販促のおススメ図書
クイズで学ぶ デザイン・レイアウトの基本

公開

「映画ポスターのデザイン、どちらが適切ですか?」
本書の表紙には、2パターンの映画ポスターのイメージが掲載されています。あなたにはどちらのパターンが適切なデザインだと思いますか?

 

本書はテーマごとにaパターン、bパターンの2つのデザインを用意し、クイズ形式でどちらが適切かを考えながら、どんどん読み進めるつくりになっています。

 

構成、文字、色、グラフィック、ウェブと5つのジャンルに分け、デザインやレイアウトの基本を全55パターンの例を使って紹介しています。

 

【目次】
1.販促に使える内容紹介
2.まとめ

販促に使える内容紹介

作り手側が読み手側に「伝えたい」「アピールしたい」ポイントなどを明確にした上で、それらがきちんとデザインやレイアウトに反映されているかどうかを考えることが、重要なポイントになります。

 

本書に掲載されているパターンをお見せして説明したいところですが、クイズの答えが分かってしまうのは面白くありませんよね。ですので、ここでは適切なデザインを判断するためのポイントをいくつかご紹介させていただきます。

 

詳細は、この記事を読み終えた後、じっくりと本書をお読みください。

 

■要素にメリハリをつけて上手に視線誘導をしよう(p.024)

視線を引きつける要素を取り入れ、スムーズに視線を動かせる工夫をしましょう。顔写真、イラスト、矢印、数字、シンボルマークなどは、視線誘導するための注意を惹き引きつける「アイキャッチ」になります。

 

例えば、人気ナンバーワンメニューや割引キャンペーンなど、一番アピールしたいポイントは大きくします。これはキャンペーンによる来客数アップを目的としている場合に活用できます。

 

また、一番アピールしたいポイントが「来客数アップ」ではなく「店舗の認知」であれば、店舗名や店舗のシンボルマークなどを大きくし、一番目を引く位置に配置しましょう。アイキャッチをたくさん配置しすぎると、どこを見ればいいのか分からなくなりますので、要点をうまく伝えながら誘導するように配置を意識してみてください。

 

例えば、規則的に並べた写真の場合は、たくさんの色を使うよりも単色デザインにして、ひとつだけ写真を不規則に配置するだけで、そこが注目されるポイントになります。

 

■写真やコピーのイメージを助ける配色を(p.060)

色には食欲を促進させる効果や胃腸の働きを活発にする効果があります。目的が「料理をおいしそうに見せること」であれば赤やオレンジなどの暖色系、かき氷やサイダーなどさわやかさなどの清涼感をアピールしたいのであれば寒色系と、アピールポイントを引き立たせる配色にすると良いでしょう。

 

他にも、ファッション関係であれば、春物はカラフルな明るい暖色系、夏ならやわらかい寒色系、秋ならシックで落ち着いた暖色系、冬なら強く濃い深みのある寒色系など、持たせたいイメージに合わせた配色を心がけてみてください。

 

これらを踏まえて本書を読み進んでいくと、ぱっとデザインの良し悪しを判断することができるようになっていくでしょう。

まとめ

デザインについて、文字や言葉を並べて説明するのは簡単ではありません。

まずは本書を一通り、パラパラとめくってみてください。楽しみながら読み進めていくことができるはずです。デザインを見比べながら考えることで、デザインの良し悪しを見極める力をつけることができる一冊です。

 

 

【詳細】
著書:クイズで学ぶ デザイン・レイアウトの基本
著者:田中クミコ
   ハラヒロシ
   ハヤシアキコ
   ヤマダジュンヤ
発行人:佐々木幹夫
出版所:株式会社翔泳社
印刷・製本:大日本印刷株式会社
購入はこちら

