はじめてでも分かる!コンテンツマーケティングとは?

マーケティング

Googleが公開しているSEO施策初心者向けの「検索エンジン最適化(SEO)スターターガイド」をご存知でしょうか?

 

Googleはその中で、検索エンジンに対して取るべき施策として「コンテンツの最適化」を挙げ、また自然発生的な紹介や口コミが発生するサイトこそが、質の高いコンテンツと定義しています。

 

近年のSEO(Search Engine Optimizationの略。検索エンジン最適化)対策の手法としても、これまで広義的に行われてきた「コンテンツマーケティング」のニーズが高まり、注目されています。

 

今回は、見込み客(将来的に商品・サービスを購入する可能性のある人)の獲得・育成におけるコンテンツマーケティングについてわかりやすく解説します。

 

コンテンツマーケティングとは

コンテンツマーケティングの生みの親とされる、アメリカのコンテンツマーケティングインスティチュート社が発信している定義によると、「コンテンツマーケティング」とは以下のような意味です。

 

Content marketing is a strategic marketing approach focused on creating and distributing valuable, relevant,

and consistent content to attract and retain a clearly-defined audience – and, ultimately, to drive profitable 

customer action.

引用元:What is Content Marketing?|Content Marketing Institute

(http://contentmarketinginstitute.com/what-is-content-marketing/)

【和訳】コンテンツマーケティングとは、適切で価値ある一貫したコンテンツを作り、それを伝達することにフォーカスした、戦略的なマーケティングの考え方である。
見込客として明確に定義された読者を引き寄せ、関係性を維持し、最終的には利益に結びつく行動を促すことを目的とする。

 

つまり、コンテンツマーケティングとは「ユーザーに価値のあるコンテンツを配信し、最終的に利益につながる行動を起こすよう促すマーケティング手法」のことです。

 

価値のあるコンテンツとは、ユーザーが知りたい情報が詳しくまとまっているコンテンツの事で、その手法は限定されていません。

 

コンテンツマーケティングが注目されている背景としては、インターネットの普及によってそこから情報を取得することが一般化し、SNSなどを通じた情報交換や評価の共有が行われ、その結果、情報の発信側は「いかに多くの情報を送り込むか」から「いかに必要としている人に情報を見つけてもらうか、適切な情報を届けるか」へシフトしていることにあります。

 

コンテンツマーケティングの役割

コンテンツマーケティングは、マーケティング活動におけるリード(見込み客)を獲得する「リードジェネレーション」、および獲得したリードに対して具体的な施策を立てる指標にしたり、受注の可能性が高い顧客へと育成したりする「リードナーチャリング」において有効な施策となります。

 

リードジェネレーションでは、Webからの問い合わせフォームや予約フォーム、メルマガへの登録フォームなどを用意して、連絡先などの情報を入力してもらうよう促すことで、リードを獲得します。

 

その後のリードナーチャリングでは、購入に至るまでの間はメルマガやWebコンテンツなどの有益な情報を、中長期的かつ適切なタイミングで提供することで埋めて、結果として自社の製品やサービスへの購買意欲が高くなるよう促していきます。

 

リードジェネレーション、およびリードナーチャリングで配信された各種コンテンツは、冒頭で触れた「ユーザーに価値のあるコンテンツを配信し、最終的に利益につながる行動を起こすよう促す」ことを目的に作られたものになるのです。

 

コンテンツマーケティング基本施策と具体例

コンテンツマーケティングでは下記の3点を基本施策としています。

 

1.適切なキーワードを入れたページを増やす

2.アクセス解析、キーワード解析を行う

3.ページを定期的にアップデートする

 

ユーザーに価値のあるコンテンツを提供することは前提としてありますが、ユーザーが見つけやすいように、検索エンジンに対し最適化を行っていくことも重要になります。

 

また、具体的な施策を下記にいくつかご紹介します。

 

1.目的、ターゲットがあいまいで、効果が出ていない場合、目的に応じてWebサイトのターゲット層を明確にして、ページを全面的に見直す。

例)訪問者(ユーザー)、ページビューの増加。サービスページへの誘導。

 

2.SNS(Twitter・Facebook等)との連携。流入元を増やしサイトへの誘導→良質なコンテンツを拡散してもらう。

3.記事の内容に関連キーワードが少ないため検索結果で記事が表示されないときは、関連キーワードを盛り込み、オーガニック検索からのアクセス増を狙う。

 

まとめ

◆コンテンツマーケティングとは「ユーザーに価値のあるコンテンツを配信し、最終的に利益につながる行動を起こすよう促すマーケティング手法」のこと

 

◆コンテンツマーケティングは、リードジェネレーションおよびリードナーチャリングの施策に有効

 

◆コンテンツマーケティング基本施策は 

1.適切なキーワードを入れたページを増やす 

2.アクセス解析、キーワード解析を行う 

3.ページを定期的にアップデートする

 
 

■おすすめの関連コラム

  1. メルマガをはじめる前に

    メールマガジンを発行することに興味をお持ちのあなたに!前回記事「メールマーケティングのススメ」で...
  2. メールマーケティングのススメ

    メルマガとは「メールマガジン」の略称で、電子メールを用い、企業や個人などが特定の読者に向けて定期...

