あなたのお店の広告は大丈夫?
「広告の法律」景品表示法について③
~過大な景品類の規制とは~

前回は「広告の法律」景品表示法の有利誤認についてご説明しました。

 

≫過去記事はこちらよりご覧ください

https://hansokunodaigaku.com/koukoku_post/2995/

https://hansokunodaigaku.com/koukoku_post/3003/

 

景品表示法は広告などの「表示」だけでなく「景品」についても、その提供の仕方によって最高額や総額などを規制しています。

 

代表的な景品規制の内容をご紹介しますので、しっかりと理解をして法令に則った販促活動をしていきましょう!

 

【目次】
1.景品表示法における「景品類」とは?
2.景品表示法における景品の種類
3.一般懸賞の仕組み
4.総付景品の仕組み

景品表示法における「景品類」とは?

一般に景品というと、商品やサービスを購入した場合に付いてくる粗品やおまけといった、一種の「プレゼント」を思い浮かべることが多いと思われます。

 

また、「抽選で○名様にプレゼント」といった懸賞企画に当選した場合にもらえる賞品などを連想する人も多いでしょう。

 

景品表示法が定める「景品類」の定義は

 

1. 顧客を誘引するための手段として
2. 事業者が商品・サービスの取引に付随して提供する
3. 物品、金銭その他の経済上の利益

 

です。値引き、アフターサービスなどは除かれます。

 

注意すべき点として、景品といっても「物」だけが対象とされるわけではないということです。

 

例えば「ネイルケアも特別に施術します」といった特典的な「サービス」も、上記の定義と適合するのであれば「景品類」とみなされ規制の対象となります。

景品表示法における景品の種類

景品表示法では、景品類の提供の仕方や態様などにより景品の種類を分け、それぞれ提供できる景品類の最高額や総額などを定めています。

 

1. 一般懸賞
2.共同懸賞(商店街や一定の地域内の同業者が共同して行う懸賞)
3.総付景品(懸賞によらない景品類の提供)

 

に分けられます。

 

また、特定の業種における景品類の規制として

 

1. 新聞業
2. 雑誌業
3. 不動産業
4. 医療用医薬品業・医療機器業・衛生検査所業

 

においては、一般的な景品規制とは異なる内容の、業種別の景品規制が定められています。

 

また、新聞・テレビ・Webなどで広く告知し応募させるような、商品を買ったりサービスを利用することなく誰でも応募できる懸賞は「オープン懸賞」と呼ばれます。

 

これは景品表示法の対象外であり、具体的な上限額の定めはありません。

一般懸賞の仕組み

景品表示法における景品類の規制の中でも、よく出てくるのが一般懸賞です。

 

商品・サービスの購入者に対し、くじなどの偶然性、特定行為の優劣などによって景品類を提供することを「懸賞」といい、共同懸賞以外のものは「一般懸賞」と呼ばれます。

 

具体例を挙げると、

 

・抽選券、じゃんけんなどにより提供
・一部の商品にのみ景品類を添付していて、外観上それが判断できない場合
・パズル、クイズなどの回答の正誤により提供
・競技、遊戯などの優劣により提供 など

 

となります。

 

一般懸賞における景品類の限度額は下記の通りです。

 

取引価格5,000円未満の場合
・景品1件あたりの上限額は、取引価格の20倍
・景品の総額の上限額は、懸賞に係る売上げの2%以内

 

取引価格5,000円以上の場合
・景品1件あたりの上限額は、10万円
・景品の総額の上限額は、懸賞に係る売上げの2%以内

 

総付景品の仕組み

「懸賞」によらずに提供される景品類は、「総付景品(そうづけけいひん)」と呼ばれます。

 

具体的には、商品・サービスの購入者や来店者にもれなく提供する景品類がこれに該当します。

商品・サービスの購入申し込み順又は来店先着順により提供される景品類も総付景品に該当します。

 

ただし、次のようなケースは規制の対象外です。

 

・商品・サービスの販売に必要な物品・サービス(来店者への駐車料金無料サービスなど)
・見本、宣伝用の物品・サービス(サンプル・お試し品など)
・自店又は自店と他店で共通して使用できる割引券
・開店披露、創業記念などで提供される物品・サービス

 

総付景品における景品類の限度額は下記の通りです。

 

取引価格1,000円未満の場合
・景品類の上限額は、200円

 

取引価格1,000円以上の場合
・景品類の上限額は、取引価格の20%以内

 

行政が過大な景品やサービスを規制している理由は、それらがエスカレートすると事業者は商品・サービスそのものでの競争に力を入れなくなり、それが消費者の不利益につながるからです。

 

景品類の提供を用いた販促活動は、景品表示法で定められた上限額を守り、本業とのバランスをしっかりと保って運用していきましょう!

続きを読む
交流会開催情報
第2回船橋ビジネス交流会
日程:2017年12月14日(木)
時間:18時~20時半
参加費:3,000円(軽食・ドリンク付き)
対象者:経営者、決裁権のある役職の方
定員:30名
経営者や販促担当者にとっての「学びと交流の場」創りをコンセプトに、地域ビジネス活性化の場として「ビジネス交流会 in 船橋」を地域新聞社主催にて開催いたします。
続きを読む
集客や販促方法でお悩みの方へ 販促に関する無料相談実施中! 地域情報に詳しい担当が、御社にご訪問して集客課題を伺います!詳しくはこちら
CRMって何?クロスセル?気になるワードをチェック!販売促進に関する用語集
  • 7月の販促計画を立てるときのポイント
    7月は学校の夏休みが始まり、レジャー需要が高まる季節。梅雨明け後は外出する機会が増えるので、アクティブな消費者を狙った販促活動が重要になってきます。また、暑さで体調を崩す人が増えることで「冷涼」をテーマにした新商品がヒットする可能性も高まるので、遅くとも1か月前には販促計画を立てましょう。月間の販促計画作成に役立つポイントをまとめましたので、ぜひご参考にしていただければと思います。
  • 集客を増やす効果的なクーポン事例ストーリーvol.3…
    これまで「ラーメン」「カフェ」のクーポン事例についてご説明しましたが、今回はいったん原点に立ち戻り、「そもそもクーポンとは」「クーポンの効果的な活用方法とは」というような、クーポン販促を考える上での基本的な考え方を説明したいと思います。今回も弊社発行の『ちいき新聞』の広告やクーポン特集の効果データをもとに解説しますので、参考にしてください。
  • いまこそ重要。脳に響く紙メディア広告の活用方法
    「もう紙メディアの広告は古い」と思われる方も多いでしょう。しかし本当にそうでしょうか。
  • チラシ効果向上に大切な「サイズ」と「紙質」の選び方
    ちょっとの工夫で差別化し、今まで以上に見てもらえるチラシを作ってみませんか。
  • 商品キャッチコピー作成の手順と6つの技術
    お店や商品サービスの紹介に欠かせないのが「商品コピー」。商品の特長を表す大事な要素ですが、これを考えるのに苦心することはありませんか?売れる商品コピーをすぐに作れる天才は、多くいるわけではありません。ただ、私のような普通の人でも、そこそこ良いコピーを作るための「手順」や「技術」はあります。今回はキャッチコピーの質を高めるのに大切な「手順」と6つの「技術」をお伝えします。
PAGE TOP