「PASONAの法則」
売れる広告作成に使える基本法則①

チラシの内容を考える際に、どのように進めればいいのか悩んだことはありませんか?広告作成にも様々な「型」があり、この基本的な型を覚えることが大切です。

 

どのようにすれば広告内容にお客様を引き込むことができるのか、具体的な行動を起こさせるための型となる「基本法則」をご紹介します。

 

まずは基本に沿って企画し反響の高い広告を作りましょう!

 

PASONA(パソナ)の法則とは?

PASONAの法則は、広告表現方法の基本の1つ。

英単語の頭文字を合わせて「パソナ」と呼ばれる法則です。

 

P   =Problem(問題点を明確化する)

       例)シミに悩んでいませんか?

 

A   =Agitation(問題点をあぶり立てる)

   例)放っておくと、シミが広がって老け顔に!

 

So =Solution(解決策を提示する)

   例)シミに良い◯◯という商品があるんです。

 

N   =Nallow Down(緊急性を出す)

   例)20名様分だけのご用意です。

 

A  =Action(行動に移させる) 

   例)今すぐお電話でご注文ください!

 

お客様の課題を明確にし、提案商品を提示。そしてすぐに行動を起こすためのしかけを組み込むという、広告手法の「型」の1つです。

 

この5つの流れに沿って広告を作ると、読み手が行動に移るためのストーリーを簡単に作れて、具体的な行動を促すことができるという法則です。

 

PASONA企画のテンプレートを使ってみよう。

法則はいたってシンプルで簡単です。

 

しかし、こういった法則を読んで納得しても、実際に使えるようにはならないと思ったことはありませんか?

 

「読んで終わり」では時間の無駄ですよね。

大切なのは、特に考えなくても自然に使えるようになることです。

 

そこで、あなたのお店や商品に合わせて、PASONAの法則を使って広告やチラシを企画するためのテンプレ―トをご用意しました!

 

もちろんダウンロードは無料!!簡単に手に入ります!

 

↓↓↓ぜひ下記サンプル画像をクリックして、ダウンロードしてください。↓↓↓
306

※必要事項を記入していただいた方へ、メールでシートをお送りします。

 

ぜひ、PASONA企画シートをダウンロードし、例を参考にして「→」の右側にあなたの商品・サービスについて書いてみてください!

 

☆☆☆を商品に合わせて変えるだけで使えます!

 

PASONAの法則を使う時に忘れていけないポイント

ポイントは3つあります。

 

1.自分事にしてもらう

2.特典や限定を使って、行動を促す

3.なにをすればいいかをしっかり伝える

 

 

1.自分事にしてもらう

PASONAの法則は、ターゲットに合わせて問題を提示し、「自分のことだ・・・」と思ってもらったところで、解決策を提示する、というのが最初の流れです。キャッチはターゲットの気持ちになって考え、お困りごとに共感しながら書きましょう。

 

2.特典や限定を使って、行動を促す。

すぐに行動を起こしてもらうために「特典」や「お申込み期限」、「数の限定」を提示しましょう。これがないと「買うのは今回じゃなくていいや」「いつか申し込めばいいかな」という気持ちになって、結局商品を買ってくれません。「今、買ってもらう」ための動機づけになる一言を必ずいれましょう。

 

3.なにをすればいいのかをしっかりと伝える。

最後に、具体的になにをすればいいのかを提示します。電話、ネット申し込み、メール、FAX、来店などなど、最後に読み手にやってほしい行動を記載しましょう。ここがはっきりしないために行動してもらえないのはもったいないですよね。でも、意外とここを忘れた広告をよく見かけます。営業で例えると、商品紹介をしたのに、クロージングをしないようなものです。これだけで一気に受注確率が下がるので、気を付けましょう。

 

 

PASONAの法則は、人の行動喚起にとても役立つ法則です。広告はもちろんですが、営業トークにも使えます。

 

 

実は、前述のPASONA企画シートのダウンロードを促す文言にも、PASONAが使われているということに気付かれましたでしょうか?

 

⇒どこに使われているかは「こちら」をご参照ください。

 

企画書を【ダウンロードしてもらう】という行動を促すために、PASONAを使ってみました。期間や数の限定はないので、「無料」という言葉でカバーしましたが、いかがでしたでしょうか?

 

 

・・・それでもダウンロードしていない方がいらっしゃいましら、まだまだ力不足なので、もっと精進していきます。

 

でも、使いこなせるようになれば必ず役に立つので、ぜひダウンロードして自社製品でPASONA企画シートを作ってみてください!!

⇒⇒⇒【PASONA企画シート】のダウンロードは「こちら

 

ぜひ、ダウンロードをお願い致します!!

 

 

(行動喚起のためには法則も大事ですが、やっぱり一番大事なのは熱意だと信じています。)

 

The following two tabs change content below.
川上辰夫
株式会社地域新聞社マーケティング部 「販促の大学」の企画責任者。 2011年に入社し、広告の営業として千葉県柏市内を担当。 2015年に発足した広告効果プロジェクトを通して、社内の広告力提案向上のための社員向け勉強会を企画。そのプロジェクトでの経験を生かし、「販促の大学」の立ち上げを行った。

続きを読む
続きを読む
セミナー開催情報
来店きっかけを増やして売上UP!
立地に合わせた店舗集客セミナー
日程:2017年8月2日(水)
時間:15時~17時
定員:15名
店舗経営において重要といわれる「立地」。既に店舗がある場合にはどうしようもないと諦めてはいませんか?しかし、既存店舗であっても、店舗の立地を知ることで売上をあげることは十分に可能です。本セミナーでは、店舗の立地をみるうえで重要な3つの視点についてお伝えするとともに、実際の改善事例をご紹介していきます。また、自店の改善事例を実際に考える時間も設けているので、すぐに役立つ改善策をお話しします。
集客や販促方法でお悩みの方へ 販促に関する無料相談実施中! 地域情報に詳しい担当が、御社にご訪問して集客課題を伺います!詳しくはこちら
PAGE TOP