こんなときは漫画じゃダメ!?広告漫画のデメリット

前回、前々回と広告漫画のメリットや効果的な使い方をお伝えしてきたこのシリーズ。なんと今回はまさかのデメリット紹介!
「ここは広告漫画じゃないかも!?」というパターンとその解決法をこっそりお教えします。

 

【目次】

1.漫画にできる=広告漫画ではない

2.デメリット1:文章ほど細かくは伝えられない

3.デメリット2:ブランドイメージやターゲットにそぐわない場合がある

4.デメリット3:即納が難しい・費用が高くなる

5.デメリット4:動線によっては広告漫画が逆効果になる

6.まとめ

漫画にできる=広告漫画ではない

「どんなジャンルなら広告漫画にできますか?」と聞かれることがありますが、私はどんな業種、商品・サービス内容でも基本的には漫画にできると思っています。私にとって広告漫画のテーマは、普通の漫画が恋愛やスポーツ、アクション、歴史などを題材にすることとなんら変わらないからです。

 

しかし漫画にできることと、広告としてうまく機能するかどうかはまた別問題。いつでもどんなときでも手放しで広告漫画をオススメするわけではありません。

 

広告漫画のデメリットも知って効果的に使っていただきたいので、解決法と一緒にいくつかご紹介したいと思います。

デメリット1:文章ほど細かくは伝えられない

漫画という視覚に訴える表現を使えばわかりやすさや伝わりやすさはアップしますが、同じページ数であれば情報量はやはり文章の方に軍配が上がります。また漫画にする以上、ストーリーやキャラクターの掛け合いは商品・サービスに関する情報と同じくらい、時にはそれ以上に重要なため、そちらにもスペースを割かなくてはなりません。

 

思い切ってテーマを絞った方が広告漫画の効果を最大限活かせます。また冒頭の漫画で興味を引き、そのあとの文章による解説へ繋げる手法も。

デメリット2:ブランドイメージやターゲットにそぐわない場合がある

親しみやすさを感じてもらえるのも漫画の売りではありますが、高級感を打ち出したい場合などはそれが逆効果になることも。「あえてのはずし」は失敗するとダメージが大きいので、無理はしないほうがいいかもしれません。とにかく漫画を使ってみたい!と意気込まず、冷静に判断を。信頼できる第三者に意見を聞いてみるのもオススメです。

 

また高齢者に展開する場合も要注意。漫画を読み慣れていない方が意外といらっしゃいます。そんな場合は4コマ漫画であれば高齢者も新聞などで読み慣れているので、うまく取り入れてみましょう。

 

デメリット3:即納が難しい・費用が高くなる

デジタル化により作画効率が上がったとはいえ、漫画にはひな形が無く、ストーリーやキャラクターは作品ごとに0から作り上げることになります。そのため広告漫画は他の広告物よりも納期や制作費がかかる場合が多いです。広告漫画はとても優れた手法ですが、最優先で着手すべき販促ツールではありません。名刺、チラシ、WEBなど、今ある時間と予算で有効な方法から無理なく展開をしましょう。なお、節約や納期短縮の為に「自前でシナリオを用意する」のはオススメしません。

また、用意したものに手を入れず、そのまま作画する漫画家・制作会社もプロとはいえません。餅は餅屋、信頼できるプロに任せましょう。

 

デメリット4:動線によっては広告漫画が逆効果になる

デメリット3と関係してくる話ですが、どれだけよい広告漫画を制作しても、他の販促がうまく行っていないと逆効果になることがあります。特にWEBサイトを充実させることはとても重要です。何をきっかけにして商品やサービスに興味を持ったとしても、次の行動として検索してサイトを訪れるのはごく自然なことです。それでもしサイトが更新されていなかったり、使いづらかったりしたら…?広告漫画はその次のステップに進ませる力が強い分、余計にがっかりさせてしまう可能性が高くなってしまうのです。広告や販促に、たった1度で全てを挽回するような必殺技はありません。全体のバランスを考えて、計画的に展開していきましょう。

 

【まとめ】

広告漫画は必ず取り入れなくてはならない広告手法ではありません。だからこそ「ここは漫画でやってみよう!」というときが訪れたなら、デメリットもよく知ってから効果を感じられるものを作りたいですね。

 
 

■おすすめの関連コラム

  1. チラシ、パンフレット、WEB・・・広告漫画はどう使う?

