販促のおススメ図書
小さなお店・会社が一人勝ちできるお金をかけない
販促の反則技33 すぐに結果が出る集客&売上アップ術

公開

店舗周辺に告知活動をする場合、チラシを1万部配布するためには、おおよそ20万円以上のコストがかかってしまいます。チラシ以外にもいろいろな新規客獲得の手法はありますが、どれもコストがかかるため、販促に不慣れな店舗経営者にとっては、効果があるかになるでしょう。

 

本書は、チラシや地域情報紙などの活用以外の、「コストをほとんどかけない」で行える販促手法やキャンペーン方法をまとめた一冊です。

 

「反則技」というちょっと刺激的なタイトルですが、書かれている内容はもちろん合法。集客に役立つ、合理的な方法がまとめられています。

 

新しい手法やアイデアを見つけたい方におすすめの一冊です。

 

【目次】

1.販促に使える内容を紹介

2.まとめ

 

販促に使える内容を紹介

■新規のお客さまがガンガン集まる販促技

本書で紹介されている内容は、目的別に大きく5つに分かれています。

 

1.新規のお客様がガンガン集まる販促技
2.新規客をたちまち固定客にしてしまう販促技
3.客単価を上げ、売上をアップさせる販促技
4.ちょっとした工夫で売り上げが倍増する販促技
5.まだまだある!売れ続ける仕組みをつくる販促技

 

今回は「1.新規のお客様がガンガン集まる販促技」より、3つ抜粋してご紹介いたします。

 

①お金も時間もある公務員だけを狙う市役所オフィスサンプリング

「安定した収入と余暇」がある公務員は、優良な消費者として、とても重要なターゲットです。この層は、高額商品を買ってくれたり、リピーターになってくれたりする可能性が高いといわれています。

 

公務員にアプローチする場合は、チラシを1軒1軒配布するより、公務員が集まる場所に直接営業をした方が圧倒的に効率がいいはずです。

 

あまり知られていませんが「市役所のオフィス内で営業活動をする権利」というものがあり、それを使えばお昼休み中の職員に直接チラシを渡すなどの営業活動ができます。

 

せっかくデザイン制作した印刷してチラシです。効率的に高額所得者に届ける方法として、検討してみてはいかがでしょうか。

 

②ちょっと先の将来に大きな利益が得られる ワンコイン・フロントエンド

家や車、結婚式など、商品・サービスの購入を検討する頻度が少なく、かつ高額な場合に、見込み客を事前に囲い込む手法です。

 

例えば車の車検や修理など、めったに必要とされないニーズに対応するサービスの場合、「ワンコイン洗車」のような商品を用意しておけば、日常的なお付き合いが生まれます。そこでお客様とよい関係を築いておければ、「いざ」という時に「いつものところに頼もう」と思ってもらえるでしょう。

 

集客するための商品は単価を低く設定し、利益を得るための商品販売につなげるという手法です。みなさんのサービスでも、ワンコインで日常的に顧客との接点を持つ方法がないか、考えてみてはいかがでしょうか。

 

③ニューファミリー層をつかんで離さない子ども中心イベント

「『子どもを中心にするイベント』は販促の世界においては『鉄板』と言えるもので、さまざまなシーンで活用されています」(P49より)。

 

子どもとの思い出作りができるイベントであれば、若い親御さんも警戒心を緩めて販促イベントに参加してくるでしょう。本書でおすすめしているのは「撮影イベント」です。

 

撮影した写真を後でお送りするために、メールアドレスを含めた「個人情報」を得ることができます。来場時に販売できれば一番ですが、このイベントの目的はあくまでも「アプローチリストの獲得」です。

 

写真をお送りするということであれば、自動的に氏名とアドレスを入手できるので、ぜひそうしたイベントを企画してみましょう。

まとめ

今回ご紹介した内容は、本書のごく一部です。新規客獲得方法の他にも、リピーター獲得や単価アップのための工夫がたくさん紹介されています。

 

他の販促本ではあまり見かけないような具体的な手法が、たくさん紹介されています。
極力お金をかけずに行える販促手法を学ぶことができるので、関心のある方は、ぜひご一読ください。