PAGE NAVI

The following two tabs change content below.
金村 勇秀
株式会社ベストエフォートマーケティング 代表取締役。 東京理科大学大学院卒業後、外資系企業にてマーケティング職、国内・海外営業職に従事。2011年4月に株式会社ベストエフォートマーケティング代表取締役就任。 “WEBを起点としてビジネスを発展させる”をキーワードに、WEBサイト制作、WEBマーケティング、営業コストを抑えて売り上げを上げていく効率的なマーケティング手法、営業手法などを提案。海外のグローバル企業、上場企業、中小企業、ベンチャー企業等200社以上の企業の営業マーケティング支援実績。 2018年2月美容室2店舗を運営する株式会社HARU 代表取締役および船橋店責任者に就任。ホームページ:https://besteffortmarketing.co.jp/ 株式会社HARUホームページ:https://bh-haru.com/ 株式会社HARU船橋店ホームページ:https://bh-haru.com/funabashi/ Facebook : https://www.facebook.com/yushukanemura

続きを読む
セミナー開催情報
働き方改革関連法の対策セミナー
日程:2018年8月28日(火)
時間:15時~17時
定員:30名
ついに「働き方改革関連法」が6月末に成立しました。対策を怠ると、自社にどのような不利益がまっているかご存知でしょうか。「社員の流出」「未払い残業代請求の増加」「残業時間を超えた場合の罰則」など、1~2年後に迫った法律の施行までに対策をしていないと、会社の存亡に関わる可能性もあります。そこで今回は、働き方改革関連法案の対策と、いまから準備すべきことを、人事評価のプロの視点で株式会社あしたチームよりご説明いたします。
  • 【集客のコツ】入り口周りと外観に気を配ってみる
    オシャレな外観、でもパッと見、何のお店か分かりづらい。入り口がどこか分かりづらい。街を歩いていると、たまにそんなお店を見かけます。せっかく外観が良くても、そこがなんのお店か分からなければ、初めてのお客様はなかなか入りづらいものです。
  • 2017年12月の販促計画を立てる時のポイント
    12月は年間を通して最も昼が短い時期。寒さもいよいよ本格的になります。冬のボーナスが支給され、お歳暮、クリスマス、新年の準備などで消費支出が最も増える月なので、キーワードに合わせた販促計画を立てましょう。月間の販促計画作成に役立つポイントをまとめましたので、参考にしていただければと思います。
  • 2018年9月の販促計画を立てるときのポイント
    朝晩の気温が下がり始め、徐々に過ごしやすくなる時季です。「食欲の秋」といわれるように、食欲の回復と合わせて、秋が旬の食べ物が美味しさを増してきます。旬にフォーカスしたキャンペーンの計画を立てましょう。また、敬老の日もあり、高齢者向けのプレゼント企画もおすすめです。家族全員で来てもらえるような企画を立てると、集客数が増えるかもしれません。それに加え、今年は3連休が2回もあります!準備には時間がかかるので、早めに販促計画を立てましょう。月間の販促計画作成に役立つポイントをまとめましたので、参考にしていただければと思います。
  • 商品キャッチコピー作成の手順と6つの技術
    お店や商品サービスの紹介に欠かせないのが「商品コピー」。商品の特長を表す大事な要素ですが、これを考えるのに苦心することはありませんか?売れる商品コピーをすぐに作れる天才は、多くいるわけではありません。ただ、私のような普通の人でも、そこそこ良いコピーを作るための「手順」や「技術」はあります。今回はキャッチコピーの質を高めるのに大切な「手順」と6つの「技術」をお伝えします。
  • こんな時代だからこそ「紙orWEB」ではなく「紙&W…
    紙販促の時代は終わった。今はWEB販促だ。そんな声をよく耳にします。確かにインターネットやスマホが生活インフラとして無くてはならない存在となり、販促の中心もWEB販促になってきているのは事実です。しかしながら、だからこそ今、逆に紙販促の使い方が問われているといっても過言ではありません。紙販促・ポスティング型生活情報紙『ちいき新聞』を展開している弊社だからこそお伝えできる、WEB時代ならではの紙販促活用法をご紹介します。
続きを読む
チラシのお届け方法をお探しの方へ
集客や販促方法でお悩みの方へ 販促に関する無料相談実施中! 地域情報に詳しい担当が、御社にご訪問して集客課題を伺います!詳しくはこちら
CRMって何?クロスセル?気になるワードをチェック!販売促進に関する用語集
お問い合わせ 閉じる
PAGE TOP