販促のおススメ図書
『 「人を動かす」広告デザインの心理術33』

公開

 

 

広告や販促に使われる心理学的手法を、実際のデザイン事例を紹介しながら説明した一冊。

 

ビジュアルで見ながら確認できるので、広告心理を学んだことが無い人にも理解しやすい内容になっています。

 

 

販促に使える内容紹介

『これを読めば、広告が、人々の「無意識レベル」に影響を与えるように作られていることがよくわかるだろう。』 P7より

 

人は何かを買う際、自分が欲しいものを選択しているように思うかもしれませんが、実はほとんどが無意識のうちにつくられた「好意」や「必要だという思い込み」によって行動させられています。

 

広告を出す側としては、無意識に働きかけて「人を動かす」ことを実行する方法を学ぶ必要があります。

 

この本で紹介されている33の手法は、3種類の「人間の基本的ニーズ」を基に考えられています。

 

●3種のニーズ

①脳システムによるニーズ
②社会的ニーズ
③個人的ニーズ

 

 

①脳システムによるニーズ

いわゆる生存本能です。お腹がすいたら、ご飯が食べたくなる。ライオンが襲ってきたら逃げたくなる(人によっては闘って生き残ろうとするかもしれませんが…)。こういった、生き残るための本能的な心の働きです。

 

これは3種類のニーズの中で最も強いもので、意識的にコントロールすることは困難だといわれています。

 

「恐怖心」「親近感」「安心感」などを使った広告手法は、脳システムをコントロールすることを狙っているのです。

 

②社会的ニーズ

『人間は社会的動物なので、私たちは、友人であれ初対面の人であれ、他人から愛され、大事にされたいと思っている。』 P11より

 

人は1人では生きていけない生き物であり、孤立することを恐れる心理が働きます。「集団に属さなければ」という心の働きが、社会的ニーズです。

 

広告の中にお客様の声を掲載して、「みんなが言っているから良いのかな」と思ってもらったり、「偉い人や著名な人が使っているから安心かな」と思わせる手法は、社会的ニーズに働きかける手法です。

 

③個人的ニーズ

人の生存欲求の上には、「裕福な暮らしがしたい!」「おいしい物が食べたい!」「楽しいことをしたい!」と願う気持ちがあります。これが、個人的ニーズです。

 

『広告は、安全で満足のゆく将来、不安のない将来という幻想を生み出す手法を使うことで、「個人的ニーズ」を満たしている。』 P11より

 

きれいなモデルが着ている服に憧れを抱かせたり、期間限定にして「損をしたくない!」という気持ちを引き出したりする手法は、この個人的ニーズに訴えかけています。

 

まとめ

3種類のニーズを狙った具体的な33種類の広告手法は、ぜひ本を読んで確かめていただければと思います。

 

難しい心理学用語が出ているにも関わらず、全ての手法に対してデザイン事例が用意されているので、とても理解しやすい本です。

 

自社の商品やサービスは、消費者のどのニーズを満たすことができるのかを考えるきっかけにもなると思います。

 

「人を動かす」ために押さえておくべき心理学を学びたい方に、おすすめの一冊です。

 

 

【詳細】
著書:「人を動かす」広告デザインの心理術33
著者:マルク・アンドルース / マテイス・ファン・レイヴェン / リック・ファン・バーレン
翻訳:坂東 智子
出版社:株式会社ビー・エヌ・エヌ新社
第1刷発行:2016年3月18日
アマゾンの購入はこちら

 

セミナー情報 セミナー情報

 
 

続きを読む
記事を検索
メルマガ登録者数1万以上 セミナー情報をいち早くお届け
ご提案無料 ウィズコロナ時代に合わせて販促の「見直し」してみませんか?まずはお問い合わせください。
  • ロゴと展開 ブランドイメージを伝えるデザイン
    ロゴと展開 ブランドイメージを伝えるデザイン
    企業はもちろん、最近はカフェや美容サロン、飲食店や小売店などの個人経営の店舗でも、お店のイメージにぴったり合ったロゴを使っているところが増えてきています。ロゴは看板だけでなく、ショップカードやポスター、商品パッケージなどさまざまなところで利用され、色や形、デザインなどで見た人に企業やお店のブランドイメージをイメージさせます。ロゴは企業やお店、商品の「顔」なのです。多くの人に強く印象づけるためにも、自社に合ったロゴを作りましょう。本書は実際の企業やお店、商品で使われているロゴとその展開について解説しています。様々な業種について、ショップ、企業、施設、イベントに分類して事例を紹介しています。これからロゴを作ろうと考えている方は、ぜひ参考にしてみてください。
  • 販促のおススメ図書
    誰でもすぐにできる 売り上…
    「さあ、キャッチコピーを書こう」と思っても、なかなかアイデア浮かばない。そんな経験、みなさんもおありではないでしょうか。いきなり考え始めるのではなく、まずは事前の準備をきちんと整えましょう。本書ではキャッチコピーを作る前に考えることや、58個のすぐに使えるキャッチコピーのルール、また応用としてボディコピーの書き方についても紹介しています。
  • 販促のおススメ図書
    当たる「手書きチラシ」のル…
    パソコンで作ったり、デザイナーに依頼したりして作成することが多いチラシ。手書きならパソコンがなくても、デザイナーに頼まなくても、簡単に作成することができます。また、手書きならチラシ作成にかかる費用は紙代と印刷代くらいになりますので、コストを抑えることができます。本書では、「販促」とは何か、なぜチラシやダイレクトメール、ポイントカードなどを使った「販促活動」が必要なのかといった「販促の基本」のほか、書名である手書きチラシの作成に関するコツを解説しています。手書き力アップのコツをわかりやすく紹介していますので、イラストが苦手な方や、字にはあまり自信がないけど自分でチラシを制作したいという方におススメの一冊です。
  • 販促のおススメ図書
    『ちいさな会社が低予算で…
    商品を販売する上で、価格を下げて競争をするには、「体力」が必要です。資金力のある大企業ならそれができても、小さな規模の会社やお店にはとても厳しい戦いになるでしょう。
  • 販促のおススメ図書
    この1冊ですべてわかる 新…
    2007年に出版された『この1冊ですべてわかる 広告の基本』を2018年4月に全面改訂した本書。著者は「はじめに」で、「この10年間の間に起こった広告の世界の変化をできる限り盛り込んで現状を正確に記述することに努めました」と述べています。新たにネット広告関連の情報が追記され、「広告ってなに?」という初歩的なことから、広告業界についての説明、さらに広告業界の専門用語を用語集としてまとめています。広告について必要な基礎知識をつけるために、ぜひ本書を手に取ってみて欲しいと思います。
PAGE TOP