地域の子どもたちへ向けたCSR活動をご提案します ~小中学生向け副教材 職業紹介冊子~

「企業の社会的な責任(CSR)」に取り組み、顧客や取引先、株主や従業員、地域の住民など、企業を取り巻くあらゆる利害関係者(ステークホルダー)との良好な関係を築く経営が求められるようになってきました。

企業団体における社会貢献活動が重要視される今日、様々な分野のCSR活動の中でも特に「教育に関するCSR」への関心が高まっています。

児童・生徒が実際に仕事の体験や、働く人々と接するキャリア教育(職業体験)等も将来の働き方や、進路を考えるきっかけとして、教育支援活動とした地域貢献活動の1つです。

コロナ禍で職場体験の優先順位が下がったり、実施自体が難しいといった声もある中で、職場体験に代わって、未来の担い手となる子どもたちに向けて教育支援をする会社も増えてきました。

今回は、販促の大学を運営する「地域新聞社」が発行する小中学生向けの副教材「発見たんけん」について、実際に地域の子どもへ向けたキャリア教育の一環として活用している事例をご紹介します。

こんなお悩みをお持ちの方におすすめ

・千葉県、埼玉県、東京都江戸川区に事業所をお持ちの広報・総務・経営者様
・CSR(企業の社会的責任)活動を考えているが具体的に何をしていいのかわからない
・企業のイメージアップをはかりたい
・社内外へCSR活動をPRしたい
・地域の子どもとつながりたい
・ブランディング活動の手法を探している
など

講師紹介

五十嵐 正吾(いからし しょうご)
株式会社地域新聞社 営業本部 副本部長 兼 マーケティング部 部長
2008年新卒入社。広告企画営業で主に新規エリアを担当。
2013年より柏支社 支社長としてマネジメント業務に従事。
2017年より営業本部 エリア営業領域の副本部長、2021年9月よりマーケティング部の部長を兼務。
データに基づいた仕組み作りなどで営業の効率化を推進。

セミナー詳細

日時 2022年12月15日(木)11:00~12:00
参加費 ※参加費無料
開催方法

ZOOM
※お申込み後、視聴URLをお送りいたします。

定員

先着100名様

対象

経営者様、販売促進担当者様、人事総務・広報担当者様など
※同業者のご参加はお断りしております。

プログラム

・キャリア教育の現状と重要性
・キャリアパスポート導入と現状
・発見たんけんができるまで
・これまでの地域新聞社の取り組み
・発見たんけん2023年度版概要
など
※内容は変更になる場合がございます。予めご了承ください。

お問い合わせ

株式会社地域新聞社 販促の大学セミナー運営事務局
webinar@chiikinews.co.jp
千葉県八千代市勝田台北1-11-16 VH勝田台ビル5F

その他注意事項

・お申し込み後、視聴URLをお送りいたします。
・同業者のご参加はお断りしております。

記事を検索
PAGE TOP