広告デザイナーに聞いた!効果の出る広告制作のポイント ~加圧スタジオOPEN広告~

公開

広告は、デザインの工夫次第で効果が大きく変わります。

 

そこで今回はプロの広告デザイナーに、効果の良かった広告をもとに、制作の現場で気を付けているポイントを聞いてみました。

 

自社広告の反応を良くするために、効果アップのヒントを現場から学んでみましょう!

 

【目次】
1.広告事例紹介
2.広告効果をアップするために、こだわったポイントは?
3.広告デザイン制作で、いつも気を付けていることは?
4.まとめ

・広告事例紹介

今回ご紹介するのは、こちらの広告。

 

■広告主詳細
・店名
加圧パーソナルトレーニング Body Design(ボディデザイン)様

 

・住所
千葉県八千代市緑が丘2丁目33-7

 

・URL
http://www.bodydesignmidorigaoka.jp/

 

・ジャンル
加圧トレーニング 整体 ジム

 

■広告詳細
・掲載メディア
ちいき新聞 東葉版(発行部数57,037部)
https://chiikinews.co.jp/

 

・掲載目的
オープン告知、会員募集

 

・ターゲット
主婦、女性、ダイエットしたい方

 

・掲載日
2017年11月24日

 

・広告サイズ
3段1/2サイズ(126mm × 102mm) 

 

■広告効果
・お問い合わせ件数
5件

 

・広告主のお言葉:
ちいき新聞からwebに誘導されて問い合わせが来たり、直接電話が来たりした。
40代・50代からのお問い合わせがあった。

 

126 mm × 102mmという名刺2枚ほどの限られた枠サイズの広告で、3件の反響が出たので、費用対効果がとても良かった広告事例です。限られた広告枠のスペースで、どのような工夫やこだわりを加えたのでしょうか。

プロのデザイナーに、それらのポイントを聞いてみました。

 

■取材協力
株式会社地域新聞社
編集・制作本部 制作1部 制作課
望月 紀歩さん

 

・広告効果をアップするために、こだわったポイントは?

大きく分けて2つあります。

 

【ポイント①】
この広告ではキャッチコピーのすぐ下に、どんな読者に来て欲しいのかを分かりやすく表記しています。

 

 

「主婦」だけでは具体性に欠け、読者に「自分は関係ないな」と思われがちです。しかし「産後の身体を引き締めたい」、「キッズスペースで子育てママも安心」と大きく並べて表記することで、的を絞った集客が期待できます。

 

また、写真は女性がトレーニングしている姿を使用しました。これにより自然にターゲットは女性であると表現できました。

 

【ポイント②】
2つ目は広告の目的です。
この広告を見て読者にどう行動してほしいのか?をはっきりさせています。

 

 

この広告の流れは、

キャッチコピーによる店名認知

電話でのお問い合わせ

無料体験

入会です。

 

優先順位に沿ってメリハリをつけ、大きく配置しています。全体的に見やすく分りやすいデザインを心がけて制作しました。

・広告デザイン制作で、いつも気を付けていることは?

読者目線でわかりやすいデザインを意識しています。上記にもありますが、ターゲット(対象となる読者)・伝えたいこと(読者側のメリット)・目的(読者にどう行動してほしいか)は常に考えています。

 

キャッチコピーを少し変えるだけでも効果UPに繋がるからです。

 

私は広告を作成するときに写真を多く使っています。
広告内に店内の様子や商品の写真を入れると印象が伝わりやすいので、フリー素材などのイメージ画像を入れるのではなく、実際に撮ってきたものを使用したいです。

 

また、広告に使用するメインカラーを変えるだけでも印象がガラリと変わるので、企業のイメージカラーや希望する色などはしっかり確認しておきたいです。

 

どんな商品を売りたいか?どんなサービスでどんな特典があるのか?をしっかり頭に入れ、厳選された内容をわかりやすくデザインし、効果の出る広告を制作していきたいです!

