広告法務の安心マニュアル!公正競争規約をチェックしよう!

公開

以前に「広告の法律」景品表示法についてシリーズでご紹介しました。

▼あなたのお店の広告は大丈夫?
 「広告の法律」景品表示法についてシリーズ記事はこちら

~不当表示の優良誤認とは~
~不当表示の有利誤認とは~
~過大な景品類の規制とは~

景品表示法を遵守すれば広告表現で行政指導を受ける確率はグッと下がりますが、さらに業種・業界によって分かりやすく広告表現のルールをまとめたものが公正競争規約です。チェックすれば業界の知識も得ることができて一石二鳥です!

 

【目次】

1.公正競争規約の概要

2.公正競争規約を守る効果

3.表示に関する公正競争規約

4.景品類に関する公正競争規約

1.公正競争規約の概要

公正競争規約とは、景品表示法第31条の規定により、公正取引委員会・消費者庁長官の認定を受けて、事業者等が広告表示・景品類に関するものについて自主的に設定する各業界のルールです。

 

公正競争規約は各業界の業態に応じて、広告に表示すべきことや特定の表示をする場合の基準(例えばジュースの広告で「果汁○%」と表示する際の基準)、景品類の制限などを定めており、消費者がより良い商品を安心して選べるよう、大切な役割を担っています。

景品表示法の条文や規制は、いわば「包括的」な取り決めであり、それらを家電業界や不動産業界等の様々な業界の広告ルールとして落とし込むには、解釈のバラつきや判断に苦しむことが発生するおそれがあります。

各業界の公正競争規約は、景品表示法の取り決めを業界の業態や慣習に即して理解しやすくまとめており、各業界の従事者・広告作成担当にとっては非常に助かるマニュアルだと言えるでしょう。

 

公正競争規約の内容として、例えば表示に関する公正競争規約では次のようなケースが挙げられます。

 

(1)必要な表示事項を定めるもの(原材料名、内容量、賞味期限、製造業者名等の表示を義務付けることなど)

(2)特定事項の表示の基準を定めるもの(不動産広告の徒歩による所要時間は、80メートルにつき1分の換算で表示することなど)

(3)特定用語の表示を禁止するもの(加工乳及び乳飲料には、「牛乳」の用語を使用しないことなど)

 

2.公正競争規約を守る効果

公正競争規約の参加事業者は、その内容を遵守している限り、景品表示法や関係法令上問題とされることがないため、安心して広告・販売活動を行うことができます。また、公正競争規約は公正取引委員会と消費者庁長官が認定したものであり、公正競争規約に基づく事業者の行為には、独占禁止法の手続規定は適用されません。

 

公正競争規約は、事業者・業界が自主的に設定するルールであることから、規約に参加していない事業者には適用されません。公正競争規約に参加していない事業者が行う広告上の不当表示や過大な景品類の提供については、消費者庁が景品表示法に基づいて措置を採ることになります。

3.表示に関する公正競争規約

表示関係の公正競争規約は67規約あります。(平成29年9月30日現在)

 

マーガリン類 飲用乳 ナチュラルチーズ・プロセスチーズ及びチーズフード

アイスクリーム類及び氷菓 はっ酵乳、乳酸菌飲料 殺菌乳酸菌飲料

合成レモン 果実飲料等 トマト加工品 コーヒー飲料等 豆乳類

レギュラーコーヒー及びインスタントコーヒー もろみ酢 食品のり

食品缶詰 粉わさび 削りぶし 凍り豆腐 生めん類 辛子めんたいこ食品

ハム・ソーセージ類 食肉 即席めん 包装食パン 鶏卵 食酢 みそ

ドレッシング類 しょうゆ 食用塩 観光土産品 はちみつ類 ビスケット類

チョコレート類 チョコレート利用食品 ローヤルゼリー チューインガム

 

ビール 輸入ビール ウィスキー 輸入ウィスキー 泡盛 酒類小売業

単式蒸留しょうちゅう

 

ペットフード 帯締め及び羽織ひも 家庭電気製品製造業 家庭電気製品小売業

釣竿 ピアノ 電子鍵盤楽器 眼鏡類 スポーツ用品 仏壇

 

防虫剤 化粧品 化粧石けん 歯みがき類 家庭用合成洗剤及び家庭用石けん

 

募集型企画旅行 指定自動車教習所業

 

自動車業 二輪自動車業 タイヤ 農業機械

 

不動産

 

銀行業

 

 

4.景品類に関する公正競争規約

景品関係の公正競争規約は37規約あります。(平成29年9月30日現在)

 

アイスクリーム類及び氷菓業 トマト加工品業 即席めん類製造業

カレー業 凍り豆腐製造業 みそ業 ソース業 しょうゆ業

チョコレート業 チューインガム業 ビスケット業

 

合成清酒及び連続式蒸留しょうちゅうの製造業 清酒製造業

果実酒製造業 ビール製造業 洋酒製造業 酒類輸入販売業

単式蒸留しょうちゅう製造業

 

ペットフード業 家庭電気製品業

 

化粧石けん業 歯みがき業 家庭用合成洗剤及び家庭用石けん製造業

 

新聞業 出版物小売業 雑誌業 旅行業 指定自動車教習所業

 

自動車業(二輪自動車) 農業機械業 タイヤ業

 

不動産業

 

医療用医薬品製造販売業 医療用医薬品卸売業 衛生検査所業 医療機器業

 

銀行業

 

 

以上になります。

こんなにたくさん…!と思われた方もいるかもしれません。ご自身が働かれている業種に該当する規約もあったのではないでしょうか?

