販促のおススメ図書
沈黙のWebマーケティング

公開

Webマーケティングコンサルタントのボーン・片桐が、ホームページの改善で若き女性店長率いる家具会社を立て直すストーリーを通して、Webの知識が一気に学べる一冊。

 

GoogleやYahoo等の検索サイトで上位表示されるために必要なSEO対策は、専門外の人にはとても複雑なルールに溢れています。それを独学で学ぶのはとても大変ですが、本書は会話形式の流れで楽しく読み進められるように工夫されているので、初心者でもホームページの改善に必要なことのほぼすべてを学べるでしょう。

 

今まで難しい用語が並んだホームページ改善の書籍を読んで挫折したことがある人や、これから検索対策を学びたい人におすすめの一冊です。

販促に使える内容紹介

本書では、Webの検索対策だけでなく、人間の心理をしっかりと押さえることの重要性が語られています。

 

その中でも大切な要素を、3つだけご紹介しましょう。

 

■現在のSEO(検索上位に上げるための対策)の潮流を押さえる

まず、検索サイトで上位に表示されるためには、主にGoogleが作っているルールを守る必要があります。

検索上位に上げるための対策も大切ですが、その前にまず気を付けなければならないのが「ルール違反」をしないということです。

 

ルール違反をしているかどうかをチェックするためは「サーチコンソール」に登録するのが良いでしょう。

 

▼Google Sarch Console
https://www.google.com/webmasters/tools/home?hl=ja

 

ここに登録するだけで、Googleのサーチクオリティチームが、サイトの問題点を見つけたときにメッセージを送ってくれます。

 

まずは、自社のサイトに検索対策上の問題が無いかどうかをチェックするところこと始めましょう。

 

 

■Webデザインの本質は言葉

ホームページを作ったり、改善を考えたりする時に、「デザイン」をおしゃれにしようということを考えていませんか。

 

「デザインを恰好よくしたい!」という欲求や考え方は、制作者が一番最初に陥る過ちとして紹介されています。

 

ホームページは会社や商品の顔であるので、最初に大事なのは消費者に「安心感」を与える事です。そのためにはもちろん写真やデザインも大事ですが、なにより重要なのはそこに書かれている言葉です。

 

欲しい!と思ってもらうための基本は、しっかりとお客様の知りたい情報がホームページ上に載っているかどうかです。

 

恰好いいデザインにしても、何がどこに書かれているのか分からないような状態では、その時点で消費者の心は離れます。

 

まずは消費者の立場に立って、「わかりやすい」ページ作りを心掛けましょう。

 

 

■セールスレターで気持ちに訴えかける

ホームページの目的は、情報を網羅するカタログではありません。そこにある情報を通して、商品やサービスを買ってもらうことです。

 

そのためにはセールスレターのように、お客様に情報をメッセージとして「届ける」意識の大切さが紹介されています。

 

詳細はぜひ本書をお読みいただきたいのですが、セールスレター風に情報を書いてうく時に重要な9つのポイントが紹介されています。

 

1.人は理論で納得し、“感情”で動く
2.ストーリーをクチコミしてもらうことを意識しよう
3.人は「客観的な情報」で信頼性を見極める
4.写真や動画を使って“リアル感”を演出しよう
5.“リアル感”を意識しすぎると逆効果の場合も
6.セールスレターの構成パターン
      ヘッドコピー → ボディコピー → クロージングコピー
7.最後に、「追伸」を記載する
8.文章を読みやすくするために、強調にルールを決める
9.色文字を使った強調は「信号機」をイメージするとよい
10.文章は1ブロック100文字未満で完結させる

 

まとめ

ここで紹介した内容は、本書で紹介されている内容のごく一部です。検索を上位に上げる手法や、問合せにつながるライティング方法を学びたい方は、ぜひ本書をご一読ください。

 

