チラシ折込ができるフリーペーパー5選 ~関東編~

チラシの主な配布方法は「新聞折込」と「ポスティング」の2種類です。しかし、それ以外にもチラシを届ける方法があることをご存知でしょうか。実は戸別配布されている地域情報誌やフリーペーパーの中には、チラシを折り込んで配布するサービスを行っている地域メディアもあります。近年、新聞購読者数は減少しています。今回はチラシを届ける手段として、チラシ折込ができるフリーペーパーをご紹介します。

 

【目次】
1.フリーペーパー折込の特長
2.チラシ折込ができるフリーペーパー5選 ~関東編~
3.まとめ

 

 

フリーペーパー折込の特長

新聞折込と比べると、フリーペーパーは配布エリアを細かく選べるという特長があります。

また、ポスティングと比べた場合、地域に根差したメディアに挟み込まれるので、チラシの情報に対する信頼が高まるというメリットもあります。

 

価格に関しては、新聞折込やポスティングよりも比較的安い場合が多いのも特長です。
首都圏内で新聞折込の相場がB4サイズで3.5円前後なのに対し、今回ご紹介する5つのメディアはおおよそ3.0円なので、お得な場合が多いです。

 

しかし、それ以外の配布率や細かな価格の特徴に関しては、メディアごとに大きく異なりますので、一概に強みや弱みをいうことができません。一度問い合わせてみるといいでしょう。

チラシ折込ができるフリーペーパー5選 ~関東編~

今回は、首都圏の、新聞以外にチラシ折込ができるフリーペーパーを5つご紹介します。

 

・ちいき新聞(株式会社地域新聞社)
・ショッパー(株式会社ショッパー社(地域新聞社グループ))
・ぱど(株式会社ぱど)
・リビング新聞(株式会社サンケイリビング社)
・いちかわ新聞、葛西新聞、行徳新聞、浦安新聞(株式会社明光企画)

 


・ちいき新聞

千葉県を中心に、埼玉県や、茨城県の約210万部世帯の配布されているフリーペーパー。配布エリアはおおよそ500部ごとに細かく選べるので、お店の周辺に集中的にチラシ折込をすることも可能です。

 

【折込料金】
A4:2.7円
B4:3.0円

詳しくはこちら


・ショッパー

『ちいき新聞』を発行する地域新聞社のグループ会社が発行するショッパー。首都圏に約83万部を発行しています。配布形式は『ちいき新聞』とほぼ同じで、細かなエリア選定ができるのが特長です。

 

【折込料金】
A4:3.0円
B4:3.0円

詳しくはこちら


・ぱど

全国で約925万部を発行している地域生活情報誌。発行部数では世界一の記録を持つフリーペーパーです。ぱど折込は1エリア平均800部で、折込エリアを選択可能。日本中の多くの地域で折込ができます。

 

【折込料金】
A4:3.0円
B4:3.0円

詳しくはこちら

 


・リビング新聞

全国55エリア、約786万部を発行する地域情報誌。1エリアの折込部数は数千部なので、やや広めですが、全国に配布網を持っています。広域への告知をしたい場合にはとても有効なメディアです。

 

【折込料金】
A4:2.76円
B4:2.76円
※リビング折込57エリアの平均単価

詳しくはこちら

 


・いちかわ新聞、葛西新聞、行徳新聞、浦安新聞

千葉県北西部と東京の葛西エリアで配布されているフリーペーパーです。チラシ折込の場合、1エリア約500部前後から折り込めます。ちいき新聞では配布できないエリアもカバーしているので、行徳、浦安、葛西エリアへの販促に有効です。

 

【折込料金】
A4:3.0円(葛西) / 3.4円(いちかわ・行徳・浦安)
B4:3.0円(葛西) / 3.4円(いちかわ・行徳・浦安)

詳しくはこちら

 

