広告規制もマークする不正競争防止法のルールを知ろう

公開
広告を規制するルールとして景品表示法や薬機法(旧 薬事法)はよく知られていますが、不正競争防止法という規制もあります。不正競争防止法は著作権法や商標法などの知的財産法と似た規制をするルールですが、その規制内容はさまざまなケースにわたります。
企業間のトラブルで持ち出されることの多い法律ですので、確実に理解し安全な広告づくりをしましょう!
 
【目次】
1.不正競争防止法の広告規制における主要なルール
2.不正競争防止法の規制の具体的なケース

1.不正競争防止法の広告規制における主要なルール

不正競争防止法は、企業間の公正な競争を保つことにより経済の健全な発展に寄与することを目的としています。そのために、不正競争の防止やその損害賠償に関する措置などを定めています。ここでは不正競争とされる行為の中で、広告づくりにおいて特に注意すべきものをご紹介しますが、基本的な考え方は「広告の表示において他社の顧客吸引力や名誉を不当に利用したり傷付けることは禁止されていますよ」ということです。
 
●混同惹起行為
広く知れ渡っている他社(A社とします)の商品名・商号・商標などと同一・類似のものを広告中に使用し、読者にあたかもその広告がA社のものであるかのように混同させる行為です。
 
 ①許諾や取引関係もないのに、人気のある他社の商品表示を広告中に使用すること
 ②人気のある他社の商品デザインやパッケージを真似たものを用いること
 
以上のようなケースは混同惹起行為となるおそれがあります。
 
 
●著名表示冒用行為
広く知れ渡っている他社の商品などと同一・類似のものを自社の商品などと表示して広告に使用する行為です。
広く知れ渡っている他社の商品などの表示(著名表示)は、それだけでネームバリューといった財産的価値があるため、不正競争防止法ではその保護を定めています。許諾や取引関係もなく他社の著名表示を広告に使うことは、著名表示が持つ財産的価値に「ただのり(フリーライド)」することになるため、不正競争とみなされ禁止されます。
 
 ①有名ブランドのロゴや形状などを真似たものを販売したり広告に使用したりすること
 ②有名ブランド名を店名や商品名にして広告に使用すること
 
以上のようなケースは著名表示冒用行為となるおそれがあります。
 
 
●誤認惹起行為
広告などにおいて、商品やサービスの説明で以下の点について読者に誤認を与えるような表示をした場合、誤認惹起行為に該当します。
 
 商品:原産地、品質、内容、製造方法、用途、数量
 サービス:質、内容、用途、数量
 
この誤認惹起行為は、規制の内容を見ると景品表示法の不当表示にも該当する可能性があることが分かります。不正競争防止法・景品表示法の2つの規制のルールに違反する可能性がありますので、注意が必要です。

2.不正競争防止法の規制の具体的なケース

不正競争防止法の広告ビジネス上押さえておきたい規制ルールの概略をご説明いたしましたが、広く知られている著名な商品・商号・商標などを模倣して、許諾や取引関係もなく自社の広告に使うと違反となるという意味で、商標法と似た性質があります。またイラストやシンボルマークは著作権法でも保護されますので、広く知られている著名なイラストやマークなどを模倣して、許諾や取引関係もなく自社の広告に使うと違反となるという意味で、著作権法と似た性質もあります。
 
では、実際に不正競争防止法違反だとして企業間で訴訟が起こされたケースとして、どういったものがあるのでしょうか?
 
