チラシ、パンフレット、WEB・・・広告漫画はどう使う?

公開

広告漫画にはどのようなメリットがあり、どう利用すればより効果を発揮することができるのか。

 

元広告営業マンで、現在は広告漫画を中心に漫画の企画・制作を行っている漫画家が、事例を交えて広告漫画の魅力をお伝えするシリーズ。

 

今回はその具体的な利用方法の一例をご紹介します。

 

 

【目次】

1.漫画はどんな広告媒体に使える?
2.チラシの例
3.パンフレット、小冊子の例
4.WEBの例
5.まとめ

 

漫画はどんな広告媒体に使える?

結論から言いますと、漫画はチラシ、WEB、パンフレット、DM・・・どんな媒体でも利用が可能です。(フリーペーパーや地域情報誌(紙)の枠広告などは、サイズによってはちょっと厳しいですが)

 

ただしそれは、一つ漫画を用意すれば全てに使える、という意味ではありません。1コマ漫画、4コマ漫画、1ページ漫画、ストーリー漫画、漫画キャラクター・・・用途やスペースに応じ最適な形で展開することで、広告効果もアップします。

 

チラシの例

サイズにもよりますが、チラシは比較的スペースが限られているため、思い切って伝えるポイントを1つに絞って展開すると効果的です。

 

短い中にも起承転結があり、多くの人が読み慣れているため、目についた瞬間に読み始めてしまう4コマ漫画は特にオススメ。商品・サービスの1番の売りを漫画で紹介し、そこから説明に繋げるもよし。

 

店長やスタッフなどをキャラクター化して漫画にすることで、親近感を持ってもらうのもいいですね。

 

パンフレット、小冊子の例

複数ページで展開するパンフレットや小冊子の場合、漫画をコンテンツの一つにするのか、漫画をメインのツールにするのかで展開方法が異なります。

 

前者の場合、唐突に漫画が入ることで全体の雰囲気と合わず違和感が出てしまうことがあるので、よく考えて入れる必要があります。機関紙やニュースレターのように継続して発行するものに連載形式で掲載すると、人気コンテンツとして定番になるでしょう。

 

後者の場合はある程度まとまったページ数が使えるので、感情移入ができるよう登場人物を作り込んだり、ストーリーをしっかりと描いたりすることができます。ただし漫画が主役になってくるので、ツールのコンセプトからしっかり考えなくてはなりません。

 

企画提案ができる漫画制作のパートナーの存在も重要です。

 

WEBの例

WEBは紙媒体と比べるとスペースの制限があまりないので、様々な展開が可能です。

 

スクロールで読み進めるため、紙のようなページの概念もなく、自由度が高いと言えるでしょう。例えば1つの縦長のWEBページに情報を集約し、セミナーやメルマガの申し込みに繋げる「ランディングページ」という手法があります。10ページ以下の漫画を交えて「漫画ランディングページ」にすると、最後まで読んでもらえる確率は飛躍的に上がります。

 

文章主体のサイトでも、導入にサムネイルとして漫画を取り入れて注目を集めるという方法もあります。この販促の大学で使われているのがその手法ですね。

 

確か最初のご依頼は「イラスト」だったのですが、1コマ漫画の方がおもしろいと思ったので漫画でラフを提案し、採用していただきました。

 

 

まとめ

私は納品した漫画をお客様に活用してもらいたいので、例えばチラシ用に描いたものをWEBに、WEB用に描いたものをパンフレットに、といった二次利用に関しても追加料金なしで提供しています。けれども基本はやはり、その展開方法に合わせた最適な漫画を制作することです。あとはいわば「おまけ」「サービス」の一環に過ぎません。

 

漫画の力は強力ですが、広告に使う以上ターゲティングや媒体の性質を考えた上で制作しないと、その効力を最大限に発揮できません。せっかくお金をかけて広告漫画を利用するなら、作る方も読む方も嬉しい思いができるといいですね。

 
 

The following two tabs change content below.
百万友輝
百万 友輝(ひゃくまん ゆうき) 漫画家。広告漫画企画室百漫画代表。1980年生まれ。販促の大学サムネイラスト担当。加賀百万石の石川育ち、さいたま市盆栽村在住。漫画家になる夢に挫折したときに広告漫画に出合う。雑誌連載に依存しない道もあるなら自分でもやれるかもしれないと、再度その道で漫画家を目指すことを決意。広告代理店に営業として入社し経験を積んだのち、派遣社員と兼業で開業。広告営業としての「売る側の視点」と漫画家としての「おもしろさの追求」を併せ持ち、企画からの提案を得意とする。 サイトにてブログ更新中。 百漫画 http://hyakumanga.com

■おすすめの関連コラム

  1. 広告漫画って実際どうなの?制作事例&お客様の声

    広告とは難儀なもので、お客様(広告主)が欲しいのは集客増などの目に見える結果なのに対し、私たちが...
  2. 広告漫画をやりたい!そんなときまずはここをチェック!

