広告づくりで知的財産を侵していませんか?
~知ってください!広告審査の現場⑤~

公開
文章でも、写真でも、イラストでも、一から物を生み出すというのはとても大変なことです。ましてや広告は、それらの「創作物」が組み合わさるものなのですぐにポンと出来上がるものではありません。だからといって、他人の創作物を無許可で広告に流用するのはいけません。それらは知的財産として保護されているからです。
 
【目次】
1.コピペ文化と広告規制
2.知的財産も広告規制の領域です

1.コピペ文化と広告規制

インターネットはさまざまな文章・写真・イラストであふれており、コピペするだけで誰でも簡単に使うことができてしまいます。しかし、当たり前のことですがそれらには創作した執筆者・撮影者がおり、創作したものに対する知的財産権を保持しています。
 
知的財産権はさまざまな権利の総称ですが、特に広告の規制において覚えておく必要があるのが著作権商標権です。この二つの権利について簡単に説明します。
 
著作権は広告本文・写真・イラスト、またはそれらの編集物などにおいてその著作者が保持する権利です。広告や、またそれを構成する一部のコンテンツを、著作権者に無断で広告に流用したり、ネット広告としてアップしたり、またそれらを参考にした似た広告(依拠性と類似性があると言います)を発表した場合、著作権法違反となるおそれがあります。
 
商標権は商標を財産として守る知的財産権です。商標権を取得するには、特許庁へ商標を出願して商標登録を受ける必要がありますが、第三者が無断で登録商標(またはそれに著しく類似するもの)を広告に流用するといった行為をした場合には侵害行為の差し止め、損害賠償などを請求できます。商標とは、商品名や企業名・ブランド名、キャッチフレーズ・ロゴマーク・キャラクターなどといったものです。
 
要するに、他者の文章・写真・イラストや、企業のロゴマークや有名なキャッチフレーズを無断で広告に流用することは規制されており、それをやぶると知的財産権の侵害として罰せられるということです。
 
こういった知的財産権は、もうだいぶ社会に浸透している概念だと思っていたんですが、意外とビジネスの現場において頻繁にトラブルが見られるんですよね…。「知的財産権といったものがあるのは知っているけど、これくらいのことはしても大丈夫だろうし、広告の仕事で用いても規制されないだろう」と思われてしまうのかなと推測しています。
 
例えば、フリー素材集といって「勝手に使っても著作権侵害としませんよ」という形で写真やイラストがまとめられたサイトがありますが、これも但し書きをよく読むと広告流用といった商業活動に使うことは規制されていたり、アダルト媒体に掲載することは規制されていたりと、使い方によっては規制されていることもあり、うっかり違反してしまいがちなケースであります。

2.知的財産も広告規制の領域です

著作権に関することで、広告審査の現場で実際にあったケースでは、
「雑誌に紹介されました」
という名目で雑誌の表紙画像が大きく広告に載っているものがあったのですが、「雑誌の表紙」も著作権で保護され得るものです。雑誌の表紙に創作性のある写真やイラストがはっきり写っているなどした場合、写真の撮影者やイラストの作者、または雑誌の出版社に著作権があるため、無断で広告に流用すれば著作権侵害となります。
 
「その雑誌に自分の店が紹介されたんだよ?自分のとこの広告に使っちゃいけないの?」と仰るクライアントが多いです。しかし、雑誌内に自分の店のことが載っていることと、雑誌の表紙の著作権の問題は別です。
もちろん、広告に使う旨の許諾を著作権者から事前に得ていれば問題はないです。店の紹介もされているわけですし、著作権者としても簡単に許諾してくれるケースかもしれません。しかし、無許諾で、しかも広告の流用の仕方や演出の仕方が過度になると「やりすぎ」とみなされ著作権侵害のクレームがつく可能性は十分にあります。
 
 
商標権に関することの方が、広告の規制で言えば問題になることが多いかもしれません。
 
Appleやセブンイレブンのロゴマーク、CMでよく流れているキャッチフレーズを無断で広告に使うことは商標権の侵害となるおそれがあります。
商標権というものは知的財産として、権利者である企業が長年の営業努力の上培った強みであり、商標そのものに社会的・市場的な価値があります。それを無断で広告に使用したとしましょう。例えば、Appleのロゴマークを広告に大きく載せたとして、広告の読者は「このお店はきっとAppleに認められた系列店なのだな。あのAppleに認められたお店なのだから、きっと優良店なんだろう。行ってみるか」と思うはずです。実際にAppleとは大した関係もないのに、無断でロゴマークを広告に使用することでAppleのネームバリューを自分の店の業績向上に利用していることになります。こうした行為は「フリーライド(ただ乗り)」と呼ばれ、知的財産法や経済法で規制されています。
 
