年間販促計画の立案を簡単にする
販促カレンダーテンプレート

 

販促効果をアップされるには、計画的に準備をすすめることが大切。

 

常に1年先の販売計画を立てているほうがいいのはわかっていても、なにから手を付ければいいのかがわからない方のために、販促カレンダーのテンプレートをご用意しました。販促計画を考える時に押さえておくべきポイントをまとめたので、参考にしてください。

 

 

販促計画は少なくとも週単位で決めよう

年間を通した販促計画を立てるときは、まずは週単位でスケジュールを考えましょう。

 

月単位では大ざっぱすぎますし、日単位では細かすぎです。もちろん日単位で計画できればそれに越したことはないのですが、考えるのも大変ですし、管理しきれないおそれがあります。

 

まずは週単位で、どのような販売促進にトライするかをまとめてみましょう。

 

チェックが大切。必ず目標設定と効果チェックをしよう

販促計画を立てる前に必ず考えなければならないのが、集客目標と売上目標。まずはいくらの売上を達成したいのか決めましょう。

 

その上で、何人の集客をしたいのかを考えます。いくら売るために、何人集めたいのか、ということが決まって、はじめて、「どうやって売るのか」が決まってきます。

 

そしてなにより大切なのは、効果チェック。

 

周年記念でチラシを配布したり、ネット広告を使ったりと、販促の方法は様々。お店にとってどの方法があっているかは、やってみてみなければわからないこともあります。どの方法が適しているのかを確認するためにも、かならず効果測定をし、「集客数」と「売上」を記録に残しましょう。

 

この記録を1年間取り続けることが大切。

 

前年に実施した販促結果を見れば、どの季節にどの販促方法をとればいいのかが見えてきます。

 

まとめ

1年先までの計画がしっかりと立っていれば、準備にもしっかりと時間がとれます。

ばたばたと翌月の販促方法を決めて、なんとなくチラシを配ったりするのは、効率の良いやり方とは言えません。落ち着いて販促内容を考えることができれば、きっと集客効果も高まっていくでしょう。

 

計画と記録。

 

これを繰り返すことで、販促のスキルや感覚を磨いていただければと思います。どのように作ればいいかわからない方は、2017年の販促カレンダーテンプレートがございますので、ぜひご活用ください。

↓↓↓下記サンプル画像をクリックして、ダウンロードしてください。↓↓↓
306

 各月の「販促ポイント」「一般行事」「展開フェア」「季節のキーワード」付ですので、ぜひ販促企画を考える際の参考としてご活用ください。

 

The following two tabs change content below.
川上辰夫
株式会社地域新聞社マーケティング部 「販促の大学」の企画責任者。 2011年に入社し、広告の営業として千葉県柏市内を担当。 2015年に発足した広告効果プロジェクトを通して、社内の広告力提案向上のための社員向け勉強会を企画。そのプロジェクトでの経験を生かし、「販促の大学」の立ち上げを行った。

続きを読む
続きを読む
セミナー開催情報
スタッフに伝えたい、お客様を夢中にさせる接客マナー
日程:2017年5月10日(水)
時間:15時~17時
定員:15名
対面接客や電話応対、「果たして、これでいいのだろうか?」 スタッフの接客スキルに、なんとなく不安を感じていませんか? お客様の支持を得るには、一般的なマナーに加え「おもてなし力」が必要です。 お客様から「あの店のスタッフは、みんな感じがいい!」「つい、通いたくなってしまう!」と絶対的な信頼感を得られるワンランク上の接客スキルをお伝えします。
PAGE TOP