ネットの世界が日々ものすごいスピードで変化しているとはいえ、人の感情や気持ちはそれほど変化しません。人間を中心に描かれたWebの書籍なので、普遍的に使える要素がたくさん学べます。Webの世界で働いている人の必読書ともいえる名著だと思います。

 

 

【詳細】
著書:沈黙のWebマーケティング -Webマーケッターボーンの逆襲-
編著:松尾 茂起
出版社:エムディエヌコッポレーション
第1刷発行:2015年2月1日発行
購入はこちら

 

 

 
 

The following two tabs change content below.
川上辰夫
株式会社地域新聞社マーケティング部 「販促の大学」の企画責任者。 2011年に入社し、広告の営業として千葉県柏市内を担当。 2015年に発足した広告効果プロジェクトを通して、社内の広告力提案向上のための社員向け勉強会を企画。そのプロジェクトでの経験を生かし、「販促の大学」の立ち上げを行った。

続きを読む
記事を検索
  • 販促のおススメ図書
    『ちいさな会社が低予算で…
    商品を販売する上で、価格を下げて競争をするには、「体力」が必要です。資金力のある大企業ならそれができても、小さな規模の会社やお店にはとても厳しい戦いになるでしょう。
  • 販促のおススメ図書 「習慣で買う」のつくり方
    お客様にリピーターになってもらうためには、あなたの商品・サービスを購入したり、店舗に通ったりすることを、「習慣化」させる必要があります。 派手な告知をして来店や購入を促しても、お客様のリピーター化につながなければ、成功とは言い難いでしょう。
  • 販促のおススメ図書
    小売業・サービス業のための…
    店舗経営をしている人にとって、「来店者数」を増やすことは重要なテーマです。この本は、国内トップクラスの経営コンサルティング企業である株式会社船井総合研究所が、小売業・サービス業向けに長年積み重ねてきた現場集客のノウハウをまとめた一冊。2008年に出版した『「集客」大全』で紹介した販促手法を大きく「集客販促」「店頭・売場販促」「イベント販促」「固定客化販促」に分けて紹介しています。現場の実務改善にこだわった集客手法を身に着けたい方にお勧めです!
  • ロゴと展開 ブランドイメージを伝えるデザイン
    ロゴと展開 ブランドイメージを伝えるデザイン
    企業はもちろん、最近はカフェや美容サロン、飲食店や小売店などの個人経営の店舗でも、お店のイメージにぴったり合ったロゴを使っているところが増えてきています。ロゴは看板だけでなく、ショップカードやポスター、商品パッケージなどさまざまなところで利用され、色や形、デザインなどで見た人に企業やお店のブランドイメージをイメージさせます。ロゴは企業やお店、商品の「顔」なのです。多くの人に強く印象づけるためにも、自社に合ったロゴを作りましょう。本書は実際の企業やお店、商品で使われているロゴとその展開について解説しています。様々な業種について、ショップ、企業、施設、イベントに分類して事例を紹介しています。これからロゴを作ろうと考えている方は、ぜひ参考にしてみてください。
  • 販促のおススメ図書
    『伝え方が9割』『伝え方が…
    人に仕事をお願いするとき、その頼み方次第で引き受けてもらえたり、断られたりすることはありませんか?「買ってください!」ということを伝える商品広告も同様で、伝え方次第で買ってもらえるかどうかが大きく変わってきます。本書にはキャッチコピーや宣伝文を考える時に役立つ手法が8つ紹介されています。それらを身に付けて、買ってもらえる可能性を上げてみてはいかがでしょうか。
続きを読む
チラシのお届け方法をお探しの方へ
集客や販促方法でお悩みの方へ 販促に関する無料相談実施中! 地域情報に詳しい担当が、御社にご訪問して集客課題を伺います!詳しくはこちら
CRMって何?クロスセル?気になるワードをチェック!販売促進に関する用語集
お役立ち資料 開くお役立ち資料 閉じる
PAGE TOP