無料でTV・雑誌・新聞などに取材される方法

 

 

自社の商品・サービスが売れるために、その“認知度”をどのように上げるのか、常に頭を悩ませているという方々は多いのではないでしょうか。

【目次】
1.“知名度”と“認知度”の違い
2.マスマディアに無料で取り上げられることは可能
3.広報PR活動のメリット
4.プレスリリースの有効性
5.まとめ

“知名度”と“認知度”の違い

“認知度”とよく似た言葉に“知名度”があります。まずは両者の違いについて理解しましょう。

 

“知名度”とは“商品・サービスの名前が知られること”で、“認知度”は“商品・サービスの強み・ベネフィット(使うことによる効果)が理解されること”です。

 

お客様は、“知っているから”“有名だから”という理由だけで、商品・サービスを購入するとは限りません。

 

むしろそれだけでは購入せず、何かしらの強み・ベネフィットが理解できて、それにより購入する価値があるかどうかを考え、良いと思ったときに初めて「購入」という行動をとります。

 

マスマディアに無料で取り上げられることは可能

強み・ベネフィットをどのように知ってもらうのか。

その有効な手段として、マスメディアを活用するという方法があります。

 

マスメディアとは、主にTV・雑誌・新聞といった、不特定多数の大衆に向けたメディアを指します。

近年はSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)いわゆるソーシャルメディアやオウンドメディア(自社運営メディア)を通じて自ら情報発信ができるようになりましたが、まだまだTV・雑誌・新聞の効果は絶大です。

 

しかし、これらに取材をされるためには多くの費用をかけないといけない、と思われる方は多いでしょう。

 

実は、費用をかけずに取り上げてもらうことが可能なんです。

 

広告とは“費用を払ってメディアに取材をされること”ですが、費用をかけずに取材をされること、すなわち“メディアに価値ある情報とみなされ取材される(報道される)こと”を広報PR(パブリック・リレーション)といいます。

 

広報PR活動のメリット

広報PR活動のメリットには下記ようなものがあります。

 

1. 費用がかからない
2. 情報が客観的である
3. 情報の説得力が高い

 

特に3番目の“情報の説得力が高い”がポイントで、第三者が客観的に取り上げてくれることで、その商品・サービスの信頼性が圧倒的に高まります。

 

では、どのようにすれば費用をかけずに、TV・雑誌・新聞に取材をしてもらえるのでしょうか。

 

プレスリリースの有効性

有効な手段の1つに、“プレスリリース”があります。

 

プレスリリースは、メディアに対して“自社の商品・サービスを取材をしてくれませんか”と主張する方法です。

 

メディアは視聴率をあげたり購読者を増やしたりするために、常に魅力あるコンテンツを探しています。

 

メディアにとってプレスリリースは、そのようなコンテンツを探すために有効なツールで、日々送られてくるさまざまなプレスリリースから取り上げるべきコンテンツを探しています。

 

多くのプレスリリースの中で、目に留まり、取材をされるものには、“多くの人々が興味を持つコンテンツ”“話題性があるコンテンツ”“珍しいコンテンツ”といった共通点があります。

 

メディアに取材をされるためにも、まずは上記のようなコンテンツづくりに注力してみてください。

 

まとめ

自社の商品・サービスの“認知度”をあげるためには、費用をかけずにメディアに取材をされるための広報PR活動が有効です。

 

“多くの人々が興味を持つコンテンツ”“話題性があるコンテンツ”“珍しいコンテンツ”をつくることを意識しましょう。

 

The following two tabs change content below.
金村勇秀
株式会社ベストエフォートマーケティング 代表取締役。 東京理科大学大学院卒業後、外資系企業にてマーケティング職、国内・海外営業職に従事。2011年4月に株式会社ベストエフォートマーケティング代表取締役就任。

続きを読む
続きを読む
集客や販促方法でお悩みの方へ 販促に関する無料相談実施中! 地域情報に詳しい担当が、御社にご訪問して集客課題を伺います!詳しくはこちら
セミナー開催情報
来店きっかけを増やして売上UP!
立地に合わせた店舗集客セミナー
日程:2017年8月2日(水)
時間:15時~17時
定員:15名
店舗経営において重要といわれる「立地」。既に店舗がある場合にはどうしようもないと諦めてはいませんか?しかし、既存店舗であっても、店舗の立地を知ることで売上をあげることは十分に可能です。本セミナーでは、店舗の立地をみるうえで重要な3つの視点についてお伝えするとともに、実際の改善事例をご紹介していきます。また、自店の改善事例を実際に考える時間も設けているので、すぐに役立つ改善策をお話しします。
  • 5月の販促計画を立てる時のポイント
    ゴールデンウィークから始まる5月は、イベントやレジャーで使い過ぎた家計が気になる月です。また、新生活による環境の変化などで、心身共に疲れが出やすい頃でもあります。体をいたわるメニューや癒しをテーマにした商品などがヒットする可能性が高いので、遅くとも1か月前には販促計画を立てましょう。月間の販促計画作成に役立つポイントをまとめましたので、ご参考にしていただければと思います。
  • 6月の販促計画を立てる時のポイント
    梅雨入りを迎え、気候の寒暖差と多湿で体調を崩しやすい時季です。防カビや除湿、健康関連商品に関心が高まります。 また、全国的な取り組みとして「食育月間」「環境月間」「まちづくり月間」など、行政機関を中心に、様々な啓発キャンペーンが行われます。お店のキャンペーンやサービスなどを、こうしたイベントに合わせて計画してみませんか。 また、父の日もあり、プレゼント企画がヒットする時季なので、遅くとも1か月前には販促計画を立てましょう。 月間の販促計画作成に役立つポイントをまとめましたので、参考にしていただければと思います。
  • 「費用対効果の目安表」でクーポン回収数の目安を知ろう
    チラシや情報誌などにクーポンを付けたが、何枚回収できれば費用対効果が出たといえるのかがいまいち分からない…そんなことはありませんか?広告費やクーポンの回収目標を考える時に使える「費用対効果の目安表」を作成しましたので、目標設定の指標としてご活用ください。
  • 手書きチラシのコツ
    チラシを配布するには、新聞折込、ポスティング、地域情報紙折込、タウン誌折込、DM(ダイレクトメール)、FAX、手渡し等、さまざまな方法があります。 同様に、作成方法もさまざまですが、おもに以下の3つの方法が考えられます。 1.パソコンのワープロソフト(代表的なのは、マイクロソフト・ワード)などを使用して作成する 2.プロのデザイナーに作成を依頼する 3.手書きで作成する 今回は3番目の、手書きでチラシを作成する際のコツについて解説します。
  • 3月の販促計画を立てる時のポイント
    3月は学年末、年度末の節目の時期。学生は新学期の準備、社会人も異動に伴う転勤など、新生活の準備で忙しくなる人が多くなります。 また、総務省統計局の調査によると、家計の消費額が年間で一番高くなるのが3月です。消費需要が最も高い時期なので、遅くとも1か月前に販促計画を立てましょう。 月間の販促計画作成に役立つポイントをまとめましたので、ぜひご参考にしていただければと思います。
PAGE TOP