販促のおススメ図書
『売れる文章術』

公開

「商品を売る」ための文章を書くのは、普段から文章を書き慣れている人にとっても難しいことです。ただ伝えるだけではなく、「買う」という行動に移してもらわなければなりません。

この本では文章を書くのが苦手という人にとって、とても使いやすいテンプレートをご紹介しています。それを参考にして、「売れる」文章を書けるようになってみませんか。

 

【目次】
1.穴埋め文章作成テンプレート「Catch Me If You Can」
2.まとめ

■穴埋め文章作成テンプレート「Catch Me If You Can」

本書で紹介されている「Catch Me If You Can」という文章テンプレートは、簡単に言うと「つかみから行動喚起までの、一連の流れ」に沿った内容になっています。

 

売れるためにどんな言葉で伝えるかは大事ですが、本書はどのような「流れ」で言葉を伝えるかを学べる一冊になっています。

 

内容の一部ではありますが、文章を書く「流れ」を学べるテンプレートをご紹介します。

 

・穴埋め文章作成テンプレート「Catch Me If You Can」
==================================================================

【Catch】
①オープニング(つかみ)
例:ちょっとしたニュースや冗談、日常のエピソードなど、抵抗なく読んでもらえる内容などで、安心してもらう。

 

②テーマ(主題)
例:今からお伝えする内容は○○。

 

【Me】
③ベネフィット(相手が得をすること)
例:私の商品を手にするとあなたは○○という得をします。

 

④プレミス(自説)
例:なぜなら、私の意見では○○。

 

【If】
⑤バックグウンド(背景)
例:そのように至った背景を申し上げますと○○。

 

⑥プルーフ(論拠)
例:3つの論点があります。1つひとつ説明します。1つ目は○○、2つ目は○○、3つ目は○○。

【You】
⑦コンクルージョン(結論)
例:結論としましては○○。(プレミスとほぼ同じことを繰り返します)。

 

⑧ベネフィット(相手が得をすること)
例:つまり、私の商品を手にすると、あなたは○○という得をします(ベネフィットを繰り返す)。

 

【Can】
⑨ベイビーステップ(はじめの一歩)
例:そのためのきっかけとして、無理なくできることを伝えて、読み手の背中をそっと押してあげましょう。(オープニングに関連することに触れると感動します)。

 

==================================================================

あくまでも「流れ」を考えるためのテンプレートです。

文章を書く際に、上記をコピーしてお使いください。

 

まとめ

今回ご紹介した内容は、本書のごく一部です。

書くための「流れ」を覚えるだけでは、売れる文章とはいえません。この他にキャッチ・ストーリーなど、共感や購買喚起につなげるための方法がたくさんご紹介されています。

 

文章を普段から書く人も書かない人にも、テンプレートというわかりやすい「型」を基に売れる文章作成方法を紹介しているので、とても理解しやすい内容になっています。商品・サービスをもっとたくさん売るための文章力を身に付けたい方は、ぜひご一読ください。

 

 

【詳細】
書名:売れる文章術
出版社: フォレスト出版
著者:中野 巧
第1版発行:2014年11月23日
購入はこちら

 

 

 
 

The following two tabs change content below.
川上辰夫
販促の大学の企画創立者。地域新聞社在職時代にマーケティング部を発足。WEB集客事業を実施し、問合せ数を前年比約3倍に。さらにマーケティングオートメーションの導入や、インサイドセールス部門立ち上げ支援など、営業組織の効率化に貢献。その後、新規事業開発の部門を経て、2021年独立。現在、PRSJ認定PRプランナーとして、企業の事業開発からプロモーションを手掛ける「喜八屋」の代表を務める。

続きを読む
記事を検索
メルマガ登録者数1万以上 セミナー情報をいち早くお届け
ご提案無料 ウィズコロナ時代に合わせて販促の「見直し」してみませんか?まずはお問い合わせください。
  • 販促のおススメ図書
    「1回きりのお客様」を「1…
    商売を安定させるためには、リピーター=固定客を増やすことが重要です。もちろん接客の質やサービスを良くすることも大切ですが、「思い出してもらう」仕組み作りも見直してみてはいかがでしょうか。本書は、リピーターを増やすためのノウハウやツールを紹介した、とても実用的な1冊です。お客様がリピートしない決定的な理由は 、ただ単純に「忘れている」ということだといわれています。思い出してもらう仕組みを作り、固定客を増やしたい方におすすめの1冊です。
  • 販促のおススメ図書
    この1冊ですべてわかる 新…
    2007年に出版された『この1冊ですべてわかる 広告の基本』を2018年4月に全面改訂した本書。著者は「はじめに」で、「この10年間の間に起こった広告の世界の変化をできる限り盛り込んで現状を正確に記述することに努めました」と述べています。新たにネット広告関連の情報が追記され、「広告ってなに?」という初歩的なことから、広告業界についての説明、さらに広告業界の専門用語を用語集としてまとめています。広告について必要な基礎知識をつけるために、ぜひ本書を手に取ってみて欲しいと思います。
  • 販促のおススメ図書
    当たる「手書きチラシ」のル…
    パソコンで作ったり、デザイナーに依頼したりして作成することが多いチラシ。手書きならパソコンがなくても、デザイナーに頼まなくても、簡単に作成することができます。また、手書きならチラシ作成にかかる費用は紙代と印刷代くらいになりますので、コストを抑えることができます。本書では、「販促」とは何か、なぜチラシやダイレクトメール、ポイントカードなどを使った「販促活動」が必要なのかといった「販促の基本」のほか、書名である手書きチラシの作成に関するコツを解説しています。手書き力アップのコツをわかりやすく紹介していますので、イラストが苦手な方や、字にはあまり自信がないけど自分でチラシを制作したいという方におススメの一冊です。
  • 販促のおススメ図書
    リピーターになる時期は予測…
    売上がなかなか伸びなかったり低迷したりすると、新規のお客様の集客をしようと考える方は多いと思いますが、一般に売り上げの80%は、20%のリピーター客が生み出しているといわれています。 「顧客管理はするな、顧客はフォローせよ!」。これは、本書の帯に書かれている言葉です。 新規の集客はもちろん大切ですが、売上の上位を占める「既存客」に利用し続けてもらえるような信頼を得るには、管理ではなくフォローをしてアプローチをする。そうすることで、リピーターになってくれるお客様が倍増していくという内容になっています。データをもとに説明されているため、理論がすっと頭に入ってくる、読みやすい一冊です。
  • 販促のおススメ図書
    沈黙のWebマーケティング
    Webマーケティングコンサルタントのボーン・片桐が、ホームページの改善で若き女性店長率いる家具会社を立て直すストーリーを通して、Webの知識が一気に学べる一冊。GoogleやYahoo等の検索サイトで上位表示されるために必要なSEO対策は、専門外の人にはとても複雑なルールに溢れています。それを独学で学ぶのはとても大変ですが、本書は会話形式の流れで楽しく読み進められるように工夫されているので、初心者でもホームページの改善に必要なことのほぼすべてを学べるでしょう。今まで難しい用語が並んだホームページ改善の書籍を読んで挫折したことがある人や、これから検索対策を学びたい人におすすめの一冊です。
CRMって何?クロスセル?気になるワードをチェック!販売促進に関する用語集
お役立ち資料 開くお役立ち資料 閉じる
PAGE TOP