 ●カフェのチェーン店がオープンする際、店頭などに示すあるシンボルマークを打ち出したが、そのマークが既存の有名カフェチェーン店のシンボルマークと類似しているとして、不正競争防止法に基づいた争いがありました。「『店を混同した』というお客様の苦情もあり営業上の利益が損害された」という主張でした。
 
 ●ある医薬品メーカーが発売したビタミン剤の外箱のデザインが、競合他社の著名なビタミン剤の外箱と類似しているとして、不正競争防止法に基づいた争いがありました。「著名なビタミン剤が培った信用や評価に『ただのり(フリーライド)』しようとしている」という主張でした。
 
 ●ある食品メーカーが発売したレトルトカレーのパッケージデザインが、競合他社の既存のレトルトカレーのものと酷似しているとして、不正競争防止法に基づいた争いがありました。これも営業上の利益が侵害されたという主張です。
 
広告づくりにおいても同様の行為(著名なものを模倣してただのりするといった行為)をすれば、不正競争防止法の規制ルールに違反すると認識してください。同業他社の信用を損ねたり、知名度にただのりしない広告マーケティングを心掛けましょう!

 
 

まとめ

野澤
不正競争防止法は商標法・著作権法と似た規制ルールです。著名な商標やマークを模倣すると違反となるおそれがありますよ!
The following two tabs change content below.
株式会社地域新聞社制作1部校正校閲課 WEB広告・WEBコンテンツのチェックをメインに担当 2007年に入社。『ちいき新聞』が手掛けるさまざまな業種の広告の校正校閲に従事、また外注化も推し進め部署の生産性向上も果たす。地域新聞社運営のWEB媒体 『チイコミ!』『ちいき新聞web』『販促の大学』の校正校閲のメイン担当となり、広告の規制という観点から情報発信も行う。「校正技能検定上級(旧三級)」「ビジネス実務法務検定2級」「知的財産管理技能士」「認定コンプライアンス・アドバイザー」「色彩検定」「特別会員一種証券外務員」「ファイナンシャル・プランニング技能士」などの資格取得を活かし、攻めと守りを兼ね備えた広告マーケティングの研究を続けている。

野澤 宏樹の最新記事 (記事一覧を見る)

続きを読む
記事を検索
メルマガ登録者数1万以上 セミナー情報をいち早くお届け
ご提案無料 ウィズコロナ時代に合わせて販促の「見直し」してみませんか?まずはお問い合わせください。
  • 二重価格表示のルールと正しい広告の書き方事例
    販促の大学では以前より広告マーケティングにおける法令遵守(コンプライアンス)の情報として、景品表示法などの解説をしてきました。今回から、実際に行政処分(措置命令)を受けた法令違反事例をもとに、リスクの高い広告表現を示し、受け手と長期的な信頼関係を結べる広告マーケティングのお手伝いをいたします!
  • 実際に行政の広告表現への監視は強まっています
    私(筆者)は広告審査の仕事を担当業務として行っています。前回は自分の仕事のご紹介として広告審査で求められる知識や心構え、景品表示法に関する実際にあった事例をお伝えしました。今回は薬機法(旧薬事法)の事例をご紹介するとともに、広告表現への行政による監視の強化やその心構えをお話しさせていただきます。
  • 求人広告の書き方、正社員・パートなど雇用形態の種類
    例えば求人広告に「正社員募集」と書いてあれば、当然、求職者は「最初から正社員で働ける」と考えます。たとえば「入社後3カ月は『試用期間』で、その間の雇用形態はパートになる」というような場合、雇われる側は「話が違う」と怒るかもしれません。無用なトラブルを防ぐためにも、雇用形態は実態に即した内容を正確に表記しましょう。
  • 特定商取引法の規制ルールを理解しトラブルを生まない広…
    誰でも一度はネット通販やエステ、語学教室などを利用したことがあるのではないでしょうか?また、電話で勧誘を受けたり、街を歩いていたらセールスに引き止められたという経験もあるのでは? そうした商取引で消費者を保護するルールが特定商取引法です。広告規制も定められたルールですので確実に理解し、トラブルを生まない広告を作りましょう!
  • あなたのお店の広告は大丈夫?
    「広告の法律」景…
    前回は「広告の法律」景品表示法の有利誤認についてご説明しました。
CRMって何?クロスセル?気になるワードをチェック!販売促進に関する用語集
お役立ち資料 開くお役立ち資料 閉じる
PAGE TOP