チャルディーニの法則

チャルディーニの法則とは、社会心理学者ロバート・B・チャルディーニが提唱した、人の行動に影響を及ぼす6つの要因とその法則のこと。

■人の行動に影響を及ぼす6つの要因
①返報性 ②一貫性 ③社会的証明 ④好意 ⑤権威 ⑥希少性

マーケティングや営業の分野では、購買を促進するためにこの法則が広く使われ、キャンペーンや広告の企画に応用されている。ロバート・B・チャルディーニの代表的な著書『影響力の武器』に詳しく紹介されている。

①返報性
プレゼントをもらったり、親切にしてもらったりすると、お返しをしたいと感じること。

②一貫性 
自分の行動や考え方に一貫性を保とうとすること。街で自然保護団体の署名活動に応じた人は、「活動資金を募金して欲しい」という要望にも応じる可能性が高い。」

③社会的証明 
たとえば閑散としているお店よりも人がたくさんいてにぎわっているお店の方が「おいしいはず」「安いはず」と何かしらの価値があると考え、他の人と同じ行動を取ること。

④好意
仲の良い友人や恋人など、好きな相手からおすすめされた商品は買ってみようという気持ちになる。

⑤権威
たとえば自分より偉いと感じる人の判断には従いやすくなること。医者から治療の説明を受けたり薬剤師から薬の説明を受けたりすると無条件に信頼してしまうような心理。

⑥希少性
「限定○○個!」「ランチ限定」「残りわずか」など、少ないものには価値があると思ってしまう心理。

■参考図書紹介ページ
販促のおススメ図書『影響力の武器[第三版]なぜ、人は動かされるのか』

続きを読む
記事を検索
メルマガ登録者数1万以上 セミナー情報をいち早くお届け
ご提案無料 ウィズコロナ時代に合わせて販促の「見直し」してみませんか?まずはお問い合わせください。
  • マーケティング・ミックス(4C)
    1990年代にマーケティング・ミックスの新たな形として提唱された。提唱者はアメリカの広告学者、ロバート・ローターボーン。「4P」を顧客視点から再定義している。 製品(Product) →顧客にとっての価値(Custome […]
  • 商圏
    スーパーや飲食店などの施設(店舗)に集客できる地域的な範囲のこと。 商圏はその施設(店舗)からの距離だけでなく、河川等の地理的な条件や渋滞等の交通事情を加味した所要時間などで設定される。 また施設(店舗)の業態や取扱商品 […]
  • RFM分析
    (あーるえふえむ分析) 顧客分析手法のひとつで、Recency(最終購入日)Frequency(購入頻度)Monetary(購入金額)の3つの指標で顧客の選別とランク付けを行う。それぞれの指標について5段階評価を行うこと […]
  • AIDA
    ユーザーの購買行動プロセスを説明するモデルの一つで、Attention(注意)Interest(興味)Desire(欲求)Action(行動)の頭文字をとったもの。1920年代にアメリカのE・Kストロングが提唱したモデル […]
  • アップセル
    セールス手法の一つで、顧客が購入しようと考えているやサービスについて、より高額のものを提案し、購入してもらうこと。例えば、ハンバーガーショップで「+100円でポテトのサイズをMからLに変更できる」などがこれに該当する。ア […]
CRMって何?クロスセル?気になるワードをチェック!販売促進に関する用語集
PAGE TOP