をチェック。
また、食品を提供する場合は「食品衛生責任者」あるいは「食品衛生管理者」を置き、屋台の図面や完成品などの検査を受け、その後営業許可が下りるという流れです。

 

ただし、許可の取り方や、取り扱いができるメニュー、可能な業態は自治体によって異なります。
例えば、先述した福岡市は屋台に関する条例がありますが、それ以外の自治体では屋台ではなく「臨時営業」と呼ばれるケースもあるように、自治体によってさまざまです。

 

必ず事前に所轄の自治体へ確認を取りましょう。

まとめ

屋台営業は投資金額が抑えられ、自由度も高い業態です。
集客力のあるイベントに出店すれば、実店舗と相乗効果で売上を伸ばせる可能性もあります。

 

参入障壁が低いのは競争が激しいということでもありますが、工夫とアイデア次第では高利益率も実現可能です。

 

【参考】東京都福祉保健局

 
 

The following two tabs change content below.
金村 勇秀
株式会社ベストエフォートマーケティング 代表取締役。 東京理科大学大学院卒業後、外資系企業にてマーケティング職、国内・海外営業職に従事。2011年4月に株式会社ベストエフォートマーケティング代表取締役就任。 “WEBを起点としてビジネスを発展させる”をキーワードに、WEBサイト制作、WEBマーケティング、営業コストを抑えて売り上げを上げていく効率的なマーケティング手法、営業手法などを提案。海外のグローバル企業、上場企業、中小企業、ベンチャー企業等200社以上の企業の営業マーケティング支援実績。 2018年2月美容室2店舗を運営する株式会社HARU 代表取締役および船橋店責任者に就任。ホームページ:https://besteffortmarketing.co.jp/ 株式会社HARUホームページ:https://bh-haru.com/ 株式会社HARU船橋店ホームページ:https://bh-haru.com/funabashi/ Facebook : https://www.facebook.com/yushukanemura

■おすすめの関連コラム

  1. 新年度!春は新規顧客獲得のチャンスがいっぱい!

    新年度を迎える春先は、転勤や進学などを機に新生活を始める人が増える時期です。 店舗側は新規顧客...
  2. リードナーチャリングとは?顧客を育成する手法について徹底解説

    リードナーチャリングという言葉をご存知ですか?リードナーチャリングを行うことで、今まで購入に至っ...
  3. テイクアウトイメージ

    テイクアウトで売上アップ!イベント時にオススメの売り方・販促をご紹介

    イベントのときは、普段と違う人の流れやニーズが生まれます。テイクアウトは便利さや商品力を売りに、...
  4. 【集客・販促のきっかけにも!】人気のワークショップで競合店と差をつける!

    ワークショップは、それ自体が商品になるだけではなく、集客・販促のきっかけとしても有効な手段です。...
  5. 新規顧客獲得のための集客方法と販促手法をご紹介!

    新規顧客を安定的に獲得する集客方法についてご説明します。集客のターゲットには大きく分けて「新規」...
  6. 店舗周辺からご近所の新規顧客 集客方法

    店舗商売の基本は、近隣のお客様を集めること。「近くにあるから」という理由だけでリピーターになって...

PAGE NAVI

続きを読む
記事を検索
  • シニアマーケティングとは?デジタルとアナログで団塊世…
    ますます高齢化が進む中、団塊世代をはじめとしたシニア層の取り込みは、多くの企業にとって重要課題の1つになりつつあります。 シニア層の顧客獲得に必要なのは、デジタルとアナログの両方のアプローチを活用する考え方です。 今回は、団塊世代を取り込むためのシニアマーケティングの考え方や、効果的な施策について解説します。
  • 自粛期間中どのようにして過ごしていますか?お家での過…
    「販促の大学」を運営している地域新聞社では、地域新聞社LINE公式アカウントにお友だち登録をしている方を対象に、アフターコロナ、withコロナに関する意識調査を行いました。回答件数は1,947人と、これまでで最多の回答数となりました。やはり関心が高い内容だといえます。経済や生活の不安はまだまだ続きますが、できることをやっていきましょう。本記事が貴社の経営や販促におけるヒントになれば幸いです。
  • リファーラルマーケティングを活用・実践してビジネスを…
    ビジネスにリファーラルを活用することには多くのメリットがあります。今回はリファーラルマーケティングについて解説します。リファーラル(referral)とは、「紹介・推薦」という意味です。リファーラルマーケティングとは、「紹介・推薦」をマーケティング戦略として活用・実践することです。
  • 商売繁盛にご利益がある寺社はどこ?~千葉県編~
    2017年も残すところあとわずか。今年はみなさんにとって、どんな年でしたか?よい1年だったという方も、そうでない方も、新年は気持ちを切り替えて仕事に励みたいですよね。そこで今回は、商売繁盛にご利益があるといわれている千葉県の寺社を紹介します。
  • お客様の声を集めて、商品・サービスの質を高めよう
    商品を買う際、あなたは何を重視して購入を決めますか? 商品の仕様、料金、デザインなどいろいろあると思いますが、その中でも大きな役割を果たすのが“お客様の声”ではないでしょうか。 数百円の物ならまだしも、高額の商品・サービスを購入する際は、失敗は避けたいですよね。 そんな消費者心理に応えるためにも、ホームページやチラシには、ぜひお客様の声を掲載するようにしましょう!
続きを読む
チラシのお届け方法をお探しの方へ
集客や販促方法でお悩みの方へ 販促に関する無料相談実施中! 地域情報に詳しい担当が、御社にご訪問して集客課題を伺います!詳しくはこちら
CRMって何?クロスセル?気になるワードをチェック!販売促進に関する用語集
お役立ち資料 開くお役立ち資料 閉じる
PAGE TOP