あなたのお店の広告は大丈夫?
「広告の法律」景品表示法について②
~不当表示の有利誤認とは~

前回は「広告の法律」景品表示法の優良誤認についてご説明しました。

 

≫前回の記事は、下記よりご覧ください。

https://hansokunodaigaku.com/koukoku_post/2995/

 

景品表示法の不当表示については、優良誤認とセットで覚えるべきものがあります。

 

それが不当表示の「有利誤認」です。

 

優良誤認と並んで、消費者庁などの処分を受けやすい不当表示であり、消費者とのトラブルにもつながりやすいものですので、確実に理解して予防していきましょう!

 

【目次】
1.景品表示法の有利誤認とは?
2.有利誤認と優良誤認の違い
3.代表的な有利誤認表示「不当な二重価格表示」
4.その他の有利誤認表示の具体例と心構え

景品表示法の有利誤認とは?

広告主が、自己が販売・取引する商品・サービスにおいて、価格その他の取引条件について、一般消費者に対し、

 

1.実際のものよりも取引の相手方に著しく有利であると一般消費者に誤認されるもの

2.競争事業者に係るものよりも取引の相手方に著しく有利であると一般消費者に誤認されるもの

 

 

であって、不当に顧客に訴求し、一般消費者による自主的かつ合理的な選択を阻害するおそれがあると認められる表示が有利誤認表示であるとされ、禁止されています(景品表示法第5条第2号)。

 

つまり、商品・サービスを提供するにあたり、実際よりも有利(お得)であると偽って広告したり、競争業者の同種の商品・サービスよりも特に安いわけでもないのに、著しく安いかのように偽って広告する行為が有利誤認表示に該当します。

 

もっと簡単に言えば、有利誤認表示とは「これはとてもお得な価格(取引)だ!」と広告読者に思わせておいて、事実はそうではない表示のことです。

 

なお、優良誤認と同様に、有利誤認も広告主が「故意に」偽って広告表示する場合だけでなく、「誤って」広告表示してしまった場合であっても、あくまでその広告表示が有利誤認であると判断されれば、景品表示法による処分を受けることになりますので注意してください。

有利誤認と優良誤認の違い

景品表示法の不当表示には、大きく2つに分けて「優良誤認」と「有利誤認」があり、それぞれの概略も大筋把握できても、この2つの意味の違いがどうしても混合してしまい、理解を妨げてしまうことがあります。

 

優良誤認は、商品またはサービスの品質、規格その他の内容についての不当表示であり、有利誤認は、商品またはサービスの価格その他の取引条件についての不当表示です。

 

分かりやすく言うと、不当表示とみなされるもののうち、優良誤認は商品・サービスそのものの「品質」に関わるもの、有利誤認は商品・サービスを販売する際の、「(価格などの)取引」に関わるものということです。

 

そして、それぞれのケースにおいて、誇大広告や虚偽広告、事実とは齟齬のある広告表示をすることはNGであると定められているのです。

代表的な有利誤認表示「不当な二重価格表示」

有利誤認表示の中で、頻繁に行政からの処分を受ける代表的な実例として「不当な二重価格表示」が挙げられます。

 

二重価格表示とは、価格の安さを目立たせるために、事業者が商品・サービスの販売価格に、その販売価格よりも高い他の価格(比較対照価格)を併せて表示する手法です。

 

値札などに「お買い得価格!!通常価格298円→198円」といった表示がされていることをよく見かけると思いますが、これが二重価格表示です。

 

しかし、例えば「メーカー希望小売価格20,000円→10,000円」と表示されているとして、メーカーが設定している希望小売価格が実は20,000円を大きく下回る金額であった場合や、そもそもメーカーは希望小売価格を設定しておらず(オープン価格)、20,000円というのは単にお得感を出すための架空の価格設定であった場合などは、「不当な二重価格表示」となります。

 

また、比較対照価格価格が「通常価格」と銘打たれていたとして、最近はその価格で販売されたことがないというような場合も、「不当な二重価格表示」となります。

その他の有利誤認表示の具体例と心構え

その他に有利誤認表示として挙げられる実例として、

 

・インターネットの月額料金…「今ならご入会後3か月間無料!」と広告表示していたが、広告記載の期限後に入会をしても一律3か月間は月額料金が無料となる取引だった。

 

・懸賞企画広告…「30名様に超豪華賞品プレゼント!」と広告表示していたが、実際は30名を大きく下回る人数にしか商品の提供を行っていなかった。

 

・スクールの広告…「明瞭な料金設定!月会費○○○○円以外は一切お支払い頂きません」と広告表示していたが、実際は入会金・維持管理費といった名目の別料金が必要となる取引だった。

 

といったケースなどが該当します。

 

いずれも、消費者庁の処分を受けるおそれがあるだけではなく、取引や支払うお金に関わるものですので、顧客との大きなトラブルにつながる広告となってしまいます。

 

また、有利誤認表示としてよく出てくる内容として「同業他社のA社よりうちはこんなにお得です」といったケースがありますが、これはすなわち、事実を最も把握しているA社からのクレームや通報を招くこととなります。

 

顧客からの信頼喪失だけでなく、業界内における評判をも失墜させるおそれのあるケースですので、広告に価格や取引内容を表示する際には、決して虚偽の内容とせず、くれぐれも誤解を招くことのない記載となるよう心がけましょう!

