販促のおススメ図書
『もっと儲かる 全国手書きチラシ事例集』

「初めて出村さん(本書の著者)の手書きチラシを見たとき ~ 字は汚いし、ごちゃごちゃしている。すっごいな~・・・。でもなぜか心にしみるような温かさがそこにはありました。~そして、肝心の反応率がいい!」

 

これは、本書の冒頭に紹介されている手書きチラシの推薦者の声です。

 

手書きチラシは、一見すると汚い印象を与える場合もありますが、時にそれらが「味」となって人間味を伝え、その結果効果が期待できる手法です。

 

全国の小売店やサービス業の成功事例を集めた本。手書きチラシのノウハウが実例から学べますので、手書きチラシをやってみたいけど、何から始めればよいのか分からない方におススメの一冊です。

 

【目次】
1.手書きの極意は「自分の言葉」で思いを伝えること
2.まとめ

■手書きの極意は「自分の言葉」で思いを伝えること

手書きチラシには型があるようで、ありません。

 

手書きの字、手描きのイラストのチラシからは、自然と書き手の人柄がにじみ出ます。変に着飾った言葉を添えるよりも、思った通りのことを素直に書いた方が、読み手には自然と伝わり、好感を得られるでしょう。

 

事例として紹介されているリサイクルショップが主催した着物の買取イベントのチラシは、下記の3つのポイントを意識して作られています。

 

①お国ことば

②写真

③吹き出し

 

①のお国ことばは、その人の出身地での育ちと人柄がストレートに伝わる表現です。

「着物見だりさわってるだけで楽しぐなるおめさんだげさお知らせします。田植えごぐろーさんでやしたなっす。腰っこいだぐねすか?疲れとれだすか?」

 

これは、盛岡弁で書かれたチラシの冒頭部分です。この表現で書かれたチラシを見た年配の方から「あなたになら任せられる」と、高級着物を持ち込んでくださったそうです。

 

また、手書きの中にアクセントとして、②の写真と③の吹き出しを使うと、その一言に注目が集まる上、読み手に安心感を与えます。

 

素直な想いを込めた文章に、笑顔いっぱいのスタッフ写真を切り貼りするだけで、チラシの温もりが一気に高まります。似顔絵のイラストをプロに頼むより安く、早くできるので、すぐにチラシを作りたい方におすすめの手法です。

 

まとめ

今回ご紹介した内容は、本書のごく一部です。

全国から集めた事例が、実際のチラシ見本と一緒にたくさん紹介されています。

 

幅広い業種やデザインタイプが紹介されていますので、ご自身のお店や人柄に似た事例もあるはずです。すぐにマネできる事例もあると思いますので、探してみてはいかがでしょうか。

 

チラシの効果を上げる手法を探していたり、温かい印象をお客様にもってもらいたいと思う方は、ぜひご一読ください。

 

 

【詳細】

書名:もっと儲かる 全国手書きチラシ事例集

出版社: ハギジン出版

著者:出村 邦彦

第1版発行:2006年4月24日

購入はこちら

 

 

 
 

The following two tabs change content below.
川上辰夫
株式会社地域新聞社マーケティング部 「販促の大学」の企画責任者。 2011年に入社し、広告の営業として千葉県柏市内を担当。 2015年に発足した広告効果プロジェクトを通して、社内の広告力提案向上のための社員向け勉強会を企画。そのプロジェクトでの経験を生かし、「販促の大学」の立ち上げを行った。

続きを読む
交流会開催情報
第1回成田市ビジネス交流会
日程:2018年6月6日(水)
時間:15時~17時
参加費:2,000円(軽食・ドリンク付き)
対象者:経営者、決裁権のある役職の方
定員:20名
経営者や販促担当者にとっての「学びと交流の場」創りをコンセプトに、地域ビジネス活性化の場として「ビジネス交流会 in 成田」を地域新聞社主催にて開催いたします。
  • 販促のおススメ図書
    『ちいさな会社が低予算で…
    商品を販売する上で、価格を下げて競争をするには、「体力」が必要です。資金力のある大企業ならそれができても、小さな規模の会社やお店にはとても厳しい戦いになるでしょう。
  • 販促のおススメ図書
    『確実に販売につなげる驚き…
    レスポンス広告の研究から独自に導き出した、SED(セールスエンジニアリングデザイン)という手法を紹介しています。心理学的なアプローチを中心とした著書とは異なり、実際に著者がクライアントのチラシ等で行った実験結果をもとに、効果を出すための法則をまとめた一冊です。
  • 販促のおススメ図書
    リピーターになる時期は予測…
    売上がなかなか伸びなかったり低迷したりすると、新規のお客様の集客をしようと考える方は多いと思いますが、一般に売り上げの80%は、20%のリピーター客が生み出しているといわれています。 「顧客管理はするな、顧客はフォローせよ!」。これは、本書の帯に書かれている言葉です。 新規の集客はもちろん大切ですが、売上の上位を占める「既存客」に利用し続けてもらえるような信頼を得るには、管理ではなくフォローをしてアプローチをする。そうすることで、リピーターになってくれるお客様が倍増していくという内容になっています。データをもとに説明されているため、理論がすっと頭に入ってくる、読みやすい一冊です。
  • 販促のおススメ図書
    売れる販促ツールのつくり方…
    自社の商品を売り込む際に便利な販促ツール。身近なものだとPOPや商品を紹介するポスターやチラシなどが挙げられます。しかし、そのほかにもお客様に営業担当自身を知ってもらうためにプロフィールシートを作成したり、名刺やメールの署名に自社製品のアピールポイントを書いたり、目を惹く名札を使用したり、「これって販促ツールなの?」というようなものも、お客様の心を動かす立派な販促ツールです。本書の初版発行は平成15年と15年前のものになりますので、目新しいものはありません。しかし、これからお店を開こうとしている方や、これから初めて営業部へ配属される方などの販促初心者には知識を深められる内容となっております。
  • 販促のおススメ図書
    「1回きりのお客様」を「1…
    商売を安定させるためには、リピーター=固定客を増やすことが重要です。もちろん接客の質やサービスを良くすることも大切ですが、「思い出してもらう」仕組み作りも見直してみてはいかがでしょうか。本書は、リピーターを増やすためのノウハウやツールを紹介した、とても実用的な1冊です。お客様がリピートしない決定的な理由は 、ただ単純に「忘れている」ということだといわれています。思い出してもらう仕組みを作り、固定客を増やしたい方におすすめの1冊です。
続きを読む
集客や販促方法でお悩みの方へ 販促に関する無料相談実施中! 地域情報に詳しい担当が、御社にご訪問して集客課題を伺います!詳しくはこちら
CRMって何?クロスセル?気になるワードをチェック!販売促進に関する用語集
お問い合わせ 閉じる
PAGE TOP