特定商取引法の規制ルールを理解しトラブルを生まない広告づくりを!③

公開
特定商取引法の中で広告規制があり、なおかつ広く社会に広まっている取引類型として、通信販売と特定継続的役務提供が挙げられます。今回は特定継続的役務提供について解説します。耳慣れない言葉ですが皆さんがよく利用するお店も特定継続的役務提供に該当しているかもしれません。しっかりチェックしましょう!
 
【目次】
1.特定商取引法における特定継続的役務提供
2.特定継続的役務提供の規制ルール

1.特定商取引法における特定継続的役務提供

「役務(えきむ)」とはいわゆるサービスのことを言います。
 
「特定継続的役務」とは、サービス提供を受ける者の身体の美化、知識・技能の向上などの目的を実現させるために誘引されるが、その目的の実現が確実でないという特徴を持つ有料サービスを意味します。
 
より具体的に言うと「特定継続的役務提供」とは、長期・継続的なサービスの提供と、高額の対価を設定する取引のことであり、現在、
 ①エステティック
 ②美容医療
 ③語学教室
 ④家庭教師
 ⑤学習塾
 ⑥結婚相手紹介サービス
 ⑦パソコン教室
の7つのサービス(業態)が対象とされています。
 
また特定商取引法上、事業者間取引の場合、
 ・海外にいる人に対する契約
 ・事業者がその従業員に対して行った販売またはサービスの提供の場合
などにおいては、規制ルールが適用されません。

2.特定継続的役務提供の規制ルール

特定商取引法の特定継続的役務提供の広告の規制ルールとして、特定商取引法の第43条において「誇大広告等の禁止」がうたわれています。特定商取引法は、誇大広告や著しく事実と反する広告による消費者トラブルを防止するために、サービス内容などについて「著しく事実に相違する表示」や「実際のものより著しく優良であり、もしくは有利であると人を誤認させるような表示」を禁止しています。
 
違反事例として、
 
あるエステティック店が広告で実際には、契約代金を一括で支払った場合の1か月当たりの料金が9,500円という計算になるだけのところを「月額制」「通常月額9,500円」などと単価9,500円の契約を任意の月単位で契約できる制度であるかのように広告表示をした。さらに「今なら初月+2ヶ月目も0円、〇〇〇〇年2月28日まで!」と申し込みの有効期限があるかのように表示していたが、実際には期限を過ぎても「3月31日まで」「4月30日まで」と同様の表示を繰り返し、料金や支払時期・方法について、実際のものよりも著しく有利であると人を誤認させるような広告表示を行っていた。
 
として虚偽誇大広告と判断され、別件の違反と合わせて消費者庁より業務停止命令を受けています。
 
特定商取引法における特定継続的役務提供の対象業態は、中長期にわたり比較的高額な料金を払う必要があり、かつ成果の実現が確実ではないという特徴があるため消費者トラブルが起きやすいものと言えるかもしれません。
 
お客様との信頼関係をしっかりと結ぶためにも、誠実かつ配慮の行き届いた広告づくりをしていきましょう!

まとめ

特定商取引法の特定継続的役務提供は

 ①エステティック

 ②美容医療

 ③語学教室

 ④家庭教師

 ⑤学習塾

 ⑥結婚相手紹介サービス

 ⑦パソコン教室

の7つのサービス(業態)が対象とされています。
広告の規制ルールとして「誇大広告等の禁止」が謳われているので、料金説明などで誤認されない広告づくりをしましょう!

 
 

The following two tabs change content below.
株式会社地域新聞社制作1部校正校閲課 WEB広告・WEBコンテンツのチェックをメインに担当 2007年に入社。『ちいき新聞』が手掛けるさまざまな業種の広告の校正校閲に従事、また外注化も推し進め部署の生産性向上も果たす。地域新聞社運営のWEB媒体 『チイコミ!』『ちいき新聞web』『販促の大学』の校正校閲のメイン担当となり、広告の規制という観点から情報発信も行う。「校正技能検定上級(旧三級)」「ビジネス実務法務検定2級」「知的財産管理技能士」「認定コンプライアンス・アドバイザー」「色彩検定」「特別会員一種証券外務員」「ファイナンシャル・プランニング技能士」などの資格取得を活かし、攻めと守りを兼ね備えた広告マーケティングの研究を続けている。

野澤 宏樹の最新記事 (記事一覧を見る)

続きを読む
記事を検索
メルマガ登録者数1万以上 セミナー情報をいち早くお届け
ご提案無料 ウィズコロナ時代に合わせて販促の「見直し」してみませんか?まずはお問い合わせください。
  • 求人広告でトラブル回避する給与の表記方法
    求人広告に書かれているさまざまな雇用条件は、雇う者と雇われる者との「約束」です。中でも給与条件は、もっとも大切な「約束」の一つといえます。実際に支給された給与が広告と違っていたら、その広告は「うそつき広告」となります。トラブルを防ぐためにも、広告には「最低限保証された固定額」の表示をするようにしましょう。
  • クレームは命取り!注意すべき広告の表現とは?①
    「クレーム」「炎上」「苦情」という言葉がニュースを賑わせて久しくなりました。 それらは広告マーケティングにおいても無関係ではなく、むしろ、最大限注意しなければならない問題です。クレームが発生しやすいと思われる広告の表現をタイプ別にまとめてご紹介します。しっかりと確認し公平・誠実な広告づくりを心掛けましょう!
  • あなたのお店の広告は大丈夫?
    「広告の法律」景…
    広告を出すからにはお店の魅力を最大限打ち出して、他の広告より少しでも訴求効果を上げたいと思うもの。 でも、ちょっと待ってください。
  • 改正薬事法(薬機法)を理解し広告マーケティングに活か…
    前回は、ヘルスケア市場の現状と未来についてご説明し、改正薬事法(薬機法)の概略と、その広告規制に関する基本的な内容をご紹介しました。今回は、「虚偽・誇大広告等の禁止(薬機法第66条)」に抵触するおそれのある具体的な事例を挙げていきます。「知らなかった」では済まされないのが法律です。しっかりと理解しましょう!
  • 求人広告の書き方 労働時間の例外を認める制度と労使協…
    労働基準法で定められた法定労働時間は「1日8時間」「1週間40時間」ですが、事業場によってはこの範囲内では生活者に必要なサービスを提供できなくなる時間帯が生じてしまいます。例えば医療や介護、物流の現場…。法律には、この不都合を解消するための制度もあります。今回は、求人広告をだす上で知っておきたい、例外を認める制度を紹介します。
CRMって何?クロスセル?気になるワードをチェック!販売促進に関する用語集
PAGE TOP