    ここまで5回にわたって広告漫画の特徴やメリット・デメリットなどをお伝えしてきました。今回は、実際...
  3. 実在、創作、どっちにする?キャラクターは漫画の命

    どんな漫画であっても必ずキャラクターが登場し、そこからストーリーが始まります。それは広告漫画も同...
  4. 漫画制作の裏側!広告漫画ができるまで

    広告漫画が効果的なことは分かったけれど、漫画ってどうやって頼んだらいいの?広告漫画の依頼から納品...
  5. こんなときは漫画じゃダメ!?広告漫画のデメリット

    前回、前々回と広告漫画のメリットや効果的な使い方をお伝えしてきたこのシリーズ。なんと今回はまさか...
  6. 広告でありコンテンツ!広告漫画の3大効果

    日本が世界に誇るエンターテインメント『漫画』。その存在は娯楽としての消費にとどまらず、日常の様々...

PAGE NAVI

続きを読む
記事を検索
メルマガ登録者数1万以上 セミナー情報をいち早くお届け
ご提案無料 ウィズコロナ時代に合わせて販促の「見直し」してみませんか?まずはお問い合わせください。
  • 店舗集客のための
    紙メディアとインターネットの…
    「ネットだけで大丈夫」「紙メディアはコストがかかるからやめる」などとお考えではありませんか?
  • 2020年12月の販促計画を立てるときのポイント
    年間で最も家計消費支出が増える12月、販促計画作成に役立つポイントをまとめましたので、1か月程前からゆっくり販促計画を立ていきましょう。12月は年間を通して最も日中が短く、寒さが厳しくなる時季。年末年始を控え、街中が忙しい空気感に包まれます。忙しい時季だからこそ、冬至の日には柚子湯に入り、カボチャや小豆にちなんだ食事をとったり、キャンドルナイトを楽しんだりして、ゆったりとした時間を過ごしましょう。コロナ禍でおうち時間が増え、より快適に生活できるよう、住まいへの関心が集まっています。また、クリスマスやお正月は、やはり「巣ごもり」がキーワードとなります。おうちで充実した時間が過ごせるよう、引き続き提案していきましょう。Go Toキャンペーンにも関心が集まっています。販促の大学を運営している地域新聞社では、地域新聞社LINE公式アカウントにお友だち登録をしている方を対象にGo Toキャンペーンに関する意識調査を行いました。ぜひ本記事をご参考にしていただければと思います。
  • 情報過多?情報薄?枠広告を考える
    皆様は地域情報紙やフリーペーパーなどに広告を掲載したことはありますか? それらは、媒体ごとに広告サイズが決まっており、その大小によって掲載料金が変わるという商品がほとんどです。媒体の中の1つの枠を買って広告をすることから「枠広告」と呼ばれることが多い商品ですが、費用を抑えて広範囲に情報を届けることができるので、販促の目的によってはとても有効な販促手段といえるでしょう。 しかし、サイズに限りがある中で広告内容を検討しなければならないため、実際にはなかなかうまくまとまらないケースも少なくありません。そこで今回は、枠広告を検討する上で気をつけたいポイントを解説させていただきます。
  • デザインセンスとはどんなもの?センスを磨いて仕事に活…
    パワーポイントで作られた資料がとても見やすかったり、人が作った物の問題点を的確に指摘して、さらにステキなものにブラッシュアップできたり、皆さんの周りにもそんなデザイン的感性に優れた人はいませんか?そして「あの人は他の人とは違ってセンスが良いから」「自分には絵心がないから無理」などと思っていませんか?実はそんなことはないんです。もしデザインセンスを身につけることができれば、仕事にも役立つ強い味方になります。
  • 中小企業のためのブランド戦略とは
    「ブランドって何?」と問われたときに、明確に答えられる人はどれだけいるのでしょうか。「ブランド」という言葉は誰でも聞いたことがあるはずですが、私は言葉だけが一人歩きしてしまっているように感じています。このサイトをご覧の皆様がブランドに関する正しい知識を持ち、ビジネスの発展に役立てていただけるよう、解説をさせていただきます。
CRMって何?クロスセル?気になるワードをチェック!販売促進に関する用語集
お役立ち資料 開くお役立ち資料 閉じる
PAGE TOP