・まとめ 

「どんな人に来てほしいのか?」をはっきりさせる

ターゲットを設定したら、それをしっかりと伝えられるデザインにすることがポイント。

写真もネット上にある素材集を使うのではなく、できる限り撮影したものを使用することが、やはり重要なのだなと思います。

 

おいしい料理作るのと一緒で、広告も相手のことを想いながら、手間ひまかけて創ることが大切なんですね。

 

今回ご紹介したプロのデザイナーが意識しているポイントを参考に、広告反響アップのために「工夫」と「ひと手間」を加えてみてはいかがでしょうか。

 
 

The following two tabs change content below.
川上辰夫
株式会社地域新聞社マーケティング部 「販促の大学」の企画責任者。 2011年に入社し、広告の営業として千葉県柏市内を担当。 2015年に発足した広告効果プロジェクトを通して、社内の広告力提案向上のための社員向け勉強会を企画。そのプロジェクトでの経験を生かし、「販促の大学」の立ち上げを行った。

■おすすめの関連コラム

  1. デザインセンスとはどんなもの?センスを磨いて仕事に活かそう

    パワーポイントで作られた資料がとても見やすかったり、人が作った物の問題点を的確に指摘して、さらに...
  2. 広告デザイナーに聞いた!効果の出る広告制作のポイント ~畳屋さん~

    広告は、デザインの工夫次第で効果が大きく変わります。そこで今回はプロの広告デザイナーに、効果の良...

PAGE NAVI

続きを読む
記事を検索
メルマガ登録者数1万以上 セミナー情報をいち早くお届け
ご提案無料 ウィズコロナ時代に合わせて販促の「見直し」してみませんか?まずはお問い合わせください。
  • 業種別・業界別広告宣伝費(販促費)の売上比率・割合の…
    「業種別・業界別広告宣伝費(販促費)の売上比率・割合の平均」(https://hansokunodaigaku.com/koukoku_post/1414/)では、広告宣伝費の予算の立て方について、各業種・業界の一般的な売上に対する広告宣伝費の割合を参考にしながら予算を立てる方法の有効性についてお話ししました。 今回は「業種別・業界別広告宣伝費(販促費)の売上比率・割合の平均」の広告戦略編として、ストーリー性のある広告戦略についてご説明します。
  • 紙媒体広告だからこそ出来る!紙媒体広告の活用方法・メ…
    「もう紙メディアの広告は古い」と思われる方も多いでしょう。しかし本当にそうでしょうか。
  • 2019年4月の販促計画を立てる時のポイント
    4月は入園・入学、入社、異動など、新生活が始まる月。 また、総務省統計局の調査によると、教育費の支出が年間で一番高くなるのが4月です。 2019年の4月は平成最後の1カ月。「平成最後の」というキャッチコピーには消費者の行動を促す力があるので、平成最後のかけこみキャンペーンを企画してみてはいかがでしょうか。
  • メルマガをはじめる前に
    メールマガジンを発行することに興味をお持ちのあなたに!前回記事「メールマーケティングのススメ」で「メルマガ」についてご説明しました。 今回は、メールマガジン(メルマガ)を始める前に事前準備としてやっておきたいことを中心にお伝えします。 インターネット上の発信媒体であるメディアには、マーケティング的にいうと、「待ち」のメディアと「攻め」のメディアがあります。 「待ち」のメディアとは、ウェブサイトやブログ、TwitterやFacebookなど、自分の発信を見てもらえるかどうかは相手任せのメディアです。メルマガは「待ち」のメディアとは根本的に異なり、発信者側が情報を直接届けられる、インターネット上では「攻め」のマーケティングができる数少ないメディアのひとつです。
  • 2018年12月の販促計画を立てる時のポイント
    12月は年間を通して最も昼が短い時期。寒さもいよいよ本格的になります。冬のボーナスが支給され、お歳暮、クリスマス、新年の準備などで消費支出が最も増える月なので、キーワードに合わせた販促計画を立てましょう。 2018年の12月は暖冬が予測されているので、比較的外に出る機会が多い可能性があります。年末の行事に合わせた販促計画を事前に立てて、集客を成功させましょう。月間の販促計画作成に役立つポイントをまとめましたので、参考にしていただければと思います。
CRMって何?クロスセル?気になるワードをチェック!販売促進に関する用語集
お役立ち資料 開くお役立ち資料 閉じる
PAGE TOP