レスポンス広告を学びたい方におススメの7冊

 

販促によく使われる「レスポンス広告」。「すぐに買ってもらう」ための広告手法で、WEBやメルマガにも幅広く応用できます。

 

今回はレスポンス広告による集客・販促技術を学ぶのにおススメの本をご紹介します。必ず役に立つと思いますので、ぜひご一読ください。

【目次】
1.確実に販売につなげる 驚きのレスポンス広告作成術
2.費用対効果が見える広告~レスポンス広告のすべて
3.レスポンス広告のツボ‐実務で使える「売れる広告」の作り方
4.小さな会社が低予算ですぐできる広告宣伝心理術 すぐに使える15のワザ
5.「人を動かす」広告デザインの心理術33
6.予想どおりに不合理: 行動経済学が明かす「あなたがそれを選ぶわけ」
7.影響力の武器[第三版] なぜ、人は動かされるのか
8.まとめ

確実に販売につなげる 驚きのレスポンス広告作成術

 306

レスポンス広告の「型」を示した、とても実用的な内容になっています。

「マニュアルとして一冊欲しい」という方におススメです。

 

詳しい書評は「販促の図書館」をご覧ください。

 

【詳細】

著書:確実に販売につなげる 驚きのレスポンス広告作成術

著者:岩本 俊幸

出版社:同文館出版

第1刷発行:2010年9月3日

amazonの購入はこちら

 

 

費用対効果が見える広告~レスポンス広告のすべて

 306

 事例をもとに、効果が出る理由を科学的に分析しています。

レスポンス広告の基本理論を学びたい方におススメです。

 

【詳細】

著書:費用対効果が見える広告~レスポンス広告のすべて

著者:後藤 一喜

出版社:翔泳社

第1刷発行:2009年6月27日

amazonの購入はこちら

 

レスポンス広告のツボ‐実務で使える「売れる広告」の作り方

 306

 社団法人日本DM協会が推薦する一冊。

 特にDMでの活用方法を学びたい方におススメです。

 

詳しい書評は「販促の図書館」をご覧ください。

 

【詳細】

著書:レスポンス広告のツボ‐実務で使える「売れる広告」の作り方

著者:平野 義典

出版社:産業能率大学出版部

第1刷発行:2011年3月23日

amazonの購入はこちら

 

小さな会社が低予算ですぐできる広告宣伝心理術 すぐに使える15のワザ

 306

 すぐに使える「広告心理」をわかりやすくまとめた一冊。

 すぐに使えるレスポンス広告のテクニックを知りたい方におススメです。

 

詳しい書評は「販促の図書館」をご覧ください。

 

【詳細】

著書:小さな会社が低予算ですぐできる広告宣伝心理術 すぐに使える15のワザ

著者:酒井 とし夫

出版社:日本能率協会マネジメントセンター

第1刷発行:2006年10月1日

楽天の購入はこちら

 

「人を動かす」広告デザインの心理術33

 306

 理論だけでなく、実際の広告事例を基に学べる一冊。

デザイン事例を見ながら学びたい方におススメです。

 

詳しい書評は「販促の図書館」をご覧ください。

 

【詳細】

著書:「人を動かす」広告デザインの心理術33 

著者:マルク・アンドルース / マテイス・ファン・レイヴェン / リック・ファン・バーレン / 坂東 智子 (翻訳)

出版社:ビー・エヌ・エヌ新社

第1刷発行:2016年3月18日

amazonの購入はこちら

 

予想どおりに不合理: 行動経済学が明かす「あなたがそれを選ぶわけ」

306

行動経済学をもとに、人がモノを選ぶ理由について解説した一冊。

購買プロセスを人の心理面からしっかり学びたい方におススメです。

 

 

【詳細】

著書:予想どおりに不合理: 行動経済学が明かす「あなたがそれを選ぶわけ」

著者:ダン アリエリー

出版社:早川書房

第1刷発行:2013年8月23日

amazonの購入はこちら

 

