店舗型ビジネスにとって「売上げをあげる看板」とは?

 

店舗型ビジネスにとって売上げをあげるのに欠かせないのが、新規顧客の獲得です。

 

常連客だけで成り立っている店舗もありますが、新規顧客を獲得できなければ、売上げは現状維持か下落する一方です。

 

では新規顧客を獲得するには、どうすればいいのでしょうか?

 

【目次】
1.ビジネスの基本式とは
2.新規顧客を増やす2つの方法
3.店舗に設置する看板とは
4.まとめ

ビジネスの基本式とは

まず、ビジネスの基本は以下の式で表せます。

 

売上げ=顧客数(新規顧客と既存顧客の合計)×客単価

 

そして店舗型ビジネスの場合、この新規顧客と既存顧客をそれぞれ次のような式に分解できます。

 

新規顧客=店舗前の通行人数×店舗入店率+その他手段来店顧客
既存顧客(固定顧客)=新規顧客×再来店率

 

上記の式を基にするなら、既存顧客を増やすには、新規顧客の再来店率を上げるしか方法はありません。

 

始めて来店した客を、顧客対応力、商品またはサービス力、店内の雰囲気などで「もう1回来店したい」という気持ちにさせることで、再来店率をアップさせます。

 

新規顧客を増やす2つの方法

対して、新規顧客の数を増やすには、2つの方法があることが分かります。

 

1つは通りすがりの人に店舗の魅力を知ってもらうことで、入店率を上げる方法。もう1つが、チラシ配布、インターネット、口コミ、紹介などの“その他手段”で来店してもらう方法です。

 

今回は入店率アップに欠かせない“看板”の重要性についてご説明します。

 

店舗に設置する看板とは

入店率を上げるためには、店舗の前を通る人に、「この店に入ってみたい」と思ってもらう必要があります。

 

そのために活躍するのが店頭に設置する看板です。看板には、店舗名を表記するメイン看板、タイムセールやサービスメニューなどの告知をする袖看板、最近ではデジタルサイネージと呼ばれる映像装置を利用した広告や案内表示、電飾看板などさまざまな種類があり、それぞれに異なった役割があります。

 

しかし残念ながら、それを正しく把握しないまま看板を設置しているお店が多いのが実情です。

では、看板の役割とは一体何なのでしょうか。

 

まず大事なのは、通りすがりの人に店舗の存在を知ってもらうことです。

そのためには店舗を目立たせるツールとして看板を利用する必要があります。

 

ここで有効なのが、“メイン看板”“外観照明”です。

 

まずは、メイン看板で“何をしている店舗”かが一目で分かるようにしましょう。

 

さらに、通行人やお店の前を通る車に確実に気づいてもらえるように“袖看板”を設置します。店舗まわりの環境にもよりますが、遠くからでも認知できるように設置することが重要です。

 

夜には店舗の看板や入口を照明で明るく照らします。こうすることによって、店舗の存在に気づかない人はぐんと少なくなります。

 

そしてメイン看板をフォローするように、サービスメニュー店舗のおすすめサービス(できれば写真付)の袖看板を設置し、よりこの店舗に興味を持たせ、「入りたい」と思わせることが重要です。

 

このように看板を用意しても、タイミングが合わないというだけの理由で入店できないことがあります。

 

例えば、すでに行くお店が決まっている、通勤途中に通っただけ、1人だから利用できない、などのようなケースです。

 

でも、ココであきらめるのはまだ早いです。

 

「次回はこの店に来てみよう」と思ってくれた人に、次はベストなタイミングで店舗を思い出してもらうためのツールを用意して、新規顧客を増やすのです。

 

具体的には、ショップカード、リーフレット、フライヤー、看板に電話番号を入れる、Facebookやっていますなどの表記、HPアドレスの表記などです。

 

まとめ

新規顧客を獲得するためには、ただ店舗をつくって待っているだけではだめです。

 

 

・店舗を目立たせるために、看板と照明を店舗の外に設置する。

 

・「何の店舗か」が一目で分かるように、メイン看板の文字は大きく表示する。

 

・車や通行人などにも確実に気づいてもらえるように、袖看板も用意する。

 

・通行人の「利用したい!」という気持ちをアップさせるため、サービスメニューや店舗のおすすめサービス、写真などを掲載する。

 

・何らかの事情で利用できなかった顧客も次回来店できるように、ショップカード、リーフレット、フライヤー、看板に電話番号を入れる、Facebookやっていますなどの表記、HPアドレスの表記などを効果的に利用する。

 

の5点を心がけてみてください。

 

たかが看板、されど看板。看板の種類や設置方法を変えただけで、売上げが大きく向上した店舗はたくさんあります。売上げに困っている、新規顧客がなかなか獲得できないという人は、ぜひ試してみてください。

 

The following two tabs change content below.
金村勇秀
株式会社ベストエフォートマーケティング 代表取締役。 東京理科大学大学院卒業後、外資系企業にてマーケティング職、国内・海外営業職に従事。2011年4月に株式会社ベストエフォートマーケティング代表取締役就任。

続きを読む
続きを読む
集客や販促方法でお悩みの方へ 販促に関する無料相談実施中! 地域情報に詳しい担当が、御社にご訪問して集客課題を伺います!詳しくはこちら
セミナー開催情報
【初心者向け】リピーターを増やす!
ニュースレター作成セミナー
日程:2017年8月22日(火)
時間:15時~17時
定員:15名
リピート集客のキモであるニュースレターの重要性と効果を事例をもとに紹介し、実際に簡単なニュースレター作成まで行うワーク型セミナーです。
  • 集客を増やす効果的なクーポン事例ストーリーvol.3…
    これまで「ラーメン」「カフェ」のクーポン事例についてご説明しましたが、今回はいったん原点に立ち戻り、「そもそもクーポンとは」「クーポンの効果的な活用方法とは」というような、クーポン販促を考える上での基本的な考え方を説明したいと思います。今回も弊社発行の『ちいき新聞』の広告やクーポン特集の効果データをもとに解説しますので、参考にしてください。
  • 7月の販促計画を立てるときのポイント
    7月は学校の夏休みが始まり、レジャー需要が高まる季節。梅雨明け後は外出する機会が増えるので、アクティブな消費者を狙った販促活動が重要になってきます。また、暑さで体調を崩す人が増えることで「冷涼」をテーマにした新商品がヒットする可能性も高まるので、遅くとも1か月前には販促計画を立てましょう。月間の販促計画作成に役立つポイントをまとめましたので、ぜひご参考にしていただければと思います。
  • いまこそ重要。脳に響く紙メディア広告の活用方法
    「もう紙メディアの広告は古い」と思われる方も多いでしょう。しかし本当にそうでしょうか。
  • 4月の販促計画を立てる時のポイント
    4月は入園、入学、入社、部署異動など、新生活が始まる月。また、総務省統計局の調査によると、教育費の支出が年間で一番高くなるのが4月です。総合的な月間消費支出も年間で第3位。新しく店舗周辺に引っ越してくる人が多いので、認知度向上のために、遅くとも1か月前に販促計画を立てましょう。月間の販促計画作成に役立つポイントをまとめましたので、ぜひご参考にしていただければと思います。
  • 年間販促計画の立て方を簡単にする
    販促カレンダ…
    販促効果をアップされるには、計画的に準備をすすめることが大切。 常に1年先の販売計画を立てているほうがいいのはわかっていても、なにから手を付ければいいのかがわからない方のために、販促カレンダーのテンプレートをご用意しました。
PAGE TOP