販促のおススメ図書
当たる「手書きチラシ」のルール

公開

パソコンで作ったり、デザイナーに依頼したりして作成することが多いチラシ。

 

手書きならパソコンがなくても、デザイナーに頼まなくても、簡単に作成することができます。また、手書きならチラシ作成にかかる費用は紙代と印刷代くらいになりますので、コストを抑えることができます。

 

本書では、「販促」とは何か、なぜチラシやダイレクトメール、ポイントカードなどを使った「販促活動」が必要なのかといった「販促の基本」のほか、書名である手書きチラシの作成に関するコツを解説しています。

 

手書き力アップのコツをわかりやすく紹介していますので、イラストが苦手な方や、字にはあまり自信がないけど自分でチラシを制作したいという方におススメの一冊です。

 

【目次】
1.販促に使える内容紹介
2.まとめ

販促に使える内容紹介

字が上手くない…絵が苦手…そんな「苦手意識」を克服するための方法やテクニックがあります。以下に、2つを抜粋してご紹介します。

 

●字が下手でも大丈夫!(p.212)
本書では手書きに苦手意識がある人に、「筆ペン」をすすめています。書道のように整った文字ではなく、わざと崩したやわらかい雰囲気の文字にすることで、巧拙がなくなります。筆ペンは書道用の筆とは異なり、鉛筆と同じように少し寝かせた状態で書くと「味」が出やすくなります。

 

その他にも、商品名や価格を書くのに適しているペン、メインタイトルを書くのに適しているペン等、用途に応じたペンの紹介をしています。筆ペンだけでもさまざまな種類があり、それらを使い分けることによって初心者でも簡単に、上手に、チラシを作成することができます。

 

●イラストへの苦手意識を克服する2つの方法(P.213)
・誰かが描いた絵を参考にする
・対象物を○・△・□に分解する

 

イラストはインターネットの画像検索機能を使用して、チラシの内容に合ったものを探します。出てきた画像をそっくりそのまま使用すると著作権の侵害になりますので、注意しましょう。また、どんなイラストでも○・△・□の組み合わせでできていることが多いため、描きたいイラストを○・△・□の単純な形に分解して、周りをなぞるだけで、簡単にイラストを完成させることができます。

 

それでもなかなかうまくいかない場合は、イラストを挿入したい部分に写真を貼り付けて、その後に文字を書くことをすすめています。著作権上問題のない写真をプリントアウトしてはさみで切り、のりで貼り付けるだけです。

 

まずはできることからはじめ、順にステップアップしていけば良いのです。文字を手書きにするだけでも、パソコンで作成したチラシよりもずっと心のこもったチラシになります。

まとめ

今回ご紹介した内容は、本書のごく一部です。初心者でも要点さえつかめば気軽に作成することができ、さらにコストの大幅な削減によって、1枚あたりの単価をぐっと抑えることができます。

チラシの制作のコストを削った分、印刷する部数を増やせば、より多くの人に届けることができますよね。また、読み手に伝えたい想いを自分の手で伝えられる、温かみのある心のこもったチラシになります。

 

外部に依頼するほどではないけれど、販促手段1つとしてチラシを検討中だったり、手軽にチラシを作ってみたいと思っている方はぜひご一読ください。

 

 

【詳細】

書名:当たる「手書きチラシ」のルール
出版社: 同文舘出版
著者:今野 良香
初版発行:平成24年5月11日
購入はこちら

 
 

続きを読む
記事を検索
メルマガ登録者数1万以上 セミナー情報をいち早くお届け
ご提案無料 ウィズコロナ時代に合わせて販促の「見直し」してみませんか?まずはお問い合わせください。
  • 販促のおススメ図書
    『’17生活行動カレンダー…
    “買いたい気持ちをデザインする。マーケティングエージェンシー”株式会社クレオが毎年発行している生活行動カレンダー。40年間「生活者」の動向を見続けた経験や知見と、様々な調査データを月ごとにまとめた、日々の販促に役立つ情報が詰まった一冊。 季節の行事や消費者意識の日々の変化が記載されているので、この本を読みながら販促企画を立てれば、季節ごとのビジネスチャンスを逃しにくくなくなるでしょう。最新号では2017年の消費者動向やイベントがまとめられているので、年間販促計画を作成するのに役立つちます。
  • 販促のおススメ図書
    売れる販促ツールのつくり方…
    自社の商品を売り込む際に便利な販促ツール。身近なものだとPOPや商品を紹介するポスターやチラシなどが挙げられます。しかし、そのほかにもお客様に営業担当自身を知ってもらうためにプロフィールシートを作成したり、名刺やメールの署名に自社製品のアピールポイントを書いたり、目を惹く名札を使用したり、「これって販促ツールなの?」というようなものも、お客様の心を動かす立派な販促ツールです。本書の初版発行は平成15年と15年前のものになりますので、目新しいものはありません。しかし、これからお店を開こうとしている方や、これから初めて営業部へ配属される方などの販促初心者には知識を深められる内容となっております。
  • 販促のおススメ図書
    『影響力の武器[第三版]…
    人の行動パターンを30年以上研究し、そこで見つけた「人が動くときの法則」をまとめた名著。広告も営業活動も、どうすれば人に行動をしてもらえるかを考える仕事。提案に対して「イエス」と言ってもらう方法を考える仕事です。
  • 販促のおススメ図書
    リピーターになる時期は予測…
    売上がなかなか伸びなかったり低迷したりすると、新規のお客様の集客をしようと考える方は多いと思いますが、一般に売り上げの80%は、20%のリピーター客が生み出しているといわれています。 「顧客管理はするな、顧客はフォローせよ!」。これは、本書の帯に書かれている言葉です。 新規の集客はもちろん大切ですが、売上の上位を占める「既存客」に利用し続けてもらえるような信頼を得るには、管理ではなくフォローをしてアプローチをする。そうすることで、リピーターになってくれるお客様が倍増していくという内容になっています。データをもとに説明されているため、理論がすっと頭に入ってくる、読みやすい一冊です。
  • 販促のおススメ図書
    小売業・サービス業のための…
    店舗経営をしている人にとって、「来店者数」を増やすことは重要なテーマです。この本は、国内トップクラスの経営コンサルティング企業である株式会社船井総合研究所が、小売業・サービス業向けに長年積み重ねてきた現場集客のノウハウをまとめた一冊。2008年に出版した『「集客」大全』で紹介した販促手法を大きく「集客販促」「店頭・売場販促」「イベント販促」「固定客化販促」に分けて紹介しています。現場の実務改善にこだわった集客手法を身に着けたい方にお勧めです!
CRMって何?クロスセル?気になるワードをチェック!販売促進に関する用語集
お役立ち資料 開くお役立ち資料 閉じる
PAGE TOP