影響力の武器[第三版] なぜ、人は動かされるのか

 306

広告や集客を考える上で、必ず読んでおきたい名著。

人を動かすための6つの法則をしっかりと学びたい方におススメです。

 

詳しい書評は「販促の図書館」をご覧ください。

 

【詳細】

著書:影響力の武器【第三版】なぜ、人は動かされるのか

著者:ロバート・B・チャルディーニ

出版社:誠信書房

第1刷発行:2014年7月10日

amazonの購入はこちら

 

まとめ

実践的なものから心理学を学べるものまで、おススメの本を7冊ご紹介いたしました。

 

どんなにテクノロジーが進化しても、人の行動原則は変わりません。

 

欲しいと思うきっかけはいつでも同じです。これらの書籍で消費行動の原理を学び、広告の反応アップにつなげていただければと思います。

 

The following two tabs change content below.
川上辰夫
株式会社地域新聞社マーケティング部 「販促の大学」の企画責任者。 2011年に入社し、広告の営業として千葉県柏市内を担当。 2015年に発足した広告効果プロジェクトを通して、社内の広告力提案向上のための社員向け勉強会を企画。そのプロジェクトでの経験を生かし、「販促の大学」の立ち上げを行った。

続きを読む
続きを読む
集客や販促方法でお悩みの方へ 販促に関する無料相談実施中! 地域情報に詳しい担当が、御社にご訪問して集客課題を伺います!詳しくはこちら
セミナー開催情報
【初心者向け】リピーターを増やす!
ニュースレター作成セミナー
日程:2017年8月22日(火)
時間:15時~17時
定員:15名
リピート集客のキモであるニュースレターの重要性と効果を事例をもとに紹介し、実際に簡単なニュースレター作成まで行うワーク型セミナーです。
  • かっこいい広告デザインを目指すな。
    「40-4…
    デザイナーに頼んだDMやチラシが、とてもかっこいい出来で「これならきっとお客様が大勢来てくれる!」と思ったことありませんか?今回の結論を先にいうと、かっこよさは、チラシやDMの反響には大きく影響しません。大切なのはデザインではなく、「ターゲット」と「商品価値」です。自分でチラシを作るときも、プロのデザイナーに依頼する時でも同じこと。今回は販促物を作るときに覚えておきたい「40-40-20の法則」をお教えします。
  • チラシ配布の反響を上げる3つのコツとは?
    せっかく作ったチラシの反響をさらに上げるために、3つの大切なポイントをお伝えします。
  • マーケティング4.0の時代へ。売り方の方針を考える
    マーケティングの大家、フィリップ・コトラーが2017年ごろから提唱している「マーケティング4.0」。マーケティングにはいろいろな意味がありますが、「売れる仕組み」や「売り方」を示すといって良いでしょう。マーケティング4.0とはつまり、「マーケティング=売り方」が第4段階に突入しているということです。時代に合った「売り方」を把握し、自社の販売方針を考えてみてはいかがでしょうか。
  • 年間販促計画の立て方を簡単にする
    販促カレンダ…
    販促効果をアップされるには、計画的に準備をすすめることが大切。 常に1年先の販売計画を立てているほうがいいのはわかっていても、なにから手を付ければいいのかがわからない方のために、販促カレンダーのテンプレートをご用意しました。
  • 6月の販促計画を立てる時のポイント
    梅雨入りを迎え、気候の寒暖差と多湿で体調を崩しやすい時季です。防カビや除湿、健康関連商品に関心が高まります。 また、全国的な取り組みとして「食育月間」「環境月間」「まちづくり月間」など、行政機関を中心に、様々な啓発キャンペーンが行われます。お店のキャンペーンやサービスなどを、こうしたイベントに合わせて計画してみませんか。 また、父の日もあり、プレゼント企画がヒットする時季なので、遅くとも1か月前には販促計画を立てましょう。 月間の販促計画作成に役立つポイントをまとめましたので、参考にしていただければと思います。
PAGE TOP