セミナー情報 セミナー情報

【超初心者向け】
現役経理部員が解説!“財務三表”を知るセミナー
開催日
2023年02月20日
対象
「財務三表」について、仕組みや見方を知りたい方。経営者やフリーランスの方はもちろん、興味があればどなたでも!超初心者向けに、現役経理部員がわかりやすく解説します
テーマ
超初心者向けに、財務諸表の中でも特に重要視されている“財務三表”をピックアップして解説いたします。
お申し込みはこちら

 
 

続きを読む
記事を検索
メルマガ登録者数1万以上 セミナー情報をいち早くお届け
ご提案無料 ウィズコロナ時代に合わせて販促の「見直し」してみませんか?まずはお問い合わせください。
  • 販促のおススメ図書
    「1回きりのお客様」を「1…
    商売を安定させるためには、リピーター=固定客を増やすことが重要です。もちろん接客の質やサービスを良くすることも大切ですが、「思い出してもらう」仕組み作りも見直してみてはいかがでしょうか。本書は、リピーターを増やすためのノウハウやツールを紹介した、とても実用的な1冊です。お客様がリピートしない決定的な理由は 、ただ単純に「忘れている」ということだといわれています。思い出してもらう仕組みを作り、固定客を増やしたい方におすすめの1冊です。
  • 販促のおススメ図書
    沈黙のWebマーケティング
    Webマーケティングコンサルタントのボーン・片桐が、ホームページの改善で若き女性店長率いる家具会社を立て直すストーリーを通して、Webの知識が一気に学べる一冊。GoogleやYahoo等の検索サイトで上位表示されるために必要なSEO対策は、専門外の人にはとても複雑なルールに溢れています。それを独学で学ぶのはとても大変ですが、本書は会話形式の流れで楽しく読み進められるように工夫されているので、初心者でもホームページの改善に必要なことのほぼすべてを学べるでしょう。今まで難しい用語が並んだホームページ改善の書籍を読んで挫折したことがある人や、これから検索対策を学びたい人におすすめの一冊です。
  • 販促のおススメ図書
    『もっと儲かる 全国手書き…
    「初めて出村さん(本書の著者)の手書きチラシを見たとき ~ 字は汚いし、ごちゃごちゃしている。すっごいな~・・・。でもなぜか心にしみるような温かさがそこにはありました。~そして、肝心の反応率がいい!」これは、本書の冒頭に紹介されている手書きチラシの推薦者の声です。手書きチラシは、一見すると汚い印象を与える場合もありますが、時にそれらが「味」となって人間味を伝え、その結果効果が期待できる手法です。全国の小売店やサービス業の成功事例を集めた本。手書きチラシのノウハウが実例から学べますので、手書きチラシをやってみたいけど、何から始めればよいのか分からない方におススメの一冊です。
  • 販促のおススメ図書
    小売業・サービス業のため…
    店舗経営をしている人にとって、「来店者数」を増やすことは重要なテーマです。この本は、国内トップクラスの経営コンサルティング企業である株式会社船井総合研究所が、小売業・サービス業向けに長年積み重ねてきた現場集客のノウハウをまとめた一冊。時流の大切さという大きな視点から、店内ポップのような実務内容まで、幅広い範囲をカバーしています。現場の実務改善にこだわった集客手法を学びたい方にお勧めです!
  • 販促のおススメ図書
    沈黙のWebライティング …
    以前にご紹介した『沈黙のWebマーケティング』の続編。Webマーケティングコンサルタントのボーン・片桐が、ホームページの改善によって若き女将が経営する旅館を立て直すストーリーを通し、Webの知識を一気に学べる一冊です。コミュニケーションを取るために、人は言葉を使います。会話はもちろんですが、メールやSNS、ブログなどのインターネット上においても、相手に思いを伝えるための方法として言葉を使います。この本では、言葉を使って相手に思いを伝えるための「ライティング」に焦点を当てており、そのノウハウを会話形式で学ぶことができます。今まで難しい用語が並んだホームページ改善の書籍を読んで挫折したことがある人や、これから検索対策を学びたいと考えている人などにおすすめの一冊です。
PAGE TOP