    広告漫画にはどのようなメリットがあり、どう利用すればより効果を発揮することができるのか。元広告営...
  2. 広告でありコンテンツ!広告漫画の3大効果

    日本が世界に誇るエンターテインメント『漫画』。その存在は娯楽としての消費にとどまらず、日常の様々...

PAGE NAVI

The following two tabs change content below.
百万友輝
百万 友輝(ひゃくまん ゆうき) 漫画家。広告漫画企画室百漫画代表。1980年生まれ。販促の大学サムネイラスト担当。加賀百万石の石川育ち、さいたま市盆栽村在住。漫画家になる夢に挫折したときに広告漫画に出合う。雑誌連載に依存しない道もあるなら自分でもやれるかもしれないと、再度その道で漫画家を目指すことを決意。広告代理店に営業として入社し経験を積んだのち、派遣社員と兼業で開業。広告営業としての「売る側の視点」と漫画家としての「おもしろさの追求」を併せ持ち、企画からの提案を得意とする。 サイトにてブログ更新中。 百漫画 http://hyakumanga.com

続きを読む
セミナー開催情報
働き方改革関連法の対策セミナー
日程:2018年8月28日(火)
時間:15時~17時
定員:30名
ついに「働き方改革関連法」が6月末に成立しました。対策を怠ると、自社にどのような不利益がまっているかご存知でしょうか。「社員の流出」「未払い残業代請求の増加」「残業時間を超えた場合の罰則」など、1~2年後に迫った法律の施行までに対策をしていないと、会社の存亡に関わる可能性もあります。そこで今回は、働き方改革関連法案の対策と、いまから準備すべきことを、人事評価のプロの視点で株式会社あしたチームよりご説明いたします。
  • 手書きチラシのコツ
    チラシを配布するには、新聞折込、ポスティング、地域情報紙折込、タウン誌折込、DM(ダイレクトメール)、FAX、手渡し等、さまざまな方法があります。 同様に、作成方法もさまざまですが、おもに以下の3つの方法が考えられます。 1.パソコンのワープロソフト(代表的なのは、マイクロソフト・ワード)などを使用して作成する 2.プロのデザイナーに作成を依頼する 3.手書きで作成する 今回は3番目の、手書きでチラシを作成する際のコツについて解説します。
  • 店舗周辺からご近所の新規顧客 集客方法
    店舗商売の基本は、近隣のお客様を集めること。「近くにあるから」という理由だけでリピーターになってくれる、近所の方を逃してはいけません。売上の多くを支えてくれる店舗近隣の新規顧客を獲得し、リピーター化するための手法を、まとめて紹介します。
  • 「PASONAの法則」
    売れる広告作成に使える…
    チラシの内容を考える際に、どのように進めればいいのか悩んだことはありませんか?広告作成にも様々な「型」があり、この基本的な型を覚えることが大切です。
  • 2017年12月の販促計画を立てる時のポイント
    12月は年間を通して最も昼が短い時期。寒さもいよいよ本格的になります。冬のボーナスが支給され、お歳暮、クリスマス、新年の準備などで消費支出が最も増える月なので、キーワードに合わせた販促計画を立てましょう。月間の販促計画作成に役立つポイントをまとめましたので、参考にしていただければと思います。
  • 2017年11月の販促計画を立てる時のポイント
    11月は秋の行楽シーズンもピークを迎え、レジャー需要が一段と高まる時季。過ごしやすい気候に加え、「七五三」「文化の日」などの行事も多いため、それらに合わせたキャンペーンやサービスを企画しましょう。また、11月が終わる頃には、冬のボーナスやお歳暮シーズンが到来、クリスマスや年末年始の準備も始まるので、早めの販促計画が重要になってきます。月間の販促計画作成に役立つポイントをまとめましたので、参考にしていただければと思います。
続きを読む
チラシのお届け方法をお探しの方へ
集客や販促方法でお悩みの方へ 販促に関する無料相談実施中! 地域情報に詳しい担当が、御社にご訪問して集客課題を伺います!詳しくはこちら
CRMって何?クロスセル?気になるワードをチェック!販売促進に関する用語集
お問い合わせ 閉じる
PAGE TOP