お店に行く前に情報収集が当たり前の時代
販促に重要な「消費者目線」の媒体選び~「読者モデル広告」の訴求効果

お店に行く前の下調べが当たり前の時代。
数ある情報の中から、自社のアピールをするにはどの媒体が適しているのか知りたい方、
情報が埋もれずに来店動機につながるようにするには、どうしたらいいのかと悩まれている方におすすめの内容!

最近の消費者行動の変化を理解しつつ、来店動機に結び付くためのコツや
弊社で行っている読者モデル起用による効果のご紹介など
今後の貴社の媒体選びと、告知の方向性に参考となるウェビナーです。

なお、同業種の方のご参加はご遠慮いただきますようお願いします。

こんなお悩みをお持ちの方におすすめ

・自社にあった媒体の選び方を知りたい方
・これから告知内容を検討される方
・見込みの高い消費者に来店してもらいたい方
・読者モデルや第三者目線広告や、効果について知りたい方
など

講師紹介

鈴木 亜由子(すずき あゆこ)
株式会社地域新聞社
営業本部 まま・ここっと発行責任者
     発見たんけん 学校交流窓口

2010年に営業として新卒で入社。
千葉県、埼玉県でちいき新聞の広告営業を担当。
育休復帰後、育児情報紙「まま・ここっと ちば版」の立ち上げを担当。 

セミナー詳細

日時 2022年10月27日(木)13:00~14:00
※終了時刻は予定時刻です
参加費 ※参加費無料
開催方法

ZOOM
※お申込み後、視聴URLをお送りいたします。

定員

先着100名様

対象

経営者様、販売促進担当者様
※同業者のご参加はお断りしております。

プログラム

・媒体の選び方
・ターゲットセグメント
・消費者行動の変化
・第三者目線広告とは
・読者モデルの活用方法と事例
※内容は変更になる場合がございます。予めご了承ください。

お問い合わせ

株式会社地域新聞社 販促の大学セミナー運営事務局
webinar@chiikinews.co.jp
千葉県八千代市勝田台北1-11-16 VH勝田台ビル5F

その他注意事項

・同業者のご参加はお断りしております。

記事を検索
PAGE TOP