 
 

■おすすめの関連コラム

  1. 改正薬事法(薬機法)を理解し広告マーケティングに活かそう!②

    前回は、ヘルスケア市場の現状と未来についてご説明し、改正薬事法(薬機法)の概略と、その広告規制に...
  2. 改正薬事法(薬機法)を理解し広告マーケティングに活かそう!①

    超高齢社会となった日本。それに呼応するように「年を取っても健康でいたい」「病気にならないように健...
  3. クレームは命取り!注意すべき広告の表現とは?②

    前回は誤解やクレームを招く広告表現のリスクや、及ぼされる損失が深刻なものであることを説明しました...
  4. クレームは命取り!注意すべき広告の表現とは?①

    「クレーム」「炎上」「苦情」という言葉がニュースを賑わせて久しくなりました。それらは広告マーケテ...
  5. 有名フレーズに権利あり!
    商標権を知りトラブルを防ごう!

    世間や市場で評判の良い商品名や企業名・ブランド名、誰でも一度は見たことのあるようなキャッチフレー...
  6. 著作権を守り、独創性のある広告を作ろう!

    本文・キャッチコピー・キャプション・写真・イラスト・映像…広告を構成する要素はさまざまです。そし...
  7. あなたのお店の広告は大丈夫?
    「広告の法律」景品表示法について③
    ~過大な景品類の規制とは~

    前回は「広告の法律」景品表示法の有利誤認についてご説明しました。景品表示法は広告などの「表示」だ...
  8. あなたのお店の広告は大丈夫?
    「広告の法律」景品表示法について①
    ~不当表示の優良誤認とは~

    広告を出すからにはお店の魅力を最大限打ち出して、他の広告より少しでも訴求効果を上げたいと思うもの...

PAGE NAVI

続きを読む
セミナー開催情報
中途採用を成功に導くノウハウ公開セミナー
日程:2018年7月26日(木)
時間:15時~17時
定員:30名
「中途採用って、意外と難しい」とお考えの採用担当者様向けのセミナーです。「なぜ貴社の中途採用はうまくいかないのか-中途採用成功のポイントを理解する-」をテーマに、中途採用を増やすための方法やノウハウをお伝えします。
  • 儲かっている会社の広告宣伝費って、売上の何%?(広告…
    皆さんは広告宣伝費の予算を効率よく立てていますか。 そして広告宣伝費の使い方を知っていますか。 「儲かっている会社の広告宣伝費って、売上の何%?」 https://hansokunodaigaku.com/koukoku_post/1414/では、広告宣伝費の予算の立て方について、各業種・業界の一般的な売上に対する広告宣伝費の割合を参考にしながら予算を立てる方法の有効性についてお話ししました。 今回は「儲かっている会社の広告宣伝費って、売上の何%?」の広告宣伝の手段編として、広告宣伝費の使い方についてご説明します。
  • マーケティング4.0の時代へ。売り方の方針を考える
    マーケティングの大家、フィリップ・コトラーが2017年ごろから提唱している「マーケティング4.0」。マーケティングにはいろいろな意味がありますが、「売れる仕組み」や「売り方」を示すといって良いでしょう。マーケティング4.0とはつまり、「マーケティング=売り方」が第4段階に突入しているということです。時代に合った「売り方」を把握し、自社の販売方針を考えてみてはいかがでしょうか。
  • 2017年4月の販促計画を立てる時のポイント
    4月は入園、入学、入社、部署異動など、新生活が始まる月。また、総務省統計局の調査によると、教育費の支出が年間で一番高くなるのが4月です。総合的な月間消費支出も年間で第3位。新しく店舗周辺に引っ越してくる人が多いので、認知度向上のために、遅くとも1か月前に販促計画を立てましょう。月間の販促計画作成に役立つポイントをまとめましたので、ぜひご参考にしていただければと思います。
  • てがきチラシ活用法
    てがきチラシは新聞折込やポスティングなど新規客獲得の為に利用するイメージですが、今回はおもてなしツールとしてファン作りに利用している事例をご紹介します。
  • 思わず見てしまう!お客様の心をつかむ店内POP術
    あなたが何かを「思わず見てしまった」のは、どんな状況のときだったでしょうか?そのときは、どんな心理状態になっていたのでしょうか?
続きを読む
集客や販促方法でお悩みの方へ 販促に関する無料相談実施中! 地域情報に詳しい担当が、御社にご訪問して集客課題を伺います!詳しくはこちら
CRMって何?クロスセル?気になるワードをチェック!販売促進に関する用語集
お問い合わせ 閉じる
PAGE TOP