まとめ

一般の新聞折込よりも、配布単価が抑えられる場合が多いのがフリーペーパー折込の特長です。

さらに、折込のエリアもお店の商圏に合わせて細かく選べるので、地域密着のビジネスを展開しているお店にとっては、大変有効な手段になります。

 

また、近年ではGIS(地理情報システム)を使ったターゲット選定が可能なメディアも増えています。

 

※イメージ

 

株式会社地域新聞社ホームページより 詳細はこちら

 

細分化された折込エリアごとに、どのような人が住んでいるかを調べた上で、配布エリアを選定できるシステムです。

 

チラシの反応を高めるためにも、依頼する会社がGISを使っているかどうか、一度確かめてみるといいでしょう。

せっかく作ったチラシです。1件でも多くの反響を得るために、フリーペーパー折込を利用してみてはいかがでしょうか。

The following two tabs change content below.
川上辰夫
株式会社地域新聞社マーケティング部 「販促の大学」の企画責任者。 2011年に入社し、広告の営業として千葉県柏市内を担当。 2015年に発足した広告効果プロジェクトを通して、社内の広告力提案向上のための社員向け勉強会を企画。そのプロジェクトでの経験を生かし、「販促の大学」の立ち上げを行った。

続きを読む
セミナー開催情報
【初心者向け】リピーターを増やす!ニュースレター作成セミナー
日程:2018年3月14日(水)
時間:15時~17時
定員:15名
リピート集客のキモであるニュースレターの重要性と効果を事例をもとに紹介し、実際に簡単なニュースレター作成まで行うワーク型セミナーです。
続きを読む
集客や販促方法でお悩みの方へ 販促に関する無料相談実施中! 地域情報に詳しい担当が、御社にご訪問して集客課題を伺います!詳しくはこちら
CRMって何?クロスセル?気になるワードをチェック!販売促進に関する用語集
  • 2017年5月の販促計画を立てる時のポイント
    ゴールデンウィークから始まる5月は、イベントやレジャーで使い過ぎた家計が気になる月です。また、新生活による環境の変化などで、心身共に疲れが出やすい頃でもあります。体をいたわるメニューや癒しをテーマにした商品などがヒットする可能性が高いので、遅くとも1か月前には販促計画を立てましょう。月間の販促計画作成に役立つポイントをまとめましたので、ご参考にしていただければと思います。
  • 2017年9月の販促計画を立てる時のポイント
    朝晩の気温が下がり始め、徐々に過ごしやすくなる時季です。また、「食欲の秋」といわれるように、食欲の回復と合わせて、秋が旬の食べ物が美味しさを増してきます。旬にフォーカスしたキャンペーンの計画をしましょう。 また、敬老の日もあり、高齢者向けのプレゼント企画もおすすめです。家族全員で来てもらえるような企画を立てると、集客数が増えるかもしれません。 月間の販促計画作成に役立つポイントをまとめましたので、参考にしていただければと思います。
  • 2017年12月の販促計画を立てる時のポイント
    12月は年間を通して最も昼が短い時期。寒さもいよいよ本格的になります。冬のボーナスが支給され、お歳暮、クリスマス、新年の準備などで消費支出が最も増える月なので、キーワードに合わせた販促計画を立てましょう。月間の販促計画作成に役立つポイントをまとめましたので、参考にしていただければと思います。
  • 2018年2月の販促計画を立てる時のポイント
    寒さがピークを迎える2月。しかし、立春の頃から徐々に春の気配が感じられるようになります。節分の豆まきや恵方巻き、バレンタインデーなど、イベントの多い月です。モノが売れないニッパチといわれる月ではありますが、イベントに合わせて上手く販促を行えば、集客できる可能性があがるでしょう。月間の販促計画作成に役立つポイントをまとめましたので、参考にしていただければと思います。
  • 「PASONAの法則」
    売れる広告作成に使える…
    チラシの内容を考える際に、どのように進めればいいのか悩んだことはありませんか?広告作成にも様々な「型」があり、この基本的な型を覚えることが大切です。
PAGE TOP