 

各業界の公正競争規約は、景品表示法の取り決めを業界の業態や慣習に即して理解しやすくまとめたものですが、特に働き始めて間のない若い社会人にとっては、業界の知識も学ぶことができる教科書のような存在にもなり得るのではないでしょうか?

 

ぜひチェックしてみてください!

 
 

まとめ

野澤
多種多様な公正競争規約は業界知識の教科書!業種ごとの広告ルールが具体的にまとめられていますので、是非一度チェックしてみましょう!
The following two tabs change content below.
野澤 宏樹
株式会社地域新聞社制作1部校正校閲課 WEB広告・WEBコンテンツのチェックをメインに担当 2007年に入社。『ちいき新聞』が手掛けるさまざまな業種の広告の校正校閲に従事、また外注化も推し進め部署の生産性向上も果たす。地域新聞社運営のWEB媒体 『チイコミ!』『ちいき新聞web』『販促の大学』の校正校閲のメイン担当となり、広告の規制という観点から情報発信も行う。「校正技能検定上級(旧三級)」「ビジネス実務法務検定2級」「知的財産管理技能士」「認定コンプライアンス・アドバイザー」「色彩検定」「特別会員一種証券外務員」「ファイナンシャル・プランニング技能士」などの資格取得を活かし、攻めと守りを兼ね備えた広告マーケティングの研究を続けている。
野澤 宏樹

野澤 宏樹の最新記事 (記事一覧を見る)

続きを読む
記事を検索

お悩み別記事一覧

広告のコト

チラシの反響を上げたい一覧を見る閉じる
販促方法をもっと知りたい一覧を見る閉じる
広告全般について知りたい一覧を見る閉じる
広告作成のテンプレートを知りたい一覧を見る閉じる
WEB集客について一覧を見る閉じる
プロデザイナーのこだわり一覧を見る閉じる
DMに知りたいこと一覧を見る閉じる
販促計画を立てたい一覧を見る閉じる
広告理論や心理を学びたい一覧を見る閉じる
セールスコピーのヒント一覧を見る閉じる
メールマーケティングについて知りたい一覧を見る閉じる
漫画広告について一覧を見る閉じる

経営のコト

リピーターを増やしたい一覧を見る閉じる
他のお店の事例を知りたい一覧を見る閉じる
経営全般について知りたい一覧を見る閉じる
経営のコネタ一覧を見る閉じる
顧客管理方法について知りたい一覧を見る閉じる
新規を増やしたい一覧を見る閉じる
補助金について一覧を見る閉じる
市場調査データを知りたい一覧を見る閉じる
マーケティング全般について知りたい一覧を見る閉じる
人材について知りたい一覧を見る閉じる
営業力を高めたい一覧を見る閉じる
業界研究一覧を見る閉じる
ブランディングを学びたい一覧を見る閉じる

商圏のコト

セミナー開催情報
第10回 船橋ビジネス交流会
日程:2019年5月23日(木)
時間:18時30分~20時30分 (18時10分から受付開始)
参加費:2,000円(税込) ※軽食・ドリンク付き
対象者:経営者、個人事業主、決裁権のある役職の方
定員:先着30名
2017年11月より「ビジネス交流会 in 船橋」を地域新聞社主催にて開催しております。ビジネスの発展・成功には幅広いネットワークが欠かせません。人脈作りや情報共有、ビジネスチャンス拡大の場としてぜひ参加してみませんか?
  • 実際に行政の広告表現への監視は強まっています
    私(筆者)は広告審査の仕事を担当業務として行っています。前回は自分の仕事のご紹介として広告審査で求められる知識や心構え、景品表示法に関する実際にあった事例をお伝えしました。今回は薬機法(旧薬事法)の事例をご紹介するとともに、広告表現への行政による監視の強化やその心構えをお話しさせていただきます。
  • 何度もキャンペーンを延長していませんか?景品表示法違…
    当シリーズは、広告表現において実際に行政処分(措置命令)を受けた法令違反事例をご紹介しています。今回は値引きキャンペーンを何度も延長して広告し、景品表示法違反に問われたケースをご紹介します。「うちもやってる…」という方、いらっしゃいませんか?広告は不特定多数の人々の目に触れるもの。注意が必要です。
  • トラブルを防ぐ求人広告②(雇用形態編)
    例えば求人広告に「正社員募集」と書いてあれば、当然、求職者は「最初から正社員で働ける」と考えます。たとえば「入社後3カ月は『試用期間』で、その間の雇用形態はパートになる」というような場合、雇われる側は「話が違う」と怒るかもしれません。無用なトラブルを防ぐためにも、雇用形態は実態に即した内容を正確に表記しましょう。
  • 特定商取引法の規制ルールを理解しトラブルを生まない広…
    誰でも一度はネット通販やエステ、語学教室などを利用したことがあるのではないでしょうか?また、電話で勧誘を受けたり、街を歩いていたらセールスに引き止められたという経験もあるのでは? そうした商取引で消費者を保護するルールが特定商取引法です。広告規制も定められたルールですので確実に理解し、トラブルを生まない広告を作りましょう!
  • トラブルを防ぐ求人広告④ (休日、労働時間に関する制…
    求人広告のなかで、なにげなく使われている言葉。聞かれてみると「そういえば何だっけ…」となりそうな制度。今回はおさえておきたい休日、労働時間に関する制度の意味をおさらいしましょう。
続きを読む
チラシのお届け方法をお探しの方へ
集客や販促方法でお悩みの方へ 販促に関する無料相談実施中! 地域情報に詳しい担当が、御社にご訪問して集客課題を伺います!詳しくはこちら
CRMって何?クロスセル?気になるワードをチェック!販売促進に関する用語集
お役立ち資料 開くお役立ち資料 閉じる
PAGE TOP