販促のおススメ図書
小売業・サービス業のための船井流「集客」大全

公開

店舗経営をしている人にとって、「来店者数」を増やすことは重要なテーマです。

 

この本は、国内トップクラスの経営コンサルティング企業である株式会社船井総合研究所が、小売業・サービス業向けに長年積み重ねてきた現場集客のノウハウをまとめた一冊。

 

時流の大切さという大きな視点から、店内ポップのような実務内容まで、幅広い範囲をカバーしています。現場の実務改善にこだわった集客手法を学びたい方にお勧めです!

販促に使える内容紹介

“当たる”チラシの4大原則

 

本書の中で紹介されている集客ツールは、チラシ、DM、POP、ファサード(看板、店頭演出など)、ミニ集客ツール(割引チケット、名刺、マグネット等)、イベント、キャッチコピー、クチコミ、ドアコールなどです。

 

その中でも今回は、ご近所集客に強い「チラシ」ツールの反応を上げるための4大原則をご紹介します。

 

原則①:「集客商品」「収益商品」の相乗効果
集客の最終的な目的は、商品を販売し収益を上げることです。そのために重要なのは、利益率や利益額の高い「収益商品」を販売すること。しかし、いきなり価格の高い商品や敷居の高い高級品を、チラシを見た人に買ってもらうのは大変だと思います。

まずはとにかく来店してもらい、低単価の商品を買ってもらう。そして顧客化してから、収益商品の購入を促す、という販売の流れをつくることが、収益アップにつながるのです。

 

■①集客商品から②収益商品購入への流れについて

 

 

 

チラシを作成するときは、「集客商品」と「収益商品」をどちらを押し出すかという「目的」を決めることが重要です。

 

原則②:キャッチコピーのインパクト
広告の基本中の基本ですが、なによりも「見てもらう」ことが重要です。「おやっ?」という印象を与えるキャッチコピーを見せることで、手に取ってもらう確率を上げることができます。

 

原則③:価格/価値の演出力
「価格を安くして、価値を高くして見せることが重要」といわれますが、これをすべての商品でやってしまっては、消費者へのインパクトが弱くなってしまいます。価値の高さを見せたい商品数を「掲載商品の20~30%」だけに絞ってクローズアップすることが大切です。

 

原則④:信用力の演出
チラシを見たお客様に、来店やお問合せなどの「消費行動」を促す仕掛けが必要です。その際に大切なのは「消費者の購買不安を解消すること」。特に消費者が不安になるのは、商品に対するものではなく、お店(会社)に対するものであることが多いので、信用してもらうための演出が重要になります。

 

まとめ

ここで紹介した内容は、本書で紹介されている内容のごく一部です。

 

400ページ以上にわたり、チラシ・DM・POPなどの反応を高めるための方法が紹介されています。いわゆる学問的なマーケティング論ではなく、現場主義の船井総研だからこそできる、実践的な販促手法が説明されています。

 

「集客大全」が出版されてから4年後に発行された「販促大全」と合わせて読みながら日々実践すれば、小売業・サービス業の集客数アップにつながっていくはずです。

 

 

【詳細】
著書:小売業・サービス業のための船井流「集客」大全
編著:船井総合研究所
監修:小野達郎
出版社」同文舘出版
第1刷発行:2008年6月11日発行
購入はこちら

 

 

 
 

The following two tabs change content below.
販促の大学の企画創立者。地域新聞社在職時代にマーケティング部を発足。WEB集客事業を実施し、問合せ数を前年比約3倍に。さらにマーケティングオートメーションの導入や、インサイドセールス部門立ち上げ支援など、営業組織の効率化に貢献。その後、新規事業開発の部門を経て、2021年独立。現在、PRSJ認定PRプランナーとして、企業の事業開発からプロモーションを手掛ける「喜八屋」の代表を務める。

続きを読む
記事を検索
メルマガ登録者数1万以上 セミナー情報をいち早くお届け
ご提案無料 ウィズコロナ時代に合わせて販促の「見直し」してみませんか?まずはお問い合わせください。
  • ロゴと展開 ブランドイメージを伝えるデザイン
    ロゴと展開 ブランドイメージを伝えるデザイン
    企業はもちろん、最近はカフェや美容サロン、飲食店や小売店などの個人経営の店舗でも、お店のイメージにぴったり合ったロゴを使っているところが増えてきています。ロゴは看板だけでなく、ショップカードやポスター、商品パッケージなどさまざまなところで利用され、色や形、デザインなどで見た人に企業やお店のブランドイメージをイメージさせます。ロゴは企業やお店、商品の「顔」なのです。多くの人に強く印象づけるためにも、自社に合ったロゴを作りましょう。本書は実際の企業やお店、商品で使われているロゴとその展開について解説しています。様々な業種について、ショップ、企業、施設、イベントに分類して事例を紹介しています。これからロゴを作ろうと考えている方は、ぜひ参考にしてみてください。
  • 販促のおススメ図書
    当たる「手書きチラシ」のル…
    パソコンで作ったり、デザイナーに依頼したりして作成することが多いチラシ。手書きならパソコンがなくても、デザイナーに頼まなくても、簡単に作成することができます。また、手書きならチラシ作成にかかる費用は紙代と印刷代くらいになりますので、コストを抑えることができます。本書では、「販促」とは何か、なぜチラシやダイレクトメール、ポイントカードなどを使った「販促活動」が必要なのかといった「販促の基本」のほか、書名である手書きチラシの作成に関するコツを解説しています。手書き力アップのコツをわかりやすく紹介していますので、イラストが苦手な方や、字にはあまり自信がないけど自分でチラシを制作したいという方におススメの一冊です。
  • 販促のおススメ図書 「習慣で買う」のつくり方
    お客様にリピーターになってもらうためには、あなたの商品・サービスを購入したり、店舗に通ったりすることを、「習慣化」させる必要があります。 派手な告知をして来店や購入を促しても、お客様のリピーター化につながなければ、成功とは言い難いでしょう。
  • 販促のおススメ図書
    小さなお店・会社が一人勝ち…
    店舗周辺に告知活動をする場合、チラシを1万部配布するためには、おおよそ20万円以上のコストがかかってしまいます。チラシ以外にもいろいろな新規客獲得の手法はありますが、どれもコストがかかるため、販促に不慣れな店舗経営者にとっては、効果があるかになるでしょう。本書は、チラシや地域情報紙などの活用以外の、「コストをほとんどかけない」で行える販促手法やキャンペーン方法をまとめた一冊です。「反則技」というちょっと刺激的なタイトルですが、書かれている内容はもちろん合法。集客に役立つ、合理的な方法がまとめられています。新しい手法やアイデアを見つけたい方におすすめの一冊です。
  • 販促のおススメ図書
    売れる販促ツールのつくり方…
    自社の商品を売り込む際に便利な販促ツール。身近なものだとPOPや商品を紹介するポスターやチラシなどが挙げられます。しかし、そのほかにもお客様に営業担当自身を知ってもらうためにプロフィールシートを作成したり、名刺やメールの署名に自社製品のアピールポイントを書いたり、目を惹く名札を使用したり、「これって販促ツールなの?」というようなものも、お客様の心を動かす立派な販促ツールです。本書の初版発行は平成15年と15年前のものになりますので、目新しいものはありません。しかし、これからお店を開こうとしている方や、これから初めて営業部へ配属される方などの販促初心者には知識を深められる内容となっております。
CRMって何?クロスセル?気になるワードをチェック!販売促進に関する用語集
お役立ち資料 開くお役立ち資料 閉じる
PAGE TOP