 
著作権にせよ商標権にせよ、技術的には誰でも簡単にコピペで侵害行為ができてしまうことが、問題を根深くしていると思います。広告の規制というフィールドで、知的財産というものがあり、他者のコンテンツの無断使用は許されないものなのだというリテラシーを多くの人に浸透させる必要があると考えています。
 
皆さんも、広告づくりの際の心構えとして覚えておいてください!

 
 

まとめ

野澤
コピペが氾濫している世の中ですが文章・写真・イラスト・ロゴマークなどの広告への無断流用は知的財産権の侵害です!自分の店が雑誌に紹介されたからといってその雑誌の情報を無断で流用していいわけではありませんよ!
The following two tabs change content below.
野澤 宏樹
株式会社地域新聞社制作1部校正校閲課 WEB広告・WEBコンテンツのチェックをメインに担当 2007年に入社。『ちいき新聞』が手掛けるさまざまな業種の広告の校正校閲に従事、また外注化も推し進め部署の生産性向上も果たす。地域新聞社運営のWEB媒体 『チイコミ!』『ちいき新聞web』『販促の大学』の校正校閲のメイン担当となり、広告の規制という観点から情報発信も行う。「校正技能検定上級(旧三級)」「ビジネス実務法務検定2級」「知的財産管理技能士」「認定コンプライアンス・アドバイザー」「色彩検定」「特別会員一種証券外務員」「ファイナンシャル・プランニング技能士」などの資格取得を活かし、攻めと守りを兼ね備えた広告マーケティングの研究を続けている。
野澤 宏樹

野澤 宏樹の最新記事 (記事一覧を見る)

続きを読む
記事を検索
メルマガ登録者数1万以上 セミナー情報をいち早くお届け
ご提案無料 ウィズコロナ時代に合わせて販促の「見直し」してみませんか?まずはお問い合わせください。
  • 特定商取引法の規制ルールを理解しトラブルを生まない広…
    誰でも一度はネット通販やエステ、語学教室などを利用したことがあるのではないでしょうか?また、電話で勧誘を受けたり、街を歩いていたらセールスに引き止められたという経験もあるのでは? そうした商取引で消費者を保護するルールが特定商取引法です。広告規制も定められたルールですので確実に理解し、トラブルを生まない広告を作りましょう!
  • 求人広告の書き方 労働時間の例外を認める制度と労使協…
    労働基準法で定められた法定労働時間は「1日8時間」「1週間40時間」ですが、事業場によってはこの範囲内では生活者に必要なサービスを提供できなくなる時間帯が生じてしまいます。例えば医療や介護、物流の現場…。法律には、この不都合を解消するための制度もあります。今回は、求人広告をだす上で知っておきたい、例外を認める制度を紹介します。
  • 実際に行政の広告表現への監視は強まっています
    私(筆者)は広告審査の仕事を担当業務として行っています。前回は自分の仕事のご紹介として広告審査で求められる知識や心構え、景品表示法に関する実際にあった事例をお伝えしました。今回は薬機法(旧薬事法)の事例をご紹介するとともに、広告表現への行政による監視の強化やその心構えをお話しさせていただきます。
  • 二重価格表示のルールと正しい広告の書き方事例
    販促の大学では以前より広告マーケティングにおける法令遵守(コンプライアンス)の情報として、景品表示法などの解説をしてきました。今回から、実際に行政処分(措置命令)を受けた法令違反事例をもとに、リスクの高い広告表現を示し、受け手と長期的な信頼関係を結べる広告マーケティングのお手伝いをいたします!
  • 景品表示法違反(有利誤認)かも? キャンペーン期間延…
    当シリーズは、広告表現において実際に行政処分(措置命令)を受けた法令違反事例をご紹介しています。今回は値引きキャンペーンを何度も延長して広告し、景品表示法違反に問われたケースをご紹介します。「うちもやってる…」という方、いらっしゃいませんか?広告は不特定多数の人々の目に触れるもの。注意が必要です。
CRMって何?クロスセル?気になるワードをチェック!販売促進に関する用語集
お役立ち資料 開くお役立ち資料 閉じる
PAGE TOP