 

【詳細】
書名:小さなお店・会社が一人勝ちできる
   お金をかけない販促の反則技33 すぐに結果が出る集客&売上アップ術
出版社: 現代書林
著者:石橋 拓也
第1刷発行:2017年9月19日
購入はこちら

 

 

 
 

The following two tabs change content below.
販促の大学の企画創立者。地域新聞社在職時代にマーケティング部を発足。WEB集客事業を実施し、問合せ数を前年比約3倍に。さらにマーケティングオートメーションの導入や、インサイドセールス部門立ち上げ支援など、営業組織の効率化に貢献。その後、新規事業開発の部門を経て、2021年独立。現在、PRSJ認定PRプランナーとして、企業の事業開発からプロモーションを手掛ける「喜八屋」の代表を務める。

続きを読む
記事を検索
メルマガ登録者数1万以上 セミナー情報をいち早くお届け
ご提案無料 ウィズコロナ時代に合わせて販促の「見直し」してみませんか?まずはお問い合わせください。
  • 販促のおススメ図書
    『’17生活行動カレンダー…
    “買いたい気持ちをデザインする。マーケティングエージェンシー”株式会社クレオが毎年発行している生活行動カレンダー。40年間「生活者」の動向を見続けた経験や知見と、様々な調査データを月ごとにまとめた、日々の販促に役立つ情報が詰まった一冊。 季節の行事や消費者意識の日々の変化が記載されているので、この本を読みながら販促企画を立てれば、季節ごとのビジネスチャンスを逃しにくくなくなるでしょう。最新号では2017年の消費者動向やイベントがまとめられているので、年間販促計画を作成するのに役立つちます。
  • 販促のおススメ図書
    『 「人を動かす」広告デザ…
    広告や販促に使われる心理学的手法を、実際のデザイン事例を紹介しながら説明した一冊。ビジュアルで見ながら確認できるので、広告心理を学んだことが無い人にも理解しやすい内容になっています。
  • ロゴと展開 ブランドイメージを伝えるデザイン
    ロゴと展開 ブランドイメージを伝えるデザイン
    企業はもちろん、最近はカフェや美容サロン、飲食店や小売店などの個人経営の店舗でも、お店のイメージにぴったり合ったロゴを使っているところが増えてきています。ロゴは看板だけでなく、ショップカードやポスター、商品パッケージなどさまざまなところで利用され、色や形、デザインなどで見た人に企業やお店のブランドイメージをイメージさせます。ロゴは企業やお店、商品の「顔」なのです。多くの人に強く印象づけるためにも、自社に合ったロゴを作りましょう。本書は実際の企業やお店、商品で使われているロゴとその展開について解説しています。様々な業種について、ショップ、企業、施設、イベントに分類して事例を紹介しています。これからロゴを作ろうと考えている方は、ぜひ参考にしてみてください。
  • 販促のおススメ図書 「習慣で買う」のつくり方
    お客様にリピーターになってもらうためには、あなたの商品・サービスを購入したり、店舗に通ったりすることを、「習慣化」させる必要があります。 派手な告知をして来店や購入を促しても、お客様のリピーター化につながなければ、成功とは言い難いでしょう。
  • 販促のおススメ図書
    当たる「手書きチラシ」のル…
    パソコンで作ったり、デザイナーに依頼したりして作成することが多いチラシ。手書きならパソコンがなくても、デザイナーに頼まなくても、簡単に作成することができます。また、手書きならチラシ作成にかかる費用は紙代と印刷代くらいになりますので、コストを抑えることができます。本書では、「販促」とは何か、なぜチラシやダイレクトメール、ポイントカードなどを使った「販促活動」が必要なのかといった「販促の基本」のほか、書名である手書きチラシの作成に関するコツを解説しています。手書き力アップのコツをわかりやすく紹介していますので、イラストが苦手な方や、字にはあまり自信がないけど自分でチラシを制作したいという方におススメの一冊です。
CRMって何?クロスセル?気になるワードをチェック!販売促進に関する用語集
お役立ち資料 開くお役立ち資料 閉じる
PAGE TOP